ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

2018年4月8日に、静岡県の御殿場にある「滝ヶ原駐屯地 創立44周年記念行事」に行ってきました。
今回のメインは、訓練展示といって、実際の戦車や榴弾砲やヘリコプターを使った訓練を一般公開するものです。砲弾は空砲か練習弾ですが迫力はあります。

戦車等の装備品の展示もあり、家族連れやカップルで賑わっていました。


DSCF0917
10式戦車になります。120mm砲を搭載しています。この戦車は順次74式戦車や90式戦車の退役に伴って配備されていきます。
この戦車は複合素材を使用しているので、垂直装甲を採用していますね。

DSCF0920
16式機動戦闘車になります。戦車特有の履帯(キャタピラ)ではなく、タイヤでの走行になります。どうやら、防衛大綱と中期防衛力整備計画によって、陸上自衛隊に配備されている戦車が大幅に削減され、本州では完全に退役してしまうそうです。その戦車の代わりに
16式機動戦闘車が新たに配備されるそうです。(戦車は北海道と九州に配備されるそうです。)

DSCF0922
89式装甲戦闘車になります。愛称はライトタイガー。主砲はちょっとショボいですが、機関砲や機関銃や対戦車誘導弾を搭載できます。有名なオンラインゲームである「ワールドオブタンクス(通称WOT)」では軽戦車扱いになりそうですね。

DSCF0924
96式装輪装甲車になります。愛称はクーガー。搭載できる装備ですが、96式40㎜自動てき弾銃と12.7㎜の重機関銃を搭載できます。

DSCF0925
DSCF0926
120㎜迫撃砲になります。意外と小型で簡単そうな作りでした。しかし砲身はぶっといですね。

DSCF0927
DSCF0928
在日アメリカ軍の装備品らしき車両も展示してありました。アメリカの軍人さんも居まして、気さくに子供たちと触れ合っていました。言葉はなかなか通じなくても、交流できるのは嬉しいですね。特に上のトラックのようなもの、まさにアメリカンサイズですね!!

DSCF0929
DSCF0930
これが一番好きな74式戦車になります。独特なお椀型の砲塔が好きです。ソ連のIS3の砲塔みたいで好きです。
今回の訓練展示でも74式戦車が登場しました。しかし順次退役されていくのが惜しいです。

DSCF0931
DSCF0932
61式戦車になります。こちらはすでに全車退役されていますが、国産戦車になります。オンラインゲームのWOTでも日本の中戦車として登場します。

DSCF0933
60式自走106㎜無反動砲です。こちらは全車両退役になっています。

DSCF0936
こちらがメインの訓練展示前で74式戦車が待機しているところです。74式戦車が2両いて興奮しました。訓練展示では颯爽と登場してカッコよかったです!

DSCF0937
ヘリコプターが4機見えます。こちらも訓練展示に参加しました。上空から空砲放ってました。
DSCF0938
初めて見た訓練展示でしたので、立ち位置を間違えてよく見えませんでしたが、榴弾砲の空砲を撃つところは間近で見ることができました。思ったよりも軽い音でしたが、間近で聞くと迫力があります。


 
訓練展示の様子を撮影しましたので、こちらもご覧ください。

その他にも、災害救助の訓練展示もあり、土砂に埋もれた車から負傷者を救助する想定でした。ちょっとしたハプニングもありました(油圧カッターでドアを切断してドアが開くと思って油圧カッターを撤収したら、ドアが開かずにもう一度切り直し)。

関連記事
陸上自衛隊 土浦駐屯地 土浦武器学校
朝霞駐屯地 りっくんランド

北富士駐屯地創立58周年記念行事

2018年3月に大井川鉄道(井川線)の終着駅井川駅から、旧貨物線の堂平駅(廃駅)までを散策しました。この区間の一部は遊歩道となっており、線路の上を歩くことができます。
DSCF0899
この分岐器より先が旧堂平駅になります。当時は側線とホームがありましたが、現在は残土に覆われており、かろうじて分岐器が見えました。


DSCF0900
分岐器の先端の細い部分と手動転轍機(てんてつき)は撤去されていました。
※転轍機・・・・・分岐器を切り替える装置

DSCF0898
逆から撮った写真です。遊歩道と廃線が一体になっています。遊歩道ですので、どこかの撮り鉄みたいな不法侵入ではありません。

DSCF0901
脱線防止装置でしょうか?レールの内側にもレールが見えます。そして大きく右側にカーブしています。

DSCF0902
写りは悪いですが、井川湖(ダム湖)になります。

DSCF0903
しばらく進むとは左カーブになります。またまた脱線防止装置でしょうか?レールの内側にレールが見えます。遊歩道ですので、木の柵が整備されています。そしてレールと枕木は犬釘で留められています。

DSCF0904
途中でベンチも設置されていました。カップルや家族連れで一息できそうです。遊歩道として整備されている証拠ですね。

DSCF0905
これも井川湖になります。遠くに浚渫船らしきものと、流木が入り込まないようにフェンスがありますね。日曜日に散策していましたので、浚渫船は動いていないように見えました。
※浚渫船・・・・・ダム湖などの底に溜まった土砂を取り除く船

DSCF0906
レールに倒木です。緊急停車しました。松の枝か何かがレールに倒れていました。

DSCF0907
トンネルになります。特に心霊系のトンネルではなさそうです。でも今回散策した際は、他に散策している人はおらず、一人でのトンネル通過は不気味です。

DSCF0908
65と書かれていますね。恐らく65番目のトンネルなのでしょう。トンネル内部も撮影しようと思いましたが、心霊系は苦手ですので、もしかしたら写ってしまうかも・・・・・と思ってやめました。

トンネル自体は崩落しそうだとか、ひび割れ・水漏れ等はありませんでした。まだまだ現役で使えそうな感じになります。

DSCF0909
トンネルを抜けるとなだらかな右カーブになります。ここも脱線防止装置が取り付けられています。

DSCF0910
途中で桜が植樹されていました。何年か経てば満開の桜が見られることでしょう。将来は桜並木になりそうです。

DSCF0911
こちらにはテーブルと椅子がありました。ここは遮るものがありませんので井川湖を眺めることができます。ここでカップルや家族連れでお弁当食べたら美味しいでしょうね?

DSCF0912
井川湖が見れます。満水ではなく、少し余裕がありますね。3月に訪問しましたが、積雪は一切ありませんでした。井川は静岡県でも雪が積もる地域であり、今年は日本全国で大雪でしたので、残雪があるかなとも思いましたがありませんでした。

DSCF0913
そしてトンネル手前で線路が切断されています。トンネルより先は、大井川鉄道井川線の車庫で現役だそうです。そして左カーブしている部分にも昔はレールが延びていたそうですが、現在は撤去され遊歩道として整備されています。

左を進むと、井川ダムに通じており、井川ダムから少し行くと井川駅に向かうことができます。しかし今回は車で堂平駅まで向かいましたので、ここから引き返すことになります。時間的には、片道15~20分ぐらい(往復30~40分ぐらい)になりますので、体力のない方でも問題なく散策することができます。

DSCF0916
切断されたレールの先はトンネルの中に繋がっています。奥には現役のトロッコ列車が眠っているかもしれません。

DSCF0914
ちょっとレールを繋がれば現役復帰できそうな感じです。でも、現役復帰となると、免許の関係があると思いますので現実味はないですが、手作りトロッコ列車を走らせれば井川地区の観光にもなるのかなと個人的に思いました。

caption
参考ですが、天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅にあった手作りトロッコ列車(上記)のようなものを作れば、恐らく堂平駅先の残土を取り除けばレールが出てきそうな感じですので、分岐器や側線をちょっと整備すれば手作りトロッコ列車を走らせることができるのではないかと個人的に思いました。

※手作りトロッコ列車の写真は借りものです
※2018年1月に、イベントで天竜浜名湖鉄道を利用し、天竜二俣駅で下車しましたが、手作りトロッコ列車は見当たりませんでした。手作りトロッコ列車のレール部分は本線から切り離されていますが、レールのみ現存していたような記憶がします。間違っていたらごめんなさい。

我々の感覚だと、時間は過去から現在、そして未来へと流れていく。決して逆行することがありません。なので過去は現在、現在は未来に影響するが、その逆はありません。
2015y01m31d_153532077

しかし最近の量子レベルでの実験ではこれまでの定説が通用せず、新しい結果が出ました。実験結果によると、未来の出来事が過去の事象に影響を与えている可能性があるということ。わかりやすく言えば、時間は
過去から現在、そして未来だけではなく、未来から現在、そして過去にも流れている可能性があるということです。

研究で注目されたのは、量子力学における粒子の奇妙な振る舞いになります。量子力学において、移動する物体の状態は、粒子性と波動性の二つの性質を同時に持っています。
8
量子力学では、観測する行為で物事が決定されるため、光子や原子を観測すると、粒子性と波動性の二つの状態を示すことから言えます。

今回の実験で発見されたことは、
原子を観測しようとした後に起きた出来事が、波の状態となるか、それとも粒子の状態となるかを決めているということになります。


今回の実験を行ったオーストラリア国立大学の物理学者アンドリュー・トラスコット博士によれば、量子レベルにおいて、観測するまで現実は存在しないという。
a7a0c722
この研究は、1978年にアメリカの物理学者ジョン・ホイーラーが考案した思考実験を基に行ったものです。この実験は「ホイーラーの遅延選択実験」といい、スクリーンに2本開いた狭いスリットに光を通して粒子性と波動性の二重性を示す二重スリット実験を発展させたものになります。

b038a9f9

光を1本のスリットを通して発射すると、光子は粒子性を示します。(上段)粒子性なので干渉縞が見えません。
光を2本のスリットを通して発射すると、波動性を示します。(下段)波動性なので干渉縞が見えます。

今回の実験では、
スリットが開いた最初のスクリーンの後ろにもう1枚のスクリーンを置くこと。そうすれば2枚のスクリーンを通過しても光子の状態(粒子性・波動性)が一貫しているかどうかを確かめることができます。


これまではこの実験は単なる思考実験でしたが、トラスコット博士は、光子の代わりにヘリウム原子を、物理的なスクリーンの代わりにレーザー光で作った格子を使って、実験可能なものにしました。よって素早く移動する原子が無作為に導入される2つめの格子を通り抜けたときに起きる現象を正確に測定できるようになりました。

この実験により、2番目の格子がない場合、原子は粒子のように1つの経路を移動するが、2番目の格子がある場合は、波のように様々な経路を移動することが明らかになりました。このため研究者は、2番目の格子を設置する前に最初の格子を通る原子の経路を測定していたため、2番目の格子が導入される未来の出来事が粒子の状態を影響していることを示唆しています。

この実験によって予言されることは、原子が実際に特定の経路をとった場合、未来の測定が原子の経路に影響していることになります。

今回は、静岡県島田市にある大井川鉄道の新金谷駅にある引き込み線まで行ってきました。
大井川鉄道とは、JR東海道線の金谷駅から千頭駅まで大井川の沿線を沿うように走っています。そして千頭駅からトロッコ列車が井川駅まで走っています。

1

大井川鉄道はいろんな鉄道会社からレトロな中古車をかき集めており、昔の古き良き時代の車両を見ることができます。そして蒸気機関車(SL)が走っていることと、テレビドラマの撮影でも有名です。近年では、上記のような「機関車トーマス号」なるものを走らせており、観光に力を入れている鉄道会社になります。

で、今回のお目当ては、蒸気機関車でもなく、レトロな客車でもなく、新金谷駅から延びている引き込み線に廃車っぽい車両が放置されているとのことと、引き込み線がどこまで続いているのか気になりましたので行ってきました。

場所は下記になります。

新金谷駅 周辺地図

新金谷駅はJR東海道線の金谷駅から1駅先にある駅になります。蒸気機関車の反転(転車台)など、主要設備は新金谷駅にあります。

DSCF0885
新金谷駅裏側にある公園から撮影しました。奥側は新金谷駅方面になります。レトロな車両があります。

DSCF088600
本線と引き込み線とポイント(分岐器)になります。引き込み線へは、千頭方面からしか侵入できない構造になっています。

DSCF089400
金谷駅から侵入しようとすると、新金谷駅でバックする形になります。しかし普段は使わないと思われますので関係ないと思います。

DSCF0895
大きく左にカーブするように線路が続いています。真ん中には車が通れる踏切がありますが、遮断機も警報機もありません。しかし架線は続いています。

DSCF0896
線路を見ると、全く使われていない訳ではなさそうです。たまに使われているような感じがしました。枕木は木製で、犬釘?で止めてあります。

DSCF0881
先ほどの左カーブをしばらく進むと廃車置き場?になります。写真奥側が新金谷駅方面になり、手前側が行き止まり方面になります。
奥側には台車が放置?されていました。

DSCF0882

DSCF0876
DSCF0872
古びてガラスが割れた2両編成の車両が放置されていました。塗装も剥げており部品取り用でしょうか?この場所まで架線が伸びていて、とりあえず電化されていますね。

DSCF0875
テレビカーと薄っすら字が見えます。

DSCF0873
放置されている車両の横に蒸気機関車も放置されていました。こちらはもっと錆が進行しており、完全に部品取り用?な気がします。

DSCF0878
蒸気機関車と客車のツーショット。何を思っているのでしょうか?

DSCF0879
放置されている車両からほんの数歩歩いたら終点です。これ以上線路が続いている様子はありません。

他のサイトでは、バラスト(石)を運ぶ車両とかも放置されている写真がありましたが、今回はありませんでした。解体されたのか、他の車両基地に移動したのか分かりません。現役で活躍していれば嬉しいのですが・・・。

DSCF0883
DSCF0874
引き込み線のすぐ脇にレールや台車、車輪等の部品が放置されていました。貴重な車両達の部品用でしょうか?

DSCF0888
これは、新金谷駅の車両基地になります。蒸気機関車を補助する電気機関車になります。どうやら最後尾に連結されているそうです。何気に1両蒸気機関車が混じっています。

DSCF0892
これは現役の蒸気機関車です。C11型ですね。

DSCF0890
逆光でよく見えませんが、蒸気機関車が転車台に乗っています。この転車台は2011年に設置されたのもで、比較的最近のものになります。それ以前は、千頭駅にしか転車台がなく、蒸気機関車が逆向きで走っていた時期があるそうです。

この転車台が出来てからは、蒸気機関車(SL急行)の発着が金谷駅から新金谷駅に変更になりました。

死ぬことは怖いことなのか?多くの人は怖いと答えるだろう。当たり前である。人間だけではなく、動物にも組み込まれた本能だから誰もが怖いと思うはずだ。
no title

ではなぜ死ぬことは怖いのだろうか?肉体が消えて無くなってしまうからだろうか?それとも死後の世界がどうなっているか分からないからだろうか?誰も死後の世界に行って帰ってきた人はいないから分からなくて当然である。
no title

人間には分からないことに対する恐怖は本能的に備わっています。だから知らない土地に行くのも知らないお店に入るのもちょっとだけ勇気がいりますよね?それに何が入っているか分からない箱に手を突っ込むとか何かと恐怖ですよね?

しかし中には死ぬことに対する恐怖がない人もいるだろう。私もそうだ。別に死ぬことに対して恐怖はない。ただし死ぬことに対するプロセスには恐怖がある。具体的には、死ぬ瞬間の痛みや苦しみ、息苦しさや体調悪化の気持ち悪さなどは怖い。それはそうだろう。死ぬと息ができなくなるから、
のたうち回るように苦しいかもしれないし、心臓が止まると猛烈に胸が痛くなるかもしれない。だから死ぬ段階のプロセスに対しては恐怖である。

でも死んだ後に関しては全く恐怖心はない。人の価値観にもよるが、天国や地獄があるかもしれないしないかもしれない。輪廻転生で生まれ変わるかもしれない。もしかしたらただただ真っ暗な無の世界に放り込まれるかもしれない。

あの車いすの天才物理学者のホーキング博士は、死後の世界はないと断言して、宗教界から大バッシングを受けました。「人が死んだら壊れたパソコンと同じで、電源が切れた画面のように真っ暗なだけ」とのニュアンスを言っていました。

私の考えでは、死んだ後に天国にいようが地獄にいようが、真っ暗な無の世界にいようが死んだあとは肉体的な苦痛があるわけではないしどうでもいいと思っている。だから針山を歩かされても、ぐつぐつ煮えたぎる鍋に放り込まれようが苦痛がないかもしれない。

たとえ無の世界に放り込まれても、無だから何もない、何もないのだから私は存在しない。苦痛もなければ快楽もない。それを感じる脳もないのだから苦痛ではない。だから快楽がなくても苦痛ではないのだ。

最近思うようになったのが、もしかしたらこの世界が死後の世界かもしれない「天国と地獄の長い箸」をご存じだろうか。天国と地獄は実は同じで、食べ物に溢れているだということ。
no title
それでも天国では食事にありつけて、地獄ではお腹を空かしている。これって現実世界と似ていないだろうか?先進国では食事にありつけていて、アフリカや紛争地では食事も満足にできず、今日の命さえ保証されていない。同じ地球なのにこのように差があります。なので、もしかしたら地球は死後の世界かもしれないのだ。

↑このページのトップヘ