ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

2020年3月に栃木県にある足尾銅山の鉱山跡に行ってきました。新型コロナウィルスが蔓延し始めたころですが、まだ非常事態宣言は出ておらず足尾銅山も営業していました。

途中にけさかけ橋・小中大滝がありましたので、先に立ち寄りその後に足尾銅山を訪問しました。

DSCF2355
非常事態宣言は出ていませんが、人はまばらで、3台ぐらい車が止まっていました。

DSCF2356
トロッコ列車で鉱山に入ります。ここで入場料金を支払います。

DSCF2358
客車が何両か連結していましたが、1両あれば十分なほどしか観光客がいません。


トロッコの様子を動画にしました。

DSCF2360
トロッコ列車で鉱山に入りますが、ものの数分で到着です。

DSCF2365
トロッコ列車が折り返しましたが、入り口が分かるほどの距離しかトロッコでは入りません。

DSCF2361
しかし、坑道は1200キロ以上あると説明があります。

DSCF2363
鉄格子の先にも線路は続いていますが、恐らくトロッコ列車が入ることはないでしょう。

横にも坑道がありますので、徒歩で進むことになります。
DSCF2366
DSCF2368
DSCF2369
DSCF2370
DSCF2371
DSCF2372
DSCF2373
DSCF2374
DSCF2375
DSCF2376
DSCF2377
DSCF2378
足尾銅山は1610年に開山し、1973年に閉山しましたが、その間の歴史についての展示が模型とパネルで展示してあります。

DSCF2379
途中で神社もありました。落盤などの災害もありますので、安全祈願をしてたと思います。

DSCF2380
坑道を進むと、展示場もあります。鉱石の展示もありました。

DSCF2381
紫水晶が一番きれいでした。

DSCF2382
坑道内で使われた鉄道も残っています。現代に移ると鉄道やダイナマイトなどありますので、手掘りより楽になりました。

DSCF2383
鉱石を運び、品位を高めるために選鉱をしますが、その説明もあります。

DSCF2384
鉱石から銅を取り出す精錬の説明もあります。

DSCF2385
粗銅になります。理科か化学の授業で、粗銅と電気の力で銅を作ると習った気がします。

DSCF2386
ここで一旦外に出ます。坑道の入り口になります。

DSCF2387
DSCF2388
外にも、坑道内の鉄道で使われた列車の展示があります。しかし雨除けの屋根がなく、塗装が剥げかかっています。

DSCF2390
DSCF2391
坑道から駐車場に戻る途中に、江戸時代のお金を作る所の説明もありました。
足尾銅山ですので、江戸時代ですと、寛永通宝や天保通宝などの作り方の説明です。

こちらも動画にしましたので公開します。
DSCF2389
お金の歴史についての説明もあり、古代から現代までのお金が並んでいます。お金の歴史については、日本銀行本店にある貨幣博物館にも行きましたので、参考にしてください。

DSCF2392
途中で駅みたいのがありました。一般客は降りることができません。恐らく、鉱夫の方が乗り込むのに使った場所と推測されます。

DSCF2393
線路の真ん中にもう1本ありますが、アプト式になります。急こう配のところに使われていますが、日本で現役なところは、大井川鉄道井川線のアプトいちしろ駅と長島ダム駅の間だけになります。

そのあとお土産屋さんを回ったのですが、テレビ石なる面白いものや、天保通宝といった古銭、1円札や10円札といった旧札も販売していましたので、旧札や古銭集めが趣味ですので、あれもこれも買ってしまいました。


基本情報

所在地 :こちら
開館時間:9時~16時半
入場料金:大人820円 子供410円
定休日 :無休
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年4月20日に、ニューヨーク・マーカンタイル取引所で、WTI原油先物価格が1バレル=マイナス37.63ドルで取引を終えた。最安値は1バレル=40.32ドルまで値を下げた。
原油価格マイナスのグラフ
といっても、これはアメリカでの話になります。原油先物市場で、受け渡し期間が最も短い期近物である5月限の価格がマイナスになりました。
img_82c8fbbd20581066ef9d8694fb992f5e1367997
とはいえ原油価格がマイナス、これはいったいどういうことでしょう?簡単に言えば、売り手側がお金を払って原油を買ってもらうわけです。(ごみの処理と同じような感じですね)
お金を払って原油を買ってもらうので、1バレルの値段がマイナスになってしまいました。これは原油先物市場の歴史で初めてのことになります。

ではいったいなぜ原油価格がマイナスになったのでしょうか?

今、世界中で新型コロナウイルスが蔓延しているのはご存知でしょう。都市封鎖によって、経済活動は止まり、飛行機も車も動かない日々が続いています。飛行機も車も原油から精製される燃料を使いますが、動かないので燃料が消費されません。この輸送用エネルギーが消費されずに、在庫として蓄えられているため需要と供給のバランスが崩れてしまいました。

原油の現物受け渡しが行われるオクラホマ州クッシング地区は貯蔵能力は限界に近付いており、原油を買っても貯蔵するスペースが少なくなってきています。売り手側は原油価格が安くても在庫を捌きたいが、買い手側は原油を貯蔵するスペースがない。
だったらシェールオイルなど生産停止すればいいのではないかと思いますが、一度生産停止にすると、再稼働した時の効率を考えると生産停止もできない。なのでどんなに貯蔵スペースがなくても、原油価格が安くても生産し続けなければなりません。

原油を生産し続けなければいけない理由として、新型コロナウイルスの終息がいつになるのか見通せないため、急速に終息した場合、今度は需要に対して供給が追い付かないことになります。

この原油価格のマイナスはかなりのインパクトになっており、北海ブレント原油、中東産ドバイ原油の期近物などはまだマイナスにはなってないが、下落が続いています。

6月限の価格は20ドル台、12月限の価格は30ドル台となっており、産油国の減産もあって年の後半には原油需要が回復する見方があります。

いづれにしろ、株式市場の記録的な下落、原油価格のマイナスなど、新型コロナウイルスの影響は世界経済に大きな影響を与え続けています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新型コロナウイルスが流行してそろそろ5ヶ月になります。前回、新型コロナウイルスの恐ろしさを伝えましたが、今回は新型コロナウイルスの影響が世界的な食糧不足を引き起こす可能性を見ていきます。
ER1niMuVUAcGRGL
スーパーには皆さんも行くと思いますが、マスクやアルコール消毒が不足しているのは当たり前になっています。これは生産より需要の方が多いので全国的に不足しています。ちなみにトイレットペーパーやティシュペーパーの品薄は解消されたような感じがします。

1489151-1
食料品では、バター・納豆・カップ麺・袋麺・缶詰・米・一部の飲料が棚から無くなっていました。食料品が無くなると皆さん慌てて買いだめてしまいますので余計に品薄になってしまいます。

現在の品薄の原因は、パニック買いの影響ということが一番大きいと思います。というのも、異常気象による収穫の減少が原因で世界中の食料貯蔵庫・穀物貯蔵庫が空になっている訳ではありません。
img_e595ded6f44413151f478724f558371e359104
確かにアフリカなどではバッタの大量発生して穀物が全滅ということもありますが、アメリカやロシアなどにはそのようなこともなく世界的に見て不足しているということはありません。

なのですぐに世界中で食料が無くなり大変だと騒ぐ必要はないと思います。ただし、収穫・加工・物流には人が要りますので、都市封鎖や外出禁止・コロナ感染者の増加によっての人手不足による物流の寸断には今後とも注意しなければいけないと思います。
maersk-ship-shanghai-china-restricted-super-169
また、世界中で感染者が増加しており、歯止めが効いていないので、航空機・船舶による輸入が途絶えることが恐ろしいです。また、自国民を優先するため、ロシア・インド・ベトナムといった国が(不安から来る)輸出制限もしていますので、パニックがパニックを呼ぶことも食糧不足に繋がります。

日本は食料の輸入大国で、食料自給率が30%台と言われていますが、これはカロリーベースでの話であって、世界で一般的ではありません。世界では生産額ベースの食料自給率で計算するのが一般的であり、日本は生産額ベースになると食料自給率は66%(2018年)になり、そこまで低い訳ではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年11月に中国の武漢で突如現れた新型コロナウイルス。2020年になって世界的大流行になり、WHOもパンデミックを宣言しました。
1200px-Novel_Coronavirus_SARS-CoV-2
当初はこれほど世界的大流行になるとは誰もが思っていませんでした。武漢を都市ごと封鎖してしまうなどそもそも行き過ぎだとも思っていました。しかしそれでも感染の拡大は防げず、日本に寄港したクルーズ客船「ダイヤモンドプリンセス号」の集団感染は世界中に報道され、(当初は)日本の対応のまずさを世界中にさらしました。

それでもまだ世界各国は我が国には関係ないと言わんばかりの高見の見物でした。しかし2月中旬に日本・台湾など、中国以外でも感染者が確認され、2月下旬にはヨーロッパ各国・アメリカなどでも感染者が確認されます。3月になると、全世界に感染者が蔓延し、外出禁止令や都市封鎖を行う国まで現れました。

ここでやっと世界は新型コロナウイルスの恐ろしさを実感し始めたころになります。新型コロナウイルスは、接触感染・飛沫感染・エアロゾル感染を引き起こし、強力な感染力を持ちます。致死率は感染者数と死亡者数から約5%程なり、そこまで毒性が強いわけではありません。
しかし強力な感染力から次々と感染者が増え、手の施しようもないほど爆発的感染が現在も進んでいます。

なぜ新型コロナウイルスが恐ろしいかというと、まだ謎が多くて治療法も確立しておらず自然治癒を待つしかないということです。(臨床試験は進んでいますが・・・)
しかも高齢者や持病を抱えた人が感染すると急激に症状が悪化することも怖さの一つです。

ヨーロッパやアメリカでは、感染に伴う死者が日に日に倍増していましたが、これでもまだ日本は海外ほど爆発的感染が進んでいるわけでもなく、死者もそれほど多いわけでもない。非常事態宣言が出されたわけでもないので気を緩めている人が多かったと思います。

2020年3月29日に、コメディアンの志村けんさんが新型コロナウイルスに感染し、急死したというニュースが飛び込んできて驚いた人も多いでしょう。
20200330-00036935-bunshun-000-2-view
志村けんさんは世代を超えて人気がある日本を代表するコメディアン。その志村さんが新型コロナウイルスで急死したことで、このウイルスの怖さを実感した人も多いです。
志村さんはたばこは吸っていましたが、特に大きな持病もないにも関わらず、急激に肺炎の症状が悪化し亡くなりました。

この急激に症状が悪化することが新型コロナウイルスの特徴の1つですので、治療法もないことも考えると、やはり新型コロナウイルスは恐ろしい伝染病だということを実感するべきです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

テレビ東京の「太川蛭子の旅バラ」のレギュラー放送終了後の特番としての企画「水バラ ローカル路線バス VS ローカル鉄道 乗り継ぎ対決 秩父~日光」で紹介された場所でしたので、2020年3月に群馬県にある「けさかけ橋・小中大滝」を訪問しました。

DSCF2394
途中の道は細くて、運転に慣れていないとすれ違いが困難になります。駐車場・トイレとも完備してあり、新型コロナウイルスが蔓延している中、観光客はそれなりにいました。
DSCF2395
駐車場から木造の橋を渡ると、けさかけ橋と小中大滝に通じる登山道があります。
DSCF2396
けさかけ橋の由来の説明文がありました。どうやら源太和尚という悪い和尚がいて、弘法大師がお経を唱えて反省するように促し、源太和尚がお経を唱えながら亡くなって、源田和尚がお経を唱えていた岩に、弘法大師が袈裟をかけてあげたとの説明でした。

DSCF2397
急斜面で足場の悪い登山道を登ることになります。急斜面ではありますが、転落防止のロープがあり、数分登ればいいだけの短い距離ですので簡単にたどり着くことができます。

DSCF2398
落石があり、転落防止用のチェーンが傾いています。見ての通り足場は悪いです。

DSCF2399
少し登ると人口のトンネルが見えます。

DSCF2400
トンネルは短く、心霊的な嫌な空気はありません。

DSCF2401
トンネルの先にけさかけ橋が見えます。最大傾斜44%もある急こう配の吊り橋になります。
DSCF2402
吊り橋の降り始めが一番急勾配になっており、階段状になっています。吊り橋から下を見ると足がすくみますので、手すりを持って降りることになります。
DSCF2408
下からはこんな感じです。平成5年3月竣工とのことですので、15年も前に作られた吊り橋なのですね。しかし塗装もきれいに施してありメンテナンスがしっかりとされています。
DSCF2409
吊り橋が弧を描いていることが分かります。
DSCF2414
傾斜がきつい所は階段になっています。床がプラスチック製ですので若干滑ります。
DSCF2405
橋を下る途中の右手に小中大滝が見えます。滝は二段になっています。動画にもしましたので公開します
DSCF2411
吊り橋を渡った先も少し道が続いていました。吊り橋の横から撮ってみました。
DSCF2412
しかしその先は道がなくなり通行止めになっていました。階段も続いていましたが、立入禁止になっていました。階段も急になっており登るのは大変危険になっています。

ここで引き返し、次の訪問地である足尾銅山(鉱山跡)に向かいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ