ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

今回は、静岡県浜松市にある舘山寺温泉「華咲の湯」になります。行き方ですが、車になりますと浜松西インターから15分ほどの場所にあります。浜名湖パルパル・舘山寺ロープウェイに隣接しています。公共交通機関になりますと、JR浜松駅北口バスターミナル1番乗場から「舘山寺温泉」行に乗車して終点になります。
華咲の湯・公共交通機関(バス)・浜名湖パルパル・舘山寺ロープウェイなどは、遠州鉄道グループが経営しており、遠州鉄道グループ内でお金を落とさせる仕組みになっていますねwww

で、利用料金はですが、月曜日~金曜日(大人1,360円、子供800円)、土曜・日曜・祝日やゴールデンウィーク・年末年始などの長期休暇期間中(大人1,620円、子供920円)になり、今までまわった温泉の中では高い方の部類になります。
しかし今回は、事前に金券ショップでチケットを買っていったため、若干安く抑えることができました。

フロントでチケットを渡して入館すると、ハンドタオル・バスタオル・館内着を渡されます。
step-02

ここでは、着替え室で館内着に着替えてから温泉に向かうことになります。なので、旅館みたいに非日常的なことを体感することができます。

温泉ですが、桧香の湯(ひのかのゆ)と、石景の湯(しゃっけいのゆ)と、ダイダラボッチの湯の3種類があります。ここで
桧香の湯と石景の湯は偶数月・奇数月で男女が入れ替わります。訪れた時は、桧香の湯が男湯でしたのでそちらを利用しました。なお、この日は夜勤勤務があったため、ダイダラボッチの湯は利用しませんでした。

泉質ですが、
ナトリウム・カルシウム塩化物温泉になり、内湯は源泉をろ過した無色透明で、露天風呂は、同じく源泉をろ過した無色透明と、源泉をそのまま利用した茶褐色の2種類があります。無色透明の方は「白金の湯」、茶褐色の方は「黄金の湯」という名前になっています。
02

こちらは桧香の湯の内湯になります。多少ヌルメですが、温度管理を徹底しており、現在の湯温の管理状況をデジタル表示しています。写真では浴槽が分かれているように見えますが、全て繋がっています。こちらは無色透明になります。

03
こちらは露天風呂の白金の湯になります。源泉なのか循環なのかは分かりませんが、定期的に温泉が追加されていました。こちらは黄金の湯よりはあっさりしている気がします。

01
こちらは黄金の湯になり、源泉をろ過しないでそのまま利用しています。個人的には黄金お湯の方が見た目と入浴感から温泉らしくてこちらの方が合ってました。利用者も、白金の湯より黄金の湯の方が多かったです。

01

あと、露天風呂にはサウナ施設があり、今回は珍しく利用しました。このサウナはそれほど暑くなく、サウナの中にはテレビまでセットしてありました。しかしチャンネルは選ぶことができず、この時はNHKニュースが流れていました。

今回は利用しませんでしたが、ダイダラボッチの湯は
桧香の湯、石景の湯より離れていますので、館内着に着替えて向かう必要があります。


この施設は、温泉だけではなく、食事処や休憩施設が充実しているので、1日中楽しむことができます。

だいぶ前ですが、扇沢ルートで黒部ダムに行ってきました。扇沢は立山黒部アルペンルートの玄関口(長野県側の)となる場所です。
ちょうど観光シーズンでしたので、扇沢駅の駐車場が混んでいたため、少し下にある臨時の無料駐車場に車を止めてから関電トンネルトロリーバスの駅に向かいました。(扇沢駅前に有料・無料の駐車場があります。)

関電トンネルトロリーバス鉄道扱いとなっていて、は2018年(平成30年)11月末で廃止になります。2019年(平成31年)の営業から電気バスに移行します。
DSCF0668
ちょっと前ですが、トロリーバスになります。見た目はバスですが、架線から電気を取って動力源としています。なお、扇沢駅から黒部ダム駅まで、往復で2570円になります。これを高いか安いかは人それぞれだと思います。

時刻表では、30分に1本の間隔で運転しており、16分間で黒部ダム駅に到着します。トンネルは車両1両が通れるスペースしかありませんので、中間で上りと下りですれ違いができるようになっています。

そしてあの有名な破砕帯を突破します。
1あ
破砕帯部分は青いライトと表示されており、工事の大変さが分かります。そしていよいよ黒部ダム駅に到着です。夏でもトンネルの中は涼しいです。

DSCF0672
DSCF0669

よーく見る黒部ダムですね。つい先日、NHKの「ブラタモリ」でタモリさんと近江友里恵アナウンサーが訪れていましたね。(じっ実は近江友里恵アナウンサーの大ファンなんです!)
4545

DSCF0686
黒部ダムの上です。カップルや家族連ればかりで、私みたいにソロ活動している人はいませんでした。
DSCF0685
ダム湖になります。ほぼ満水状態ですね。冬の豪雪が雪解け水となり、黒部ダムを支えています。
DSCF0682
険しい山々が連なっていますね。夏ですので残雪はありませんが、冬は人を寄せ付けない豪雪地帯になります。この険しい山々で難関工事じなったのですね。


DSCF0675

観光放水をしています。ブラタモリでやっていましたが、わざと霧状に放水しているそうです。というのも、そのまま放水してしまうと、ダムの下が水の落下エネルギーで削れてしまうため、環境保護のために霧状にしていると解説していました。
DSCF0683
ダムの上から見ると虹が見えますね。

DSCF0676
またちょっと違うアングルからです。ダムの横からも放水を拝むことができます。

77
一部ですが、黒部ダム建設の歴史などを展示した資料館もあります。こちらは無料で入ることができます。

黒部ダムを渡ると、黒部湖駅から黒部平まで黒部ケーブルカーが通っており、立山ロープウェイ・立山トンネルトロリーバス・立山高原バス・立山ケーブルカー・富山地方鉄道を使って富山側に抜けることができます。しかしこの時は日帰りの長野県ルートでしたので、黒部ケーブルカー以降は利用しませんでした。

222

先日のブラタモリではそのまま富山に抜けていましたね。(それにしても
近江友里恵アナウンサーはカワ(・∀・)イイ!!

もし次に行く機会があれば、富山側から行ってみたいと思います。

つい先日、山梨県甲府市にある武田神社に行ってきました。JR甲府駅からすぐの所にあります。割かし都市部にある神社になります。パワースポットとしても有名ですよね?

IMG_20171126_100702

この神社は、あの武田信玄公を祭ってある神社になります。武田信玄の本拠地「躑躅ヶ崎館」の跡地に建っています。躑躅ヶ崎館は1600年ごろに破壊されたそうです。

IMG_20171126_094627
余談ですが、躑躅ヶ崎館には川の水を利用した水洗トイレが当時からあったそうです。

武田信玄は、「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」との言葉通り、家臣たちを信頼していたため、生涯お城を作らなかったとか聞いたことがあります。

武田神社は、戦いに長けていた武田信玄にあやかり、「勝負運」にご利益があるそうです。「人生に勝つ・恋愛に勝つ・投資に勝つ・仕事に勝つ」など勝負運なら何でもOKです。
IMG_20171126_094834
上の写真は「手水舎」水で手とか口を清めるところです。

IMG_20171126_094848
よーーく見ると、武田家の家紋「武田菱」になっています。水盤が4つありましたので、並べてみました。

IMG_20171126_095013
ここは本殿でしょうか。この日にほったらかし温泉に行ったときに1円玉を拾ったので、その1円玉をお賽銭としました。二礼二拍手一礼をして、私目は「恋愛に勝つ」ように彼女ゲットできるようなお願い事をしました。(今まで連戦連敗ですので・・・・・)

それから恋愛のお守りを買い、「男みくじ」なるおみくじをしてみました。

IMG_20171203_155953

1回200円なので、ちょっと豪華なおみくじです。そして肝心の結果ですが・・・・・

IMG_20171203_155449

なんと小吉・・・・・なんとも微妙な感じです。
と神頼みで女の子ゲットしようとする気持ちがダメなんでしょうか???
あと、お守りを売っているところの巫女さんで1人可愛い子がいました♡巫女さんは独身女性しかなれないと聞いたことがあり、さっそくお守りの効果か?とも期待しましたが、目の保養として楽しみました。
IMG_20171126_095929
さて、あとは
水琴窟というものもありました。地中に埋められている瓶に水がしたたり落ちると、反響音が金属音みたいに聞こえる昔のお遊びです。前に常滑に行ったときに、水琴窟があって、お遊びで水をダバダバ流し込んだら聞こえなくなってしまいました・・・

IMG_20171126_100102
これは「姫の井戸」というもので、
武田信玄のご息女が生まれた時の産湯として使われたことから名付けられたそうです。無料でお持ち帰りできます。ご利益として「延命長寿・万病退散」の効果があるそうです。
IMG_20171126_100352
これは能の舞台です。伝統芸や祭典で使われるのでしょうか?

IMG_20171126_100717
これは神社周りの堀になります。写真ではよく見えませんが、鯉や鳥が羽を休めていました。個人的には鯉より恋が欲しいですが・・・・・
あとは宝物殿もあるそうですが、有料ですので、今回は立ち寄りませんでした。甲州金などが展示してあるそうです。


今回は、長野県木曽郡木曽町にある「御嶽明神温泉 ゆやまゆり荘」になります。行き方ですが、行きは国道153号線から伊那市で国道361号線に入り、ひたすら進んで、長野県道20号線に入ります。それから山道をクネクネ登っていきます。カーナビがあれば迷うことはありません。帰りは別ルートをとり、長野県道20号線から国道19号線に合流して帰宅しました。

訪問したのが11月中旬で、ちょうど山道(町道?)が工事中で迂回させられましたが、大きな問題にはなりませんでした。

今回は、突然のお思い付きで急きょ訪れたため、現地に着くのが日が落ちてからになってしまったため、夜の露天風呂になりました。アクセスと時間帯から、貸し切り状態かなと期待しましたが、期待は裏切られ、多数のグループ客が利用していました。

券売機で入場券を買うのですが、大人450円、子供200円と大変良心的な温泉になります。脱衣所に100円硬貨のリターン式ロッカーがあるのですが、ちょうど100円硬貨がなかったため、100円硬貨が落ちていないかアサっていたら、誰かの取り忘れていた100円硬貨を発見したため、上手に利用させていただきました。(まあ両替すればいいんですけどね)

泉質は
ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉で茶褐色、金属臭がするかなり良質な温泉です。この温泉は飲泉ができるらしいですが、飲むのを忘れてしまいました。

IMG_20171111_173906
(夜でしたので写真写りが悪いです)

さっさと体と頭を洗って、突然初雪がパラパラ舞ってくるほどの寒さに震えて
露天風呂に行きましたが露天風呂はちょっとヌルメでした。露天風呂は岩風呂といったところでしょう。10人弱ぐらいが入れるほどで、あまり大きくありません。

IMG_20171111_173752

他の方も言っていましたが、一度入ったらなかなか出られないほどヌルメでした。出ようと思って立ち上がったら、雪の舞う寒さに震えてもう一度湯につかるの繰り返しです。なので露天風呂ではかなり長風呂ができますし、のぼせることがありません。

上の写真の右上、その場所はちょうどお湯が出ている場所で、他よりも温かい当たりの場所をGETしました。他にもお湯が出ている場所がありますが、右上の場所でひたすら陣取って温泉につかってました。

IMG_20171111_173817
この手すりの場所もお湯が出ていて温かいらしく、他の方もずっと陣取ってました。

この日は風も強かったため、気温以上に体感温度が低かったです。恐らく0度前後。今回は、露天風呂がヌルメということもあり、いつもより長く1時間半ぐらい露天風呂に入って、さすがに出たら寒かったため、内風呂でもう一度体を温め直しました。内風呂はタイルになっており露天風呂よりは温度が高く、ちょうどいい温度になっています。

今回は湯温の関係で、露天風呂より内風呂の方が混雑していました。

情報によりますと、12月から4月まで、湯温低下のため露天風呂は利用できないとのことです。

茶褐色の濁りと金属臭など、「これぞ温泉!」という感じの良質な泉質ですので、みなさんもいかがでしょうか?

犬と猫、人間に一番身近な動物ですよね?どちらかを飼っている人は多いんではないでしょうか?または両方勝っているという方もいるでしょう。両方飼っている方は分かると思いますが、犬と猫、仲が悪いことはあまり聞かないと思います。

それは面白いことに、はるか昔の先祖は、犬と猫は同じ先祖だったからなのです。

https://static.pepy.jp/wp-content/uploads/2015/03/06105233/shutterstock_205941694-e1484025646982.jpg

下の絵は、犬と猫の先祖の「ミアキス」という動物です。約6500年前~4000万年前にいました。体長は20~30センチメートル、肉食で北米からヨーロッパにかけて生息していたそうです。
Miacis

この頃は森林が豊かでしたので問題ありませんでしたが、3000万年ぐらい前になると、地球規模の寒冷化で森林が減少し、草原に変わってきました。そこでミアキスでも、森に残るグループと、草原に進出するグループに分かれます。
森林が減ったためミアキス同士でも生存競争が行われ、元々森に棲んでいたので強い者が森に残り、森林から追い出された者が草原に進出しました。

森に残るグループ・・・・・・猫の祖先
草原に進出するグループ・・・犬の祖先

そこで草原に進出したミアキスは狩りがしやすいように筋肉がついたり、持久力がついたりして集団で狩りをするようになります。狩りをするには指揮するリーダーが必要ですので、主従関係が生まれました。

それで草原に適応したのが犬の祖先になります。しかし落ちこぼれもいて、草原に適応できなかった者は再び森に戻り、クマやイタチに進化したそうです。
進化とは面白いことに、草原に適応できなくて、森林に戻ったのに猫にはなれなかったのですね!!

そこで月日が経ち、犬と人間が初めてであったのが、約3万年前のアラビアで、外敵からの防衛と狩りの仲間のためにオオカミを飼い始めました。
ここでは色んな説があり、ある少女がオオカミの赤ちゃんを拾ってきたのが始まりとの説もあります。

オオカミと人間は利害が一致したため、人間もオオカミも共存の道を選びました。まず人間から見ると、当時は人間を襲う外敵がたくさんいたため、オオカミの鼻(臭い)がレーダーとなり、外敵が近くにいるとオオカミが吠えるのですぐに分かります。あとは共同で狩りをすることです。
オオカミから見ると、人間と一緒にいれば、食べ残しがもらえるので、食いっパグれがないです。
その点で、オオカミと人間との利害が一致しました。


一方猫を飼い始めたのは4000年前~8000年前のエジプトで、リビアヤマネコが全ての始まりだと言われています。
この頃、人間は麦を栽培して倉庫に蓄えていたのですが、ネズミが倉庫の麦を食い荒らすので、対ネズミ用としてリビアヤマネコが買われたそうです。

この関係、ここかで見たことありませんか?そう「トムとジェリー」と同じですよね?

↑このページのトップヘ