ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

2018年のゴールデンウィークに九州1周旅行をし、本土最西端の場所である神崎鼻公園を訪れました。本土最南端というのは、本州・北海道・四国・九州であり離島や沖縄は含みません。

神崎鼻公園は北緯33度12分、東経129度33分に位置し、国土地理院が平成元年(1989年)に行った人工衛星による位置測量で、日本本土最西端の地として佐世保市から認定されました。

DSCF1015
神崎鼻公園は意外と知られていなくて、今回の九州1周旅行でもノーマークでしたが、前日の本土最南端の佐多岬を訪れた時に、本土最西端はどこだろうと調べたら神崎鼻公園と分かり、急きょ訪ずれました。

神崎鼻公園はマイナーなのか、駐車場は狭く5台分ぐらいしか停めるところがありません。近くの道の駅で車中泊し、朝一番で神崎鼻公園を訪れましたが、誰一人居ませんでした。帰りがけに駐車場がちょうど5台分が埋まっていた感じです。
DSCF1016
しっかりと「日本本土最西端の地」と書かれています。この下は海岸(岩場)になり、海中遊歩道なる散策路があります。高波の時は浸水すると思われますが、この日は晴天の穏やかな日和でしたので無事海中遊歩道を散策することができました。

DSCF1017
これが海中遊歩道なる散策路です。家族連れとカップルが楽しそうにしているのを横目で見ながら通過しました。岩場には海藻や小魚がいて、海水も透明で透き通っており綺麗でした。しかし漂着したごみの散乱も見受けられました。

PANO_20180503_110230
PANO_20180503_110641
PANO_20180503_110804
とりあえず何枚かパノラマ撮影してみました。前日の佐多岬では天候に恵まれませんでしたが、今回は海の向こうまで見渡せます。
DSCF1018
ちょっと高台に公園があり、ベンチが並んでいます。ここにも「日本本土最西端の地」と書かれた記念碑があります。2,3組の人達はいましたが、マイナーなのか人は少なく落ち着いた場所です。

PANO_20180503_111538
高台には展望デッキがあり海の向こうが見渡せます。なので一応パノラマ撮影をしてみました。

DSCF1019
ここには日本本土の東西南北端の自治体と提携を結んでいて、四極交流広場なる建造物もあります。


今回神崎鼻公園を訪れたことで、本土最北端の宗谷岬、本土最東端の納沙布岬
本土最南端の佐多岬を訪れたことになり、東西南北全ての果てを制覇しました。

2018年のゴールデンウィークに九州1周旅行をし、本土最南端の場所である佐多岬を訪れました。本土最南端というのは、本州・北海道・四国・九州であり、離島や沖縄は含みません。佐多岬の場所は鹿児島県の大隅半島最南端になり霧島錦江湾国立公園の中にあります。佐多岬ロードパークで目的地に向かいました。

ちょうどゴールデンウィーク期間ということで、佐多岬手前の駐車場から佐多岬展望公園まで有料のシャトルバスで向かいました。(往復料金200円)この日はあいにくの小雨でしたが、観光客はある程度いました。

DSCF1006
こちらはシャトルバスで到着した駐車場になります。お店やトイレが完備されています。車で行けるのはここまでで、本当の最南端は徒歩で向かいます。

DSCF1005
あれは灯台ですね。昔は徒歩で行けたそうですが、今は通行禁止となっています。あの灯台が本当の最南端ですが、今回は一般客が行ける最南端(展望台)に向かいます。

DSCF1008
これは徒歩で本当の最南端に向かっている途中です。写真のど真ん中辺りがシャトルバスで降りた場所になります。そこそこのアップダウンはあります。

DSCF1009
こちらは展望台から灯台を撮りました。

DSCF1010
アップで撮りました。写真ではよく見えませんが、一番右の岩の切れ目の左側で釣りをしている人を発見しました。どうやって登ったのでしょう?

DSCF1011
写真の下側に丸いモニュメントが見えます。

DSCF1013
佐多岬から、屋久島・種子島・馬毛島などの距離が書かれています。天気が良ければそれらの島々が見えるそうですが、今回はあいにくの小雨でしたので見ることはできませんでした。

DSCF1012
佐多岬に行ったという証拠ですね。展望台の下にあります。

DSCF1014
こちらは佐多岬への徒歩ルートからちょっと外れますが、灯台を作ったときの遺跡です。どうやら明治時代に灯台を作り、作業をした日本人やイギリス人が住んでいたそうです。

02
こちらは借りものですが、展望台になります。どうやら展望台は平成30年1月16日にオープンしたらしく新しいものになります。

12688524667846909A7DF6F456334F2C_M
こちらも借り物ですが、シャトルバス降り場から徒歩で展望台に向かう途中に謎の神社がありました。後で調べたら御崎神社(みさきじんじゃ)という神社で、1300年以上の歴史を持つ神社です。
パワースポットでもあり、縁結びや安産の神社になります。今回調査不足で、パワースポットということや縁結びということを知りませんでしたので、お参りしないで通過してしまいました。

E9B1D77E3FC4408DA036C9FA73FAC3AE_M
特にパワースポットとか縁結びとか書いてありませんでした。それにいつも見る神社らしい神社とはちょっと違いますね。

今回佐多岬を訪れたことで、本土最北端の宗谷岬、本土最東端の納沙布岬
本土最西端の神崎鼻公園を訪れたことになり、東西南北全ての果てを制覇しました。

今回は、ゴールデンウィークに九州1周した時に、どうしても立ち寄りたかった阿蘇山の噴火口と桜島になります。阿蘇山の噴火口は、火山ガスの影響で、喘息などの持病がある方の入山は禁止されています。料金所手前の係員さんが1台ずつ確認していました。

1.阿蘇山噴火口
まず最初に訪れたのは阿蘇山になります。これは阿蘇パノラマライン(熊本県道111号線)で阿蘇山に向かう途中の景色になります。
DSCF0988
写真だとはっきり写っていませんが、盆地に見えるのはカルデラではないかと思います。阿蘇パノラマラインから一望するとカルデラ?の巨大さが分かります。

DSCF0989
馬が放牧されていました。馬肉が有名ですので道の駅で馬肉のおつまみを購入しました。

阿蘇山の噴火口に行くには、阿蘇山公園道路(普通車600円・軽自動車300円・二輪100円)の有料道路で行くか、阿蘇山ロープウェー(大人往復1200円・子供往復600円)になります。しかし阿蘇山ロープウェーは2016年(平成28年)10月8日の噴火で設備が崩壊してしまったため、長期の運休になっています。なので代行バスで行くことになります。
DSCF0998
2016年(平成28年)10月8日の噴火で設備がダメになってしまいました。廃墟同然ですね。
DSCF0999
阿蘇山ロープウェーの山頂の駅ですが、噴石で破壊されていました。自然の恐ろしさが分かります。
今回は自家用車で阿蘇山公園道路を利用したため、山頂の駅のすぐ横に駐車しました。駐車場にリアルタイムの火山ガスレベルが色分けで表示してあります。

火山ガスレベル
赤ランプ:5ppm~  避難・下山
黄ランプ:2ppm~  駅舎避難
緑ランプ:0.2ppm~ 健康な人は安全・体調不良の人は注意
青ランプ:0ppm~  安全

というような表示があります。今回訪れた時は青ランプでしたので「安全」でした。

DSCF0991
噴火口の周りに、トーチカのような分厚いコンクリートでできた避難設備があります。
DSCF1001
突然噴火した際に、噴石から身を守るために避難する設備になります。

DSCF0994
これが噴火口になります。噴火口に溜まった熱湯?温泉?から湯気が出ています。

PANO_20180430_113123
PANO_20180430_112521
PANO_20180430_115915
ちょっとワイドに撮ってみました。でも写真では大自然の迫力さは伝わらないです。

PANO_20180430_113859
PANO_20180430_114544
こちらは昔の噴火口なのでしょうか?窪んでいるだけで温泉や湯気は確認できませんでした。

こちらは噴火口の動画になります。

2.桜島
翌日にこちらも行ってみたかった桜島にも訪れました。阿蘇山噴火口を訪れた後にJR指宿枕崎線の枕崎駅(本土最南端の始発・終着駅)を訪れたため、薩摩半島から大隅半島に回り込んで桜島を訪問しました。しかし天候はあいにくの曇りでしたので、桜島の火山(御岳)の噴煙はよく見れませんでした。
IMG_20180501_102510
島を1周して、北側からですと噴煙はかろうじて確認できます。しかし南側に回り込むと雲の影響で確認できませんでした。
IMG_20180501_102626
ちょっとアップしてみました。

あと、昭和33年4月25日に起きた大噴火で鳥居が埋没してしまった神社が保存されていました。
DSCF1002

DSCF1003
鳥居が9割ぐらい火山灰で埋まっています。
この神社の両隣は小中学校になっていて、その中央を進むと神社があります。

DSCF1004
ちょうど若い2人連れの女性が観光していました。1人は可愛かったですが、ナンパする勇気はありませんでした。神社の造りとしては至って簡素な感じでした。

今回は大分県別府市にある別府温泉保養ランドになります。2018年のゴールデンウィークに九州1周旅行した際に立ち寄りました。私は鹿児島・宮崎方面から一般道で北上しましたが、大分自動車道もすぐ隣を走っており、別府の中心街から近いので交通の便は良好といえます。

0000157199
(この温泉は利用客が多かったので、カメラの持ち込みは遠慮したため、すべて借り物の写真になります。)
上の写真は別府温泉保養ランドの一番の名物である巨大な露天風呂、もちろん混浴になります。
木でできた小屋が女風呂から露天風呂に出てくる所になります。中央に竹で仕切りがしてあり男女で分かれていますが混浴と言っていいでしょう。

露天風呂には源泉と一緒に細かな泥も湧いており、みなさん泥パックをして楽しんでいました。みなさんの話を聞いていると、男側の露天風呂にはほとんど泥はなく、砂状になっており、逆に女側の露天風呂には豊富に泥が堆積しているとのことです。(以前は中央の仕切りがなくて、自由に行き来できていたそうです。)

あと、源泉が湧いている所は熱いので、竹で仕切りがしてありますが、そこにも泥が豊富にに堆積しています。(手を伸ばして泥を掴むことができますがものすごく熱いです)

泥は非常に細かく、フワフワとした感触でした。しかし臭いはかなりきつく、猫のフンみたいな臭いが強烈です。

夫婦やカップルで露天風呂を利用している人が多く、中央で会話を楽しみながら利用していました。野良の私には関係ない話ですけどね・・・。

h0444002-002
こちらはもう一つの露天風呂になります。こちらも中央で竹で仕切りがされていますが、男女が丸見えの状態になります。感触としては巨大露天風呂と同じ感触で、泥が堆積しています。こちらは男側にも泥が堆積しています。

今回若い女性の方が先ほどの巨大露天風呂からこちらの露天風呂に移動するときに、前だけを隠して後ろ隠さず移動したためお尻が丸見えとなるいい体験もしました。そしてちょっと時間をずらしてこちらの露天風呂に行ったら、その若い女性が顔と胸に泥を塗っており、斜め後ろから胸のふくらみが分かるというお得な体験もしました。

dsc01232
こちらはコロイド湯なるものです。脱衣場から一番近くにあり、まずコロラド湯で体をきれいにしてから他の場所に移動してくれみたいなこと書いてありました。あと、露天風呂とか泥湯は成分が強すぎるため、小学生までの子供はコロラド湯だけ利用してくださいみたいなことも書いてありました。こちらは泥はなく、上澄みの温泉を利用した浴槽だなと感じました。

DSCN6059
こちらが泥湯になります。底には泥が堆積していて、成分がものすごく濃いとか・・・。そのため小学生以下は利用できません。時間も10~15分ぐらいが最適とのこと。ここに浸かって出ると、体に泥が付いてしまうので、シャワーで洗い流してから移動することになります。

今回はゴールデンウィーク真っ只中に訪れましたが、思ったほど混んでなく、のびのびと利用することができました。別府温泉は九州を訪れた際は外せないポイントですので、ぜひ訪れてみてください。

営業時間:午前9時~午後8時迄
利用料金:大人1100円
     子供600円
泉質:酸性明緑礬泉、硫黄泉

今回は、熊本県阿蘇郡小国町にある温泉「はげの湯温泉 豊礼(ほうれい)の湯」になります。九州1周した時に訪れました。
DSCF0987
九州に入り、2、3日ほどお風呂に入っていませんでしたので、スマホで検索して見つけました。営業時間は8時から20時まで、入浴料は500円とお手軽な料金になっています。泉質は「ナトリウム-塩化物温泉」となっており、青みを帯びた乳白色になっています。

前日に熊本県の道の駅「小国」に車中泊をした翌朝この温泉を訪れました。ゴールデンウィークということもあり、あさイチを逃すと阿蘇山の駐車場が満車の可能性が高いと判断し、最初は先に阿蘇山の噴火口を先に訪れ、その後に温泉に立ち寄ろうかと思いました。しかし、朝起きてみると小雨が降っており、阿蘇山には観光客は意外と少ないだろうとの判断で最初に温泉を訪ずれました。

訪れた時間帯が8時半ぐらいと早かったため、先客は1人しかおらず、先に帰ってしまったため、しばらく露店風呂を独占できました。
DSCF0982
浴槽は露天風呂しかなく、体を洗う場所は3ヶ所シャワーがある簡単なものです。シャンプーとボディーソープ、固形石鹸が備え付けてありました。排水設備は無いような感じで、そのまま山に垂れ流しな感じに見受けられました。なので環境への影響を最小限にしようとの判断で今回は固形石鹸を利用しました。

DSCF0986
竹筒と写真左上より温泉が投入されていますが、メインは竹筒ではなく左上から投入されています。熱いので「きけん」みたいな表示がありました。露天風呂はそこそこの大きさがあり、後から来た家族連れ(おじいさんと男の子と女の子)で子供たちが泳いで、おじいさんに注意されていました。

DSCF0981
見ての通り青みを帯びた乳白色です。どうやら源泉かけ流しらしく、源泉が投入された分だけ露天風呂からお湯が捨てられていました。

DSCF0985
最初は硫黄系の温泉かなとも思いましたが、後でネットで調べたところ「ナトリウム-塩化物温泉」ということが分かりました。

DSCF0980
露天風呂に目隠しの塀はなく阿蘇の山々を一望できます。塀がないと窮屈感がなく解放感を味わえます。それと山の温泉には動きがないため長時間居ると飽きてしまいがちですが、雲が多い日ですと雲の形や位置が変化するので飽きることがありません。私は1時間ぐらい露天風呂に入っていました。

DSCF0983
阿蘇だけに噴煙か?ではなく、あちこちから湯けむりが上がっています。源泉をくみ上げているのでしょうか?さすが温泉地ですね。早朝は小雨でしたが、この時間は晴れています。

ここの温泉に到着したとき、駐車場にはかなりの車がありましたが、露天風呂はあまり人がおらず、ほとんどの人は家族風呂を利用していたと考えられます。私には家族がいない野良生活ですので、家族風呂を利用する機会は一生ないと思います。

観光シーズンですと定番の温泉ではイモ洗い状態ですので、人混みが苦手という方はぜひ訪れてきてください。

↑このページのトップヘ