ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

犬と猫、人間に一番身近な動物ですよね?どちらかを飼っている人は多いんではないでしょうか?または両方勝っているという方もいるでしょう。両方飼っている方は分かると思いますが、犬と猫、仲が悪いことはあまり聞かないと思います。

それは面白いことに、はるか昔の先祖は、犬と猫は同じ先祖だったからなのです。

https://static.pepy.jp/wp-content/uploads/2015/03/06105233/shutterstock_205941694-e1484025646982.jpg

下の絵は、犬と猫の先祖の「ミアキス」という動物です。約6500年前~4000万年前にいました。体長は20~30センチメートル、肉食で北米からヨーロッパにかけて生息していたそうです。
Miacis

この頃は森林が豊かでしたので問題ありませんでしたが、3000万年ぐらい前になると、地球規模の寒冷化で森林が減少し、草原に変わってきました。そこでミアキスでも、森に残るグループと、草原に進出するグループに分かれます。
森林が減ったためミアキス同士でも生存競争が行われ、元々森に棲んでいたので強い者が森に残り、森林から追い出された者が草原に進出しました。

森に残るグループ・・・・・・猫の祖先
草原に進出するグループ・・・犬の祖先

そこで草原に進出したミアキスは狩りがしやすいように筋肉がついたり、持久力がついたりして集団で狩りをするようになります。狩りをするには指揮するリーダーが必要ですので、主従関係が生まれました。

それで草原に適応したのが犬の祖先になります。しかし落ちこぼれもいて、草原に適応できなかった者は再び森に戻り、クマやイタチに進化したそうです。
進化とは面白いことに、草原に適応できなくて、森林に戻ったのに猫にはなれなかったのですね!!

そこで月日が経ち、犬と人間が初めてであったのが、約3万年前のアラビアで、外敵からの防衛と狩りの仲間のためにオオカミを飼い始めました。
ここでは色んな説があり、ある少女がオオカミの赤ちゃんを拾ってきたのが始まりとの説もあります。

オオカミと人間は利害が一致したため、人間もオオカミも共存の道を選びました。まず人間から見ると、当時は人間を襲う外敵がたくさんいたため、オオカミの鼻(臭い)がレーダーとなり、外敵が近くにいるとオオカミが吠えるのですぐに分かります。あとは共同で狩りをすることです。
オオカミから見ると、人間と一緒にいれば、食べ残しがもらえるので、食いっパグれがないです。
その点で、オオカミと人間との利害が一致しました。


一方猫を飼い始めたのは4000年前~8000年前のエジプトで、リビアヤマネコが全ての始まりだと言われています。
この頃、人間は麦を栽培して倉庫に蓄えていたのですが、ネズミが倉庫の麦を食い荒らすので、対ネズミ用としてリビアヤマネコが買われたそうです。

この関係、ここかで見たことありませんか?そう「トムとジェリー」と同じですよね?

今回は、山梨県山梨市にある「ほったらかし温泉 あっちの湯」になります。行き方ですが、とりあえずは国道140号線から笛吹川フルーツ公園を目指します。そこからちょっと上に行けば到着します。(ネットの情報ですと、カーナビでセットすると違う場所に案内されるとかありますので注意してください。)駐車場はだだっ広いですが、利用客多過ぎだろ!!ってくらい混んでいます。なのでイモ洗い状態を覚悟しました。

そこから歩いて温泉に向かうのですが、ここで「あっちの湯」「こっちの湯」の二つの温泉がありますので、どちらに入ろうか迷います。(入湯料は別々になりますので注意してください)。で、今回は
「あっちの湯」に入ることにしました。

券売機で入場券(800円)を買って入ります。貴重品ロッカーについて、無料(100円のリターン式)のところが多いですが、ここでは有料となっています。ということで、100円がもったいないので、そのまま脱衣所にある籠に中にほったらかしにしてきました。

泉質はアルカリ性単純温泉で、pHは10.1になっています。営業時間ですが、日の出の1時間前からですので、日の出を見ながら温泉に入ることもできます。また22時まで営業していますので、甲府盆地の夜景を見ることもできます。

「あっちの湯」は甲府盆地と右側に富士山を眺めることができます。山梨市には中央本線も通っていますので、温泉に入りながら列車が走っているのも見ることができます。

001l

夜は入っていませんが、ネットで見ると甲府盆地の夜景を見ながらの露天風呂もいいですね。富士山は見えませんが街明かりを見ながらの露天風呂を楽しむことができます。



※画像は公式ホームページよりお借りしました 。

内風呂にはそんなに入りませんので置いておき、メインの露天風呂ですが、木製の大きなものが1つと、岩風呂が大小何個かあります。

ほったらかし温泉 あっちの湯 下の岩組浴槽

※http://onsenoyazi.blog81.fc2.com/blog-entry-195.html(温泉おやじの湯巡り日記からお借りしました。)


広い露天風呂ですので、大勢いても大丈夫です。この日も休日ということもあって、多くの人が訪れていましたので、若干場所の取り合いって感じにもなりました。誰かがどこかに行ったら、誰かがその場所に入るって感じです。個人的には山奥にある秘湯みたいに、人が少ない温泉が好きです。(なので街中の温泉には行きません。)

無色透明・無臭の泉質ですが、アルカリ性ですのでしっとりスベスベ感がある温泉になります。


「こっちの湯」には今回入っていませんが、「あっちの湯」の半分程度の大きさの露天風呂になっているそうです。泉質は同じアルカリ性単純温泉ですが、pHは9.68と若干違います。「こっちの湯」が手狭になったため、「あっちの湯」をオープンさせたのだとか・・・なので歴史的には「こっちの湯」の方が古くなります。


「こっちの湯」は正面に富士山と甲府盆地を眺めることができるそうです。次回は「こっちの湯」の夜に入ってみたいと思います。というのも、いろんな所で夜の温泉に何度か入りましたが、夜空を見ながらの露天風呂って雰囲気があっていいと思いませんか?


皆さんは「あっちの湯」「こっちの湯」、「どっちの湯」に入りたいですか???

金縛りになったことがある方は多いのではないでしょうか?日本人では半数ぐらいの人が金縛りになったことがあるそうです。

そもそも金縛りとは、字のごとく夜寝ているときに金属で縛られている様に体を全く動かせなくなる状況に陥ることです(目は動くことが多いです)。

どうして金縛りにあうのかですが、結論から申しますと、ほとんどは霊的な現象ではありません。でも毎晩金縛りが続くようでしたら、もしかしたら地縛霊などの仕業かもしれません。もしあなたが霊感が強い体質だったり、いわく付きの物件に住んでいたり、霊道の通り道が寝室だったりすると否定できませんし、否定するつもりもありません。

https://i.ytimg.com/vi/HPSFyjG1JR4/hqdefault.jpg

では、一般的な金縛りの原因ですが、簡単に言えば睡眠障害です。

簡単に言えば、脳(頭)は起きていて体が寝ている状態、その状態になると金縛りになります。というのも、脳が起きているので様々な指令を出します。例えば手を動かせとか、足を動かせとか脳が一生懸命指令を出すのですが、体が寝ているので一向に動きませんよね?なので体が縛られているように感じるのです。


ではなぜそのようなことが起きるのか、レム睡眠・ノンレム睡眠という言葉を聞いたことないでしょうか?


・レム睡眠・・・・・
レム睡眠(Rapid Eye Movement Sleep)は急速眼球運動(Rapid Eye 
          Movement
)を伴う睡眠のことです。その頭文字REMを取ったのがレム睡眠。

・ノンレム睡眠・・・・・ノンレム睡眠(Non Rapid Eye Movement
Sleep)はレム睡眠ではない状態。
             眠りの状態は4段階に分けられています。

レム睡眠時・・・・・眠りが浅いので、脳は起きている状態で体が眠っている状態。夢を見ている時が
          レム睡眠


ノンレム睡眠時・・・・・眠りが深く、脳も体も眠っている状態。
この状態でたたき起こされると寝ぼけ
            
を起こす


睡眠時はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。生活が不規則な場合や、疲れているときはこの繰り返しが乱れやすく、レム睡眠中に脳が起きてしまうことがあります。

レム睡眠中に脳が起きてしまうと、体が眠っている状態ですので金縛りになります。これが金縛りが起こる科学的な原因になります。

金縛り中に幽霊を見たとかありますが、自律神経が乱れた状態ですので、夢と現実と恐怖が入り乱れた幻想になります。

http://livedoor.4.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/a/7/a7d59ffd.png
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

これは個人的な体験ですが、私自身金縛りは頻繁にあります。不思議なことに金縛り中目を開けるといつも自分の部屋になります(若干レイアウトが違うかもしれませんが)。何回か引っ越しもしましたが、引っ越し先でも必ず目を開けると自分の部屋になります。

そして、金縛りのなる直前ですが、「キーーーン」という耳鳴りがするので「あーーー、金縛りになるな!!」とすぐに分かります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

金縛りの直前になると耳鳴りがする人はかなり多いですが、原因は解明されていません。

金縛りを解く方法ですが、個人的には諦めて寝ることです。どうせジタバタしても体は動かないし、目を開けると幻想の幽霊がいるかもしれません。さすがに幽霊が居ては怖いので、諦めて目を閉じて寝るようにしています。しかし寝返りができないのはつらいですよね。私個人は仰向けより横向きで寝ていますので、仰向けのまま金縛りになるとツライです。

金縛りの原因理解していただけましたでしょうか?

今回は、静岡県西伊豆町の「沢田公園露天風呂」になります。場所は西伊豆の堂ヶ島になります。行き方ですが、国道136号線をひたすら南下するのですが、国道から脇道に入るときに、「沢田公園 露天風呂はこちら」という看板がありませんので非常に分かり難いです。

目安として、「加山雄三ミュージアム」の建物が見えてきたらそろそろだなと思ってください。そしたら漁港らしきものが見えてきますので、脇道に入って一番奥になります。

肝心の温泉はこんな感じ(拾い物)

1
階段を上った駿河湾の断崖絶壁の上にあります。この温泉は露天風呂だけになります。

これは自分で撮った写真

IMG_20171015_144303
見ての通り断崖絶壁の上が露天風呂になります。今回はあいにくの大雨の日に訪問しました。時間的には午後2時ぐらいに訪問しました。大雨の日ってこともあり、管理人曰く、本日のお客さんは私だけだそうです。なので1時間半ゆっくりと雨の露天風呂を独り占めできました。ホントラッキーです。ことわざ通り「災い転じて福となす」ですね。

ちなみに入湯料は西伊豆町在住の方は大人400円、子供200円で、それ以外の方は大人600円、子供は同じく200円になります。
泉質ですが「カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉」になり、無色透明・無臭になり、泉質は一般的になります。

IMG_20171015_144126

3,4人入ればいっぱいになる程の小さな露天風呂になります。

シャワーが1つあり、シャンプー・石鹸類の使用は禁止と張り紙がありました。恐らく排水はそのまま駿河湾へ流れているような感じがしますので、環境対策なのでしょう。(個人的には固形石鹸ならすぐに分解されるのでOKのような気がしますが・・・・・)

この日は誰もお客さんがいなかったためか、給湯器からシャワーまでの配管が長いのか知りませんが、5分ぐらい冷たい水しか出てきませんでした。それからは適温のお湯が出てきました。
IMG_20171015_144051
大雨で、誰もお客さんがいないので傘でスマホが濡れないようにして温泉に入りました。温泉に入れば雨が降ろうが関係ないですからねwww。
写真の通り、目の前は駿河湾が一望できます。今回は夕日は関係ありませんでしたが、前回訪問した時は、晴れでしたので、夕日の時間帯の露天風呂は満員御礼で、露天風呂の外の崖もカップルや家族連れが夕日が沈むのを見ていました。


IMG_20171015_144235
どんよりとしていますが、露天風呂の柵から仁王立ちで駿河湾を一望。そうすると・・・・・

IMG_20171015_145534
観光船(遊覧船)が通りかかりました。かなり露天風呂の近くを通るので、タオルで大事な部分は隠さないと丸見えになります!!
時計で時間を見ると、観光船(遊覧船)は15分間隔で出港している模様でした。

一応動画にもしましたので参考にどうぞ!!


雨にもかかわらず、釣りをしている方が2名いました。いったい何が釣れるんでしょうか?気になるところですね。

IMG_20171015_160142
以前から気になっていたのですが、このしま模様の岩場は何でしま模様になったのでしょう?それに爪で簡単にポロポロ削れてしまいます。こんな簡単に削れるようでは、すぐに風化して崩れてしまう気がするのですが大丈夫なのでしょうか?

この温泉は夕日の時間帯は非常に混み合うことが予想されます。なので、のんびりしたい方は、優にの時間帯を避け、かつ天気の悪い日に行くと駿河湾を一人占めできますよ!!皆さんもぜひ行ってみてください。

最後に、今回は1時間半ゆっくり温泉に入っていたため、帰りに管理人さんにすれ違ったら、「やけに長かったので心配して見に行くところだった」と心配されてしまいました。ちなみに訪れたのが10月でしたので、営業時間が9時~18時でしたが、管理人さん曰く「今日はもう誰も来ないから早めに閉める」と言っていました。

私が子供の時は夏休みは40日ぐらいだったと思いますが、皆さんも同じぐらいでしょうか?そして冬休みが2週間ぐらいでちょっと短めでした。(北海道の冬休みはちょっと長めとか、地域によって若干違うとは思いますが・・・・・)

夏休みには、「夏休みの友・読書感想文・自由研究・親子作品(工作)」など宿題がいっぱい出されたと思います。

http://img01.ti-da.net/usr/ouchi/20110801105123.jpg
恒例行事としては、8月31日最終日に、どれだけ宿題の答えを写すか、感想文は適当なあらすじを書くか、自由研究は去年のを使い回すとか、子供ながらに悪知恵を働かせたと思います。


それ以外には、外で遊んだり、旅行に行ったり、海や川で遊んだり、時には家でファミコン・スーパーファミコンをしたりして過ごしませんでしたか?


http://blog-imgs-114.fc2.com/k/e/i/keichan2610/2017080822111717d.jpg

私は活発な子ではなかったため、友達も少ないので、家族で外出か家でテレビゲームでしたが、活発な子は運動のサークルとか、部活とかで忙しかった人も多いでしょう。

その夏休みに異変が起きています。

今、夏休みの短縮の動きが全国で起きています。ゆとり教育の見直しと、英語の必須化で、授業時間が増えますので、教員の負担軽減とか、大人の事情で夏休みが減っています。

私の地域でも、8月31日までだった夏休みが、8月20日ぐらいまで短縮されました。日数的には30日ぐらいなので、10日減りました。


それが、静岡県吉田町では夏休みをたった16日にするという動きが出ています。
まだ正式決定されてはいませんが、2018年度から実施するという方針を出しています。

それに対する個人的な意見を述べたいと思います。

個人的には、夏休みは短縮するべきではないと思います。確かに授業時間の確保は大事ですが、昔の私たちの頃みたいに土曜日に半日登校するとか、5時間授業を6時間授業にするとか手はあると思います。

夏休みは夏休みにしかできないことをする方が大事だと思います。特に運動関係に力を入れている人は大会とか練習とかで時間が足りないと、将来の芽を摘んでしまう可能性があります。

運動以外でも、海や川・山での体験は人生の宝となりますので、その体験ができないことも不幸なことです。別にアウトドアだけではなく、インドア、テレビゲームだって悪いことではありません。ロールプレイングゲーム・歴史ゲームのやり込みだって悪いことではありません。皆さんもFF5や信長の野望・提督の決断のやり込みとかやりませんでしたか?

http://tn-skr2.smilevideo.jp/smile?i=22580641.L
東條英機さん「悪いな、今の私に何もしゃべることはないよ」なんて言っている場合じゃありません。

子供のモチベーションだって上がるわけないですよね?他の地域の子供たちが遊んでいるのに、何で自分だけ学校で勉強しなければいけないんだ!!

それは私たち大人だってそうですよね?世間は休みなのに何で出勤しなければいけないんだ!!って思いますよね?(低賃金・職場環境最悪といった諸事情ですが・・・・・)

何も学力だけが大事ではありません。世の中いろんな人がいます。普通のサラリーマン・スポーツで稼ぐ人・ノーベル賞(自然科学系)を取る学業の人・芸能人・金融工学で一儲けする人・企業家。

このような人たちも、夏休みの体験が生きている人も多いと思います。ただ授業時間を確保すればいいだけではありません。人生つまらないものになってしまうと思いませんか?

欧米や北欧では2~3か月の夏休みがあります。夏休みの宿題がなく、体験を重視しています。

なので、夏休みには夏休みだけにしかできないことをやらせてあげたいと思いませんか?

個人的には、学校だけではなく、一般企業でも1か月ぐらいの長期休暇があればいいんですけどね。

↑このページのトップヘ