ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

第二次世界大戦後、日本はアメリカ・イギリス・ソ連・中華民国の分割統治の危機がありました。
M
首都東京は4か国の共同統治、北海道・東北はソ連、関東東海はアメリカ、近畿はアメリカと中華民国、四国は中華民国、中国地方と九州はイギリスの統治下に分割される計画がありました。

しかしこの計画は実行されることなく、GHQによる単独支配を経て、サンフランシスコ平和条約により晴れて日本は国際社会に復帰しました。

第二次世界大戦や東西冷戦によってドイツ・朝鮮半島・ベトナムなどが分断国家となり、ドイツやベトナムは長い時間を掛けて統一を果たしました。

ではどうして日本は分割統治の計画がありながら、GHQの単独統治下に置かれたのでしょうか?

それは当時のスリランカ大統領ジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナ氏によるサンフランシスコ講和会議での感動的な演説によって分割統治の危機を免れました。
relationship01_p01
下記は演説の抜粋です。

セイロンに於ける我々は、幸い侵略を受けませんでしたが、空襲により引き起された損害、東南アジア司令部に属する大軍の駐屯による損害、並びに我国が連合国こ供出する自然ゴムの唯一の生産国であった時に於ける、我国の主要産物のひとつであるゴムの枯渇的樹液採取によって生じた損害は、損害賠償を要求する資格を我国に与えるものであります。
我国はそうしようとは思いません。何故なら我々は大師の言葉を信じていますから。

大師のメッセージ「憎しみは憎しみによっては止まず、ただ愛によってのみ止む」はアジアの数え切れないほどの人々の生涯(生活)を高尚にしました。仏陀、大師、仏教の元祖のメッセージこそが、人道の波を南アジア、ビルマ、ラオス、カンボジア、シャム、インドネシアそれからセイロンに伝え、そして又北方へはヒマラヤを通ってチベットへ、支那へそして最後には日本へ伝えました。これが我々を数百年もの間、共通の文化と伝統でお互いに結びつけたのであります。この共通文化は未だに在続しています。それを私は先週、この会議に出席する途中日本を訪問した際に見付けました。又日本の指導者達から、大臣の方々からも、市井の人々からも、寺院の僧侶からも、日本の普通の人々は今も尚、平和の大師の影の影響のもとにあり、それに従って行こうと願っているのを見いだしました。我々は日本人に機会を与えて上げねばなりません。
 
そうであるから我々は、ソ連代表の云っている、日本の自由は制限されるべきであるという見解には賛同出来ないのです。

この演説で会場は拍手喝采に包まれ世界各国の指導者の心を動かしました。

スリランカは日本と同じく仏教徒が多い国で、その仏教の教えが日本に根付いていることによって日本が救われました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

生きていて全てにおいて自分の思い通りになっている人はいないだろう。
EPSON142.jpg-1-abebf
お金のこと、病気のこと、仕事のことと数えればキリがないほど悩みが出てきます。それもどんなに有名人だろうが権力者であろうが知識人であろうが皆同じです。

例えお金の問題が解決しても、家庭のことで新たな悩みが出たり、家庭の悩みが解決してもまた新たに仕事の悩みが出たりと、次から次へと新たな悩みが出てきます。

まさに人生とは苦しみの花の咲く木であり、悩みの枝を切り落としても次から次へと新たな悩みの枝が生えてきます。

それを解決するには苦しみの花の咲く木の根元からバッサリと切る必要がありますがそう簡単にはいきません。


より上の世界へ生まれ変わるには徳を積まないといけません。しかし天道では快楽に溺れ仏法を聞くことができず、修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道では苦しみのあまり仏法を聞くことができません。なので我々人間だけが唯一仏法を聞け上の世界へ行くチャンスがあります。
20191230235336

また、六道輪廻から解脱し極楽浄土に行く方法はお釈迦さまみたいに相当徳を積まないと行くことができません。

今の苦しみは六道輪廻から解脱するための修業の場と考えてはどうだろうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨今のコロナ禍の中、都会の無機質な日常生活に疲れている人も多いだろう。

毎日満員電車での通勤通学、車による交通渋滞、やりたくもない仕事や勉強、面倒くさい人間関係。
8f0de7b5da83a0045c62fce048f8f575_m-768x432
毎日生きているだけでヘトヘトに疲れてしまいます。なのでいつかは田舎でのんびり暮らしてしてみたいなと思ったことありませんか?

今の時代はパソコン1台あればオンラインで仕事はできるので、実際に移住した人も多いと思います。

otama1
確かに田舎は空気はきれいで緑も豊富にあり、人は大都会に比べて少ないです。なので週末に遊びに行くにはリフレッシュできるので気分転換にはなります。しかし田舎暮らしはやめた方がいいです。

ただし、社交的な人間で人付き合いが得意ですぐに打ち解ける人や、チャレンジ精神が強く何でもやってみたい人はどこに行っても通用しますので止めたりはしません。そのままブラウザバックするか聞き流してください。

田舎の何が面倒くさいかと言えば、やはり人間関係です。

都会に住んでいると、マンションの隣人の顔を知らなくても、あいさつしなくても通ることができますが、田舎だとそうはいきません。それでもあいさつぐらいは何ともないのですが、田舎は地域行事が異常に多いので半強制的に参加させられます。

私はとある地方の田舎に住んでいますが、近々引っ越しを予定しています。というのも、地域行事への参加が好きではないので、地域住民と馴染むことができず溶け込めませんでした。

地域行事とは、会合の回数が多いことや、草刈り・用水路の清掃・地域のお祭り・忘年会・自治会の役職など、とにかくやりたくもいない面倒なことが多いです。

一番嫌なのが自治会の役職になります。草刈りや清掃・お祭りの参加は、とりあえずやることをやり顔を出していれば何とかなります。しかし自治会の役職に就くことは、こちらが先頭に立って色々と面倒なことを決めていかなければなりません。見ず知らずの他部署との折衝や根回しなど、人付き合いが苦手な人にとっては生きた心地はしません。

田舎は人がいないので、何かしら役職に就かなくてはならず、逃げることもできません。唯一逃げる手段は引っ越しです。

ポツンと一軒家ぐらいど田舎で誰も居ないような場所に住むか、隣人との付き合いや自治会との付き合いがないような、ある程度の地方都市に住むのが一番良いということが分かりました。

なので人付き合いが苦手な人や、人間関係が面倒くさいと思っている人には田舎暮らしは向きません。もし田舎暮らしをしている人で悩んでいる人がいるとすれば、逃げることも選択肢に入れましょう。

逃げることは悪いことでも負けることでもありません。逃げるが勝ちです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年9月に、愛知県名古屋市中区にある名古屋市科学館に行ってきました。

01562_001008
丸い球体が特徴の建物になります。

今回は一人ではなく彼女とのデートで訪問したため、本来はプラネタリウムが主な目的でしたが、予定人数に達してしまったため見ることができませんでした。なので展示物の見学のみでしたが、大人でも楽しめる面白い不思議体験ばかりで2人で思いっきりはしゃいでしまいました。

いろいろなジャンルがあり、時間の関係でほんの一部しか回ることができませんでした。なのでダイジェストになりますが紹介します。

S213-photo
パラボラ集音器というものが正面向いた離れたところに2つあり、お互いにパラボラ集音器に向かって話すと相手の声が聞こえてきます。と言っても、音が1か所に集まるので、その場所に立っていないといけません。

S212-photo
こだまパイプというもので、パイプに声を発するとこだまとなって返ってきます。左右でパイプの長さが違うので、左右で声が返ってくる時間が異なります。

S204-photo
不思議な鏡になります。3種類の鏡があり、鏡が前方向・後方向・上下方向に湾曲しています。なので人が極端に細く見えたり、太く見えたり、縮んで見えたりして一番盛り上がりました。

縮んで見える鏡が特に盛り上がり、極端に短足に見えます。

S307-photo
S308-photo
教科書で習ったような歯車や滑車の仕組みも展示してあります。実際動かすことができ、見るだけではないのがいいですね。

S322-photo
竜巻ラボという展示もあり、人工的に竜巻を発生させる装置があります。竜巻を白い煙で可視化してあり、竜巻の様子を観察することができます。

L454-photo
反応速度を調べる体験コーナーもあり、耳で聞く音と、目で見る光の違いで反応速度が違うことも体験できます。

L448-photo
腕の血管を浮かび上がらせる装置もあります。腕や指には無数の血管があり、それが黒く浮かび上がります。まるでアンデッドになった気分です。

S411-photo
磁性流体も展示してあり、スイッチを押すと、トゲトゲのスライムみたいなのが現れます。彼女に鳥肌が立っていました。

S514-photo
同じ体積の物質でも、木・プラスチック・金属では全く違います。タングステンなどは比重が大きく、重くてなかなか持ち上がらないことに驚いていました。

今回は時間の関係でほとんど回れませんでした。新型コロナウイルスの関係で展示物を中止しているものも多く、プラネタリウムやマイナス30℃を体感できる極寒ラボは参加人数が決まっているため体験することができませんでした。

なので次回は余裕をもって訪問し、プラネタリウムや極寒ラボを体験したいと考えています。



基本情報

入場料金:大人400円 小人 無料(展示室のみ)
     大人800円 小人 無料(展示室&プラネタリウム)
営業時間:9時半~17時(入館は16時半まで)
休館日 :月曜日(祝日は営業・直後の平日は休館)
     第3金曜日(祝日の場合は営業し、第4金曜日を休館)
     年末年始(12月29日~1月3日)
アクセス:名古屋市営地下鉄(東山線・鶴舞線「伏見駅」5番出口)
     名古屋市営地下鉄(鶴舞線「大須観音駅」4番出口)
     名古屋市営バス(白川公園・広小路伏見)
     名鉄バス(伏見町・白川公園前)



国内ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年7月17日に、埼玉県にある造幣局貨幣博物館に行ってきました。

DSCF2415

場所はこちらになります。

東北本線のさいたま新都心駅から徒歩10分ほどになります。

今回は、大宮駅近くの第二大宮公園に無料駐車場がありましたので、そちらに車を停めて大宮駅から電車で向かいました。

今回は平日といことと、新型コロナウイルスの影響で人が少なく、15時過ぎに訪問しましたが訪問者数が20人ほどでした。

なぜ今回平日に訪問したかといいますと、平日には、造幣局の工場見学が事前予約なしで見れるということです。

工場内は撮影禁止でしたが、記念硬貨やプルーフ貨幣を作っている場所・勲章や工芸品を作っていいる場所・通常貨幣を作っている場所を見学できました。

しかし通常貨幣を作っている場所はちょうど稼働しておらず、掃除のおばちゃんが話しかけてきて、「運が良ければ見れる」程度しか稼働していないそうです。というのも、通常貨幣を作っている工場は、埼玉支局・大阪本局・広島支局があるのと、通常貨幣の受注が減っていることが原因です。

工場見学の後は隣接している博物館を見学しました。博物館には、貨幣の作り方の説明と、貨幣の歴史、発行されたすべての記念硬貨の展示や勲章等の工芸品もありました。

DSCF2416
写真のように、金属の塊から貨幣を作ります。

DSCF2417
これが大元の金属の塊になります。材質はアルミなのか青銅なのか白銅なのか分かりませんが、これを伸ばしてコイル状にします。

DSCF2418
先程の塊を伸ばした熱間圧延板になります。これをさらに伸ばします。

DSCF2419
これが仕上圧延板になります。このコイルを型で抜き取って貨幣にします。

DSCF2420
先のどのコイルを抜き取ります。

DSCF2421
抜き取った金属を、淵をつけたり、熱処理したり、洗浄します。ここまでは普通の金属片ですね。

DSCF2422
硬貨らしくなってきましたが、まだ模様がありません。しかし5円玉と50円玉には穴が開いています。ここからプレスで模様をつけ完成です。

DSCF2423
パットというものもありました。これは記念硬貨で、カラーコインというものがあり、色を付ける道具になります。パットの先に塗料が付いており、順番に色が塗られます。

DSCF2425
DSCF2424
縮彫機です。
どうやら貨幣を作るときに、現行の大きさの4~5倍の大きさで図案を描き、それをもとに粘土に彫るのですが、それを縮彫機でどんどん縮小して金型を作るそうです。もともとは全部手掘りで彫っていたそうです。

DSCF2427
DSCF2428
粘土で彫ったものからどんどん小さくしていって、最後にプレスで使う金型にします。

DSCF2429
今まで発行された記念硬貨が全部そろっています。10万円金貨もありました。

DSCF2430
江戸時代の金貨も展示してあります。

DSCF2431
これは江戸時代の銀貨です。銀貨は秤で重さを見ながら金貨等に両替していました。

DSCF2432
一般庶民が使うお金もありました。

DSCF2433
明治時代以降の金貨も展示してあります。今では失効していますが、
旧20円金貨・旧10円金貨等も展示しています。かなり価値の高いものになります。

工場見学と合わせて、1時間ほどですべてを見学することができました。

入口にミントショップという売店があり、工芸品や2020年東京オリンピック・パラリンピックの記念銀貨の販売もありました。工芸品では数十万円もする高価な商品も売っていましたが、手持ちがありませんでしたので買うことができませんでした。記念銀貨はすでに保有していたため、追加の購入は見合わせました。


基本情報

開館時間:9:00~16:30(最終入館時間:16:00)
入館料 :無料
休館日 :毎月第3水曜日・年末年始(12月29日~1月3日)・展示物入れ換え等臨時休館
駐車場 :なし (公共交通機関:JR東北本線:最寄駅:さいたま新都心駅)
※工場見学は月曜日~金曜日のみ見学可
 博物館休館日と土日祝日は見学できませんので注意してください。

参考



国内ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ