ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

ドイツ銀行って知っているだろうか。名前からしてドイツの中央銀行と思われがちだがそれは違う。ドイツ最大の民間銀行だ。

総資産は日本円で言うと大体200兆円ほどの巨大銀行。その巨大銀行が少し前から揺らいでいることをご存じだろうか?それはドイツ銀行が発行するココ債(CoCo債)という銀行債が不安視されているからです。「偶発転換社債」ともいわれて、社債を現金で返す代わりに株式で返しても良いというものです。

このCoCo債は、なんと債券を買った人には選択権がないんですよ。貸し手の都合で現金で返したり株式で返したりできるんです。
で、ドイツ銀行の株式がほぼ紙くず化して株式で返されたらどうなりますか?一瞬で大金を失いますよね?

そもそもなぜドイツ銀行の破綻説が出てきたかというと、
モーゲージ証券という怪しげな住宅ローンを担保にした証券をばら撒いたり、ギリシャのデフォルト問題で不良債権を大量に抱えており、フォルクスワーゲンへの1兆円以上の乱脈融資によって出てきました。

ドイツ銀行はドイツ政府の言いなりで、政府の言う通りに融資した挙句、ドイツ政府から経営危機が起こっても支援しないと死刑宣告されました。

リーマンショック時のリーマンブラザーズの負債額は70兆円程でしたが、ドイツ銀行が破綻すると280~300兆円の負債額になると言われています。

大きすぎて潰せないどころか、大きすぎて助けられないといったことろでしょう。もし仮にドイツ銀行が破たんしたら、リーマンショック以上の恐慌が世界を駆け巡ります。

よく日本の財務省は、「日本の借金が1000兆円突破」とか、「国民一人当たりの借金が800万円突破」だとか言ってますよね?それに引き換え、ドイツは無借金経営で、新規国債発行をしないとか優等生ぶりをアピールしてます。しかしどちらも大嘘、騙されてはいけません。日本の財政については、以前書きました「日本の財政」を見てください。財務省の大嘘が分かりますよ。

さて、ドイツについてですが、ドイツはドイツ銀行をはじめ、ドイツ国内の銀行に乱脈融資をさせて、借金を銀行に押し付けているのです。簡単に言えば、帳簿上に載らない簿外債務と言ったところでしょう。その証拠に、ドイツ国内の銀行は、どこも不良債権を抱えており、いつ爆弾が爆発するか分からない非常に危険な状況に陥っています。その筆頭に「ドイツ銀行」があげられます。

日本は赤字国債・建設国債・政府短期証券・借入金・年金の前受け金・特殊法人や独立行政法人の借金・地方の借金まで国の借金としてカウントして、借金が大変だ大変だと騒いでいますが、ドイツでは中央政府の借金のみをカウントして、その他は知りませんよととぼけているだけです。

国の富としてみると、ドイツは見かけ以上に悪く、日本は見かけ以上にお金持ちなのです。皆さんも騙されてはいけません。

みなさんこんにちは。みなさんは2000円札は知っていますか?



前回2000円札の両替について紹介しましたが、今回は世の中の2000円札がどこにあるのか紹介したいと思います。
image-36db5

もう何年も2000円札を見ていない人が多いので、世の中に2000円札はあまりないだろうと思っている方、半分正解です。でも半分は不正解です。最近の小中学生では2000円札の存在を知らない人もいるとも聞きます。レジで2000円札を出したら偽札と間違えられて通報されたとかいう笑い話も聞きます。ではどこにあると思いますか?それはですね

①日本銀行の金庫
ここには新札を含め、大量に眠っています。中には18年眠っている新札もあると思います(適当ですが・・・)

②一般銀行(信金)の金庫
ここにも眠っています。銀行はお金を取り扱うのが本業です。「2000円札は取り扱っていません」ということはありません。みなさんもどんどん両替して流通させましょう。みなさんが両替して在庫がなくなると、銀行は日本銀行から取り寄せます。

※先日メガバンクに行ったところ、新札への両替を拒否されてしまいました。理由として、現在2000円札はほとんど流通しておらず、新券の発行がないため取り寄せることができないとのこと
でも私は知っています。確かに新券の製造はしていませんが、日本銀行の金庫の中には大量の新券が眠っていることを。
そこで日本銀行に真意を確かめるために恐る恐るメールで問い合わせをしました。その結果、やはり思った通り、製造はしていませんが、金融機関から依頼があればいつでも新券を用意できるとのこと。私が行ったメガバンクでは、経費削減のためなのか流通しない2000円札を意図的に用意していなかったことが分かりました。(2018年3月追加)

③外国の銀行
①②は大体の人は知っていると思いますが、③は知らない人が多いと思います。日本に来る外国人の方が、本国で日本円に両替してから来日する時、財布にたっぷり2000円札が入っています。
実際とある観光地で、外国人観光客の財布の中をチラ見するときがあって、チラ見したら何十枚も入ってました。

日本銀行は日本では不人気の2000円札を外国の銀行に押し付けているようですね。それと、やはり外国では2のつくお金が一般的というのと、5000円以上の高額紙幣を持ち歩きたくないというところから、2000円札はちょうどいいのかもしれませんね。みなさんが外国の銀行で日本円に両替したら、2000円札が混じってくるかもしれませんね。

④沖縄県
沖縄県では市中に流通する2000円札の大半が流通していると言われています。47の都道府県があるのに大半の2000円札が沖縄で流通していることがすごいことですよね。

  みなさんこんにちは。みなさんは2000円札は知っていますか?もちろん知っている人も知らない人もいるかと思います。中には何年も見ていないという方もいると思いますし、お年玉シーズンしか見ないという人もいると思います。お年玉には2000円札は便利ですよね。1000円では少ないですし、5000円では多いですし、2000円がちょうどいいですね。


  さて、2000円札の流通枚数は、今は発行していない500円札よりも少ないといわれています。お釣りでもらうことはまずありませんし、2000円札の両替方法をご紹介したいと思います。
image-36db5

①銀行(信金)で両替する
これは一般的です。しかし両替機では取り扱っておらず、窓口での両替となることが多いです。また、平日の15時までに両替しないといけない制約があります。しかし新札が手に入る可能性が高いです。

※先日メガバンクに行ったところ、新札への両替を拒否されてしまいました。理由として、現在2000円札はほとんど流通しておらず、新券の発行がないため取り寄せることができないとのこと
でも私は知っています。確かに新券の製造はしていませんが、日本銀行の金庫の中には大量の新券が眠っていることを。
そこで日本銀行に真意を確かめるために恐る恐るメールで問い合わせをしました。その結果、やはり思った通り、製造はしていませんが、金融機関から依頼があればいつでも新券を用意できるとのこと。私が行ったメガバンクでは、経費削減のためなのか流通しない2000円札を意図的に用意していなかったことが分かりました。(2018年3月追加)

②郵便局で両替する
郵便局では両替業務は行っておらず、サービスで両替してくれることが多いです。特に都市部の銀行ですと、2000円札の在庫があることが多く、両替してくれる場合が多いです。その反面、地方の郵便局では在庫がなく、断られることがあります。

③お釣りでもらう
10000円札、5000円札で買い物してお釣りをもらう。これはまず不可能です。お店によって2000円札はお釣りに出さないと決めているところもあり、そもそも2000円札を使う人がいません。
※鉄道系の券売機では2000円札を排出する機能を持ったものがあり、一部の2000円札マニアが2000円札チャージや定期券購入等で使用されたものがお釣りとして出てくる場合があります。

④沖縄に行く
沖縄の銀行では、2000円札を指定して出勤するATMもあります。お釣りでも2000円札が混じってくることもあります。しかし費用対効果が・・・お任せします。


  以上のような方法がありますが、やはり時間が許せば①が正当な方法だと思います。私は、会社を有給で休む時に、ついでに2000円札をまとめて何十枚と両替します。みなさんもぜひ2000円札を両替して、世の中に流通させましょう!!!

  みなさんこんにちは。今回はお札の原料と、廃棄されたお札の行方について紹介したいと思います。
  まずみなさん、日本のお札は丈夫だと思いませんか?それもそのはず、日本のお札は「和紙」でできているからです。さらに和紙の原料ですが、「ミツマタ」「マニラ麻」を使用しています。もちろんこの二つの原料の混合比率は機密ですので私にもわかりません。
 ミツマタですが、以前は国内産のものが多く使われていましたが、ミツマタを出荷するまでが相当大変な作業で、高齢化や後継者不足でほとんどが輸入になってしまいました。以前は島根、岡山、高知、徳島、愛媛、山口で「局納みつまた」として日本銀行に収められていましたが、今はごくわずかになっています。それに現在はほとんどが徳島になっているようです。2014年度の納入はわずか7.5トンにまで減ってしまいました。日本銀行も、国内産ミツマタの回復に力を入れていますが、手間暇と納入価格の関係で難しいですね。

 そこで今はネパールと中国から大半を輸入しています。しかしネパールでは以前の大地震でかなり供給が危なくなっているようですし、中国は今後の日中関係から中国一辺倒ではリスクが高いですね。

 さて、次に古くなったお札の行方ですが、市中から各銀行に集められたお札は、各日本銀行に集められ、鑑査されます。鑑査とは、まだ使えるお札と、廃棄するお札とに分ける工程です。そこで廃棄されるお札の行方です。

①各自治体の焼却場で燃やされる
この量が一番多いです。もったいないですが・・・
最近ではごみ発電も増えていますので、間接的に固形燃料となっているとも言えます。

②ボード、トイレットペーパー、封筒にリサイクル
お札は水に溶けにくいのでリサイクルが難しいのですが、最近の技術革新でだんだんリサイクルが可能になってきました。そこでとある企業が確立したリサイクル技術で銀行の封筒に利用しているところもあります。

③固形燃料
固形燃料として、発電に利用します。①みたいにただ燃やすよりは立派なリサイクルです。


その他にも、団扇だったり、おもちゃだったりにもなりますが、①~③が主な行方になります。1年間に相当な量のお札が入れ替わっているので、なんだかもったいない気がしますね?

↑このページのトップヘ