ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

産業革命以来、人類は化石燃料の大量消費によって二酸化炭素を排出している結果、地球温暖化が進行しているというのが今の定説になっています。
201704190105_top_img_A
特に極地での温暖化は気温の上昇率が高く、北極海の氷は完全に溶け、海面上昇や台風の巨大化や干ばつの深刻化、局地的な大雨の凶暴化などが言われています。

Global_Warming_Predictions_Map
原因として挙げられるのが、温室効果がある二酸化炭素で、産業革命以前の大気中の濃度は280ppmと推定され、2015年には400ppmに達したとされました。しかし二酸化炭素など、温室効果ガスの排出は化石燃料だけでじゃなく火山ガスなどからも排出されます。

二酸化炭素はある程度海水に溶けますので、排出量が多少増えても自然のシステムで吸収されます。しかし許容範囲を超えると後戻りできないデットラインを超えてしまいます。陸地は温まりやすく冷めやすい性質がありますが、海水は温まりにくく冷めにくい性質があります。なので海水が一度温まってしまうとなかなか冷めません。

といったことが今までの定説になっています。しかし2020年代から地球が寒冷化するという説もあります。地球の気温に影響を与えるには二酸化炭素だけでは不十分で、太陽の活動に影響されるというものです。
top
その太陽活動が200年ぶりに低下しており、今後も低下するとも言われています。太陽活動は短期的には11年周期で活発(極大期)になったり低下(極小期)したりを繰り返しています。中期的にはマウンダー極小期(西暦1645〜1715年)やダルトン極小期(西暦1790〜1824年)といった太陽活動が低下した時期もありますが、原因は分かっていません。

地球の歴史で長期的には、太陽活動以外にも地球の公転軌道や地軸の傾きの変化(ミランコビッチ・サイクル)といったことが原因で氷河期と間氷期を繰り返しています。現在は間氷期に当たり、たまたま温暖な気候に恵まれ人類は生活しています。

世界各地の気温ですが、夏には最高気温の更新など温暖化が進んでいるような報道がされますが、冬にはアメリカやヨーロッパで大寒波襲来など最低気温の更新をしているのも事実です。アフリカで100年に一度の雪が積もった報道もあります。
20131214170620a59
南極の最低気温が更新されたという事実もあります。今までの最低気温は南極のボストーク基地のマイナス89.2℃(1983年)でしたが、2010年にマイナス93.2℃になりました。(ただし気温ではなく地上表面温度)

i_bsc_data_02_1
1800年代からの気温のグラフを見ると、気温が上昇しているような傾向に見えますが、中長期的に見ると単なる誤差の範囲内になる可能性もあります。今のコンピューターでは、複雑な気象モデルを正確に計算できないので、結局のところ温暖化に向かうのか寒冷化に向かうのか正しいことは分かっていません。
量子コンピューターが実用化されると、計算速度が格段に速くなりますので正確な気象モデルが計算できるとされています。

二酸化炭素によって温暖化が進むのか、太陽活動の低下によって寒冷化に向かうのか、その時が来るまで分からないでしょう。

日本銀行本店に貨幣博物館がありますので行ってきました。
DSCF2350
開館時間が9:30~16:30(最終入場16:00)となっており、滑り込みでの入場になりました。

場所ですが、東京メトロの半蔵門線・銀座線の三越前駅(徒歩1,2分)か東西線の日本橋駅(徒歩6分)もしくはJRですと東京駅(徒歩8分)になります。地図はこちら

入り口では空港ゲートと同じような金属探知ゲートと手荷物検査機がありました。そこをパスすると2階に上がり天井エリアに入ります。

DSCF2347
展示室は撮影禁止でしたが、撮影可能エリアには1億円の展示がありました。(本物ではなありません。模擬紙幣です。)重さは10キロあります。
DSCF2348
1億円だとガチガチに帯封をしてあります。

小さな売店もあり、お金をもじった商品が売っています。
gallery_003
記念撮影可能なエリアになります。

展示室内は撮影できませんので、公式サイトやその他から画像は引用しました。
image
展示室内はこのような感じです。古代のお金の始まりから現在のお金までの歴史を解説しています。

gallery_0010
古代のお金の始まりから展示してあります。我々のころは和同開珎が一番最初のお金と習ったのですが、富本銭が発見され、今は富本銭が一番最初となっています。それ以前は物々交換をしていました。

gallery_0011
中世に入り、中国大陸からお金が持ち込まれました。宋銭や永楽通宝が展示してあります。日本では平安時代から戦国時代にかけて流通しました。

gallery_0012
戦国時代後期から江戸時代にかけて、小判や銀貨、銅貨を国内で作るようになりました。慶長小判・銀貨・寛永通宝などの展示のほか、大判や甲州金や藩札の展示もありました。江戸時代、徳川家康は武田信玄の甲州金の貨幣制度を導入したとの解説もありました。
江戸は金、上方は銀を利用しており、流通するお金が違ったので両替商が発達したとのこと。

1024px-Bakumatsu_local_coins
各地方で流通した地方貨幣。


鐚銭(ビタセン)の展示もあり、字が読めないような銭の展示もあります。

鐚銭・・・私鋳銭とも呼ばれ、本物の銭から型を取ったりして、勝手に作った銭。今でいうと通貨偽造。
gallery_0013
江戸時代は、幕府以外にも各藩が藩札を発行していたこともありましたが、明治時代に入り円が誕生しました。20円金貨や銭(せん)などの展示があります。
貴重なのは、昭和金融恐慌時代に発行された200円紙幣などもありました。裏面が真っ白なので、よほど急いでいたのでしょう。

gallery_0018
明治時代に発行された1円札(現在も有効)から今の紙幣も展示してあります。今の紙幣はA000001Aの紙幣番号のお札が展示してあります。A000001Aの紙幣番号ということは、一番最初に刷られたお札になり、日本銀行が保管しています。

gallery_0015
個人的に興味があるのは、江戸時代の大判小判と明治以降のお金になります。大判の展示もありましたが、小判と比べて思ったより大きさが大きくて驚きました。大判は一般流通用の小判と違い、恩賞や贈呈用に作られました。

外国の紙幣としては、ハイパーインフレで有名なジンバブエドル(100億ジンバブエドル)やハンガリーの1垓ペンゲー紙幣がありました。

ms3165_180708shihei03
ハンガリーの1垓ペンゲー紙幣。ゼロで書くと100000000000000000000となり、ゼロが20個並びます。

今回は時間の関係でゆっくり見学できませんでしたが、興味深いものがありました。

DSCF2352
外に出ると真っ暗です。

基本情報

開館時間:9:30~16:30(最終入場16:00)
入場料 :無料
休館日 :月曜日(祝休日は開館)
     年末年始(12月29日~1月4日)
     展示物の入替え等の臨時休館

古代の歴史から、金は富の象徴として蓄えられてきました。現代においても金は万国共通で一定の資産価値があります。

gold_mix
金がなぜ魅力的かというと、その黄金の輝きだけではなく、埋蔵量が少なく希少価値が高いのと、酸化しにくい(のでいつまでも黄金の輝くが続く)点にあります。

有史以来の金の採掘量は17万トンぐらいといわれ、オリンピック用プール3杯半ぐらいだといわれています。残りの埋蔵量は15万トンほどといわれ、そのうち簡単に採掘できる量は5万トンほどで、オリンピック用プール1杯ぐらいになります。年間3000トンほど採掘されていますので、新規の鉱脈が発見されなければ残り十数年で枯渇する可能性があります。

金鉱脈は平均、1トンの鉱石から5グラムほど採れるとされています。一応海水中にも0.0005ppmほどの濃度で存在していますので、計算上50億トンの金が海水中からも採れることになります。しかし採算が合いませんので今の技術では採られることはありません。

金は王水という濃塩酸と濃硝酸を3:1の割合で混合した液体以外溶けません。なので金には価値があります。

その金を古くから何とか作ることができないかという錬金術をしてきましたが、どれも失敗し作ることができませんでした。
William_Fettes_Douglas_-_The_Alchemist
しかし現代の物理学では、理論上金を作ることは可能になります。金より1つ原子番号の重い水銀に中性子線を照射し、放射性同位体を生成します。この放射性同位体がベータ崩壊することで金を得ることができます。しかし膨大なエネルギーを必要とし、採算に合うための量を得ることができず現実性はありません。

takamori0928a-thumb-720xauto-143114
現在地球や宇宙に存在する金がどのように大量にできたかというと、中性子星が合体する過程で大量に金ができることが分かっています。

中性子星・・・恒星が超新星爆発を起こしたあとの残骸の星で、直径は20キロほどで質量が2×10^27トン(太陽ぐらいの質量)。密度は角砂糖ほどの大きさで10億トン。

このような大量のエネルギーがないと金を大量に作り出すことができません。宇宙のダイナミックな変化で生じた金が今の地球に金をもたらしています。

なので未来の新技術でもない限り金を人工的に作り出すことは諦めたほうがいいです。もし人工的に作り出すことができれば、金の価値がたちまち失われ、その辺の石ころと同じになるでしょう。

みなさんそばは好きですか?

そばは健康食品としても知られており、必須アミノ酸やビタミンB1やB2,ルチンやコリンといった成分が含まれています。

必須アミノ酸は、人体で作られないため、食物によって摂取する必要があります。

ビタミンB1やB2は疲労回復したり、皮膚や粘膜の状態を健康に保つ働きがあります。

ルチンは血管を丈夫(弾力を与える)にして、血液をサラサラにし、高血圧を予防したり改善したりします。

コリンは肝臓の働きを助ける作用があります。

と言ったようにいいところばかり目立ちますが、これはそばの原材料がほとんど「そば粉」を使ていた場合の話になります。

そばには、つなぎを一切使わない「十割そば」や、つなぎとして小麦粉を2割混ぜた「二八そば」などがあります。この場合はそばの健康効果の恩恵を受けることができると思われます。

しかし法律上、ほとんどを小麦粉で、申し訳ない程度のそば粉を入れた「そばまがい」でもそばと表記できます。具体的には生めんと乾めんで違いますが、乾めんの場合はそば粉が1割未満でもそばと表記できます。

生めんは不当景品類及び不当表示防止法の「生めん類の表示に関する公正競争規約」で、そば粉が3割以上の製品について「そば」と表記することができます。逆を言えば、7割が小麦粉でも「そば」と表記することができるのです。

なのでそばには「いいそば」と「悪いそば(語弊がありますが)」があります。見分け方ですが、パッケージには原材料が書かれており、使用量が多い順に表記することが決められていますので、そば粉と小麦粉の割合を推測することができます。

4973355040426_back
例えばこのそばですが、原材料がそば粉と清酒だけですので、十割そばになります。なので健康効果の恩恵は一番受けますが、そば粉は高いので値段も高くなります。

p1050396
このそばの原材料の順番は、そば粉・小麦粉・山芋・清酒となっており、そば粉の割合が一番高くなっています。具体的にそば粉何割とまでは表記していませんが、まともなそばになります。小麦粉が入っている分値段は十割そばよりは安いです。

IMG_2528
このそばの原材料の順番は、小麦粉・そば粉・小麦たん白となっています。なので一番多いのは小麦粉なんです。法律上は「そば」として表記できますので、違法ではありませんが、これをそばと呼べるかは疑問が付きます。しかし小麦粉の割合が高いので、低価格で食べられるというメリットはあります。

乾めんは、日本農林規格(JAS)法の「乾めん類の品質表示基準」に沿って表記されます。しかし配合割合によっての基準がないため、そば粉1%、小麦粉99%でも「そば」と表記できます。これは実質そばではないですよね?はっきり言って灰色のうどんといっていいでしょう。

※ただし、そば粉の割合が3割未満の場合、配合割合を表記することが義務づけられていて、「そば粉2割」「そば粉20%」などの表示がされています。しかしそば粉の割合が10%未満の場合は「そば粉1割未満」「そば粉10%未満」の表記になります。

お店で生めんや乾めんのそばを買うときには、パッケージの原材料の順番からお気に入りのそばを買えばいいのですが、外食になると、そば粉が多いそばなのか、小麦粉の多いそばなのか見分けがつきません。こだわりのお店で「十割そば」などとうたっているお店ならいいですが、チェーン店などでは、価格を抑えるためほとんどは小麦粉のそばを使ていると思われます。

なので外食でそばかうどんか迷って、健康の事を考えてそばを注文しても、中身は灰色のうどんだったと言うこともありますので参考にしてください。

2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災。記録的な大地震で東北地方に壊滅的な被害を与えました。経済もサプライチェーンが寸断され、部品が入手できず世界中の自動車生産がストップするという経済的影響も出ました。

今でも問題になっているのが、福島原発のメルトダウンによって放射性物質が放出され最悪の原発事故になりました。未だに原子炉内の格納容器に溶け落ちた原発燃料があり、放射線量が高く廃炉への道も困難を極めています。

格納容器内は毎時8シーベルトの放射線量があり、人間が浴びると1~2週間ぐらいで死に至るほど危険な状態です。ロボットによる遠隔操作の探査によって、その格納容器内に生物がいることが発見されました。
無題
金属部分にオレンジ色をした「バイオフィルム」と呼ばれる構造体をしたものが見えます。これは菌などの微生物が集まったものです。これらの生物は、地下水や海水から侵入したと考えられています。

放射線に強い生物として、「デイノコッカス・ラディオデュランス」と呼ばれる細菌がいます。毎時5000シーベルトの放射線を浴びても生き延びます。人間がこのような放射線を浴びれば即死に至るほど強い放射線です。また、毎時15000シーベルトの放射線を浴びても4割が生き残るというデータもあります。

かつて原始の地球でも強い自然放射線が存在しており、この状態で生命が進化しており、福島原発格納容器内の生命を研究すれば、生命の起源が分かる可能性があり研究が進むことを期待しています。

同じく最強生物として「クマムシ」も挙げられます。クマムシは放射線・乾燥・低温・高温に耐性があり、どのような極限状態でも生き延びることができます。

・水分は3%以下の乾燥にも耐えられる
・温度は-273℃~151℃でも耐えられる
・圧力は真空状態から75000気圧でも耐えられる
・放射線は3000~5000グレイ(人間は4グレイまで)でも耐えれれる

宇宙空間にさらす実験も行われ、10日間もの間にいたにも関わらず生還し繁殖能力もありました。クマムシは外来生物からの遺伝子をたくさん取り込むことによって最強生物に進化したとの説があります。外来生物からDNAのいいところだけをもらい過酷な環境にも耐えられる生命に進化しました。

もしかしたら宇宙空間には生命が満ち溢れているかもしれませんね。

↑このページのトップヘ