ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

フォークリフトは皆さんご存知だろう。その技能講習について説明したいと思います。
フォークリフトは荷物をトラックなどに積み込むときに使うアレです。JISでは「動力を用いてフォークなどを昇降させるマストを備えた荷役運搬機械の呼称」と規定されているそうです。


議場講習をする場所ですが、技能講習は都道府県労働局長登録教習機関において行われます。時間ですが、学科と実技で原則35時間の講習を受けなければなりません。

  • 学科
    1. 走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間)
    2. 荷役に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間)
    3. 運転に必要な力学に関する知識(2時間)
    4. 関係法令(1時間)
  • 実技
    1. 走行の操作(20時間)
    2. 荷役の操作(4時間)

講習内容は上記になります。しかし大型特殊自動車免許を持ってる人は、学科1と実技1が免除になり、学科7時間、実技4時間の計11時間。車の運転免許を持っていれば、学科1が免除で学科7時間、実技24時間の計31時間など、条件によって違いが生じます。


私は車の免許だけですので31時間の講習を受けました。


学科ですが、講義をまともに聞いていれば、どこが学科試験に出るのか教えてくれますので落ちることはないと思います。(しかし居眠りしていると落ちます)


また法律で講習時間が決まっていますので、遅刻をすると問答無用で門前払いを受けますので注意してください。


学科の1、2、4は暗記になります。3は中学レベルの数学になりますので、そんなに難しくはないです。ベクトルや力の計算ができれば何も問題ないです。


学科の検定試験ですが、マークシート方式で、60%以上の点数で合格(ただし学科1~4の各項目で最低40%以上取らないと不合格になります。)


私のところですが、学科は1日でしたので、入校当日の講義が終わったらすぐに学科の検定試験でした。なので家に帰ってから覚えてこようなどできませんでした。


でも15、6人ぐらいいましたが全員合格。落ちる人はいませんでした。講師が言っていましたが、不合格になる人は3,4か月に1人居るか居ないかレベルだとのことです。それも点数は60%以上取っているのに、最低点に引っかかって落ちる場合がほとんどらしいです。


そして次は実技になります。

http://www.kakeji.com/crane/news/data/86/DSC_0108.JPG

練習はこんな感じで、カウンター式のリフトで練習します。(ちょっとだけリーチリフトを使います。)あと、最後の検定試験はカウンター式のリフトになります。


今回は、大型特殊を持っている人が数名いて、31時間コースのメンバーは10人でした。リフト2台を使い5人の2グループに分かれました。


学校によって若干違うとは思いますが、私の学校では、自動車の教習所みたいなコースがあり、外周とS字やクランクのコースがありました。


みなさん初めてリフトに乗るので、エンスト、ポールやタイヤに接触は当たり前ですので気にしません。(中には修了証がなく乗っていて、ベテランの方がいます。修了証が欲しいだけだそうです。)


2~3日まずは外周をひたすら走ってリフトの走行に慣れます。荷物を運ぶことはしないでひたすら走ります。リフトはケツが振れるので、自動車の感覚とはだいぶ違います。これは慣れるしかないです。


外周が終わったら、この写真のように、タイヤを並べて、タイヤを縫うように8の字に走ります。ハンドルを切るタイミングが全く掴めず、最初は苦労すると思います。この8の字を前進と後進を行います。たまたま私の時は人数が少なく、1グループ5人という少人数でしたので、かなり順番が回ってきて練習できました。

http://www.kakeji.com/crane/news/data/19/siennkunnrenn1.JPG

メイン写真

その後は、自動車のコースみたいに、外周とS字、クランクを混ぜたコースを走ります。2グループでしたので、内回りと外回りでした。ここら辺から、器用な人と不器用な人の差が出てきます。器用な人は難なく走りますが、不器用な人はポールやコーンを倒したりしますが、練習ですので気にしません。それを内回り外回りを何回か走ります。そのあと、後進で同じコースを走ります。


特にクランクはリフトを寄せる方向を間違えると曲がり切れなくなって接触してしまいます。前進と後進でどっちに寄せるかと、曲がるタイミングが違うので分からなくなってしまいます。とりあえず曲がる方向にリフトを寄せます。(リフトはケツが振れるので)


その後、ちょっとイジワルされて、S字とクランクの所のコーンの間隔を狭くされてしまい、そこをまた走ります。(今度は前進だけでした。)


それが終わったら、実技試験と同じようなコースを走ります。まだ荷物は運びませんので、ただ走るだけです。


http://www.sumitomonacco.co.jp/blog/wp-content/uploads/DSC03510.jpg

(実技試験コースはこのような感じ。台に乗っている荷物を制限時間内に移動するだけです。)


一通り走行の練習をしたら、いよいよ最終日は荷役の運搬になります。


http://www.kakeji.com/crane/voice/data/256.JPG

このようにパレットに乗っているコンクリートを運搬します。


今まで前進行進のレバー操作だけでしたのが、荷役を運ぶとなるとレバー操作が一気に増えますので、難易度が上がります。


練習ではカウンター式のリフトですので、レバーは、ツメの上下、チルトの上下のレバー操作が増えます。

荷のど真ん中にリフトを持ってきて、チルトを下げてツメを上げ、パレットにツメの高さを合わせます。ツメを奥まで突っ込んだらチルトを上げて、さらにツメを上げ地切りします。


そのままバックして、荷を走行状態の高さに持っていきクランクを移動して台に置きます。特に荷を積んだ状態で一気にツメを下すとリフトがガクンとしますのビビります。ゆっくり下ろしましょう。


ここでテンパるとどのレバーを操作しているかわからなくなり、前進のレバーのつもりが、爪を下げるレバーを操作してしまったりとしますので、慌てないようにレバーに書いてあるイラストを見ながらゆっくり操作しましょう。


一通り荷の運搬に慣れると、二段取りの練習をします。基本、パレットはツメの奥まで差し込むのですが、パレットが台の奥にあって奥まで差し込めないときは、一度パレットを手前に引き寄せた状態に持っていき、そこから改めてツメを置くまで差し込み運搬する方法です。実技試験ではこれを使います。


練習の時ですが、余計な操作が増えますので、2段取りを忘れて1回で取ってしまいました。あと、操作を間違わないように、声に出しながら操作している人もいました。(上げる、下げる、前進などぶつぶつ言いながら)


この練習を半日行い、あとは実技試験です。


自分のところは、制限時間内に、荷を台の赤枠の上に乗せることです。時間は忘れましたが、6分以内だったと思います。


実技試験は減点方式で、70点以上で合格だったと思います。時間オーバーしても大した減点にはならないので、時間は気にしないほうがいいです。


荷を台の赤枠に置きますが、こちらも多少ずれてても減点は小さいので気にしないほうがいいです。減点で一番大きいのは安全確認になります。スタート時の安全確認や、後進時の左右後方確認忘れの減点は大きいです。


あと、レバーの操作ミスや、ポールの接触の減点も大きいですので、慎重に操作してください。


私は大きな減点はありませんでしたので、無事合格することができました。しかし本番に弱い人は必ずいるもので、2名ほどテンパってしまい、接触や操作ミス、台への突っ込み等で不合格になり、追加試験を行っていました。


よくフォークリフトは誰でも取れて簡単だとのことですが、舐めて掛かると落ちますので気を抜かないようにしてください。やはり何回かに一回は落ちる人はいるそうです。


特に大型特殊免許を持っている人は実技の講習時間が短いので、落ちる人が多いそうです。

だいぶ前ですが、1週間の弾丸で車で北海道一周をしました。青森港から函館港までフェリーで行き、時計回りに一周になります。
https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/0f/53/3f/6c/caption.jpg
関東から青森まで一般道で行きました。そして青森港に深夜に到着。フェリーの予約をしていなかったためすぐには乗船はできませんでした。しかし運よく午前2時台のフェリーのチケットは買えたため車とともに乗船。しかしトラックがメインの安いほうのフェリーにしたため、トラックの間に申し訳なさそうに停車しました。

津軽海峡フェリーではなく、青函フェリーのほうが価格的には安いです。

http://www7.plala.or.jp/kimionet/images/img3896.jpg
フェリー内です。前の車ギリギリまで詰めます。もちろん誘導してくれます。

無事函館についたら時計回りに稚内に向かいました。

http://www.geocities.jp/matsutake_spartathlon/bicycle/2005summer/jpg/05_6_05.jpg
国道232号線の海岸沿いをひたすら北上です。海岸沿いをドライブできるのは気持ちいいですね。

DSCF0547
一度行ってみたかった稚内駅です。日本最北端の駅になります。車止めが記念として残っていますね。

DSCF0548
ちゃんと記念碑もあります。昔はもっと先まで続いていたそうですが、道の駅の誕生とともに整備され、留置線などが撤去されたそうです。今はこの記念碑だけになります。

DSCF0555

で、日本最北端の宗谷岬、日本の一番北になります。ここに道の駅がありますので、車中泊しました。平日の夜ってことで、あまり車中泊をしている人はいませんでしたが何人かはいました。(お仕事は大丈夫なのだろうか・・・自分のことを棚に上げ心配です)
DSCF0567
丘の上には灯台っぽいのがりますね。それとお店があり、ラーメンをいただきました。

DSCF0565

観光地ですので観光客がいます。しかし観光シーズンではありませんのでそこまで混んではいませんでした。
DSCF0552
よーーく見ると樺太が見えますね。戦前までは日本の統治下でしたね。しかし今はロシアが実効支配しています。日本からロシアが肉眼で見えるのですね。

知床半島の羅臼にある温泉「羅臼温泉 熊の湯」に入り、

羅臼温泉 熊の湯
そこから車でひたすら走り、納沙布岬に行きました。ここは日本最東端(一般人が行ける範囲で)になります。
DSCF0578
一応灯台らしきものがありますが、平日ですので観光客は誰もいませんでした。この場所はオホーツク海の断崖絶壁の上にあります。
DSCF0579
DSCF0581
よーく見ると、歯舞諸島の一部?らしきものが見えますね。ここは日本領ですが、ロシアに不法占拠されています。

DSCF0592

ちなみに、知床半島と納沙布岬の間にある野付半島からは国後島が見えます。ここも日本領ですが、ロシアに不法占拠されています。それにしても大きな島ですね。

十勝岳温泉 湯元 凌雲閣に入って汗を流して、摩周湖に行きました。

DSCF0569
こちらも平日の朝だけあって、観光客は誰もいません。

DSCF0577
DSCF0568
霧ではなく雨雲が立ち込めていますね。これもまた風情があっていいです。環境保全のため、カルデラ内は一般人は立ち入り禁止です。河川もないのにこのような湖ができるとは不思議です。

このまま函館港に戻り、青函フェリーで青森に到着し、一般道で関東に戻りました。

今回は、長野県飯田市の水晶山にある「水晶山温泉 満願成就の湯」になります。
ここへのアクセスは比較的よく、国道151号線・153号線のどちらでも行くことができます。ちょうど中間にある感じですね。高速道路になりますと、中央自動車道の飯田山本インターチェンジで降りて国道153号線と合流してからになります。
途中で県道に入りますが、それほど道は悪くありませんので、運転が苦手な方でも苦労することはないと思われます。

この温泉の泉質は「アルカリ性単純泉」になります。泉質としては特に目立った特徴はありません。入湯料は大人は800円、子供は500円になります。ここには洞窟風呂とサウナ風呂があり、奇数・偶数日で男女入れ替えになります。個人的に洞窟風呂に入りたかったので、日程を調整して行きました。
洞窟風呂
これは洞窟温泉になります。人工的に作った洞窟ですが、薄暗くて雰囲気はとても良いです。ところどころに水晶が埋め込まれておりとても幻想的です。洞窟ってことで音もよく反響します。洞窟の温泉はちょっとヌルメの温度でしたのでちょうど良かったです。

ちょうどこの日はお客さんが少なくてのびのびと利用することができました。

水晶山温泉内風呂
これは内風呂になります。水晶山温泉らしく、でっかい岩に水晶が並んでいました。(盗難されないのでしょうか??個人的に心配になります。)

内湯に大きな水晶キラリ
これが水晶です。時価いくらぐらいでしょうか?非常に気になるところですね。あとこの水晶は水晶山で取れたものなのでしょうか?紫色をしていてとてもきれいです。


露天風呂
こちらは露天風呂になります。露天風呂は他の温泉に比べてちょっと深さがあるような気がしました。外には池がありますが緑色に濁っています。うる覚えですが、魚が居たような気がしました。

この温泉ですが、間伐材を使った加熱装置(ボイラーor発電)を使用していると書いてありました。この地域で発生した間伐材等を使用している模様です。長野県は海がなく周りは山ばかりですので、森林整備と国産材の利用を促進するために、間伐材を使った加熱装置を使うところは評価できます。

このような間伐材を使った加熱装置(ボイラーor発電)を使用しているところは、「水晶山温泉 満願成就の湯」「遠山郷温泉  かぐらの湯」「赤石温泉 白樺荘」になります。このような加熱装置がもっと普及するといいですよね!!

下記のサイトは参考サイトになります。

間伐材について
http://ponsuke.site/archives/4334319.html

バイオマス発電について
http://ponsuke.site/archives/17035477.html
 

今回は、岩手県八幡平市にある「藤七温泉 彩雲荘」になります。この温泉は十和田八幡平国立公園の中にあって、環境庁が指定する国民保養温泉地になっています。

今回ここを訪れたのは、岩手県岩泉市にある「龍泉洞」に行ったついでに、一度は行ってみたい大絶景温泉に立ち寄りました。何年も前から行きたいと思っていましたが、なかなか時間が取れず、遠方ということもあって何度も延期になりました。しかし今回はゴールデンウィークを長めに取りましたので、遠くまで足を運ぶことができました。

この「藤七温泉 彩雲荘」は海抜1400mにあり、東北一の高い所にある秘湯になります。ここに行くには「アスピーテライン」「樹海ライン」を通りますが、これもまた絶景になります。温泉に行く前に高い山から辺りを一望できるなんて素晴らしいです。東北一の高い所にある温泉に行くんだなぁ~~って実感することができるでしょう。この時はまだ5月、雪が残っていました。

DSCF0857
車の高さから、雪の高さが分かるでしょう。(5月のゴールデンウィークに撮影)
黒部の雪の大谷を思い出させられますね。
DSCF0861
5月にも関わらず残雪が残っていますね。でも道路は全区間除雪されており、普段雪道を通らないドライバーも安心して通れます。
DSCF0859

辺り一面雪景色ですね。さすが標高1400mもある豪雪地帯です。

肝心の温泉ですが、入浴料は600円と大絶景の割にはお手軽になっており、親切さが現れます。泉質ですが単純硫黄泉となり、緑がかった白色をしています。

http://yutty.jp/wp-content/uploads/2015/11/huzinanaonsen-blg.jpg
内風呂と外には混浴露天風呂が5つもあります。内風呂にはシャンプーと石鹸類がありますが、露天風呂から見ると排水は垂れ流しになっていました。恐らく排水をまとめて浄化処理はしていないと思われます。多少なら自然の力で浄化されますが、これだけの人がシャンプーと石鹸類を使うと大丈夫かなとも思います。環境面から見れば少々残念になりますね。

えーーと、人気の温泉だけあって、浴槽の箇所によっては混雑しています。

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像
混浴の露天風呂の底には泥が溜まっていて、泥パックもでき女性は皆さん泥パックをしていました。露天風呂の中には、下から源泉らしきものが湧き出ており、非常に熱い箇所があり注意が必要です。一応板が張ってありますがかなり古くはっきり言って熱いです。

老中化が進んでいるのか、通路は所どころ傷んでおり、釘で素足を傷めないか不安な部分もありました。早急に通路の板の張替えをお願いしたいところですね。

あと、恐らく露天風呂は道路から丸見えになります。しかし皆さんあまり気にしていませんでした。女性はタオル巻きOKですので、比較的難易度は低いと思われます。なので家族連れやカップルと思われる方が多数いました。中には隠さずに堂々としている女性の方もいましたねwww

個人的な意見ですが、ここは万座温泉と並んでお気に入りの温泉の一つになりました。泉質と絶景と混浴がポイントになります。


参考サイト

万座温泉 万座プリンスホテル

岩泉駅について

今回は、奈良県十津川村にある『湯泉地温泉 滝の湯』です。十津川村は、奈良県でも和歌山よりに位置しており、交通の便はあまりよろしくない場所です。車で永遠と山道を走った覚えがあります。しかし個人的には、交通の便が悪い方が人もいないので好きですが・・・・・・。
 この温泉は、中部地方には珍しく、若干ですが硫黄の臭いがします。個人的には硫黄の臭いがする温泉が一番好きなのでありがたいですね。

 また、ここの温泉は交通の便が悪いのか、私が行ったときにはあまりお客さんがいませんでした。子供連れの家族と、学生っぽいグループがいただけでした。最後は露天風呂貸し切り状態になりましたよ。こじんまりとした温泉でひとりのんびり過ごすというのも、なかなか良いものですよ。まあ、この温泉の露天風呂はあまり大きくないため、人が少ない方が好都合です。
http://travel.biglobe.ne.jp/onsen/photos/29010049_1046_1.jpg
 私は主に露天風呂に入りますが、ここの露天風呂は景色がいいです。目の前に滝があり、滝の音を聞きながら温泉につかることができます。湯温もちょうどよく、いつまででも入っていられる感じでした。露天風呂に行くまで、外の長い階段を下りないといけませんので、冬場や雨の日にはつらいかもしれませんね。だが私はそれでも露天風呂に入ります。

十津川村には湯泉地温泉だけではなく、十津川温泉や上湯温泉もありますので、温泉帰りに温泉にでも行ってみてはどうでしょうか?

↑このページのトップヘ