ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

今回は北海道羅臼町にある『羅臼温泉 熊の湯』です。以前北海道を車で一周した時にたまたま見つけて入りました。この温泉は白濁しており、硫化水素系の温泉ですので、硫黄の臭いがプンプンとたまらないです。硫黄系の温泉好きにはたまらないですよ。この温泉は寸志で入れる温泉です。地元の方も利用しており、管理もしています。私が行ったときにも、地元の方も何人か入ってました。通りがかりの観光客も立ち寄りますので、にぎわいのある温泉です。

http://lip-hokkaido.com/spa_img/higashi/rausu_kumanoyu01.jpg
 この温泉非常に熱いです。長く入っているとのぼせます(その前に長く入れません)。湧き水が出ており、湧き水で湯温を調節しています。地元の方は熱めのお湯が好きなのか、なかなか湧き水入れてくれませんでした。
地元以外の人も何人かいましたが、「熱いっ!!」って言っており、すぐに露天風呂から出て座っていました。各位私も熱すぎてずっと入れませんでしたので、出たり入ったりを繰り返しながら露天風呂を楽しみました。

 地元の方が管理で寸志ってこともありますが、着替えをする小屋が一つと露天風呂が一つというシンプルな作りをしています。また、シャンプーと石鹸の設備はありません。排水処理設備はありませんが、シャンプーと石鹸の使用は禁止されておらず、地元の方は石鹸を持参していました。この温泉はかけ流しで、排水はそのまま目の前の川に流れており、環境を守るためシャンプーより石鹸を持参した方がいいと思います。

 今回北海道を1周したときは石鹸を持参していなかったため、かけ湯をしただけで露天風呂に入り、体と頭は洗えませんでいた。

 あとこの温泉には目隠しの柵がないため(男湯)、湯に浸かりながら景色を堪能することができます。緑に囲まれながら温泉に入るのは最高ですね。

 ここで情報ですが、朝早くこの温泉に行きますと、地元の方と一緒に温泉の清掃をするそうです。私は体験していませんが、地元の方と一緒に清掃して、その後一風呂浴びるっていうのも悪くはないでしょう。
 
 この温泉は道の駅『知床 らうす』から近いので、観光案内の人に聞けば丁寧に教えてくれます。みなさんもぜひ行ってみてください。

参考に以前北海道を1周したときのブログになります。

北海道一周
十勝岳温泉 湯元 凌雲閣

今回は、北海道空知郡上富良野町にある『十勝岳温泉 湯元 凌雲閣』です。以前北海道を一周した時に立ち寄りました。アクセスですが、道道291号線の終点にあります。道もよく特に危ない思いをした記憶はありません。ここは宿泊施設ですが、車中泊で北海道を一周しましたので、日帰り入浴をしました。登山客が多いのか、登山の格好をした人を何人か見ました。入り口にはおとなしそうな番犬がいましたが、近寄ってみると猛烈に吠えられましたので、さっさと退散しました。

 温泉の設備は、内風呂と露天風呂が二つあります。私はずっと露天風呂にいました。泉質は、カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉で、鉄分が多いのか色は茶色く濁ってます。露天風呂も、建物側にある方は熱めで、もう一つの方はちょうどよい温度でした。茶色く濁っているせいで、露天の底が見えず、段差でつまずいてしまいますので注意が必要です。

 ここの温泉は、目の前が山になっており、目隠しの塀もないため、湯船に浸かりながら十勝の山々を一望できる大絶景です。
32

 ちなみに私は去年の9月ごろに行きましたので雪はありませんでした。写真からだとなかなか大絶景を伝えられませんが、とにかく大絶景なんですよ!!余談ですが、露天風呂からよーーーく見ると、登山をしている人を眺めることができます。露天風呂から登山客を見れるということは、もしかしたら登山客から露天風呂が丸見えかもしれませんね。

 
 お客さんも何人かいましたが、平日だったのであまり混んでいませんでした。年配の人と学生っぽいグループがいたぐらいです。

 北海道は9月中旬にもなると夜は冷えるものですね。標高がある道の駅で夜に車中泊をしていたら、寒さで起きてしまいました。今北海道を周ろうとしている人は、寒さの備えをしてから行った方がいいですよ?皆さんもぜひ行ってみてください。


参考に以前北海道を1周したときのブログになります。
http://ponsuke.site/archives/19309700.html

羅臼温泉 熊の湯
http://ponsuke.site/archives/17176054.html

2018年に質量である1kgの定義が変更される予定です。
質量と重量は違いますが、日常的に使うイメージとしては「質量=重量」として考えている人も多いでしょう。

ざっくり質量と重量の違いを説明します。

質量・・・物体の動かしにくさの度合いを表す量のこと
重量・・・
地球上の場合、質量が1kgの物体にかかる重力は約9.8Nとなり、この力を1kgfとする
     (イメージとして1kgf=1kgとして考えている方が多いと思います)

質量は地球でも宇宙空間でも月でも火星でも変わりませんが、重量は変化します。月は地球の1/6の重力ですので、重量は1/6になります。
質量は、国際単位系7つの基本単位として、ちゃんとした定義が決められています。現在の定義は「国際キログラム原器の質量」になっています。


これが国際キログラム原器になります。国際キログラム原器は直径・高さともに約39mmの円柱形の、プラチナ(白金)90%、イリジウム10%からなる合金製の金属塊です。フランス・パリ郊外セーヴルの国際度量衡局(BIPM)に、2重の気密容器で真空中に保護された状態で保管されています。

http://macasakr.sakura.ne.jp/pictures/image377.jpg

普段は、二重のガラス製容器に入っていて、できるだけ劣化しないようになています。

他の国際単位系は、物理量によって決められていますが、質量だけ人工物によって定義されています。
人工物によて定義されているので、年数が経てば国際キログラム原器にも汚れが付着したりして、質量が増す傾向があります。あとは、各国で国際キログラム原器を複製して、その国の基準とします。なので若干の誤差が生まれます。

そのため、新しい定義は「プランク定数を通して光子が持つエネルギーと等価の質量」とされる予定です。

「キログラム (kg) は質量の単位であり、その大きさは、単位 s−1·m2·kg(J·s に等しい)による表現で、プランク定数の数値を正確に 6.62606957×10−34 に固定することで示される。この変更により、キログラムの定義は秒とメートルの定義に依存することになる。」

とのことです。素人にはさっぱり分かりませんね!!

今回は、『万座温泉 湯の花旅館』です。以前同じ万座温泉の『豊国館』には行きましたので、今回は混浴露天風呂のある湯の花旅館にしました。万座までの道のりでの大絶景は、過去に投稿しました『万座温泉 豊国館』をご覧ください。

 今は関東を離れてしまいましたので、万座などの名湯にはなかなか行けません。長期連休などの機会がありましたらぜひ行ってみたい場所です。ところで、先日の御嶽山の噴火がありましたが、万座温泉付近は大丈夫なのでしょうか?やはり、東日本大震災でプレートの力のバランスが崩れて、いつ噴火してもおかしくないのでしょうか?

 さて、泉質ですが、白濁しており硫黄の臭いがプンプンする温泉らしい温泉というのは言うまでもないですね。成分も濃いですし文句なしの温泉です。設備ですが、内湯と露天風呂があり、露天風呂は混浴になります。写真は引用ですがこんな感じです。
12749a
 露天風呂自体は大きくも小さくもありません。そして底に砂のようなものが堆積していました。これは温泉の成分が沈殿したのか、それとも岩が砕けて砂状になったのかは分かりません(岩も劣化していました)

 私が行ったときには何人かいましたが、それほど混んではいませんでした。30代後半ぐらいの夫婦も入ってきました。景色ですが、写真でも分かりますようにあまり遠くは見えませんでした。他の温泉サイトを見ますと、万座プリンスホテルや日進舘はかなり景色が良さそうです。その代り値段も高めですね。

 景色の点は若干マイナスになりますが、泉質はどこも変わりません。日帰り温泉をやっているところはたくさんありますので、好きなところに立ち寄ってみてください。

万座温泉に何度か行きましたので、参考です。

万座温泉 万座プリンスホテル
http://ponsuke.site/archives/13411024.html

万座温泉 豊国館
http://ponsuke.site/archives/17401793.html

今回は、岐阜県大野郡白川村にある『大白川温泉 大白川露天風呂』です。まず、ここへのアクセスは、国道156号線の道の駅『飛騨白山』近くに向かいます。そこから岐阜県道451号線が分岐していますのでそちらに向かいます。国道は普通の道ですが、県道451号線は非常に悪路で『険道』と言っても過言ではありません。とりあえず舗装はされていますが、あちこちで舗装がはがれ、がけ崩れも発生しており、沢の水も道路を直接横切って流れてます。悪路の割にはすれ違いも多いので、運転には細心の注意が必要です。

 ここの温泉は、白山国立公園内にあり、源泉かけ流しで硫黄の臭いがして温泉らしい温泉です。施設は広い露天風呂が一つとシンプルな作りで、排水がそのままダム湖に流れるのか、石鹸・シャンプーの使用は禁止になっています。あと温泉の成分なのか、コケなのか知りませんが、露天風呂が非常に滑りやすいので、細心の注意が必要です。入った瞬間スッテンコロリンしそうになりましたよ。お湯は無色透明で、硫黄臭がし、湯ノ花が舞ってます。ちなみにかなり熱めです。

DSCF06621

 露天風呂はこんな感じです。他のお客さんの裸が映ってますので加工しました。ここの売りは絶景露天風呂です。目の前がダム湖になっており、ダム湖と周囲の山々を見渡すことができます。目隠しの塀がありませんので、風呂に浸かったまま景色を堪能することができます。

DSCF0661

 こんな感じに見えます。本当に目の前すぐがダム湖なんですよ。色はエメラルドグリーンになっています。

 温泉の入り口に温泉卵を入れるための熱湯の容器があり、ロッジで買った卵をお客さんが容器に入れて、帰りに温泉卵を食べられるようになってます。源泉も飲めるのか、コップがありましたので飲んでみましたら、卵の殻?の様な味がしました。これが温泉の成分ですね。

DSCF0659

入口はこんな感じです。秘密基地みたいですね。ここは泉質も景色も最高ですので、皆さんもぜひ行ってみてください。

↑このページのトップヘ