ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

2019年のゴールデンウィークに恐山を訪問を訪問し、その後に岩手県岩泉町にある安家洞(あっかどう)を訪問することになります。安家洞は以前岩手県の神秘的な鍾乳洞「龍泉洞」を訪れた際に知りました。しかし事前の調査不足もあって訪問しなかったため、今回訪問することになりました。

DSCF2152
この安家洞は日本一長い洞窟で、分かっているだけでも総延長23,702mになります。一般公開されているのは、入り口から約500m部分です。この鍾乳洞は1000箇所以上の枝分かれの道があり、迷宮型鍾乳洞になります。

DSCF2153
受付で入場料1000円を支払います。ここでヘルメットを貸してくれます。あと100円で懐中電灯もレンタルできます。今回は10時ぐらいに到着しましたが、駐車場には車がなく観光客は誰もいませんでした。

DSCF2154
鍾乳洞の入り口になります。入口は分厚いコンクリートでできています。

DSCF2155
入口から狭く、中腰にならないと先に進めません。洞窟探検気分です。

DSCF2157
どうやら2016年8月30日の台風10号でかなり水没したらしく、水没地点が表示してありました。

DSCF2158
最初の部分は鍾乳洞というよりは、ゴツゴツした岩の洞窟といった感じです。カラフルなライトアップはなく、裸の蛍光灯だけのシンプルな作りです。

DSCF2161
洞窟は下へ続いています。この階段の折り返し部分が「校長先生の泣き所」という場所です。説明文では、生徒たちと洞窟探検した校長先生が迷子になり、この場所で発見され泣いていたということです。

DSCF2163
さらに下に続いています。階段部分以外は泥に覆われている部分が多く、かなり滑ります。

DSCF2165
さらに進むと穴守地蔵というものがありました。お地蔵さまには見えませんが石筍でしょうか?あと残念なことに、多くの石筍がありましたが台風での洪水の影響なのか折れているものも多数ありました。

DSCF2166
先に進むとだんだんと鍾乳洞らしくなってきます。

DSCF2167
所々で中腰にならないと進めない箇所があります。ここは「二の関」と書いてありました。

DSCF2169
中盤以降になると色々な鍾乳石があります。「ワニの口」と書かれた鍾乳石です。鍾乳石がワニに見えます。

DSCF2171
写真写りが良くありませんが、「三の関」と書かれており、やはり中腰じゃないと進めないほどの狭さになります。

DSCF2172
しかし中腰で進むといきなり大広間になっています。鍾乳石が垂れ下がっていて鍾乳洞らしいです。

DSCF2174
石筍の赤ちゃんでしょうか?小さい石筍が生えています。長い年月をかけて大きく成長するのでしょうか?

DSCF2176
神殿と呼ばれるところです。立派な鍾乳石があり、安家洞で一番美しいところです。ライトアップもカラフルなものではなく、シンプルな白一色です。

DSCF2178
「おっぱい岩」なる怪しい石筍がありました。よーく見ると石筍の先端が窪んでいて水が溜まっていました。水がしたたり落ちる影響で窪んだのでしょうか?

DSCF2179
「南部鉄瓶」と呼ばれる鍾乳石です。見ての通り南部鉄瓶そっくりです。一番なるほどなーと思ったネーミングです。

DSCF2180
「親子の象」と呼ばれる鍾乳石です。写真では見にくいですが、現場でよくよく見ると象に見えなくもないといった感じです。

DSCF2181
万年柱といった太い鍾乳石の柱があります。他のものと比べてかなり太いです。

DSCF2185
お釈迦様の指と海坊主です。お釈迦様の指は、下から手が伸びているような感じの鍾乳石です。海坊主はよく分かりませんでした。

DSCF2183
このお釈迦様の指は、西遊記の「孫悟空とお釈迦様の5本の指」を連想させてくれました。

DSCF2188
「クラゲの海」という場所です。石筍がクラゲのように見えます。

DSCF2189
「一角サイ」です。サイの頭に見えます。

DSCF2191
「ラクダとペンギン岩」です。砂漠と南極の組み合わせは面白いです。現実世界では動物園以外ありえない光景です。

DSCF2192
氷山と名付けられた場所です。成長途中の石筍でしょうか?

DSCF2193
天井から鍾乳石が伸びており「オーロラ」と名付けられていました。

DSCF2190
ここで終わりです。これ以上先は一般公開されておらず、鉄格子と南京錠で固く閉じられています。しかし別途料金でガイド付きのツアー等ならこの先に進むことができるそうです。

DSCF2195
鉄格子から先を撮影しました。木製の階段が地底奥深くまで続いています。光が届かない闇の世界です。なんといっても総延長が分かっているだけでも23kmを超えていますので、この先が気になるところです。ここで折り返しですので、来た道を戻ることになります。

DSCF2196
帰り道で「曾議室」なる場所がありました。どういう意味なんでしょうか?

DSCF2197
バナナ岩なるものもありました。

DSCF2200
正規ルートからちょっと外れたところに「ミニ迷宮探検」といった通路がありました。この通路は照明が一切なく、懐中電灯のみで進むことになります。しかしこのシステムを事前に把握していなかったため探検することができませんでした。あと、懐中電灯も故障や電池切れといった万が一のことがあってはいけないので、懐中電灯は2つ以上用意する旨の注意書きもありました。
ちょうどすれ違いに1組のカップルが出てきました。

安家洞は観光地化されている龍泉洞があまりにも有名すぎるので影が薄い存在となっていました。龍泉洞はライトアップなどの演出もあって「水と光と岩の芸術」の神秘的な鍾乳洞ですが、安家洞は迷宮探検といった冒険的な鍾乳洞になります。

龍泉洞が女神とすれば、安家洞は野獣といった感じになり、それぞれ違った特徴がありました。

これで安家洞の訪問を終え、秋田県小坂町にある「小坂レールパーク」を訪問します。小坂レールパークは、小坂鉱山の鉱山鉄道の廃線をそのまま利用したレールパークになります。


安家洞の基本情報

営業時間・・・・・9:00~16:00
入場料金・・・・・1000円(大人)、600円(子供)
その他レンタル・・・・・100円(懐中電灯)



恐山から安家洞に向かう途中に東通原子力発電所PR施設がありましたので立ち寄りました。科学館とか科学技術関係の施設が好きですので、原子力発電の施設を訪問しました。
DSCF2137
2019年5月1日ですので、令和初日に訪れることができました。野良で来ている人は誰もおらず、家族連れやカップルばかりでした。しかしあまり人は多くなく、ゆっくり見学することができました。受付けでは若いおねーちゃんがおり、どこから来たなど軽いアンケートを書いてから入場します。入場料は無料ですのでお財布には優しいです。

DSCF2138
中央モニターでは一般的な原子力の説明や東日本大震災による福島原発の事故の説明が動画で流れます。

DSCF2139
ボードでも説明があります。このボードは原子力発電の仕組みについてです。簡単に言えば、ウランやプルトニウムの核分裂のエネルギーで水を沸かし蒸気でタービンを回します。

DSCF2140
こちらのボードは原子力発電の安全対策と燃料についてです。ボードの裏には動画もあります。福島原発の事故もありましたので安全対策は必要です。

DSCF2141
原子力発電の必要性も訴えています。風力や太陽光発電だけでは安定せず、火力だけでは温暖化につながります。なのでベース電力として原子力が必要とのこと。

DSCF2142
エネルギーの多様化についてです。昼間と夜間では使用する電力量が違いますので、原子力・石油火力発電・自然流入の水力発電がベース電力となり、ピーク時には揚水発電・石炭波力発電・太陽光や風力発電で補います。ベース電力で余ったものは、ダム下流の水をダム上流に汲み上げて、ピーク時に使います(揚水発電)。

DSCF2143
子供向けに原子力発電の簡単な仕組みを表したものです。

DSCF2144
放射線コーナーなる危険なコーナーがありました。ここには放射線測定器が置いてあります。放射線は自然界にも存在し、普通に体を通り抜けています。あとは健康診断で使うレントゲン写真にも利用されています。ラジウム・ラドン温泉など、温泉にも含まれている場合もあり、少量なら健康被害はありません。それどころか細胞を活性化させるとも言われています。

DSCF2145
中央に見えるのが放射線測定器です。放射線は宇宙から来るものもありますので、0にはなりません。地殻の成分などにもよりますので、標高や場所によって放射線量が違います。

DSCF2146
パネル展示にもそのような説明があります。食べ物にも含まれているとか。あとは放射能の単位であるシーベルトとベクレルの違いなども解説してありました。

DSCF2148
3階には展望台もあります。見晴らしがいいです。

DSCF2147
原子力発電所建屋でしょうか?敷地はフェンスと有刺鉄線で厳重に警備されています。

DSCF2150
電線にも種類があって、細いのから太いのまで揃っています。それぞれ説明と見本が展示してありました。原子力発電について詳しく書かれたパンフレットなども多数置いてありましたので、持ち帰り目を通すことにしました。
ここでは30分ぐらい滞在し、安家洞に向かうことになります。


施設情報
休館日・・・・・毎週月曜日(祝日の場合は火曜日)
入館料・・・・・無料
開館時間・・・・9:30~16:30(入館は16:00まで)

2019年のゴールデンウィークに、青森県にある恐山に行ってきました。恐山は、高野山・比叡山と並ぶ日本三大霊場の一つになります。死者の魂は恐山に向かうとも言われ、厚い信仰があります。字のごとく恐ろしい場所かと思いきや、神聖で独特の雰囲気を味わえる場所になります。生きたまま死後の世界へ旅立つような感じがしました。
DSCF2098
2019年は5月1日(令和元年初日)が開山日になります。ちょうど新時代の幕開け初日に恐山を訪問できて特別な思いがありました。

恐山に入る前に、三途の川と恐山冷水(不老不死・長寿の水)を訪れました。
DSCF2136
恐山に向かう途中で「恐山冷水」なる縁起のいい冷水があります。この水は1杯飲めば10年、2杯飲めば20年、3杯飲めば死ぬまで若返ると言われています。3つの竹筒から冷水が流れ出ています。今回はペットボトル目いっぱい詰めて持ち帰りました。ここは駐車スペースがあり、みなさん水を飲んでいました。

DSCF2094
恐山駐車場の手前に三途の川があります。架かっている橋は太鼓橋と言われています。太鼓橋は老朽化により通行止めになっています。とはいえ、三途の川を渡るには3つの方法があり、善人は橋を渡り、普通の人は浅瀬を渡り、悪人は深くて急流の場所を渡らなければなりません。私は善人ではないので元々橋を渡る資格は無いのかもしれません。

DSCF2090
懸衣翁(けんえおう)と奪衣婆(だつえば)でしょうか?三途の川を渡ろうとしている人の衣服を奪うのが奪衣婆、その衣服を衣領樹(えりょうじゅ)という木の枝にかけて、枝のしなり具合で罪をはかるのが懸衣翁になります。とりあえずゴマスリをしておきました。

DSCF2092
懸衣翁(けんえおう)と奪衣婆(だつえば)についての説明もありますね。六道と地獄についての余談になりますがこちらこちらこちらを参考にしてください。

DSCF2133
六道を示しているのでしょうか?6体のお地蔵さんがあります。

DSCF2100
立派な山門になります。

DSCF2102
イタコの口寄せなるものもありました。興味本位なのか、入っていく人がかなりいました。

DSCF2104
DSCF2103
手水舎になります。長寿で縁起のいいカメもいました。

DSCF2130
立派な卒塔婆が並んでいます。やはり黄泉の国への入り口という気がします。

DSCF2131
境内に温泉もありました。内湯だけでですが硫黄の温泉で、湯温はかなりの熱めでした。混んでいましたので長居はできず、10分ぐらい浸かっていました。

DSCF2105
一番奥の建物が本堂になります。

DSCF2106
本堂でお参りをしたら、いよいよ神秘の世界に足を踏み入れます。まずは奥の院から参拝しました。

DSCF2107
細い階段ですで、上りと下りが一緒ですので大渋滞です。みなさん譲り合って参拝していました。

PANO_20190501_120746
途中で後ろを振り返れば、恐山菩提寺を一望できます。八百万の魂が集まっているのでしょうか?
IMG_20190501_120730
一部を拡大しました。恐山の荒々しさと神聖な雰囲気が分かります。

DSCF2109
奥の院にある不動明王になります。

DSCF2111
奥の院についての説明もありました。

DSCF2112
所々から温泉と火山ガス?が噴出しています。たくさんの小銭が置いてありますが、火山性ガスの影響ですぐに変色して真っ黒になっています。賽銭箱もありますが、賽銭箱以外の小銭はお寺ではちゃんと回収しているのだろうか?気になるところです。

DSCF2113
散策していると、あちらこちらに地獄があります。ここは無間地獄です。一番行く確率が高そうです。

DSCF2114
大師堂もあります。あちらこちらに石が積んであります。

DSCF2115
戦争で亡くなった方の供養でしょうか?

DSCF2116
塩屋地獄があります。どんな地獄なのでしょうか?

DSCF2117
塩屋地獄にも熱水と火山性ガスが噴出しています。地獄ですね。

DSCF2118
血の池地獄もあります。しかし真っ赤ではなく透明で透き通っています。池にはお賽銭が多数投げ込まれていました。

DSCF2122
これは東日本大震災で犠牲になた方を供養するために建てられたものだそうです。

DSCF2123
極楽浜なる砂浜もあります。まさに天国と地獄が両隣になっています。

PANO_20190501_123705
極楽浜をパノラマで撮影しました。あちこちで石が積み上げられており、賽の河原を連想させます。

IMG_20190501_123351
後ろに見えるのは宇曽利湖になります。pH3.5の酸性のためウグイの1種類のみ生息しています。あの世を連想させる死の湖ですね。

DSCF2125
途中には重罪地獄もあります。無間地獄よりは軽そうな感じがしますね。

DSCF2128
どうや地獄もあります。どうや!って得意げに言われても困りますが・・・。

DSCF2129
修羅王地獄たる地獄もあります。危険・立入禁止となっていますのでよっぽど危険な地獄なんでしょうか?

DSCF2127
すこし山を登れば五智如来が見守っています。ここは展望台になっています。

PANO_20190501_124519
展望台から撮ってみました。

IMG_20190501_125832
見通しがいい場所がありました。恐山はかなり広い境内です。

恐山は霊が集まる場所ですので、積んである石を崩したり、石ころ1つでも持ち帰ると不吉なことが起こると言われていますので、石を持ち帰ったりイタズラして賽の河原の石を崩したりしないでください。ここで恐山の散策を終え、以前、岩手県の神秘的な鍾乳洞「龍泉洞」を訪れた際に知った安家洞を訪問することになります。
安家洞は確認されているだけでも日本一長い鍾乳洞になり、龍泉洞を訪問した際には調査不足で訪問していませんでしたので今回訪問しました。

施設情報
拝観時間・・・・・6:00~18:00(5月1日~10月31日)
拝観料・・・・・・500円
温泉施設・・・・・無料(境内のため拝観料500円)

2019年4月21日に三重県津市にある久居駐屯地に開設67周年記念行事があったにで行ってきました。近鉄の久居駅目の前にある駐屯地ですので、公共交通機関を利用して来場するように促していましたが、開放時間ちょうどに訪れたため、駐屯地敷地内の駐車場を確保することができました。

この駐屯地は住宅街の真ん中にあり、駐屯地とグランドを分断するように一般道が通っています。しかしこの状態の中で訓練展示を行いました。

簡単な手荷物検査の後、駐屯地内を散策しました。

DSCF2031
正門のあたりに61式戦車が展示してあります。

DSCF2071
その横に74式戦車が展示してありました。最初は立入禁止のテープで入れないようになっていましたが、訓練展示終了後に、74式戦車の操縦席に座れるイベントがありました。
他の駐屯地ではそのようなイベントがありませんでしたので、ハイテンションで参加してしまいました。まさか現役の戦車の操縦席に座れるなんて思ってもいませんでした。

DSCF20711
赤丸で囲ったところが操縦席になります。砲塔の正面で主砲の左側に操縦席があります。横にある仮設の階段から上がり操縦席に入ります。座った感想ですが、思ったより狭く、手元が見えないためレバー操作はどうするのかな?と、ふと疑問に思いました。現役戦車ですので、もちろん内部の撮影はNGです。

DSCF2032
自衛隊は武力だけではなく、災害派遣・海外派遣もありますので人名救助システムの展示もしてあります。

DSCF2035
重機関銃・狙撃銃・対戦車砲?の展示もありました。もちろん盗まれないように自衛隊の方が目を光らせています。

DSCF2036
災害派遣の時の炊き出しに使う装備の展示もありました。

DSCF2037
小型ボートと搬送用の車の展示もありました。こちらも災害派遣と有事の際に使用することになります。

DSCF2038
移動用の車や装甲車の展示もありました。

DSCF2039
DSCF2040
81式短距離地対空誘導弾(短SAM)もありました。展示用?のミサイルもありました。護身用に1式欲しいですね。

DSCF2041
ヘリコプターの展示もありました。訓練展示が終わった後のグランドでも現役の武装ヘリや三重県警ヘリ・三重県所有のヘリなどの展示もありました。

DSCF2042
専用車に惹かれているのは
DSCF2043
155mmりゅう弾砲FH70?と思います。太くて長い砲身がロマンを感じます。

DSCF2066
弾道ミサイル防衛システムの説明と装備の展示もありました。マッハで飛んでくる弾道ミサイルを撃ち落とすのですね。近づけないようにバリケードがしてあります。

DSCF2070
16式機動戦闘車の展示もありましたが、こちらはバリケードがありませんでした。他の駐屯地ではバリケードがあって近づけないようになっていました。

DSCF2045
資料館もあり、太平洋戦争の歴史についての説明がありました。とりわけインパール作戦や盧溝橋事件・バターン行進で有名なフィリピンでの戦いの説明が詳しく説明してありました。板垣征四郎や辻正信など、聞いたことのある名前がありました。

DSCF2044
当時の砲弾なのでしょうか?

DSCF2046
まだ訓練展示前でしたので、16式機動戦闘車と74式戦車がスタンバイしています。

DSCF2047
記念式典がグランドで始まりそうなので、いったん散策を終えてグランドに向かいました。自衛官が入場してきます。

DSCF2048
政治家の無駄に長い挨拶は聞き流して観閲行進が始まりました。こちらの動画は後日公開します。

DSCF2050
歩兵部隊も行進してきました。銃を片手にカッコいいですね。

DSCF2052
迷彩服ではない隊員ですが、入隊したばかりの新米自衛官になります。

DSCF2054
これは先ほど待機していた155mmりゅう弾砲FH70の入場です。

DSCF2055
これは87式偵察警戒車っぽいです。

DSCF2056
これは16式機動戦闘車です。

DSCF2057
メインの74式戦車が入場してきます。やはり戦車が一番人気でした。

その他にもヘリコプターの観閲行進もありました。

観閲行進後に訓練展示があり、今回は前半と後半の2部に分かれていました。前半は市街戦(テロリスト制圧?)で、後半は戦車を用いた敵陣地攻略です。

DSCF2062
トラックのコンテナはビルの一室を想定したものと思います。そこにテロリストがいます。外でも物陰にテロリストがいます。そこを武術を使って外の敵を倒し、ビルの一室に突入してテロリストを拘束・制圧する想定です。女性自衛官も参加していました。

DSCF2063
後半はヘリコプターからの降下や戦車・りゅう弾砲を使った敵陣地攻略。空砲ですが戦車やりゅう弾砲からの砲撃音には迫力を感じます。

訓練展示の動画は後程公開します。

DSCF2075
74式戦車に体験乗車するイベントもありましたが、先着制で整理券をもらうことはできませんでした。しかし駒門駐屯地で乗ったばかりでしたのでまあいいやとも思いました。逆に74式戦車の操縦席に乗れたことの方が興奮しました。

DSCF2077
ヘリコプターの展示もありました。一番人気だったのは対戦車ヘリコプター(コブラ)です。

DSCF2078
あのハチの巣のようなところから弾丸が飛んでくるのでしょうか?

DSCF2079
意外と薄っぺらいです。対空ミサイルなどに当たりにくくしてあるのでしょうか?この対戦車ヘリはバリケードで近づけないようになっていました。

DSCF2081
多目的ヘリコプター(ハンター)です。こちらは乗ることもできました。

DSCF2084
操縦席です。計測器がたくさんあって操縦が難しそうです。でも多目的ヘリは軍事機密ではないのでしょうか?

DSCF2086
三重県のヘリコプター(みえ)です。三重県に1台しかないそうです。なのでこの場で出動要請があればすぐに飛び立つと言っていました。

DSCF2088
三重県警のヘリコプターです。たとえ逃走しても上空から監視されたら逃げ切れないですね。

DSCF2089
カメラ装備です。上空からしっかり盗撮されます。

これで一通り記念行事のイベントを見学しましたので帰宅することになります。

2019年4月7日に、静岡県の御殿場にある「滝ヶ原駐屯地 創立45周年記念行事」に行ってきました。
今回のメインは、訓練展示といって、実際の戦車や榴弾砲やヘリコプターを使った訓練を一般公開するものです。砲弾は空砲か練習弾ですが迫力はあります。

戦車等の装備品の展示もあり、家族連れやカップルで賑わっていました。2018年にも訪問しましたので、2回目の訪問になります。

戦車に乗れるイベントがありましたが、開門と同時に列に並んだにもかかわらず人数制限のため乗れませんでした。

DSCF1977
開会式です。政治家のあいさつは聞き流して、自衛隊の皆さんがきれいに整列しています。

DSCF1996
DSCF1997
90式戦車の観閲行進です。戦車以外にもいろいろな車両がありました。

DSCF1999
ヘリコプターの観閲行進もありました。

観閲行進以外にも、2018年にはあった74式戦車の現役車両は見当たりませんでした。やはり引退が進んでいるので、滝ケ原駐屯地でも引退してしまったのでしょうか。

DSCF2004
隊員の皆さんが訓練展示の準備をしています。2018年の時には場所取りに失敗してうまく見れませんでしたが、今回は一般見学者の前列に陣取ったため見ることができました。
設定として、敵の防衛線を突破し敵陣地を占領することを目的とします。

無題
ほんの一部ですが、戦車部隊が砲撃します。
無題1
戦車部隊の援護を受け、歩兵部隊が突撃します。

動画もありますので、後日投稿します。

DSCF2005
訓練展示が終わり戻る90式戦車と隊員の皆さん。

DSCF2008
もう一つ、災害派遣の訓練展示もありました。今回は、89式装甲戦闘車も登場します。設定として火山噴火で噴石が飛ぶ中、ヘリと89式装甲戦闘車で、がれきに埋もれた自動車の中に閉じ込められた人を救出します。

DSCF2010
89式装甲戦闘車で車両をがれきから引き出しまし、カッターで車の扉を切断しています。去年は完全に切断しきれずやり直すハプニングがありましたが、今年は無事切断できました。中には救助者に見立てた隊員が入っています。

場所の関係でヘリは使えないので、ヘリに見立てた建物から救助隊が落下します。
89式装甲戦闘車は噴石から守ったり、通常の車両ではいけない場所に向かうために使用します。

あとは車両展示もあります。どこの基地にも展示してありますが、何度見ても興奮します。
DSCF2016
92式地雷原処理車

DSCF2017
施設作業車

DSCF2018
10式戦車。ぶっとい主砲がこっち見てます。最近やってませんがWOT(ワールドオブタンクス)のオンライン戦車ゲームを思い出します。このゲームで戦車が好きになりました。

DSCF2019
16式機動戦闘車です。見た目は戦車ですが、無限軌道(履帯・キャタピラ)ではなく装輪(タイヤ)になっています。

DSCF2021
10式戦車(奥側)と16式機動戦闘車(手前側)です。履帯とタイヤの違いが分かります。

DSCF2020
軽装甲機動車(左側)と中距離多目的誘導弾(右側)

DSCF2022
DSCF2023
解説の看板がありませんでしたので、車種は分かりませんが展示してありました。現役引退したのでしょうか?

DSCF2024
61式戦車になります。こちらは完全に引退しました。

DSCF2025
こちらは大好きな74式戦車。引退が進み、この滝ケ原駐屯地でも引退した模様。

DSCF1968
ヘリコプターもありました。

DSCF1969
96式装輪装甲車(左側)、高機動車(左側)。高機動車は自衛隊基地周辺でよく見かける気がします。

DSCF1970
120ミリ迫撃砲(左側)、偵察用オートバイ(右側)。偵察用オートバイは乗ることができ、子供や女性など普段乗っていない人も乗っていました。

DSCF1971
110ミリ個人携帯対戦車弾。模擬弾頭も付いてます。

DSCF1972
01式軽対戦車誘導弾。どう見てもちょっと大きい鉄アレイに見えます。

DSCF1973
81ミリ迫撃砲です。見た感じ大変簡素な作りに見えます。

DSCF1974
小銃もありました。盗まれないように隊員の皆さんが目を光らせています。

DSCF1975
対人狙撃銃もありました。茂みから敵兵を狙撃します。

DSCF1976
84ミリ無反動砲。重量が16キロと軽いのですね。

DSCF2011
在日米軍の車両も参加しています。米軍の皆さんも気さくに話していました。
車両はとにかく大きくて、アメリカンサイズになっています。

米軍車両には中に乗れるものもあり、老若男女問わず皆さん乗っていました。

DSCF2029
展示館には64式対戦車誘導弾がありました。詳細な構造を公開して大丈夫なのでしょうか?

ここで一通り見学を終えましたので、仕事の都合上、正午過ぎに帰宅することにしました。

↑このページのトップヘ