ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

2019年3月31日に、三重県いなべ市にある貨物鉄道博物館に行ってきました。丹生川駅にある展示品を一通り見学しましたので、東藤原駅に展示してあるホキ5700形(ホキ25767号)を見学しました。

DSCF1927
車両には「小野田セメント」と書かれています。三岐鉄道の筆頭株主である太平洋セメント株式会社の前身の会社になります。

DSCF1928
現役の線路には現役のタンク車が止まっています。ちゃんと太平洋セメントとと書かれています。この東藤原駅は貨物列車の拠点になっており、機関車やタンク車、多数の側線があります。

DSCF1930
三岐鉄道ED45形電気機関車が2両連結された状態で作業していました。

DSCF1929
2両連結されたED45形電気機関車が並んでいます。全部で4両ですね。

この時には特に連結や入替えなどの作業はやっておらず、このまま西藤原駅に向かうことにしました。

DSCF1925
西藤原駅は三岐鉄道三岐線の終着駅になります。駅舎は蒸気機関車を連想する構造となっており、郵便局の建物も蒸気機関車になっています。
ホームは島型で2線ありますが、1つは蒸気機関車と電気機関車が展示されていますので、実質1面1線となっています。

DSCF1923
先頭が蒸気機関車で、後ろに電気機関車があります。

DSCF1914
現役のホームのすぐ横のレールに降りて見学できるとは夢のようです。

DSCF1922
駅前の広場にはミニレールが敷かれており、定期的にミニ列車が運行されていますが、この時は運行日ではないため閑散としています。運行日には子供連れの家族でにぎわっています。

DSCF1920
ミニ列車の車庫と転車台もあります。転車台もミニサイズでかわいらしいですね。

DSCF1919
展示してある線路は、奥側に延びている現役の線路と繋がっている様子。

DSCF1916
蒸気機関車と並んで現役の列車が止まっています。方向幕は近鉄富田と書かれていました。始発駅ですが乗客は少なく、この時はおじいちゃんと孫の2人だけで出発していました。

DSCF1917
ED222もありました。かつてはかなり荒廃が進んでいたそうですが、ボランティアの人々のおかげで今では塗装も新しくきれいな状態で保存されています。

DSCF1918
三岐通運DB25もあります。屋根もなくちょっと色あせているような感じです。

DSCF1924
広場には線路の幅の違いの説明がありました。一番狭いのは三岐鉄道北勢線で使われている狭軌で762ミリしかなく軽便鉄道になっています。今では数少なくなりました。
真ん中のは1067ミリで、三岐鉄道三岐線やJRなど幅広く使われている日本の標準軌になります。
一番広いのは1435ミリで近鉄線や新幹線などで使われている広軌(世界では標準軌)になっています。

日本では山が多くカーブやトンネルの関係で、世界基準から見ると狭軌(日本の標準軌)を使うことになったと聞いたことがあります。

これで貨物鉄道博物館やそれに付随する探索を終えましたので帰宅することになりました。



2019年3月31日に、三重県いなべ市にある貨物鉄道博物館に行ってきました。貨物鉄道博物館は、三岐鉄道三岐線の丹生川駅に併設されています。しかし三岐鉄道は基盤を提供しただけで、運営は地元のボランティアの人々と寄付金によって運営されています。

博物館自体は、毎月第一日曜日の10:00~16:00までで、今回は博物館の中身は見学できませんでしたが、展示してある車両は365日24時間いつでも見学可能です。

DSCF1883
丹生川駅です。1面2線を持つ駅になります。交換可能な駅になっており、この駅で上下線のすれ違いが行われていました。

DSCF1886
駅前に広い駐車場があり、駅のすぐ隣にDB101号とタンク車が4両連結された状態で保存されています。DB101号はかつて
東海道線用宗駅から分岐していた巴川製紙所の工場引き込み線で活躍し、貨車の入替え等で使用されました。

DSCF1911
国鉄タ2000形タンク車(アルコール専用)
国鉄タム500形タンク車(ガソリン専用)
国鉄タム5000形タンク車(塩酸専用)
国鉄タム8000形タンク車(過酸化水素専用)

の4両のタンク車があります。国鉄タム8000形タンク車は純アルミ製でこの1両だけ色が違いました。

DSCF1887
貨物を見学中に、ちょうど現役の貨物列車が通りかかりました。三岐鉄道三岐線は筆頭株主の太平洋セメントの貨物を運搬しています。

DSCF1888
「テワ1」と書かれた有蓋車があります。搬入時の様子の写真が他のサイトにありましたが、どうやら塗り替えた様です。

DSCF1889
旧日本陸軍が使っていた日本陸軍九一式軽貨車と
日本陸軍九七式軽貨車もあります。

DSCF1890
道路を挟んで貨物鉄道博物館の建物があります。しかし休館日でしたのでシャッターが下りています。

DSCF1891
東武鉄道39号蒸気機関車(旧国鉄5650形蒸気機関車)が建物脇に保存されています。

DSCF1892
後ろのは貨物列車が連結された状態で保存されています。

DSCF1893
瀬戸電気鉄道(名古屋鉄道瀬戸線)で使われた名古屋鉄道ト1形無蓋車(ト15)と、愛知電気鉄道で使われた名古屋鉄道ト200形無蓋車(ト246)

DSCF1894
蒲原鉄道ワ11形有蓋車(ワ11)と北越鉄道で使われた国鉄ワ1形有蓋車(ワ5490)と西濃鉄道で使われた国鉄ワフ21000形有蓋緩急車(ワフ21120)。前の2つは若干色あせています。

DSCF1896
ワフ21120の後ろ姿。国鉄テラ1形鉄製有蓋車(テラ146)と並んでいます。

DSCF1897
中も撮影できました。扇風機と暖炉?があります。

DSCF1895
テラ146は修理中でしょうか?骨組みが組まれています。引き込み線にしまわれていました。

DSCF1898
国鉄シキ160形大物車(ロシキ160)。変圧器運ぶ車両になります。やはり大きいです。

DSCF1899
貨物には「株式会社日本AEパワーシテムズ」と書かれています。

DSCF1900
福井鉄道ホサ1形ホッパ車(ホサ1)が最後尾にあります。

DSCF1901
後ろは分岐器があり、線路が続いています。

DSCF1903
分岐器を動かそうとしましたが、線路の可動部分に南京錠でロックがされており動かすことができませんでした。一度動かしてみたかったのですが残念です。

DSCF1904
後ろからの撮影。まだまだ貨物の収納ができそうですが、あまり詰めすぎると入れ替えができなくなります。

DSCF1906
貨物鉄道博物館に展示してある線路は、現役の路線とは完全に切り離されています。

DSCF1908
分岐器の上に展示車両があります。

DSCF1910
ちょうど普通列車が丹生川駅ですれ違いを行っています。


貨物列車も通りましたので動画にまとめました。

2019年2月23日に神奈川県にある箱根神社九頭龍神社(本宮・新宮)・箱根元宮に行ってきました。この三社を合わせて箱根三社といい、関東最強の縁結びのスポットになります。

前回、箱根神社九頭龍神社になりましたので、今回は箱根元宮になります。

芦ノ湖の隣にそびえ立つ駒ヶ岳山頂にあります。箱根園駅から駒ケ岳山頂ロープウェーがありますので、そちらを利用して行くことになります。
DSCF1802
箱根園駅のロープウェー乗り場です。ここに駐車場がありますが、1日1000円とぼったくりですので、箱根神社近くの無料駐車場から徒歩30分ぐらい掛けて来ました。裕福層の車が何台も止まっています。こんな所で駐車場経営ができたらいいですね。

DSCF1803
14時00分発のゴンドラに乗りましたが、大混雑でした。みなさん家族連れやカップルといった人たちばかりで、ソロ活動しているのはこの私だけでした。改札口で記念写真のサービス(買うのは有料ですが・・・・・)がありましたが、ボッチで写真撮られても面白くないのでスルーさせていただきました。

DSCF1804
少々古そうなゴンドラでしたが落ちる心配はなさそうです。このロープウェーは、株式会社プリンスホテルが運営し、西武鉄道グループに所属しています。

DSCF1807
駒ヶ岳頂上駅になります。コンクリートが黒ずみ、周りに建物が何もありませんので、一見廃墟に見えますが現役の駅になります。

IMG_20190223_141123
頂上から芦ノ湖を一望できます。絶景のパノラマスポットです。写真では分かりにくいですが、薄日が差しており、身仏に守られながら天に昇るような感じがしました。

PANO_20190223_141055
一応パノラマモードでも撮ってみました。天候が良ければ富士山も見えますが、あいにくの薄日でしたので富士山は拝めませんでした。

DSCF1806
写真真ん中にある建物が箱根元宮になります。駅から徒歩5~10分ぐらいになります。

DSCF1808
箱根元宮の由緒がいろいろと書かれています。

DSCF1821
本殿に向かうには階段を上らなければなりません。皆さん息を切らして上っていました。

DSCF1812
白馬の伝説なる説明がありました。しめ縄がされた岩と祠があります。説明文のプレートには伊豆箱根鉄道株式会社と書かれています。もともと駒ケ岳山頂にはロープウェーとケーブルカーがありました。伊豆箱根鉄道駒ヶ岳鋼索線(駒ケ岳ケーブルカー)が2005年9月1日に廃止されてしまいました。その名残でプレートに「伊豆箱根鉄道株式会社」と書かれているのですね。でも伊豆箱根鉄道もプリンスホテルも西武鉄道グループになります。

DSCF1818
こちらが箱根元宮の本殿になります。多くの参拝客がいましたが、ロープウェーの時間帯に間に合わせるために、みなさんお参りのあと戻られていましたので人が途切れた時間帯に写真撮影することができました。
ここで久しぶりにおみくじを引きました。中吉でしたが肝心の「恋愛」が微妙でした。「思うだけでは駄目」と書かれています。と言ったものの、いつも行動してもダメだったのですが・・・・・。

DSCF1820
このアングルが気に入っています。

DSCF1814
参拝を済ませた後、周囲の探索を行いました。駒ケ岳山頂と書かれた石柱がありました。大きな岩に小石が積まれていましたので、マネして小石を置かせていただきました。

DSCF1816
山頂から北方向を撮影しました。何もありませんが、駒ケ岳山頂で薄日が差していることに感動しました。

PANO_20190223_143137
本殿から相模湾方面を撮影しました。相模湾と小田原の町?を見ることができます。真夜中でしたら夜景がきれいでしょうが、ロープウェーの営業時間外ですのでハイキングコースから登山するしかないでしょう。

DSCF1825
一通り探索を終えロープウェーで箱根園に向かいますが、乗客は私一人だけで1台丸ごと貸し切りになりました。ガイドさんはベトナムから来た人で日本語がペラペラでした。箱根園駅に向かった後は、九頭龍神社本宮に向かいました。

2019年2月23日に神奈川県にある箱根神社・九頭龍神社(本宮・新宮)・箱根元宮に行ってきました。この三社を合わせて箱根三社といい、関東最強の縁結びのスポットになります。

前回、箱根神社についてでしたので今回は九頭龍神社になります。
DSCF1836

九頭龍神社(新宮)

九頭龍神社(本宮)

九頭龍神社新宮は箱根神社のすぐ隣にありますので、比較的簡単にアクセスすることができます。しかし九頭龍神社本宮は芦ノ湖の湖畔にある「箱根九頭龍の森」の中にあり、最寄りの駐車場が箱根園になります。そこから徒歩30分ぐらいで着くことになります。

箱根園の駐車場は1日1000円とぼったくりで、九頭龍の森の入園料も500円かかります。なので今回は箱根神社近くの無料駐車場から約1時間かけて徒歩で訪問することにしました。

九頭龍神社までの道のりは、1本道で迷うことはありません。芦ノ湖湖畔の遊歩道をひたすら歩きます。

・九頭龍神社(新宮)
箱根神社を訪問した後に九頭竜神社新宮を訪問しました。
DSCF1795
この門を抜けると九頭竜神社新宮になります。

DSCF1796
本殿はちょうど工事中になっていました。ブルーシートで覆われていたため全体像をつかむことができません。参拝客も箱根神社程ではありませんが、多くの参拝客がいました。

DSCF1797
九頭龍神社だけあって、9頭の竜から神聖な水(龍神水)が流れ出ています。この水は飲むことができます(本宮の水は飲むことができません)。なので今回はペットボトルに神聖な水を詰めて持ち帰ることにしました。

DSCF1798
龍神水の説明がウンヌンカンヌン書かれています。要するに霊水であり、一切の不浄を洗い流すそうです。

ここで九頭龍神社新宮のお参りを終え九頭竜神社本宮に向かうことになります。しかし今回は時間の関係で、先に箱根元宮を訪れてから九頭竜神社本宮に向かいました。というのも、箱根元宮には、箱根園から出ている「箱根駒ヶ岳ロープウェー」で行くことになりますが、最終便が16時30分となっていましたので余裕をもって先にこちらを訪問しました。


・九頭龍神社(本宮)
九頭龍神社への最寄り駐車場が箱根園になりますので、車で近くまで行きたい人はここの有料駐車場に止めることになります。ここから徒歩で30分ぐらいで九頭龍神社本宮に着くことになります。いずれにしても九頭竜神社本宮に行くには歩くことになります。

今回は箱根神社近くの無料駐車場に止めて徒歩1時間歩きました。

DSCF1799
箱根神社から階段を下りて湖畔に着くと、芦ノ湖に巨大な鳥居があります。ここから遊歩道がありますので湖畔を歩くことになります。

DSCF1800
芦ノ湖にボートがいます。カップルでしょうか?そのカップルを横目に遊歩道を単独で進みます。

DSCF1801
遊歩道は整備されていますが凹凸があって歩きにくいです。そして以外にも遊歩道を歩く人は少なく、すれ違った人はあまりいませんでした。ほとんどの人は箱根園を拠点に観光していると思います。

DSCF1802
とりあえず30分ぐらい歩けば箱根園のロープウェー乗り場に着きます。ここからあと30分ぐらい歩くことになります。

DSCF1826
30分ぐらい歩けばやっと九頭龍の森に着きます。

DSCF1846
料金所になります。大人500円の入園料を払わなければ九頭龍神社本宮に着くことはできません。

DSCF1828
園内の森を10分ぐらい歩きます。案内もありますので迷うことはありません。

DSCF1829
芦ノ湖沿いを歩きます。時間が閉園ギリギリでしたので、すれ違う人はいませんでした。

DSCF1830
そうすると芦ノ湖に小さな鳥居が建っているのが見えます。神聖な空気が漂います。

DSCF1831
突然九頭龍神社本宮の本殿が現れます。意外とこじんまりとした印象でした。いきなり参拝するのも失礼になりますので、一度階段を下りて湖畔にある手水社で清め、鳥居を一礼してから参拝しました。

DSCF1832
こちらの水は飲むことができません。九頭竜神社新宮の方は飲むことができます。

DSCF1833
湖畔には弁財天社がありました。かなりシンプルな作りになっています。

DSCF1834
弁財天社から湖畔に降りることができます。転落の恐れがあったので特に降りることはしませんでした。

DSCF1835
船着き場もあり鳥居もありました。月一のイベントの際に使われるのでしょうか?

DSCF1836
湖畔にそびえ建つ鳥居が神秘的になります。

DSCF1838
周囲の探索が終わりましたので、一礼して鳥居を潜り本殿をお参りすることにしました。

DSCF1840
箱根神社と九頭龍神社の両方をお参りすることを勧めているのと、九頭龍神社の本宮と新宮についての説明文が記載されています。

DSCF1842
九頭龍神社の由来についての説明文もありました。

DSCF1843
一通り参拝を終え、料金所に向かいましたら、白龍神社という神社がありました。

DSCF1844
残念なことに御神木は枯れています。

DSCF1845
鳥居も真っ白になっています。参拝客だろうかお酒が奉納されています。

これで箱根三社の訪問を終え帰宅することになります。関東最強の縁結びのスポットを訪問しましたが、早く効果が表れることを願っています。

次回は先に訪問しました箱根元宮になります。

2019年2月23日に神奈川県にある箱根神社・九頭龍神社(本宮・新宮)箱根元宮に行ってきました。この三社を合わせて箱根三社といい、関東最強の縁結びのスポットになります。


国道1号線沿いで芦ノ湖の近くになります。なぜ箱根三社を巡ろうかと思ったのかですが、フジテレビの「林修のニッポンドリル」で紹介されましたので、縁結びのスポットともあって、下心ありありで急きょ訪問することにしました。

まずは箱根神社近くの無料駐車場に車を止めようとしたのですが大変混雑していました。しかし有料駐車場に止めるのはバカバカしいので少し待っていたら運よく1台空きましたのですぐに止めることができました。ちなみに有料駐車場は箱根神社に一番近い場所にあり、若干余裕がありました。

駐車場から少しあること箱根神社入口が見えます。
DSCF1789
広い参道を進みます。観光客は多く、外国人やツアー客もいました。

DSCF1790
参道を進むと、箱根神社専用の駐車場があり手水社があります。ここには明治天皇と昭憲皇太后の歌があります。

明治天皇「わが國は神のすゑなり神祭る昔の手ぶり忘るなよゆめ」
昭憲皇太后「みたらしの水のあふれてすがすがし朝まうでする神のいがきに」

DSCF1791
手水社の横に大きな鳥居があり、箱根神社へと続いています。人通りがありましたが一礼して進みます。

DSCF1792
距離は大したことありませんが、本殿まで階段があります。そんなに多い階段数ではないので特に疲れることはないです。

DSCF1793
本殿入口の門になります。家族連れなのか、言葉から推測して謎の中国人と思われる人が記念撮影していました。

DSCF1794
本殿前は参拝客で順番待ちでした。平成天皇の在位30周年の奉納旗もありました。もう平成も終わりですね。記帳するところもありましたので記帳も済ませました。

縁結びのスポットともあって、もちろん縁結びのお守りも売っていました。しかし箱根神社の縁結びは特殊で、男女のお守りがペアで売られており、カップルがいる場合は男が白色・女が赤色のお守りを持つことになります。カップルではない場合はパートナーが見つかるまで自分で保管することになります。

特にパートナーがいないので今回は購入を見送りました。というのも、赤色のお守りを永遠に自分で保管することになりそうな気がしましたので見送りました。

今回は1日で箱根三社を訪問する予定でしたので、駆け足で九頭龍神社(新宮)を訪問しました。九頭龍神社(新宮)は箱根神社本殿のすぐ横に建てられています。
DSCF1795
箱根神社から九頭龍神社(新宮)への入り口。この入り口を通れば九頭龍神社(新宮)の本殿になります。



↑このページのトップヘ