ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

2018年6月17日に、立山黒部アルペンルートで立山駅から黒部ダムまで行ってきました。
以前、長野ルートで黒部ダムを訪問しましたので、黒部ダムへの訪問は2回目になります。
IMG_20180617_080943
立山駅に無料の駐車場がありますので、深夜に立山駅に到着し、車中泊をして朝から黒部ダムを目指して出発しました。

DSCF1118
立山駅から黒部ダムまで、往復10,790円とかなり高めの運賃ですが、今回、「立山黒部貫光株式会社」株主優待券を使用したため、往復6,480円で行くことができました。普通に行けば往復10,790円とかなり高いですが、それなりの価値がある値段となっています。

DSCF1048
立山駅に車中泊した際に、富山地方鉄道の立山駅を撮影しました(踏切からの撮影です)。深夜0時を回っていますので営業運転はしていないようです。夜でしたので写りは悪いですが、電車が夜間停泊しています。

DSCF1049
駅の外から撮影しました。今回も踏切や敷地外からの撮影となり、富山地方鉄道敷地内への不法侵入はしていません。

DSCF1104
こちらは昼間に撮影しました。ワンマン運転なのですね。

DSCF1050
こちらは立山ケーブルカーの立山駅です。

DSCF1051
ケーブルカーって傾斜がきついですね。この日は日曜日ということもあって観光客、特に外国人観光客が目立ちました。


Tateyama_Sabo_DL
立山ケーブルカーの立山駅のすぐ横に謎の線路が続いていましたが、「国土交通省立山砂防工事専用軌道」が通っていることが分かりました。国土交通省立山砂防工事専用軌道は「立山砂防トロッコ」とも呼ばれ、通常一般客は利用できません。しかし抽選で当たれば利用できるそうです。

立山ケーブルカーですが、立山駅から美女平駅まで約7分間の乗車になります。
DSCF1103
美女平駅からの撮影になります。ケーブルカーですが仕組み上、中央で上りと下りがすれ違い、駅は単線になっています。

IMG_20180617_073055
美女平から立山高原バスに乗り換えます。ここで室堂駅まで直通するのか、弥陀ヶ原・天狗平で途中下車するのか選ぶことになります。弥陀ヶ原にはホテルがあるため、宿泊客は途中下車・乗車することになります。というのも立山有料道路は観光バス・路線バス・許可車以外進入禁止ですので、立山高原バスの利用となります。

IMG_20180617_073513
今回は室堂までの直通バスに乗ることになりました。早朝ということもあり、まだ席には余裕がありましたので、1人で2人分の席を利用することができました。バスは約50分間の乗車となり、テレビ映像での解説付になっています。

DSCF1102
途中で称名滝が見えるポイントがあります。バスもちゃんと停車してくれます。バスもテレビ映像で解説付きになっていて解説を聞くことができます。

IMG_20180617_080929
弥陀ヶ原を立山有料道路から見下ろせるポイントがあります。ここでもバスが停車してくれますので写真撮影することができました。6月ですのでまだ残雪があります。

IMG_20180617_080642
写真真ん中のくぼんだ部分が称名滝に繋がっていると思われます。

雪の大谷
室堂手前であの有名な「雪の大谷」を見ることができました。6月中旬ですので、だいぶ高さは低くなったと運転手さんが言っていました。この日も雪の大谷を歩くイベントがありましたが、9時以降ということでまだ時間外でした。

DSCF1055
室堂駅に到着です。高山ということもあって、6月中旬でもあたり一面雪景色です。

DSCF1056
駅舎の屋上になります。立山連峰を背景に晴天に恵まれました。

立山駅から室堂駅までは株主優待券を利用することができましたが、室堂駅から黒部湖駅までは実費で行くことになります。

室堂駅から黒部ダムまでは次回に続きます。

先日、長野県長野市松代地区にある「松代大本営地下壕(象山地下壕)」に行ってきました。
DSCF1119
松代大本営地下壕とは、第二次世界大戦末期に政府中枢機能を松代に移転する計画で、
象山、舞鶴山、皆神山の3箇所に地下壕を作りました。現在では、象山地下壕のみ一部(全長10kmのうち500m)が一般公開されています。

この地下壕は結局使用することはありませんでしたが、跡地利用として象山地下壕1番壕には信州大学の宇宙線観測施設が設置されています。

この施設の入場料は無料となっていて、9時から16時まで入場(15時半が最終入場)できます。

DSCF1144
かつては数台停められる駐車場があったそうですが、ポールが立っており、付近も駐車禁止ですので、5~10分ほど離れたところにある、市営の無料駐車場に停めることにしました。近くに個人の有料駐車場がありますが、利用する気になれませんでした。

DSCF1143
入口にヘルメットと案内板があります。入口の天井が低いので、ヘルメット着用になっています。

DSCF1120
入り口付近になります。裸電球のみの薄暗い空間が続きます。まるで異次元の世界に続いているような感じになります。

DSCF1121
所々で落盤防止のため鉄骨が組まれています。これは当時のものではなく、観光用として整備した時に設置されたものになります。
2018年7月に訪れましたが、中は非常にひんやりとしていて寒いぐらいな体感温度になります。なので鉄骨には水滴が付着しており、不気味さが際立ちます。

DSCF1122
素掘りになっていて岩肌が露出しています。岩盤は非常に硬く掘るのは困難を極めたでしょう。

DSCF1125
内部は格子状に掘られていますが、一般公開されている部分は1本道になっています。これは横穴になります。

DSCF1126
これも横穴になります。金網の中にデジカメ突っ込んで撮影しました。天井は低く、落盤も進んでいます。

DSCF1130
これは5番壕の非公開部分を金網の中にデジカメ突っ込んで撮影したものになります。一番奥に光が見えましたので、何かの観測装置かと思いましたが、後で調べたら外光のようです。どうやら外と繋がっているそうです。それとオーブらしき怪しいのが写っていますね。心霊なのでしょうか?それとも気温が低いので霧が発生したのでしょうか?

DSCF1133
5番壕を左折すると、まだまだ奥が長いです。しかし通路は広く、地面も砂利ですが、整備されており歩きやすいです。

DSCF1134
トロッコで掘った岩(ズリ)を運んだようです。

DSCF1140
枕木の跡がハッキリと残っています。こちらも非公開部分ですので、金網の中にデジカメ突っ込んで撮影しました。

DSCF1135
これは公開部分の一番奥になります。三方に地下壕が続いていますが、金網で塞がれています。

DSCF1136
非公開部分は落盤が進んでいます。

DSCF1137
これは一番奥から撮影したものです。フラッシュをたかないと薄暗さが分かりますね。

DSCF1138
所々に金属製のポールが岩盤を支えています。これも観光用として後で整備されたものです。
DSCF1141
途中で断層のようなものを発見しました。それとも何かの鉱脈なのでしょうか?

DSCF1142
これは削岩機の跡です。さすがにツルハシで掘れるほど軟らかくないので削岩機を使ったのでしょう。途中に削岩機が刺さったまま放置されているものもあります。当時は高価な削岩機が放置されるとは余程硬い岩盤のでしょう。

今回訪問した際は、日曜ということで、家族連れやカップル、町内会のツアー客がいました。時間ですが、おおよそ30分もあれば往復できる距離です。みなさんもぜひ行ってみてください。

おまけ1 松代城(海津城)

松代大本営地下壕(象山地下壕)から車で5分ほどの距離に松代城(海津城)があるので行ってきました。子供の時からファミコン・スーパーファミコンの信長の野望で出てきた城ということもあって訪問しました。

DSCF1145
海津城正門になります。天守閣は残っておらず、堀と石垣と外壁になります。

DSCF1146
元々はこんな感じに建てられたそうです。

DSCF1147
堀に架かっており橋を渡ります。

DSCF1156
堀の水は緑色をしていて濁っています。

DSCF1155
二の門になるのでしょうか?

DSCF1150
天守閣部分は広場になっています。

DSCF1149
石垣にも登れるように整備されています。

DSCF1151
石垣の上から撮影。

DSCF1152
石垣はそんなに高くはありませんが武者返しになっており、上に行くほど反っていますね。

DSCF1154
下から石垣を撮影しました。若干武者返しになっていることが分かります。

DSCF1153
これは裏門になります。


おまけ2 長野電鉄屋代線(廃線) 松代駅跡

2012年(平成24年)4月1日廃止された長野電鉄屋代線の松代駅跡が松代城の目の前にありました。

DSCF1157
今はタクシー乗り場になっています。

DSCF1158
ホームから撮影しましたが、市営の無料駐車場になっています。あと、回送のバスが一台停まっていました。

DSCF1159
駐車場からホームを撮影しました。

DSCF1160
ちょうど夕方5時前でしたので、観光地の閉館時間と重なったのか車の数はガラガラでした。跡地は市に寄付されたらしく、駅の跡地は駐車場として整備されていました。

長野県上田市から静岡県浜松市まで、南アルプスと天竜川に沿って延びている国道152号線の不通区間に行ってきました。国道152号線はかつて塩の道とか秋葉街道と呼ばれ、遠州地方から信州地方に至る街道です。
特に静岡県浜松市水窪の青崩峠と長野県大鹿村付近の地蔵峠は中央構造線の破砕帯のため、地盤が脆く崩れやすいため点線国道(不通区間)となっています。

それ以外にもパワースポットで有名な分杭峠や杖突峠など、非常に険しい峠を走るため、酷道とも呼ばれています。なので国道とは思えないほど道は曲がりくねったり狭かったりしてすれ違いが困難な区間も多い道になります。

そして今回は、地蔵峠と青崩峠の不通区間(行き止まり)がどうなっているのかを見に行きました。


こちらは青崩峠になります。
場所はこちらをご覧ください
青崩峠

IMG_20180603_155944
草木トンネルの静岡県側に国道152号線と林道青崩線に分かれています。写真だと、立派な道が国道152号線になり、右に曲がると林道青崩線になります。

DSCF1034
分岐点にトイレがあります。分岐点からいきなり道が狭くなります。道もアスファルトではなくコンクリート舗装になってます。

DSCF1035
写真のトンネルは草木トンネルになります。もともと三遠南信自動車道として利用する計画で作られましたが、地盤に問題があり、一般道に格下げされてしまいました。

DSCF1036
国道152号線の橋の下をくぐった所から一気に勾配がきつくなります。所々に小さな岩が転がっていて乗り心地は良くないです。山も手入れされておらず倒木が目立ちます。

DSCF1037
途中で足神の水なる湧水があります。何人か水を汲んでいました。それも灯油タンク何個分も持って帰っていました。私はペットボトルに入れて飲んでみましたが冷たくて美味しいです。

IMG_20180603_155037
しゃがんで水を汲まなくてはならず足が痛くなります

DSCF1038
足神の水のすぐ隣に足神神社という神社がありました。先ほどの水汲みで足が痛くなったのと、早く婚活から足を洗いたいこともあってお参りしました。
一組のカップルもお参りしていました。絵馬を見ると足関係のお願い事がたくさん書いてありました。記帳を見ると遠くからも来ているみたいです。

DSCF1039
足神神社から少し進むと、塩の道と書かれた登山道の入り口と駐車場があります。ここからも登山道で青崩峠に向かうこともできますが、今回は林道青崩線の終点がどうなっているのか調べるため、もう少し車で車道を進みました。


DSCF1040
先ほどの登山道の入り口と駐車場を過ぎると突然ダート区間(未舗装区間)に入ります。しかし轍はあり荒れている様子はありません。

DSCF1041
しばらく進むと車道は無くなります。登山道だけになり、車が反転するスペースで広くなっていました。砂利も踏み固められてあり、荒れた様子はありません。

DSCF1043
突き当りに兵越峠への遊歩道入口の看板があります。

DSCF1044
急な上り坂になっており、少々荒れている感じがします。おおよそ2時間のコースになるそうです。

DSCF1042
一方、青崩峠までは徒歩5分と身近な時間になっています。


IMG_20180603_152900
位置関係はこんな感じ

DSCF1045
急な階段を下りますが短い距離ですので簡単に下ることができます。

IMG_20180603_150959
比較的新しい橋を渡ります。

IMG_20180603_151045
こちら側のルートの方が整備されている気がします。

IMG_20180603_151231
青崩峠到着

IMG_20180603_151246
丸太が置いてありました。ベンチでも作るのでしょうか?

IMG_20180603_151258
熊伏山への登山口があります。

IMG_20180603_151629
ちょっと登ってみましたがかなりの急こう配です。両脇が斜面の尾根を伝っていきます。

IMG_20180603_151347
長野ルートから登山する青崩峠ルートに続いていますが、いろいろな情報によるとかなり荒れているそうです。

IMG_20180603_151318
青崩峠から見た静岡県側の景色です。写真だとよく見えませんが、遠くの山々まで見通せます。

PANO_20180603_152141
一応パノラマモードでも撮ってみました。

IMG_20180603_151409
お地蔵さまもいましたが、管理されている様子はありませんでした。ひっそりと訪れる登山客を見守っているのでしょう。感謝です。

今回青崩峠の不通区間の終着は、登山道の入り口ということが分かりました。

長野県上田市から静岡県浜松市まで、南アルプスと天竜川に沿って延びている国道152号線の不通区間に行ってきました。国道152号線はかつて塩の道とか秋葉街道と呼ばれ、遠州地方から信州地方に至る街道です。
特に静岡県浜松市水窪の青崩峠と長野県大鹿村付近の地蔵峠は中央構造線の破砕帯のため、地盤が脆く崩れやすいため点線国道(不通区間)となっています。

それ以外にもパワースポットで有名な分杭峠や杖突峠など、非常に険しい峠を走るため、酷道とも呼ばれています。なので国道とは思えないほど道は曲がりくねったり狭かったりしてすれ違いが困難な区間も多い道になります。

そして今回は、地蔵峠と青崩峠の不通区間(行き止まり)がどうなっているのかを見に行きました。

まずは地蔵峠になります。
場所はこちらをご覧ください

DSCF1020
南側からですと
、国道474号線の矢筈トンネルと国道152号線との分岐点で、トンネルから外れます。そうすると蛇洞林道(じゃぼらりんどう)と国道152号線と分岐しますので、写真のように通行不能区間に進みます。

ちなみに地蔵峠の不通区間は蛇洞林道を使って迂回することができます。途中でしらびそ高原という避暑地で、夜には満天の星空を眺めることのできる高原があります。星空の写真愛好家が天体写真を撮っています。

DSCF1021
右側に延びている道路が国道152号線の不通区間に向かう道路で、左側のセンターラインがある方がしらびそ高原があり、迂回路にもなっている蛇洞林道になります。

DSCF1022
そうすると突然道が狭く車1台がやっと通れるほどの1車線道路になります。すれ違いは困難になりますが、対向車が来ることはまずないと考えていいです。

DSCF1023
そうすると突然2車線の立派な区間になりますが長くは続きません。というのも、すぐ近くにキャンプ地があるため、キャンプ地までの区間は整備されています。ちゃんとおにぎりの標識が見えますね。

DSCF1024
キャンプ地を過ぎるとすぐに1車線に戻ります。キャンプ地を過ぎると何もないため対向車はいません。

DSCF1025
さらに道は狭くなりすれ違いは不可能になります。ガードレールの下は川になっています。

DSCF1026
さらに奥へ進むと舗装はなくなりダート区間(未舗装区間)になります。ここからもう少しで不通区間になり行き止まりになります。

DSCF1033
行き止まりです。河川敷に出てしまい車が反転できるスペースになっています。

DSCF1027
どうやらこの周辺は国有林のようですね。

DSCF1028
道は完全になくなりました。今後、地蔵峠を突破する道を作る工事をする気配も感じられません。

DSCF1029
なぜか木に152号線を示す「おにぎり」がくくり付けてありました。しかし道の形跡は全くなく、誰かのイタズラかと思われます。

DSCF1030
上のおにぎりの近くに、登山道?遊歩道?に見えなくもない道らしきものが見えます。しかし誰も通った形跡はなく謎のままです。

DSCF1031
河川敷を少し進むと(中州を進む)砂防ダムが見えます。崩れやすい地質なのですね。この上に
蛇洞林道を迂回する地蔵峠があります。

DSCF1032
砂防ダムの見えるところから152号線の行き止まり方向を写しました。中央に見えるのがマイカーです。川幅は狭く、場所を探せば簡単に中州に渡ることができます。

中州で流木を燃やした跡がありましたので、バーベキューか何かをしたのでしょう。

結果として、地蔵峠の不通区間の行き止まりは川の河川敷に出ることが分かりました。

2018年のゴールデンウィークに九州1周旅行をし、本土最西端の場所である神崎鼻公園を訪れました。本土最南端というのは、本州・北海道・四国・九州であり離島や沖縄は含みません。

神崎鼻公園は北緯33度12分、東経129度33分に位置し、国土地理院が平成元年(1989年)に行った人工衛星による位置測量で、日本本土最西端の地として佐世保市から認定されました。

DSCF1015
神崎鼻公園は意外と知られていなくて、今回の九州1周旅行でもノーマークでしたが、前日の本土最南端の佐多岬を訪れた時に、本土最西端はどこだろうと調べたら神崎鼻公園と分かり、急きょ訪ずれました。

神崎鼻公園はマイナーなのか、駐車場は狭く5台分ぐらいしか停めるところがありません。近くの道の駅で車中泊し、朝一番で神崎鼻公園を訪れましたが、誰一人居ませんでした。帰りがけに駐車場がちょうど5台分が埋まっていた感じです。
DSCF1016
しっかりと「日本本土最西端の地」と書かれています。この下は海岸(岩場)になり、海中遊歩道なる散策路があります。高波の時は浸水すると思われますが、この日は晴天の穏やかな日和でしたので無事海中遊歩道を散策することができました。

DSCF1017
これが海中遊歩道なる散策路です。家族連れとカップルが楽しそうにしているのを横目で見ながら通過しました。岩場には海藻や小魚がいて、海水も透明で透き通っており綺麗でした。しかし漂着したごみの散乱も見受けられました。

PANO_20180503_110230
PANO_20180503_110641
PANO_20180503_110804
とりあえず何枚かパノラマ撮影してみました。前日の佐多岬では天候に恵まれませんでしたが、今回は海の向こうまで見渡せます。
DSCF1018
ちょっと高台に公園があり、ベンチが並んでいます。ここにも「日本本土最西端の地」と書かれた記念碑があります。2,3組の人達はいましたが、マイナーなのか人は少なく落ち着いた場所です。

PANO_20180503_111538
高台には展望デッキがあり海の向こうが見渡せます。なので一応パノラマ撮影をしてみました。

DSCF1019
ここには日本本土の東西南北端の自治体と提携を結んでいて、四極交流広場なる建造物もあります。


今回神崎鼻公園を訪れたことで、本土最北端の宗谷岬、本土最東端の納沙布岬
本土最南端の佐多岬を訪れたことになり、東西南北全ての果てを制覇しました。

↑このページのトップヘ