ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

長野県諏訪郡下諏訪町社にある「毒沢鉱泉 神乃湯」に行ってきました。場所ですが、おおざっぱに言えば諏訪湖の北になります。

受付時間は、平日10時~21時、土日祝日は10時~15時となっています。今回は平日でしたので、20時ぐらいに受付を済ませました。
DSCF1519
木造づくりで、趣のある旅館にある温泉になります。

DSCF1517
日本秘湯を守る会の提灯もぶら下がっていました。

DSCF1516
宿泊客だろうか、それなりに浴衣姿の人がいて繁盛していました。受付には誰もおらず、呼び鈴を鳴らすシステムになっています。

DSCF1514
浴室ですが、天井が高く、女湯とつながっています。太い立派な木材が骨組みに利用してあり、現代の日帰り温泉施設とは違った雰囲気を味わえます。

DSCF1510
先客がいると思いきや、しばらく貸し切り状態で、途中で2名入ってきましたが、先に出ていきました。

DSCF1513
温泉表示を見ると泉質は「含鉄(Ⅱ)-アルミニウム-硫酸塩泉」となっていて、源泉温度はたったの2℃です。

DSCF1502
この温泉は内風呂のみで、飲泉もできます。茶褐色の温泉ですので、鉄が酸化したのでしょうか?右側が加温した温泉で、左側の小さい浴槽が、源泉温度のままの非加温になります。11月訪問でしたので、とても入る気がしませんでした。
左側の加温したほうは温度が丁度よく、温泉が肌にまとわりつくような感じがして気持ちいいです。

DSCF1503
非加温の浴槽は一人分の大きさしかなく、しかも透明な泉質になっています。

DSCF1505
名前が「毒沢」ですので毒々しい感じがしますが飲泉できます。(もちろん毒など入っていません)。噂ではマズイとのことでしたが意外とおいしく、甘みの少ないレモンジュースのような感じでした。たった2℃の温度ですから、ギンギンに冷えており、ほてった体を冷やすのにちょうどいいぐらいです。何杯でも飲めるぐらい美味しいです。実際何杯も飲んでしまいました。

DSCF1512
源泉は透明ですので、柄杓の底が透けて見えます。加温すると鉄が酸化して茶褐色になるのでしょうか?前回訪問したおんたけ高原温泉 こもれびの湯も鉄系の温泉でしたので飲泉時には鉄の味がガツンと来ました。しかし毒沢鉱泉も鉄系ですが、鉄の味は控えめ(ほとんどしない)味です。

DSCF1509
備え付けのシャワーも4つしかなく、浴室の明かりはシャワー部分だけです。なので薄暗い中での温泉も風情があっていいものです。

情報

営業時間(日帰り受付時間)
平日:10時~21時
土日祝日:10時~15時

料金:800円

2018年11月10日に長野県木曽郡王滝村にある「おんたけ高原温泉 こもれびの湯」に行ってきました。11月の営業時間は13時~18時まで(受付17時まで)と営業時間が短くなっています。この温泉は「おんたけ休暇村」の中にあり、公益財団法人名古屋市民休暇村管理公社が運営しています。さすがお役所仕事ともあって、営業時間が短いのですね。

IMG_20181110_165743
今回は受付終了5分前に駐車場に着きましたので、ダッシュで受付に向かいました。受付を済ませてから記念写真を撮りました。受付には若いお兄さんが作業服で愛想良く対応してくれました。

IMG_20181110_170156
脱衣所はこんな感じです。籠にタオルが入っていたので、先客がいるかと思いきや、忘れ物らしく誰もいませんでした。今回は1時間貸し切り状態での入浴になります。

IMG_20181110_170207
ここでは蛇口から冷鉱泉(飲泉)が出ますので、温泉を味わうこともできます。

IMG_20181110_170338
洗面台が茶色くなっていたので、茶色い源泉かと思いきや、出てくるのは透明で冷たい鉱泉になります。試しに飲んでみましたら、炭酸水に鉄を溶かしたような味です。これと言って美味しくはありませんが、健康増進のためにも、がぶ飲みしました。飲泉すると分かりますが、鉄の味がガツンと効いています。

IMG_20181110_175111
温泉表示にもしっかりと「含鉄泉」と書いてあります。正確には「単純二酸化炭素・鉄(Ⅱ)冷鉱泉」ですので、しっかりと炭酸も効いているのですね。

IMG_20181110_170024
内風呂と露天風呂がありますが、露天風呂は休止中でした。備え付けにはシャンプー・リンス・ボディソープがあります。どれも馬油を配合してりますので、しっとりとした洗い上げになります。特にシャンプーですと、カサカサ感がなく、しっとり感があり分かりやすいです。

IMG_20181110_170009
曇ってて見にくいですが、内風呂になります。浴槽はそれほど広くなく、5人入ればちょうど定員といった感じになります。

IMG_20181110_170414
脱衣所で飲泉した時は透明でしたが、浴槽では茶色になっています。鉄が酸化したのでしょうか?それとも飲泉用だけ鉄分をろ過しているのでしょうか?

IMG_20181110_172122
右上から源泉がチョロチョロ投入されています。源泉掛け流しの温泉ですので、源泉投入された分が溢れて捨てられています。
入った感想ですが、温泉らしい「しっとり・ツルツル」といった感じはなく、ザラザラとした肌ざわりになります。これぞ鉄系の温泉といった感じですね。このような温泉にはあまり入ったことがありませんので、新鮮な気持ちになりました。良質の良い温泉です。

IMG_20181110_170102
外にも桶の露天風呂が備え付けられていますが、今回はブルーシートが掛かっており利用できませんでした。

基本情報

【9月~6月】13時から18時まで(受付は17時)
【7月~8月】13時から19時まで(受付は18時)

大人(中学生以上)500円
小人(4歳~小学生)300円

2018年10月21日に伊勢神宮の内宮と、その別院の月読宮に行ってきました。前日に深夜の伏見稲荷大社に行ってきましたので、ちょっと足を延ばして伊勢神宮にお参りをしました。

休日の昼間ということもあって、駐車場は大変混雑しており、五十鈴川の河川敷の駐車場になんとか停めることができました。以前は市営駐車場は無料でしたが、平成24年から有料化されまして、最初の1時間のみ無料で、その後は有料になってしまいました。

やはり伊勢神宮に近い駐車場は順番待ちでしたが、車を停めたのが河川敷でかつ遠い場所、なおかつ裏道から入ったのですんなりと入ることができました。

それからおかげ横丁を通って、まずは内宮にお参りをしました。

DSCF1481
これは赤福本店になり、とにかく人が多いです。赤福といえば伊勢の定番のお土産になります。以前に賞味期限切れの赤福を再利用したとか、賞味期限を改ざんしたことがありましたが、今では大勢の人が赤福を買い求めて列をなしていました。私は特にお土産を渡す人もいませんので素通りしました。

DSCF1482
おかげ横丁で人をかき分けて進みながら伊勢神宮の大鳥居の前まで付きました。今では人があふれていますが、家にあった大昔の写真を見ると、はかま姿で伊勢神宮をお参りするご先祖様の姿がありました。昔は伊勢参りといえば一大行事だったと聞きました。今ではマイカーや公共交通機関が発達していますので、手軽に伊勢参りができますね。
大鳥居と宇治橋を渡って伊勢神宮に入ります。

DSCF1484
大鳥居と宇治橋を渡り、さらに火除橋を渡ると手水舎があります。ここで体を清めてから先に進みます。

DSCF1483
今度は一の鳥居がありますので、一礼してくぐりました。

DSCF1485
そうすると五十鈴川御手洗場がありますので、ここでも体を清めます。(御手洗場はトイレではありません)。御手洗場に「賽銭を投げないで下さい」と書いてありましたが、川底には硬貨が落ちていました。これは伊勢神宮の人が回収するのでしょうか?それとも伊勢湾まで流れてしまうのだろうか?

DSCF1487
二の鳥居がありますので、一礼してくぐります。

DSCF1488
参道の周りは木々が生い茂っています。こんなに人が多くて神様も大変でしょうね。

DSCF1495
ここではお守りとかお札を売ってますが、一番のお目当てである縁結びのお守りは取り扱っていません。なので今回は何も購入しないで御正宮をお参りしました。

DSCF1492
お守りを売っているところから、別院の風日祈宮に向かう参道があったので寄り道しました。これは大鳥居と宇治橋を小さくしたような感じです。

DSCF1494
これも五十鈴川を小さくしたような川です。

DSCF1493
とりあえず手当たり次第に、生涯のパートナーについてお願いしました。

DSCF1489
これから御正宮にお参りするところです。ここから先は撮影禁止になっています。

どうやら伊勢神宮は神様の神様なので個人的なお願い事はご法度との情報もありました。日本が平和でありますようにとか、世界情勢が安定しますようにとか、そのようなお願い事をするべきだそうですが、そんなことはお構いなしに生涯のパートナーを見つけることのみお願いしました。

前に放送されたブラタモリでは、タモリさんと近江友里恵ちゃんがお参りする時、ちょうど突風が吹き、神風が吹いたと話題になりました。

DSCF1490
参拝を済ますと、帰り道に大きな木があります。どうやらパワースポットらしく、みなさん木に触れていました。

DSCF1491
帰り道に「荒祭宮」という別院がありましたので、こちらにもお参りをしました。

他にも子安神社もありましたが、子授・安産の神社とのことですので、まだまだ関係ありませんのでスルーしました。きっとその時が来ればお参りすると思います。

あと、皇室からの神馬がいる小屋もありましたが、もぬけの殻でした。

伊勢神宮の内宮をお参りした後、徒歩で月読宮に向かいます。内宮からおかげ横丁を通って、15分ぐらい歩いた距離にありますので徒歩で向かいました。

なぜ月読宮にお参りしたかといいますと、伊勢神宮では縁結びのお守りは取り扱っておらず、スマホで検索したら、月読宮に縁結びのご利益があるとの情報を得たためです。なので私利私欲で急きょ訪問することにしました。

DSCF1496
こちらは内宮の別院ですが、比較的人は少なく、静寂な時間と空間が流れています。駐車場も数台分おけるスペースがありますが、意に反してガラガラでした。

DSCF1499
実質こちらがメインでの参拝になりました。とりあえず一礼して鳥居をくぐります。

DSCF1498
右側が手水舎、左側がお守りを売っているところになります。

DSCF1497
4柱の神様が祭られており、参拝する順番も決められています。

PANO_20181021_141430
まずは右から2番目の月読宮を一番最初にお参りして、次に一番右側、その次は右から3番目、最後は一番左側にお参りします。ここでもさい銭をばら撒き、生涯のパートナーが見つかるようにお願いしました。

DSCF1501
お守りも4柱ありましたが、一番効きそうな「月読宮」のお守りにしました。ここでは縁結びとか、交通安全とかそういうお守りではなく、4柱の神様のお守りになっています。


あと、月読宮の裏参道入口にひっそりと「葭原神社(あしはらじんじゃ)」という五穀豊穣の神様も祭られていますが、参拝者はおらず、クモが巣を作って待ち構えていたため退散しました。

2018年10月20日に、京都府伏見区にある伏見稲荷大社にを訪問しました。伏見稲荷大社といえば千本鳥居で有名です。
DSCF1427
この伏見稲荷大社は24時間参拝可能な神社ですので、真夜中の深夜22時ぐらいに訪問しました。深夜ということもあって、無料の伏見稲荷大社専用駐車場にも余裕があり、無事に車を停めることができました。休日の昼間は大混雑になりますが、深夜に訪問すると混雑を避けることができるメリットがあります。

DSCF1425
しかし京都の有名な神社ですので、深夜にもかかわらずある程度の観光客はいます。言語から推測すると、多くは中国・韓国からの観光客と思われます。

DSCF1450
手水舎にも人がいます。カップルやグループでの訪問客が多いですが、中にはスーツを着たサラリーマンもいました。一体何をお願いしたのでしょうか?
DSCF1427
楼門になります。

DSCF1480
手水舎で身を清めてから楼門をくぐります。夜の神社でライトアップされているには幻想的です。

DSCF1449
外拝殿と本殿になります。ライトアップされています。本殿のほうが明るくなっています。

DSCF1428
本殿でお参りしている人がいます。ちょうど若い男のグループがお参りしていましたが、1人が、ふざけながら鈴を鳴らしていて罰当たりだなと思いながら人間観察しました。

DSCF1430
本殿で参拝を済ませましたので、ここから千本鳥居に向かいます。千本鳥居に向かう時にはカップルが目立ちました。神秘的で幻想的な夜の千本鳥居はデートスポットにもなっているようです。お一人様の私は、カップルのイチャイチャを横目に千本鳥居に向かうことになりました。
DSCF1432
千本鳥居の一番最初の鳥居になります。
DSCF1433
これはフラッシュをたいてしまいましたが、フラッシュをたかない方が神秘的に撮れることが分かりました。

DSCF1475
鳥居には等間隔に灯りがあり、神秘的な世界になります。昼間の風景とは全く別次元になり美しいです。企業名や個人名の書かれた鳥居が奉納されています。

DSCF1437
狐がいます。この先から鳥居が2手に分かれており、行き帰りで通るルートが違います。
DSCF1438
これはフラッシュをたかないモードで撮影

DSCF1473
これは赤外線?モードとかいうのを使ってみました。

DSCF1435
これはフラッシュをたいてみました。

同じところを撮っているのに、撮影モードを変えると印象が違います。実際の目には、2枚目と同じ感じに見えます。

DSCF1468
等間隔にある灯りが幻想的です。男女の仲を引き付ける力がありそうですが、お一人様の私には関係ない話になります。この灯りのおかげで、夜の神社も思ったほど怖くありませんでした。
DSCF1467
フラッシュをたいしまうと幻想感が半減してしまいます。素人の写真ですのでしょうがないですね。

DSCF1456
千本鳥居をくぐると「おもかる石」なる怪しげな石があります。どうやら自分が想像した重さよりも重ければ願いが叶わず、軽ければ願いが叶うというものになります。
DSCF1455
試しに生涯のパートナーが見つかるようにお願いしたら、重からず軽からずといった中途半端な重さに感じました。これは願いが叶うのか叶わないのか本人の努力次第といった結果なのでしょうか?

DSCF1454
おもかる石の横に、謎のミニ鳥居が奉納されています。

DSCF1444
フラッシュで写真を確認したら、大きな鳥居に「稲荷大神」と書かれていました。
この稲荷大神の鳥居の奥は木々が生い茂っており、カサカサっと謎の音が響き渡って不気味でしたが、心の中で猿か鳥が動く時の木の枝の音なのだろうと解釈しました。

DSCF1446
謎の拝殿もありました。とりあえず今回はスルーしました。

ここより先にも稲荷山まで千本鳥居が続いておりますが、工事の影響で通行止めになっていました。

DSCF1461
これより先はバリケードで封鎖されています。人も少ないので強行突破しようと思えばできますが、さすがに1人では怖いので引き返すことにしました。個人的には稲荷山まで登ろうかと思って懐中電灯まで持参しましたが、使う機会はありませんでした。

IMG_20181020_220609
作業中のため通行止めとなっています。この先は異世界に繋がっている気がします。

IMG_20181020_220936
ここにも狐さんがいますが、見るアングルによって睨まれているように見え、少々不気味な気がします。

DSCF1464
おもかる石のところに猫がいました。化け猫ではなさそうです。

DSCF1460
この鳥居は右側通行になっており、帰りは別の鳥居に向かって車に戻ることになりました。

この伏見稲荷大社を訪問した翌日に、伊勢神宮・月読宮に向かうことになります。

以前、地蔵峠青崩峠山住神社を訪問した際、ついでに静岡県浜松市佐久間にある佐久間電力館を訪問しました。場所はこちらになります。

DSCF1396
佐久間ダムのすぐ隣に併設されています。駐車場は斜面に設置してありますので、バックで駐車する際はアクセル加減が難しいです。今回は休日に訪問しましたが、訪問客は少なく、車とオートバイが4台止まっているだけでした。

DSCF1397
入り口には発電所で使われていたタービンが設置してあります。古くなって修理できなくなったものを展示していると説明文がありました。

DSCF1398
最初はパネル展示になっており、電力会社「J-POWER」の説明と日本の電気事情・発電事情などが説明されています。どうやら佐久間電力館は「J-POWER」が運営しているのでしょうか?佐久間ダムは「J-POWER」が発電を行っていると説明がありました。

あと、佐久間には「佐久間周波数変換所」という電気の周波数を変える設備もあります。ご存知の方が多いと思いますが、日本では、富士川ー糸魚川のラインで50ヘルツ・60ヘルツと周波数が違います。西日本は60ヘルツ・東日本は50ヘルツになります。西高東低と覚えれば覚えやすいです。

なので、どちらかの電力が不足した際に、電力を融通できる設備として、周波数変換所がいくつかあり、佐久間にも周波数変換所があります。

DSCF1399
佐久間ダムと発電所の模型もあります。起動ボタンを押すとテレビ画面での説明がありますのでとても分かりやすくなっています。
DSCF1401
電気の力を体感できるコーナーもあります。
DSCF1400
電磁石を使ったゲームなどもあり、子供連れだと夢中になるかと思います。意外と電磁石は強力だということが分かりました。

DSCF1402
電力館ならではのゲームもあります。がんばって揚水発電しよう!!

DSCF1403
周波数を合わせる微調整が難しいです。

DSCF1404
こちらは省エネのゲームになります。電気を大切に使いましょう。

DSCF1405
佐久間ダム建設当時の様子を表した模型になります。山肌の硬い岩盤を有効利用して作ったそうです。

DSCF1406
岩盤の模型と、佐久間ダムの歴史を展示したコーナーになります。

DSCF1407
ダムには流木も流れてきますので、流木のリサイクルについて説明されています。チップにされてたい肥や椎茸の栽培等に利用されています。間伐材みたいにバイオマス発電に使われているのかなとも思いましたが、そのような説明はありませんでした。

DSCF1411
いったん建物から出ると、屋上に展望台があります。「やまびこ」もできるスポットになります。
DSCF1408
展望台から佐久間ダムを撮りました。貯水率は満水ですね。

DSCF1409
ダムと下流との落差には驚きます。

DSCF1410
山肌はゴツゴツしていて硬そうな岩盤です。

DSCF1412
佐久間ダムはダムの上が道路になっており、長野県道・愛知県道・静岡県道1号飯田富山佐久間線と呼ばれ、3つの県をまたがっている珍しい道路になります。大雨の際には崩落で通行止めになる確率が多い険道になります。

DSCF1414
佐久間ダムの静岡県側にも道路が通っていますが、万年通行止めで、ほとんどの区間が廃道となっています。この道路は静岡県道288号線(大嵐佐久間線)で、廃道マニアにはたまらない荒廃っぷりになります。

↑このページのトップヘ