ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

地球の71%は海で占められていることは皆さんもご存じだと思います。そして海水の総量ですが、体積にすると約14億立方㎞(プールにすると、縦横が2000㎞、深さ337㎞)。重さにすると140京トン(1400000000000000000トン)になります。

MTSAT
そして海から海水(水)がだんだんと無くなっていきます。というのも、水は化学式でH2Oとして表され、水素原子2つと酸素原子1つで構成されています。水が蒸発して地球上空に上昇すると、太陽からの紫外線などでわずかな量ですが水素と酸素に分解されてしまいます。

水素は非常に軽いので(元素の周期表で一番最初なので一番軽い)ヘリウムと共に地球の重力では留めておくことができず宇宙空間に逃げていきます。1秒当たり水素3㎏、ヘリウム50gの量が宇宙空間に逃げていきます。1日にすると、水素259200㎏、ヘリウム4320㎏。1年にすると水素9.46万トン、ヘリウム1576.8トンが宇宙空間に逃げています。

余談ですが、水素は海水として膨大に蓄えられているため宇宙空間に逃げても大したことありませんが、ヘリウムは資源として限りがありますので希少価値の高い資源となります。(世界生産の6割を占めるアメリカが戦略物質として2021年にアメリカ国外へのヘリウム供給をストップします。)日本のヘリウム輸入量は年間2000トンぐらいですので、それに匹敵する量のヘリウムが毎年宇宙空間に逃げ出しています。

ここで話を戻しますが、海水の減少は宇宙空間に逃げる水素以外にも、近くに含まれる海水が地球内部に取り込まれるものもあります。広島大学大学院の研究グループによると、年間23億トンの海水が地球内部に取り込まれています。

cover
内訳は、25億トンの海水がプレートと一緒に地球内部に取り込まれ、2億トンの水が火山活動などによって地上に放出されており、差し引き23億トンの海水が無くなっています。今までは比較的浅い部分の地殻だけに水が含まれていると考えられていましたが、もっと深い地殻にまで水が含まれていることがわかり、プレートと一緒に地球内部に取り込まれる海水の量が増えました。そして海水の減少スピードから計算すると、6億年後に地球上から海水がなくなってしまう可能性があるという結果がでました。

170727_img1_w500
愛媛大学の研究グループによると、プレートから地球内部に取り込まれた水は、マントルの最深部2900㎞(地球の核との境界部分)まで達する可能性があるとの研究結果があります。この結果によると、地球内部には地表の何倍もの水が蓄えられている可能性があります。長い年月から水の循環を見ると非常に面白いですね。

新潟県妙高市にある滝の湯に行ってきました。というのも、2019年のゴールデンウィークに青森県の恐山を訪問し、日本海ルートで帰宅する時に立ち寄りました。

本来は、燕温泉「河原の湯」もしくは「黄金の湯」を訪問したかったのですが、燕温泉に続く道が雪で通行止めだったため諦めました。燕温泉は無料の野天風呂で、大自然のど真ん中の露天風呂ですので訪問したかったのですが、下調べが不十分で雪に阻まれました。

参考ですが、燕温泉はこんな感じです。公式サイトから拝借しました。
2
河原の湯

21
黄金の湯

営業期間は6月上旬から11月上旬で、営業時間は日の出から日没までになります。

ということで、これからどうしようかと考えていたら、ちょうど目の前に赤倉温泉があり、公営施設の滝の湯がありましたので訪問しました。

DSCF2247
外観的には大きな岩風呂のような感じがしました。

DSCF2248
建物です。少々古臭いですが公営施設ですので仕方ないですね。入口に券売機があり、大人500円になります。

DSCF2246
泉質は「カルシウムーナトリウムーマグネシウム等」、湧出量が300L/min
と書かれていました。1分間に300リットル湧き出るとは贅沢な温泉です。
IMG_4537
内湯はなく露天風呂のみになります。露天風呂も大露天風呂と小さい露天風呂の2つあり、大露天風呂はぬるま湯、小さい露天風呂は熱めの湯になっています。岩風呂になっており、大露天風呂には滝があります。
大露天風呂は1度に50人ぐらいは入れるほどの広さになっています。小さい露天風呂は4・5人が定員といった感じになります。

後で調べたら、源泉かけ流しで、加水や消毒は一切行っていないそうです。源泉かけ流しというのは嬉しいです。湧出量が1分間で300リットルもありますので、わざわざ循環させる必要もなく、源泉かけ流しができるのですね。

源泉ですが、湯の花と若干青みと白さを帯びた透明で若干の硫黄の香りがします。

大露天風呂はぬるま湯になっているのでのぼせることはなく長湯することができます。しかしそのまま帰るには体が温まりきらないので、小さい熱めの露天風呂で体を温めてから帰宅することにしました。小さい熱めの露天風呂は入れる定員が少ないため、陣取り合戦で、誰かが出れば誰かが入るといった感じです。

あと1つ残念なことは、大露天風呂の方は枯れ葉や枯草がだいぶ混じっていたことです。この辺の管理を強化してくれれば文句ありませんでした。他のお客さんも同じようなことを言っていました。小さい熱めの露天風呂は枯れ葉や枯草がなく問題ありませんでした。


基本情報

大人500円 小人350円
営業期間 4月下旬~11月上旬
営業時間 9:00~17:00(木は16:00まで)


2019年のゴールデンウィークに恐山安家洞を訪問し、もう一つ小坂レールパークも訪問しました。小坂レールパークは秋田県鹿角郡小坂町にあります。小坂鉱山の小坂鉄道が2009年に廃止され、2014年(平成26年)に旧小坂駅の線路をそのまま利用しているレールパークです。

小坂鉄道は1994年(平成6年)まで旅客営業(1日6本)を行っておて、2009年(平成21年)まで貨物営業(1日2往復)を行っていました。

DSCF2201
旧駅舎をそのままレールパークとして使用しています。今回訪問時は特に子供連れの家族が多く訪れていました。

DSCF2202
駅舎内部もそのままです。運賃表や時刻表もあります。正面に窓口で入場券を購入します。

DSCF2203
入場券がこちらです。硬質切符のような作りになっていて、改札口で切符を切られます。

DSCF2205
駅構内は当時のままで、側線にディーゼル車やホッパー車・(古ぼけた)客車が止まっています。

DSCF2209
小型の蒸気機関車が展示してあります。

DSCF2211
その後ろには、貴賓車が連結してあります。秩父宮・高松宮両殿下が小坂鉱山を見学の際に使用しました。

DSCF2212
その後ろにはブルートレインでおなじみの寝台列車「あけぼの」が4両連結して展示してあります。現役時代は「上野駅⇔青森駅」を走っていました。先頭車両は内部を見学でき、後方の車両は申し込みをすれば宿泊もできます。

DSCF2216
DSCF2217
DSCF2218
寝台列車は乗ったことないので初めて内部を見学しました。古き時代を感じさせる作りになっています。

DSCF2219
側線に塗装がはがれ古ぼけた客車がありました。側面に「DOWA」と書かれています。現役時代の小坂鉄道は小坂精練が運営していて、DOWAホールディングスの傘下ですのでその名残だと思います。

DSCF2214
別料金で観光トロッコも運転しており、構内の線路を往復します。随時運行となっているようで、お客さんが来たら随時運行していました。

DSCF2221
これが観光トロッコの先頭車両です。ラッセル車のようですね。

DSCF2222
これが連結している客車です。随時運行ですので1両で座席数が多くありません。

DSCF2225
ホームから線路を渡り、レールバイクや車庫を見学することができます。一般人が駅構内の線を渡ることができるなんて夢のようです。線路は錆びていますが使った形跡はあります。側線も分岐器も現役のようです。

DSCF2210
一番奥の側線はレールバイク専用になっていました。何組かの家族連れやカップルが楽しんでいました。今回も一人で訪問したので見学だけしました。

DSCF2228
小坂駅から線路が続いていますが、分岐器奥の道路でバリケードがされています。

DSCF2229
車庫にはディーゼル車をメインに展示しています。このディーゼル車は動きます。というのも、小坂レールパークでは本物の車両で運転の体験ができるため、現役の車両があります。
運転の体験をするには事前申し込みと別途料金が掛かりますが、運転士にあこがれた方にとっては夢のような体験ができます。座学を終えてから運転できるようです。

DSCF2230
このディーゼル車は運転席に入ることができます。

DSCF2231
大人気ですので順番待ちでした。

IMG_20190502_135612
運転席からの眺めです。レバーや機器類があります。

IMG_20190502_135632
運転席から駅構内が見渡せます。まるで運転士になった気分です。

IMG_20190502_135724
反対側にも運転席があります。

IMG_20190502_135741
運転体験もしました。出発進行!!(嘘です)


DSCF2234
DSCF2237
DSCF2244
様々な列車が展示してあります。

DSCF2235
パナソニックのエボルタ乾電池で動くエボルタ号です。2014年のイベントで使用され、単一乾電池99本で動きました。わざわざ車両まで製作しました。

DSCF2241
DSCF2243
DSCF2240
列車の部品や踏切・信号も展示してあります。

IMG_20190502_140400
IMG_20190502_140414
IMG_20190502_140446
ディーゼル車のエンジンも展示してありました。鉄道のエンジンだけあってものすごく大きいエンジンです。重い貨物列車を連結するので馬力もあるのでしょうね。

基本情報

営業期間・・・・・おおむね4月上旬~11月下旬
営業時間・・・・・9:00~17:00(16:30最終入場)
乗り物休止日・・・毎週 火・水曜日
入園料・・・・・・大人500円 子供250円
体験料金・・・・・観光トロッコ 大人300円 子供150円
         レールバイク 大人500円 子供250円

2019年のゴールデンウィークに恐山を訪問を訪問し、その後に岩手県岩泉町にある安家洞(あっかどう)を訪問することになります。安家洞は以前岩手県の神秘的な鍾乳洞「龍泉洞」を訪れた際に知りました。しかし事前の調査不足もあって訪問しなかったため、今回訪問することになりました。

DSCF2152
この安家洞は日本一長い洞窟で、分かっているだけでも総延長23,702mになります。一般公開されているのは、入り口から約500m部分です。この鍾乳洞は1000箇所以上の枝分かれの道があり、迷宮型鍾乳洞になります。

DSCF2153
受付で入場料1000円を支払います。ここでヘルメットを貸してくれます。あと100円で懐中電灯もレンタルできます。今回は10時ぐらいに到着しましたが、駐車場には車がなく観光客は誰もいませんでした。

DSCF2154
鍾乳洞の入り口になります。入口は分厚いコンクリートでできています。

DSCF2155
入口から狭く、中腰にならないと先に進めません。洞窟探検気分です。

DSCF2157
どうやら2016年8月30日の台風10号でかなり水没したらしく、水没地点が表示してありました。

DSCF2158
最初の部分は鍾乳洞というよりは、ゴツゴツした岩の洞窟といった感じです。カラフルなライトアップはなく、裸の蛍光灯だけのシンプルな作りです。

DSCF2161
洞窟は下へ続いています。この階段の折り返し部分が「校長先生の泣き所」という場所です。説明文では、生徒たちと洞窟探検した校長先生が迷子になり、この場所で発見され泣いていたということです。

DSCF2163
さらに下に続いています。階段部分以外は泥に覆われている部分が多く、かなり滑ります。

DSCF2165
さらに進むと穴守地蔵というものがありました。お地蔵さまには見えませんが石筍でしょうか?あと残念なことに、多くの石筍がありましたが台風での洪水の影響なのか折れているものも多数ありました。

DSCF2166
先に進むとだんだんと鍾乳洞らしくなってきます。

DSCF2167
所々で中腰にならないと進めない箇所があります。ここは「二の関」と書いてありました。

DSCF2169
中盤以降になると色々な鍾乳石があります。「ワニの口」と書かれた鍾乳石です。鍾乳石がワニに見えます。

DSCF2171
写真写りが良くありませんが、「三の関」と書かれており、やはり中腰じゃないと進めないほどの狭さになります。

DSCF2172
しかし中腰で進むといきなり大広間になっています。鍾乳石が垂れ下がっていて鍾乳洞らしいです。

DSCF2174
石筍の赤ちゃんでしょうか?小さい石筍が生えています。長い年月をかけて大きく成長するのでしょうか?

DSCF2176
神殿と呼ばれるところです。立派な鍾乳石があり、安家洞で一番美しいところです。ライトアップもカラフルなものではなく、シンプルな白一色です。

DSCF2178
「おっぱい岩」なる怪しい石筍がありました。よーく見ると石筍の先端が窪んでいて水が溜まっていました。水がしたたり落ちる影響で窪んだのでしょうか?

DSCF2179
「南部鉄瓶」と呼ばれる鍾乳石です。見ての通り南部鉄瓶そっくりです。一番なるほどなーと思ったネーミングです。

DSCF2180
「親子の象」と呼ばれる鍾乳石です。写真では見にくいですが、現場でよくよく見ると象に見えなくもないといった感じです。

DSCF2181
万年柱といった太い鍾乳石の柱があります。他のものと比べてかなり太いです。

DSCF2185
お釈迦様の指と海坊主です。お釈迦様の指は、下から手が伸びているような感じの鍾乳石です。海坊主はよく分かりませんでした。

DSCF2183
このお釈迦様の指は、西遊記の「孫悟空とお釈迦様の5本の指」を連想させてくれました。

DSCF2188
「クラゲの海」という場所です。石筍がクラゲのように見えます。

DSCF2189
「一角サイ」です。サイの頭に見えます。

DSCF2191
「ラクダとペンギン岩」です。砂漠と南極の組み合わせは面白いです。現実世界では動物園以外ありえない光景です。

DSCF2192
氷山と名付けられた場所です。成長途中の石筍でしょうか?

DSCF2193
天井から鍾乳石が伸びており「オーロラ」と名付けられていました。

DSCF2190
ここで終わりです。これ以上先は一般公開されておらず、鉄格子と南京錠で固く閉じられています。しかし別途料金でガイド付きのツアー等ならこの先に進むことができるそうです。

DSCF2195
鉄格子から先を撮影しました。木製の階段が地底奥深くまで続いています。光が届かない闇の世界です。なんといっても総延長が分かっているだけでも23kmを超えていますので、この先が気になるところです。ここで折り返しですので、来た道を戻ることになります。

DSCF2196
帰り道で「曾議室」なる場所がありました。どういう意味なんでしょうか?

DSCF2197
バナナ岩なるものもありました。

DSCF2200
正規ルートからちょっと外れたところに「ミニ迷宮探検」といった通路がありました。この通路は照明が一切なく、懐中電灯のみで進むことになります。しかしこのシステムを事前に把握していなかったため探検することができませんでした。あと、懐中電灯も故障や電池切れといった万が一のことがあってはいけないので、懐中電灯は2つ以上用意する旨の注意書きもありました。
ちょうどすれ違いに1組のカップルが出てきました。

安家洞は観光地化されている龍泉洞があまりにも有名すぎるので影が薄い存在となっていました。龍泉洞はライトアップなどの演出もあって「水と光と岩の芸術」の神秘的な鍾乳洞ですが、安家洞は迷宮探検といった冒険的な鍾乳洞になります。

龍泉洞が女神とすれば、安家洞は野獣といった感じになり、それぞれ違った特徴がありました。

これで安家洞の訪問を終え、秋田県小坂町にある「小坂レールパーク」を訪問します。小坂レールパークは、小坂鉱山の鉱山鉄道の廃線をそのまま利用したレールパークになります。


安家洞の基本情報

営業時間・・・・・9:00~16:00
入場料金・・・・・1000円(大人)、600円(子供)
その他レンタル・・・・・100円(懐中電灯)



恐山から安家洞に向かう途中に東通原子力発電所PR施設がありましたので立ち寄りました。科学館とか科学技術関係の施設が好きですので、原子力発電の施設を訪問しました。
DSCF2137
2019年5月1日ですので、令和初日に訪れることができました。野良で来ている人は誰もおらず、家族連れやカップルばかりでした。しかしあまり人は多くなく、ゆっくり見学することができました。受付けでは若いおねーちゃんがおり、どこから来たなど軽いアンケートを書いてから入場します。入場料は無料ですのでお財布には優しいです。

DSCF2138
中央モニターでは一般的な原子力の説明や東日本大震災による福島原発の事故の説明が動画で流れます。

DSCF2139
ボードでも説明があります。このボードは原子力発電の仕組みについてです。簡単に言えば、ウランやプルトニウムの核分裂のエネルギーで水を沸かし蒸気でタービンを回します。

DSCF2140
こちらのボードは原子力発電の安全対策と燃料についてです。ボードの裏には動画もあります。福島原発の事故もありましたので安全対策は必要です。

DSCF2141
原子力発電の必要性も訴えています。風力や太陽光発電だけでは安定せず、火力だけでは温暖化につながります。なのでベース電力として原子力が必要とのこと。

DSCF2142
エネルギーの多様化についてです。昼間と夜間では使用する電力量が違いますので、原子力・石油火力発電・自然流入の水力発電がベース電力となり、ピーク時には揚水発電・石炭波力発電・太陽光や風力発電で補います。ベース電力で余ったものは、ダム下流の水をダム上流に汲み上げて、ピーク時に使います(揚水発電)。

DSCF2143
子供向けに原子力発電の簡単な仕組みを表したものです。

DSCF2144
放射線コーナーなる危険なコーナーがありました。ここには放射線測定器が置いてあります。放射線は自然界にも存在し、普通に体を通り抜けています。あとは健康診断で使うレントゲン写真にも利用されています。ラジウム・ラドン温泉など、温泉にも含まれている場合もあり、少量なら健康被害はありません。それどころか細胞を活性化させるとも言われています。

DSCF2145
中央に見えるのが放射線測定器です。放射線は宇宙から来るものもありますので、0にはなりません。地殻の成分などにもよりますので、標高や場所によって放射線量が違います。

DSCF2146
パネル展示にもそのような説明があります。食べ物にも含まれているとか。あとは放射能の単位であるシーベルトとベクレルの違いなども解説してありました。

DSCF2148
3階には展望台もあります。見晴らしがいいです。

DSCF2147
原子力発電所建屋でしょうか?敷地はフェンスと有刺鉄線で厳重に警備されています。

DSCF2150
電線にも種類があって、細いのから太いのまで揃っています。それぞれ説明と見本が展示してありました。原子力発電について詳しく書かれたパンフレットなども多数置いてありましたので、持ち帰り目を通すことにしました。
ここでは30分ぐらい滞在し、安家洞に向かうことになります。


施設情報
休館日・・・・・毎週月曜日(祝日の場合は火曜日)
入館料・・・・・無料
開館時間・・・・9:30~16:30(入館は16:00まで)

↑このページのトップヘ