ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

今回は岐阜県高山市高根町にある『塩沢温泉』です。ここの露天風呂は、元々宿泊施設の露天風呂でしたが、宿泊施設が廃業したので、地元の有志の方が管理されている無料の露天風呂です。寸志を入れる箱がありませんでしたので、完全に無料の温泉です。他の方のブログでは、宿泊施設の建物が健在でしたが、私が行ったときには取り壊されて露天風呂だけになっていました。

 この露天風呂は、着替えスペースもなく露天風呂の片隅(橋の下辺りでみなさん着替えていました)で素っ裸になるだけ、何の設備もなく、ただただ大自然の中にポツンと露天風呂が一つのシンプルな温泉です。秘湯と言ってもいいでしょう。訪れる人も何人かおり、ツーリングのおじさんグループや年配の夫婦がいました。年配の夫婦はかなりのお気に入りで、何度か足を運んでると言ってました。ちなみにここは混浴です。水着もOKですが、着替える場所がありません。着替えを見られたくない人はちょっと工夫してください。年配の夫婦は車の中で着替えたそうです。

 この温泉は非常にぬるいので、何時間入っていてものぼせません。なので晩秋から冬は寒くてとても入れないでしょう。色は黄土色で、鉄の味がモロにします。露天風呂には温泉の成分が長年に渡って沈着していることが分かります。写真の川の対岸に、源泉が通っているパイプから温泉が漏れており、護岸に沈着していることが分かります。すぐ横が川になっており、山と川に囲まれた絶景の秘湯です。大自然を満喫したい方、秘湯大好きな方はおススメの温泉です。
DSCF0654

DSCF0649

この温泉にシャンプー類はもちろんありません。排水設備もなく、すぐ横の川に垂れ流しになっていますので、シャンプーの利用はやめたほうがいいと思います。ちなみにポン助は石鹸を持参していきましたので、頭と体を石鹸で洗いました。石鹸ですので生分解されますので問題ありません。

というのも、何名かいましたので体を洗おうか迷いましたが、ちょうど皆さんお帰りになりましたのでラストは貸し切り状態となりました。貸し切り状態ですので、誰にも迷惑をかけないと判断しましたので体を洗うことにしました。シャワーはありませんが、ちょうど桶も持参していましたので、浴槽内のお湯を使いました。

 この場所は分かりずらく、カーナビの電話番号検索はできませんので、近くにある宿泊施設『塩沢温泉 七峰館』の電話番号を入力すれば国道361号線で近くまで行けます。そうしましたら、高根第1ダムと高根第2ダムの間にある塩蔵川という川があります。その川で国道から川沿いに向かう道がありますのでそのまま向かってください。そうしたら看板がありますので分かりますよ。

みなさんこんにちは。みなさんは日本の財政についてどう思いますか?

①これはマズイ、早く財政再建しないと
②まだまだ大丈夫、何とかなるさ

さてとっちだと思いますか?マスコミの影響で、①が大半な意見だと思います。実は私もそうでした。でも実は②なんですよ。日本はどんなに借金してもまだまだ大丈夫なんです。何言ってんだ?日本の借金1000兆円超えたぞ!一人当たりの借金800万?そんなの返せんだろ?って思うのも当然ですが、それは洗脳されているだけす。ではその理由を説明しましょう。

①自国通貨建ての借金である

 日本は自国通貨建ての借金ですので、イザとなればお札を刷って返せばいいのです。もちろんインフレになり、事実上のデフォルトですが・・・でも破たんはしません。もちろん政府には徴税権があります。

②日本は世界一のお金持ち

 日本は対外純資産が20年以上世界一なんです。逆を言えば、外国にお金を貸している立場なんです。そんなお金持ちが破たんするぐらいなら、他国は破たんしています。

③財務省の宣伝

 みなさんはこれに騙されています。財務省役人はすぐに破たんすると大騒ぎしています。日本政府の借金は世界一ですが、逆に資産も世界一なのです。資産から借金を引いた純粋な借金は、500~600兆円程です。まだまだ売れる資産はありますが、天下り先がなくなるので売らないのです。外貨準備高も世界二位です。

④マイナス金利

 今の国債の金利は実質的にマイナスです。潰れそうな国の国債がマイナス金利にはなりません。実は今は国債の奪い合いをしている時期なのです。日銀が大量に国債を買い入れているため、市中に出回る国債がほとんど無いのです。バランスシートを見ても、日銀の保有割合が多くなり、それ以外が減っています。日銀と政府は一体なので、事実上日本の借金はどんどん減っているのです。というのも、自分が自分に100万円貸しても借金とならないのと同じで、日銀と政府とのお金の貸し借りはカウントしないのです。
※日銀が国債を市中から買いあさっていますので、日本は事実上財政再建は完了したといってもいいでしょう。それに日本は赤字国債・建設国債・政府短期証券・借入金・年金の前受け金・特殊法人や独立行政法人の借金・地方の借金まで国の借金としてカウントして、借金が大変だ大変だと騒いでいます。
他国では、中央政府の借金のみをカウントしています。

 以上のような理由で、日本の財政はまだまだ何の問題もありません。先のEU離脱問題で大幅に円高に振れまし、日本円は世界一の安全資産なのです。しかし垂れ流しする財政赤字をそのままにしていいはずはなく、財政再建も考えなくてはいけません。

今回は、秋田県仙北市にある新玉川温泉です。以前北海道を1周する途中に立ち寄りました。新玉川温泉の近くに玉川温泉がありますが、どちらも同じだろうと勝手に判断して新玉川温泉を選択しました。アクセスですが、はっきり言って覚えてません。クネクネ山道を運転した覚えがあります。まあ、有名な温泉ですしカーナビでセットすれば迷うことはないでしょう。

 玉川温泉といえば、日本一酸性度が高い温泉として有名ですよね? pH1.2で塩酸に浸かっているような温泉です。イメージでは小中学生の理科の実験から骨まで溶けてしまいそうな恐ろしい感じがしますがもちろん大丈夫です。知人は源泉100%の温泉に浸かったら肌がただれたと言っていました。やはり強力なことには変わりありませんね。

 引用ですが、温泉はこんな感じです。
0dfdfcee-s

 内湯と半露天風呂、打たせ湯、蒸し湯など色々あります。露天風呂は露天風呂っぽい半露天風呂で、景色は良くありませんって、全く景色が眺められません。
 内湯は、源泉100%や源泉50%などありますので、肌が弱い方が源泉50%の方がいいと思います。私はもちろん源泉100%にどっぷり浸かってました。源泉100%の方はぬるめなので長時間入っていることができます。

 この温泉は無色透明で無臭ですが、飲泉できますので飲んでみました。試しにちょっとだけ源泉を飲んでみたらマズくて飲めません。それでよく見たら5~8倍に薄めてくださいと書いてありました。薄めて飲んでみましたがやはりマズいです。源泉のままですと歯が溶けてしまいそうですので皆さんはちゃんと薄めて飲んでください。

 この頃は仕事に就かずブラブラしていましたので平日に行きました。有名な温泉なので平日でも混んでいるかと思いきや、思ったより混んでいませんでした。しかし有名な温泉ですのでそこそこ人はいます。休日に行くと恐ろしいイモ洗い状態ですかね?

 この温泉は日本一ですので、気持ち的によく効くなと思ってしまいます。機会があればまた行きたいと思っています。皆さんもぜひ行ってみてください。

今回は福井県越前町にある『越前温泉  漁火』です。この温泉は道の駅にあり、海が一望できると聞いて何時間も掛けて行ってきました。交通の便ですが、私は国道305号線を若狭湾側から北上するルートで行きました。昨日の大雪の一週間前に行きましたので雪はありませんでした。ノーマルタイヤですので、春になるまでこの温泉には行けないと思います。今回は運が良かったです。

 ちょうど夕陽の時間帯でしたので、海に沈む夕陽を見ながら露天風呂に入りました。一応風呂場は撮影禁止ですので、道の駅の外から夕陽を映しました。夕日が地平線に沈み始めると、太陽が少しずつ沈んでいくのが目視で分かります。これを見ていると、地球って回っているんだなと実感できます。
DSCF0666

見ての通り、目の前が海ですので、噂通り日本海が一望できる大絶景の露天風呂です。露天風呂はこんな感じです。こちらの画像は引用になります。
img00000078l

 この温泉はナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉で、海に近いので泉質は期待していませんでしたが、意外とヌルヌル感があり、良質な温泉だと感じました。露店風呂は意外と狭く、10人前後でいっぱいになるほどの広さしかありません。

 それに休日の夕陽の時間帯でしたので、とにかく満員御礼でした(笑)。家族連れが多く、子供たちもたくさん入っていました。露天風呂の狭さもあって浴槽に人が入りきらず、出入口の段差で座りながら夕陽を見たり、立ち見をしている人が何人もいました。ここの混雑度、芋洗い状態度は200%ですね。それだけが残念でした。

 しかし夕陽の時間帯が過ぎると人は減り、露天風呂にゆっくり浸かることができました。温度はちょうどよく、出たり入ったりの繰り返しで、1時間半ぐらいはいたと思います。夜になると漁船の灯りが日本海に映り、月明かりも重なってなかなか風情のある風景です。

 時間帯を変えれば案外空いているのかもしれません。この温泉は思った以上に大満足の温泉で、何回でも行きたいと思いました。皆さんもぜひ行ってみてください。

 今回は、静岡県川根本町にある『接岨峡温泉会館』です。以前紹介しました寸又峡温泉から少し離れたところにあります。静岡県の山奥にありますので、車で行くには少々覚悟が必要です。

 交通ですが、車であれば県道77号線から県道388号線に右折すれば迷うことはありません。接岨峡温泉会館までは2車線ですのでそれほど危ないことはありませんが、道はクネクネしています。

 鉄道であれば、大井川鉄道で千頭まで行き、そこからトロッコ列車(大井川鉄道井川線)で接岨峡温泉駅で降りればすぐです。今回は鉄道でも行けますので、ローカル鉄道を満喫しながら温泉に行ってもいいと思います。

 この温泉ですが、こじんまりとしていて露天風呂はありませんでした。内湯のみでシンプルな温泉です。

sessokyo-onsen-kaikan_01

 浴槽も大きくなく、数人が入ればいっぱいになってしまいます。ここに来る間に有名な『川根温泉 ふれあいの泉』や近くに『寸又峡温泉 美人づくりの湯』がありますのでマイナーな温泉になるのかもしれません。なのでお客さんはほとんどおらず、貸し切り状態の時間が長かったです。

 内湯のみですので景色はさほど良くありません。泉質はナトリウム炭酸水素塩で、無色透明、若干気持ちだけツルスベ感があるようなないようなといった感じです。簡単に言えば一般的な泉質です。

 この温泉の紹介はここまでにしまして、この道をひたすら進むと、以前紹介しました『赤石温泉 白樺荘』に出ます。しかし非常に道が悪いですので運転好き以外は覚悟した方がいいです。

 この辺りの温泉は、温泉に入る楽しみ、山道をルンルン気分でドライブできる楽しみ、また近くに長島ダムがありますので、ダムからの壮大な景色を堪能する楽しみがあります。電車ですとローカルな雰囲気を味わいながら温泉に入る楽しみがあり、観光地としてはいい場所だと思います。皆さんも行ってみてください。

300px-Nagashima_Dam


※長島ダムでは、ダム内部を見学できるイベントを頻繁に開催しています。以前イベントに参加してダム内部を見学することができて、非常に勉強になりました。家族連れやカップルでイベントに参加すると楽しいですよ。申し込みはメールや電話で簡単に行えます。

↑このページのトップヘ