ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

江戸時代、日本はリサイクル先進国でした。生ごみや紙など、日常生活で出るごみのほとんどは専門の商売人によってリサイクルされていました。割れた茶碗や着物、ろうそくの燃えカスなどもリサイクルされていました。もちろん人の排泄物も貴重な資源としてリサイクルされていました。
kaisetsu3-2
今の日本は、紙や鉄などはリサイクルされていますが、産業廃棄物・一般廃棄物など、捨てられるものも多いです。

ヨーロッパではドイツが環境先進国として有名ですが、もっと進んでいる国があります。なんとごみを輸入しているんですよ。その国はスウェーデンです。

リサイクル率は96%とも言われています。もちろん素材としてリサイクルしているものもありますが、サーマルリサイクルで有名です。


※サーマルリサイクル
廃プラスチックなどカロリーのあるもので、素材別に分別するのに手間が掛かるものは、燃やして熱を生み出し、発電として利用するリサイクル

日本でも、都会のごみ処理場ではごみの排出量が多いので、ごみ処理場で発電をしているところもあります。でも発電効率が悪いです。(スーパーごみ発電など、発電効率がいいごみ処理場もあります)

スウェーデンでもごみ発電をしているのですが、排出するごみよりもごみ処理場の処理能力が高すぎるため、わざわざ周辺国からごみを輸入してごみ発電をしているのです。なんと年間80万トンものごみを輸入しています。

スウェーデンでは、ごみが宝の山なんですね。日本もぜひ見習いたいですね。

日本では、一般家庭でプラスチックをリサイクル資源として分別している自治体も多いですが、一般家庭で排出される廃プラスチックは、ポリエチレンやポリプロピレンなど、色々な材質が混ざっているため、マテリアルリサイクルとしては不向きです。自治体から委託されている業者も、せっかく分別回収された廃プラスチックをせっせと燃してサーマルリサイクルしていることも多いと聞きます。

※参考
リサイクルは必要?

岩泉線とは、JR東日本の鉄道で、山田線の茂市駅と岩泉駅を結んでいる盲腸線。2010年7月31日に発生した土砂崩れによる脱線事故のため全線で運休となり、そのまま復旧することなく、2014年4月1日に廃止されました。

2017年のゴールデンウィークに、岩泉にある龍泉洞に行ったついでに寄りました。その時の写真です。
DSCF0812
旧駅舎は立派ですね。旧駅舎の一部は、コインランドリーや催しの展示場として利用されていました。駅前には無料の駐車場があり、龍泉洞が開く時間まで車の中で仮眠をとっていました。

DSCF0799
奥側は茂市駅方面。ホームより先は線路が撤去されています。もう二度と列車が来ることはありません。

DSCF0804
奥側は岩泉方面、終点なので車止めが見えます。車止めってなんだか寂しい気持ちになります。ここで1つの不思議を発見

DSCF0807
見て分かりますか?ナットが2つほど新品なんですよ!!

DSCF0808
明らかに後から付けられた錆びていないナット、誰が何のために付けたのでしょう?
もしかしたら廃線前の保全なのでしょうか?それとも、廃線時のレールを部分的に撤去するときの作業でしょうか?それにしても、廃線なんだからナットをつける必要はないですよね?

動画にもしました。

謎が深まるばかりです。以上、旧岩泉線岩泉駅の不思議でした。

※参考 廃線として大井川鉄道(井川線)にも行ってきました。
大井川鉄道(井川線) 井川駅ー堂平駅(廃駅)の探索

さてさて、今日は日本の硬貨の材料と、回収された硬貨の行方見ていきましょう。

硬貨の材料

・1円・・・・・アルミニウム100%

・5円・・・・・黄銅(銅60~70%、亜鉛30~40%の合金)
        5円硬貨だけ成分に幅があるのは、戦後に5円硬貨を作るときに、砲弾の薬きょうをリサ       イクルして  作ったからと言われています。

・10円・・・・青銅(銅95%、亜鉛3~4%、スズ1~2%)

・50円・・・・白銅(銅75%、ニッケル25%)

・100円・・・白銅(銅75%、ニッケル25%)

・500円・・・ニッケル黄銅(銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%)

以上が硬貨の材料になります。


硬貨も年数が経てばすり減ったり、摩耗したり、汚れが付いてきますので、一般銀行から日本銀行を通して回収され、造幣局に戻されます。

回収された硬貨は、材料別に分けられて再び硬貨として再利用されています。その他は、財務省の一般競争入札で地金として競売に出されます。私が今まで見たのは、1円のアルミニウムと10円の青銅、50円・100円の白銅だけです。(5円の黄銅・500円のニッケル黄銅については見たことありません。全量を硬貨の材料としてリサイクルされているのでしょうか?)

落札されたアルミニウムはアルミ製品に、青銅はブロンズ像などに、白銅は船舶のプロペラなどにリサイクルされているそうです。

皆さんの身近なところにもリサイクルされた硬貨が使われているかもしれませんね。

※硬貨は金属でできていますので、もし今後日本が戦争に巻き込まれた時などは備蓄金属として大いに利用することができます。

前回、乾電池のリサイクルについて紹介しましたが、今回は蛍光灯のリサイクルについて見ていきましょう。
201504gamute
蛍光灯には微量の水銀が含まれています。しかしそのまま不燃ごみとして処理する自治体もあれば、有害ごみ・資源ごみとして分別収集する自治体もあるでしょう。乾電池同様、ISO14000を取得している企業であればリサイクルに回しているでしょう。

不燃ごみに出している場合は、残念ながら破砕されて埋め立て処分されています。それも微量の水銀も一緒に処分されています。

一方、有害ごみや資源ごみとして分別回収している場合はリサイクルされます。こちらも乾電池同様、「野村興産株式会社」のイトムカ鉱業所(北海道)や「JFE環境株式会社」がリサイクルで有名だと思います。

蛍光灯といっても種類はたくさんあり、管状管形、直管形、ボール形、コンパクト形がありますがどれもリサイクルできます。

まず破砕機で粉々に破砕され、アルミでできている口金を分別します。その後に炉で高温にされて水銀を蒸発させて回収します。それから蛍光灯内部の白い粉(蛍光粉)とガラスに分別されます。

アルミは地金として再生され、水銀は研究機関や医療機器としてリサイクルされます。蛍光粉はレアアースとしてリサイクルされ、ガラスは再び蛍光灯のガラスの原料やガラスウール、ガラス製品としてリサイクルされています。

各社で若干の違いはありますが、しっかりとリサイクルされています。蛍光灯はリサイクルメーカーが乾電池より多いですが、様々な回収業者で回収された蛍光灯は、上記の2社に運ばれリサイクルされています。


※水銀に関する水俣条約の第三条「水銀の供給源及び貿易 」で鉱山からの水銀産出の禁止、水銀の貿易に関しては条約で認められた用途以外の禁止

となっていますので、いま日本で流通している水銀は全量リサイクルされた水銀で賄われているものと考えられます。

輪廻転生の仏教の世界で、人間に生まれてしまったのは天の定めなので致し方ありません。

人間道では四苦八苦の世界で、苦しい中にも楽しみがある世界です(私には楽しみなどないですが)。

※余談

四苦とは生・老・病・死が思いのようにならないこと。
・生・・・・・生きていること自身にの肉体的・精神的な苦痛を伴う
・老・・・・・老いていくことに伴い、体力・気力などが衰退していき、自由が利かなくなる
・病・・・・・病気になることによって、痛みや苦しみを味わう
・死・・・・・死ぬことへの恐怖や、死んだ後にどのようになるかの不安

上記のことに

・愛別離苦(あいべつりく) ー愛する者と別離すること
・怨憎会苦(おんぞうえく) ー 怨み憎んでいる者に会うこと
・求不得苦(ぐふとくく) ー 求める物が得られないこと
・五蘊盛苦(ごうんじょうく) ー五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと

の四苦を加え四苦八苦になります。

それに引き換え天道では、天人の住む世界で、寿命は非常に長く、苦しみも人間道に比べてほとんどない世界だと言われています。しかし天人も悟りを開いていないため、輪廻転生の世界では寿命があり、生前の行いによって六道のうちどれかに生まれ変わります。

※余談

六道とは

・天道-天人の住む世界
・人間道-人間の住む世界
・修羅道-争いの多い世界、終始争っていて苦しみが大きい
・畜生道-動物の世界
・餓鬼道-餓鬼の住む世界。食べ物を口に入れようとすると火となってしまい餓えと渇きに悩まされる
・地獄道-地獄ですね

天人の寿命が尽きるときには以下の前兆があります。

・衣裳垢膩(えしょうこうじ)-衣服が垢で油染みる
・頭上華萎(ずじょうかい)-頭上の華鬘(けまん)が萎える
・身体臭穢(しんたいしゅうわい)-身体が汚れて臭い出す
・腋下汗出(えきげかんしゅつ)-腋の下から汗が流れ出る
・不楽本座(ふらくほんざ)-自分の席に戻るのを嫌がる

このように寿命が尽きるころになると、いくら天人であっても苦悩を味わいます。天人の五衰の時の苦悩に比べると、地獄で受ける苦悩もその16分の1に満たないといった説もあります。

なので輪廻転生はせず、早く悟りを開いて涅槃に行きたいものですね。

↑このページのトップヘ