ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

  みなさんこんにちは。今回はお札の原料と、廃棄されたお札の行方について紹介したいと思います。
  まずみなさん、日本のお札は丈夫だと思いませんか?それもそのはず、日本のお札は「和紙」でできているからです。さらに和紙の原料ですが、「ミツマタ」「マニラ麻」を使用しています。もちろんこの二つの原料の混合比率は機密ですので私にもわかりません。
  ミツマタですが、以前は国内産のものが多く使われていましたが、ミツマタを出荷するまでが相当大変な作業で、高齢化や後継者不足でほとんどが輸入になってしまいました。以前は島根、岡山、高知、徳島、愛媛、山口で「局納みつまた」として日本銀行に収められていましたが、今はごくわずかになっています。それに現在はほとんどが徳島になっているようです。2014年度の納入はわずか7.5トンにまで減ってしまいました。日本銀行も、国内産ミツマタの回復に力を入れていますが、手間暇と納入価格の関係で難しいですね。

 そこで今はネパールと中国から大半を輸入しています。しかしネパールでは以前の大地震でかなり供給が危なくなっているようですし、中国は、日中関係から中国一辺倒ではリスクが高いですね。


  さて、次に古くなったお札の行方ですが、市中から各銀行に集められたお札は、各日本銀行に集められ、鑑査されます。鑑査とは、まだ使えるお札と、廃棄するお札とに分ける工程です。そこで廃棄されるお札の行方です。

①各自治体の焼却場で燃やされる

  この量が一番多いです。もったいないですが・・・
  最近ではごみ発電も増えていますので、間接的に固形燃料となっているとも言えます。

②ボード、トイレットペーパー、封筒にリサイクル

  お札は水に溶けにくいのでリサイクルが難しいのですが、最近の技術革新でだんだんリサイクルが可能になってきました。銀行の封筒に利用しているところもあります。

③固形燃料

  固形燃料として、発電に利用します。①みたいにただ燃やすよりは立派なリサイクルです。


その他にも、団扇だったり、おもちゃだったりにもなりますが、①~③が主な行方になります。1年間に相当な量のお札が入れ替わっているので、なんだかもったいない気がしますね?

今回は、岐阜県高山市にある『新穂高温泉 水明館佳留萱山荘』です。新穂高温泉は、露天風呂『新穂高の湯』に一度行きましたので、二度目になります。アクセスですが、国道158号線で、平湯温泉近くで国道471号線に曲がり、橋を渡ったら右折すればたどり着きますが、こんないい道では面白くないので、岐阜県道89号線の廃道寸前の道を選びました。写真は引用ですがこんな感じです。
IMG_2817-00795

ね、廃道寸前でしょ?これでも立派な現役の県道ですよ!それと、この道には『荒城温泉 恵比寿之湯』がありますが、まだ訪れたことはありません。以前にも通りましたが、マイナーな道ですので対向車はありませんでした。というか、すれ違いに下手すれば谷底に転落します・・・・・。

 さて温泉ですが、夕日の落ちた黄昏時に付いたため、よく確認できませんでしたがほとんど無色透明でした。私には無臭でしたが、人によっては若干硫黄臭を感じるそうです。泉質はアルカリ単純温泉です。

 露天風呂の脇にシャンプー類がありますが、排水設備がないように感じられました。分かりませんが、恐らく排水は垂れ流し?のような気がします。石鹸類でしたら生分解で分解されるので問題ないと思いますが、シャンプー類が垂れ流しされていたら環境面から見て大丈夫なのかと気になりました。

 さてこの温泉は混浴ですので熟年の夫婦や友人同士と思われるお客さんが数組いました。若い女性は・・・・・1人しかいませんでした。ちょっと残念。それと、珍しく欧米から来たと思われる外国のグループもいました。1人は金髪美女でした。ここで日本の良さを分かってもらいたいですね!

 この温泉は無駄に広い露天風呂が有名で、東海一とかいう話もあります。引用ですがこんな感じです。
img_1

 露天風呂は3つありまして、どれも無駄に広いですよ!着替えスペースの前が一番熱く、この時期にはちょうどいい温度でした。川に近い方と一番奥は若干ぬるめです。一番奥には洞窟温泉があり、温度にムラがありますがかき混ぜればちょうどいい温度になり長湯できました。一番気に入ったのは洞窟温泉でした。日本秘湯を守る会の提燈がぶら下がっていて、何とも風情のある洞窟温泉でした。カップルで入ったら即プロポーズ、即OKとなりそうな雰囲気です。
http://on-photo.com/wp-content/uploads/2015/04/karukaya022.jpg
 洞窟といっても、石を組み合わせたような感じです(お借りしました)が、洞窟の中は響きます。しゃべると声が反響していい雰囲気になります。

 日が落ちて辺りが真っ暗になり、ホワーンとした灯りの下で入る温泉も格別ですね。ここで思ったのが夜空の暗さより山の暗さの方がより真っ暗ということに気づきました。夜空と山の境がなんとなく分かります。

 この温泉はおススメですので皆さんもぜひ行ってみてください。

レジで小銭をジャラジャラ出すのって面倒ですよね?なのでお札を出せばどんどん小銭が溜まっていきます。それで小銭を使おうとするが、レジの後ろで並んでいる人の冷たい視線に負けてまたついついお札で買い物して小銭が溜まっていく。皆さんもこのような経験ありませんか?

皆さんに朗報です。これからレジでどんどんお札で支払ってください。そこで今回は小銭の処理方法について紹介します。

皆さんは銀行(信用金庫)や郵便局のATMに行きますか?答えは簡単です。そのATMにぶち込めば終わりです。
ただしコンビニやスーパーのATMは小銭使用不可が多いためダメですので、店舗のATMに行ってください。

銀行のATMでは、平日であれば開店から18時ぐらいまで小銭が使用できると思います。(18時以降は使用できないかも、その場合は諦めてください。)銀行のATMの場合、機械にもよりますが、だいたい100枚~300枚は一度に小銭が投入できます。投入口も広いですので、ひたすらATMの小銭入れに詰め込みましょう。

郵便局の場合、土日も小銭を使用できるATMが多いため非常に便利になります。なので個人的には郵便局がおススメになります。ただし郵便局の場合は投入口が狭く、一度に2枚~3枚しか入らないタイプが多いので、少々慣れが必要です。
http://sekinesan.ddo.jp/~sekine/wordpress/wp-content/uploads/2013/04/04211743021-480x474.jpg
最近の郵便局の最新のATMは、小銭を大量投入しても処理するスピードが早いため待ち時間が少なくて済みます。旧タイプの場合は小銭をカウントして入金処理した後の処理時間が長いため、後ろに並んでいる人がいればもう一度並ぶなどしてマナーは守ってくださいね。

それで、小銭を入金した後、必要であれば、お札の単位で引き出せばジャラジャラした小銭がかさ張らないお札で帰ってきます。

もちろん何千枚もの小銭をATMに突っ込むと、ATMにも小銭を蓄える容量をオーバーしてしまうため、一度抜き取り作業を行ってもらう必要が出てきます。大量に小銭がある場合は日を改めるか、別の銀行や郵便局に行って同じことを行うといいでしょう。

注意点として、小銭は詰まりやすいという欠点があります。小銭にクリップやメダルが入っているにに気付かず投入してしまうとATMが詰まってしまい、後ろに並んでいる人や店員さんに迷惑がかかりますので、絶対に入れないようにしてください。

  みなさんこんにちは。今回は、金券ショップを有効利用してもらいたいと思い投稿しました。最近のマイナス金利による預金金利の低下や、なかなか賃金が上がらない現在、1円でも節約したいですね?
  かといって、投資信託や外貨預金みたいなリスクは背負いたくないしと思っているみなさん、そのような方には金ショップがおススメなんです。今に預金金利、0.001%とかふざけた金利ですよね?ただで預けているようなもんですからね。でも、金券ショップを使えば、1~2%ぐらいの金利と同じぐらいの効果があるんですよ。

  私はいらない金券を売ったことないので、売る方の説明は省きます。

  えーと、信販系のギフト券って知ってますか?JCBとかVISAとかUCとかです。これが一番使い勝手のいい金券になりまして、大手スーパーやデパート等、全国で60万店以上のお店で使うことができます。このギフト券は1000円券で98~99%で売っています。つまり、1000円の券が980円~990円で売っていることになります。もちろんたった10~20円と小さな額ですが、毎日使うことを考えてください。

  例えば1か月5万円スーパーで使うと思ってください。それをギフト券で支払えば、1カ月当たり500~1000円の節約になります。これを銀行の預金金利で考えると、5000万円~1億円を1年間預けた金利。これをたった1か月で回収できるのです。これって大きいと思いませんか?

  金券ショップで売ってるのは信販系のギフト券だけではありません。ジェフグルメカード・クオカード・交通機関の回数券等々何でも売っています。ここで十万円単位で仕入れれば、1回あたりの資金は大きいのですが、それだけ回収もできます。どうせ使いなら、金券ショップで賢く仕入れ、賢く節約しましょう。

今回は、長野県下伊那郡阿南町にある『阿南温泉 かじかの湯』です。何年も前ですが、学生時代に家族と行きました。正月明けの冬に行った覚えがあります。ノーマルタイヤでの出撃でしたが、無事行ってきました。雪は残っていましたが、危ない場面もなくたどり着きました。今回のルートは、国道151号線を利用しました。と言うのは、国道152号線の兵越峠が不安でしたので、151号線を選択しました。うる覚えですので間違っているかもしれません。

 正月明けにも関わらず人は絶え間なく入ってきました。やはり冬の温泉は季節的に最高ですので皆さんも温泉に行くのでしょう。特に露天風呂は、頭が冷えて体は温まるのでいつまででも入っていられます。

 さて、この温泉の設備ですが、露天風呂・内風呂・打たせ湯・ジャグジー・ジェット風呂・サウナなどなど色んな設備があります。私はサウナと露天風呂を主に利用した覚えがあります。露天風呂好きの私は露天風呂で長く浸かってました。


 お世辞にも広いとは言えない露天風呂ですが、外は寒く、頭が冷えるのので長く浸かることができました。数人入ればいっぱいになる程の広さしかありません。しかし、山々に囲まれたこの温泉からは、外の景色を眺めることができ、日常生活を忘れることができます。泉質はアルカリ単純温泉で特に特徴はありません。泉質は平凡でものんびりすることができました。この温泉は露天風呂より内風呂の方が広いです。と言っても、露天風呂好きの私は露天風呂に浸かりっぱなしでした。

 平日は仕事でヘトヘトになりますので、温泉に浸かってしまうとついついウトウトしてしまいます。この頃は学生時代ですのでヘトヘトにはなりませんが、年を重ねるにつれ体力の衰えを実感してしまう私であります。

 とにかく長野県は温泉が多いですね。今は季節的に温泉が最高ですので、皆さんもぜひ行ってみてください。

↑このページのトップヘ