ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

少し前まで日本の景気がずっと低迷し、バブル崩壊から失われた10年とか20年とか言われていましたが、第二次安倍政権になって、数字上の日本経済は回復傾向にあります。

安倍政権の功罪は別の話ですので触れませんが、本当に日本経済は回復しているのか疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?

小生、「学校を卒業していざ就職活動」の時代は、不景気の真っただ中で、何十社と受けてもことごとくお祈りメールが来ました。中途採用どころか、新卒採用でも採用枠がなく、なかなか就職先が決まらないという経験をしました。もちろん周りも同じような状態でしたが、みなさんかろうじて就職先が決まった状態で卒業していきました。

バブル前は五体満足であれば誰でも採用されてましたが、バブル崩壊後はフルイにかけられ、優秀な人材・コネがある人が採用されていましたね。バブル崩壊後の回復基調では、新卒でも二極化が進み、優秀な人材は多くの企業から内定をもらえましたが、イマイチな学生はなかなか内定がもらえませんでした。小生、後者の方なので、就職活動には苦労しました。

ところで今現在、数字上は有効求人倍率も1.5倍前後になり、1人当たりの求人が1.5倍で、職種を選ばなければ誰でも仕事に就けるという時代になりました。(ブラック企業等難しい話はなしです。)

大手企業の業績も税収も回復しましたが、一般庶民、中小企業で働く労働者にとって、日本経済が回復している実感はあるだろうか?

個人的には、給料は上がらず、残業は増えましたので、残業代での手取りは若干増えました。しかしいろんな物価が上がっていますので、相対的に厳しくなっているような気がします。

中小企業の経営者にとって人件費の高騰と資材の高騰で厳しい状態が続いているところも多いではないでしょうか?中には人手不足倒産といった企業も出ています。体力のない中小企業にとっては、相変わらず客先からの値下げ要求と原料の値上げで苦しいのに、大企業ばかり潤い、大企業の社員ばかり高給取りではないでしょうか?

簡単に言えば、大企業がヤクザの胴元で、中小企業がみかじめ料を支払っている関係でしょう。日本の企業の大多数は中小企業が搾取され、大企業ばかり富を築くと、格差が拡大するばかりです。これで本当に日本経済が回復していると言えるのでしょうか?

日本もアメリカ型の格差社会に片足を突っ込んでる今、もう流れは止められないような気がします。なのでどうやってこの世の中を生き抜くか、他人や国は助けてくれません。自力で生き抜くしかないですね。

つい先日、岐阜県の奥飛騨にある『新穂高温泉』に行ってきました。いろんな温泉宿がありますが、日帰り入浴可能で、寸志で入浴可能な露天風呂『新穂高の湯』に入りました。


 ここの温泉、混浴なんですよ。カップルで来ている人もいますし、バスタオル着用可能ですので、女性の方も安心して入れます。もちろん脱衣所は男女別々です。あと、連休では、子供連れの家族が来ており、子供が温泉で泳いだりと楽しそうに遊んでいました。(とても広いので、子供が泳いでも迷惑にはなりません。禁止もされていな方と思います。)写真は引用ですがこんな感じです。

300px-ShinHodaka-no-Yu


 温泉の温度は低めですので、長く入っていられますし、のぼせたりしません。あと、源泉が投入されている一部分は温かいです。
 入浴可能なのは、春から秋にかけてです。温度が低いこともあって、冬は閉鎖されてしまいます。実際に入ってみたらわかりますが、冬に入ったらやってられませんよ(たぶん・・・)
それにしても、真横に川が流れており、天然の岩で作られ、山に囲まれたこの温泉は気持ちいいです。大自然を満喫できる温泉ですので、皆さんも行ってみてください。

とりあえずの注意事項ですが、温泉の上に橋が架かっており、通行人からは丸見えになりますので注意してください。あと、日が暮れると、脱衣所が真っ暗になてしまい着替えができませんので、夜遅くなりそうな場合は懐中電灯を持参することをお勧めします。(先日懐中電灯を忘れてしまい、携帯の明かりで着替えました・・・・・)もう一つは、寸志を忘れないでくださいね。地元の方が無償で維持管理しているらしいので、わずかでもいいですのでご協力をお願いいます。

あと、最近のマナー問題があって、寸志で入れる温泉施設が減っています。この温泉も一時は閉鎖の話が持ち上がっていました。マナーを守ってこういう大自然の温泉施設を守っていきましょう!!

今回は、静岡県掛川市にある『森の都 ならここの湯』です。交通の便ですが、国道一号線からではなく、第二東名沿いの一般道から向かいました。ホームページにも書いてありますが、東名、第二東名、国土一号線バイパスから30分前後ですので良い方でしょう。若干道が狭い個所がありますが、クネクネ山道を走り続けるような悪路ではありません。

 この温泉は、内湯と露天風呂があり、比較的きれいな施設になります。備え付けの設備ですが、シャンプーと珍しく固形石鹸になります。『環境に配慮のため固形石鹸を使ってます』的なことが書いてありました。個人的にはボディーソープ派ではなく固形石鹸派ですのでまったく問題ありません。ちなみにホームページからの引用になりますが、露天風呂はこんな感じになります。

※再訪問時は固形石鹸は撤去されていて、液体のボディーソープに変わっていました。
o_manroten

 森に囲まれたいい場所にあり、温泉を取り囲む山々を眺めることができます。しかし目隠しの塀が邪魔で、山の中腹から山頂までしか見えません。泉質ですが、ナトリウム-塩化物温泉であり、若干緑がかった透明な温泉です。内湯は分かりませんが、露天風呂は熱めでしたので、温泉に入ったり椅子で休んだりの繰り返しでした。椅子で休んでいる時、風に吹かれての心地よさがたまりません。

 混雑状況ですが、何度か土曜日夕方に行きましたがまあまあ混んでいました。しかし我慢できないほどの混雑状況ではありませんので良かったです。他の方のブログを拝見しますと、かなり混んでいるとの情報ですので、当方の運がいいだけかもしれません。

 自然に囲まれた良い温泉ですので皆さんも行ってみてください。

※再訪問時は夜に訪れました。月明りと、ほんわかした灯でいい雰囲気でした。夜間というだけあって、利用客はあまりおらず、地元の年配客が数人いるだけでした。

今回は、岐阜県関市にある日帰り温泉施設の『武芸川温泉 ゆとりの湯』です。ここは田舎にありますが、山奥のど田舎じゃありませんので、交通の便は良好です。車の場合ですが危ない道を運転することはありません。

 この温泉は、ナトリウム―炭酸水素塩の温泉です。露天風呂に長く浸かってましたが、ヌルヌル感はありました。色も若干黄緑っぽい色をしていました。施設ですが、内湯と露天風呂の他に薬草風呂とジェット風呂がありました。内湯と露天風呂はまあまあの大きさですが、薬草風呂とジェット風呂は定員が2人と小さいです。他の人が出たら、タイミングを見計らって入らないとすぐに取られてしまいます。なのであまり長く薬草風呂とジェット風呂を利用すると顰蹙を買うかもしれません。
21001465_1225_1
 休日とあってなかなかの人混みでした。絶えず人が出入りしており途切れることはありませんでした。家族連れのお客さんよりは、年配のおじさんが多かった気がします。温泉ガイドブックによると、温泉の噴出量は少なく、1分間あたり約30リットルです。しかしお湯が汚れているといったことはありませんでした。ちゃんと循環・消毒はしていますね。個人的には、お湯を投入するところが比較的熱く、反対側はヌルメでした。

 露天風呂からは、生い茂った木々が見えますが、塀が邪魔をしてあまり見えませんでした。露天風呂に屋根がありますので、雨の日でも露天を楽しむことはできます。あと、特に絶景と言うわけではありませんが、田舎感は味わえる温泉です。個人的には可もなく不可もなくといった感じでした。人が多いというのがマイナスでした。

1sen-M6240px-1rin-M6
上記のお金、聞いたことありますよね?1銭硬貨1厘硬貨です。
ちなみに1円=100銭、1銭=10厘になります。なので、1円=1000厘ですね。

現在このお金で買い物はできませんが、為替や利息計算では有効ですよね。例えば1ドル=110円13銭とか言いますよね?

このお金が使えたのは、小額通貨整理法により1953年12月31日までで、1954年1月4日~6月30日までは有効な硬貨・紙幣に交換されましたので、1954年6月30日をもって金属スクラップと化しました。

ここまでは知っている人も多いでしょう。


250px-Kanei-tsuho-to4-21namiBunkyu-eiho-shinbun

じゃあ上記のお金を知っていますか?江戸時代に作られた寛永通宝文久永宝になります。
江戸時代のお金は江戸時代か明治初期じゃないと使えなかったって思っている人多いでしょう。実はこの寛永通宝文久永宝、1953年7月に制定された小額通貨整理法が制定されるまで有効なお金だったんですよ。
1953年と言えば昭和28年、戦後しばらくは立派な法定通貨だったんですよ。(実際にはあまり流通していませんが)法的には1953年12月31日まで有効

レートですが

・寛永通寳銅一文銭   =1厘
・寛永通寳真鍮四文銭   =2厘
・文久永寳         =1.5厘

として通用していました。
江戸時代のお金が戦後まで通用していたなんて驚きではないでしょうか?

Bank_of_Japan_silver_convertible_one_yen_banknote_1885
ちなみに上記の1円紙幣、1885年(明治18年)に発行されましたが、現在でも有効な紙幣です。発効から130年あまり経っても有効なお金があるんですね。しかしこの1円札は1円以上で売買されていますので、法定通り1円として使用する人はいないでしょう。

↑このページのトップヘ