ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

2019年3月2日に、東大寺の二月堂で行われる「修二会(しゅにえ)のお松明」を見学しました。修二会は籠松明やお水取りでも有名な法会になります。

修二会は3月1日~14日まで毎日行われます。特に有名なのが3月12日の籠松明とお水取りがある日ですが、平日のため土曜日に見学しました。

修二会の正式名称は「十一面悔過(じゅういちめんけか)」といい、我々が日常に犯しているさまざまな過ちを、二月堂の本尊である十一面観世音菩薩の宝前で、懺悔(さんげ)することを意味します。

DSCF1847
お松明は19時から始まります。二月堂に到着したのが18時ぐらいでしたが、既に先客が大勢いました。

DSCF1848
この建物が二月堂になります。この廊下を松明を持った修行僧が走ります。竹柵の中は人数制限があって、入り口で係員が人数を数えていました。しかしギリギリで入場することができました。

DSCF1849
二月堂の下はむき出しの土の地面が階段状になっており、足場が事情に悪いです。足を滑らせれば将棋倒しになってしまいます。何とか人が空いている場所を狙って前方を確保することができました。

DSCF1850
足場が非常に悪いので、奈良県警の警察官が数名配備されています。時間になるとフラッシュ撮影をしないように頻繁にアナウンスしていました。

DSCF1851
日が沈み、だんだんと雰囲気が出てきました。お松明の時には提灯の明かりや照明が消されます。これは観光行事ではなく、あくまでも修行の一環だからです。

DSCF1852
19時直前になると二月堂後方まで人でびっしり埋まっています。そんな中で二月堂前列に陣取れたのは奇跡です。

DSCF1855
いよいよお松明が始まりました。松明にまん丸の炎が付いています。二月堂の角の所で松明を突き出して回転させています。その時に火の粉が飛び散ります。練行衆の方々によって若干の癖なのか、一人ひとり微妙に違ったやり方になっています。あと、若干ですが、松明の大きさが違うような気がしました。

DSCF1869
二月堂の廊下を練行衆が駆け抜けています。観光客はみなさん歓声を上げていました。廊下を駆け抜けると、廊下に火の粉が落ちますので、二月堂が燃えないように、係のお坊さん?がほうきで火の粉を振り払っていました。

DSCF1862
左側の角で一度止め、廊下を走りながら右側の角でまた同じように松明を突き出して回します。

DSCF1871
松明を回すと火の粉が舞い散って美しいです。


動画にもしました。今回はおおよそ20分ぐらいの時間のイベントでした。だたし時間の関係で1.4倍速になっています。最後の10本目のお松明の時ですが、ハプニングがあり、松明が途中で落下してしまいました。しかし観光客の皆さんも暖かく受け入れて無事終わることができました。


松明が落下したハプニングの一部分のみも動画にしました。

DSCF1882
無事10本のお松明が終わり皆さん帰宅することろです。このお松明など、修二会は1250年余り、一度も途絶えたことのない行事という説明もありました。このような貴重な行事に参加でき、歴史を刻めたことに感謝しながら帰宅することとなりました。


今回は、滋賀県東近江市にある阿賀神社(太郎坊宮)になります。2019年2月13日にフジテレビ「林修のニッポンドリル」で紹介されたので、急きょ行ってきました。場所はこちらになります。赤神山(標高350m)に本殿があります。
電車では、近江鉄道の太郎坊宮前駅で下車し、ずっと北側の道を進めば参道に出ます。車になると神社の鳥居前に無料の駐車場があります。または神社中腹まで車で行くこともできます。中腹の駐車場も無料になります。

この神社も伏見稲荷大社と同様24時間参拝可能な神社になります。それと中腹や山頂からの夜景が素晴らしいこともあって夜に参拝することにしました。

DSCF1787
こちらは一番下の入り口になります。街灯は少なく暗い道になります。ここからだと742段の階段を上らないといけませんが、今回は中腹の駐車場から参拝することにしました。中腹からだと259段の階段で済むというありがたい場所になります。

この神社は特に勝利を授かるとして有名になります。なのでトップアスリートや高校野球の選手などもお参りに来ます。その他にはビジネスでの勝利ということもあってビジネスマンや会社経営者、受験に勝つということもあって受験者もお参りに来ます。

DSCF1730
中腹の駐車場に車を止めて参拝になります。車が2台ほどありましたが、みなさんカップルで訪れており、参拝目的ではなく夜景を目的に来ているようです。ここからの夜景も素晴らしいですが、本殿の休憩所からの夜景も素晴らしいです。

DSCF1732
ここから参拝道になります。一応懐中電灯持参しましたが、街灯もあり何とか使用しないで進めそうです。

DSCF1733
参拝道を数歩歩くと下から延びている参拝道と合流します。こんなに長い階段を上るのは嫌ですね。

DSCF1735
しかし上のほうも階段が階段が長く続いています。街灯が少ないので1人では少々不気味な気配がします。

DSCF1738
階段を上ると手水舎(龍神舎)があります。柱には御霊水と書かれています。手を清めてから先に進みます。

DSCF1740
龍神舎だけあって龍の口から霊水が流れています。

DSCF1745
ひたすら暗い階段を上ると夫婦岩があります。大きな岩が真っ二つに割れているような岩です。人1人分程の裂け目を通り抜けます。どうやら胎内巡りと同じ効果があるとのことです。

DSCF1746
神聖な夫婦岩の道になります。狭い通路ですが、他に参拝客はおらず特に問題ありませんでした。

DSCF1752
夫婦岩を抜けた所に夫婦岩の説明文がありました。

DSCF1750
夫婦岩の目の前に本殿があります。しかし・・・

DSCF1751
本殿の扉は鍵がしてあり入ることができません。なので外からお祈りをすることにしました。

DSCF1754
本殿下の休憩所です。もちろん深夜ですので誰もいませんが、ここからの夜景が素晴らしいです。

PANO_20190216_204140
カメラだと性能の関係であまりきれいに写っていませんが市街地の夜景が素晴らしいです。

DSCF1755
どうやら一方通行なのか、本殿横から下山することにしました。

DSCF1758
階段を下りると地主神社なる縁結びの神様がいましたのでお参りしました。

DSCF1759
暗い階段を下りますが、やはり一人だと心細いです。

DSCF1757
すぐに祠がありましたのでお参りをさせていただきました。賽銭を入れる入れ物が外にありましたので5円入れました。

DSCF1760
地主神社入口の斜め前に布袋尊(福徳の神)がいました。

DSCF1763
さらに下るとお百度参りができる場所がありました。

DSCF1761
DSCF1762
どうやらお百度参りには2種類あって、この建物の祠を100回お参りするのと、お百度道を10往復する方法がありました。

DSCF1769
ここを指定の方法で100回お参りする方法もありますが、今回はお百度道を10往復することにしました。

DSCF1764
途中にある玉石社と天狗像役行者像、一番奥の紫微社にお参りしながら、右にある諸願成就の石を回してお百度詣を10往復します。

DSCF1765
こちらがお百度参りの一番奥になります。

DSCF1767
紫微社になります。

DSCF1766
心願十倍石というものがありますのでここでUターンします。心願十倍ですので10往復で済みます。距離としては1往復数分程度です。なお、お百度参りを裸足で行う・誰にも見られないで行うと効果が上がるそうです。
今回は深夜でしたので誰も参拝客がおらず誰にも見られませんでした。

DSCF1770
お百度参りを終えて車に戻る途中に七福神の一部が祭られていました。これは恵比須様(商売繁盛の神)

DSCF1772
大黒天(開運招福の神)

DSCF1773
福禄寿(除災の神)

DSCF1774
最後はなぜか福助

さらに下山すると往路と合流します。行くときは気づきませんでしたが、合流地点に十二支を祭ったものや「さざれ石」がありました。

DSCF1776
これがさざれ石になります。君が代のさざれ石の起源になります。

DSCF1777
さざれ石の由来も書かれています。

DSCF1778
十二支を祭る祠と説明文になります。どうやらこの世に生まれたら、生まれた年の十二支に守護されながら生きていくそうです。

DSCF1783
DSCF1784
DSCF1785
DSCF1782
干支との縁を大事にするための御神像になります。ちゃんと12体ありました。それぞれの干支には意味があるそうです。

子(子授)
丑(根気)
寅(決断)
卯(飛躍)
辰(信頼)
巳(貫徹)
午(勝利)
未(安泰)
申(学芸)
酉(繁栄)
戌(恩義)
亥(勇気)

干支の由来や順番についても面白い起源がありますのでそちらも参考にしてください。

これで阿賀神社(太郎坊宮)の参拝を終え帰宅することになります。帰宅する際にも、中腹の駐車場には数台の車が止まっており、夜は神社への参拝というよりは夜景目的でカップルが訪れています。

岩手県岩泉町にある龍泉洞(りゅうせんどう)に行ってきました。行ったのは2017年のゴールデンウィークでしたが、パソコン内を整理していたら写真が出てきましたので紹介します。途中の道の駅で1泊の車中泊をして龍泉洞に向かいましたが、まだ時間前でしたので、近くにある旧岩泉線岩泉駅(廃線・廃駅)を探索し仮眠してから向かいました。
DSCF0850
龍泉洞は確認されているだけでも全長3600mあり、秋芳洞・龍河洞と並ぶ「日本三大鍾乳洞」の一つになっています。また、世界屈指の透明度を誇る湧水が地底湖を形成しています。

DSCF0813
龍泉洞入り口になります。入場料は1000円と少々お高いですが、それなりの価値があります。自動券売機で入場券を購入。

DSCF0815
長命の淵です。この水を飲めば長生きするのでしょうか?洞窟内の湧水は透き通っていてきれいです。

DSCF0816
百閒廊下という天井が高く幅の狭い場所です。横に湧水が流れています。

DSCF0817
5月ですので外気温はそれほど高くありませんが、洞窟内は9.6度と10度を下回っておりひんやりします。真夏には絶好の避暑地になります。

DSCF0819
通路横には湧水が溢れんばかりに流れ出ていて、今も鍾乳洞内を削っているのでしょう。

DSCF0825
玉響の滝なる小さな滝でしょうか?龍泉洞の湧水は、透明度41.5mと世界一を誇ります。

DSCF0826
薄暗い洞窟がさらに続いています。異世界につながるような感じです。

DSCF0827
白亜の議事堂なる開けた場所です。なぜ白亜の議事堂なのか意味不明ですが、白亜紀と関係あるのでしょうか?この先には蝙蝠穴(こうもりあな)があるらしく、コウモリが出入りしているのでしょうか?

DSCF0829
天井部は高いですが、見た感じでは蝙蝠穴があるかどうかは確認できません。

DSCF0832
ヴィーナスなる怪しい額縁があります。くびれがあってヴィーナスに見えるそうです。写真からだと光の関係でよく分かりませんが、鍾乳洞内で確認すればヴィーナスに見えます。

DSCF0833
地蔵岩なるありがたい鍾乳石がありました。お地蔵さまに見えますね。しかし賽銭は入れず・・・・・。

DSCF0834
フラッシュをたかない方が幻想的です。

DSCF0835
音無しの滝です。鍾乳石が滝のように流れている模様になっています。まさに時間が止まって静寂だけが流れる滝ですね。

DSCF0836
静寂の鍾乳洞がさらに先に通じています。一面鍾乳石で覆われています。

DSCF0837
月宮殿という開けたエリアになります。デジカメでしたのであまりきれいに映ってませんが、ライトアップがきれいです。ここから地底湖入り口になります。

DSCF0838
石筍になります。たった1センチ成長するの数十年かかるといわれています。しかし滴り落ちる水滴が着実に今も石筍を成長させています。

DSCF0840
守り獅子になります。輪郭がはっきりと獅子になっています。

DSCF0841
地底湖になります。透き通った水がきれいです。それと写真では分かりませんが、スマホと思われるものが地底湖の奥に沈んでいました。誰かが落としたのでしょう。

DSCF0844
地底湖の底にライトが設置してあり、ドラゴンブルーが美しいです。ただ美しいのではなく、心が洗われるような神秘的な美しさを感じます。

龍泉洞の近くに、同じく鍾乳洞の安家洞があります。総延長が23,720mあり日本一長い鍾乳洞になります。しかし事前の調査不足があって訪問しませんでした。

2019年のゴールデンウィークに安家洞を訪問しました。

広大な宇宙を一瞬にして破滅に追い込むエネルギーをご存じだろうか?それは原爆とか水爆などの核兵器は問題じゃないほど強力なエネルギーになります。それは星の爆発やブラックホールよりも強力なエネルギーになります。
c47a670e

ドラえもんに登場した秘密兵器「地球破壊爆弾」よりも強力になります。
que-13155933263
これが地球破壊爆弾。ネズミもろとも吹き飛ばそうとしました。

その膨大なエネルギーはまだ仮説段階ですが、この宇宙が「偽の真空(ぎのしんくう)」だった場合に発生するかもしれない現象のことです。偽の真空とは、字の通り偽りの真空状態のことです。ここでいう真空状態とは、エネルギーが最も低い状態のことを表しています。宇宙空間など、空気がない状態の真空とは別物になりますので間違えないでください。

86982f55762ea678ff5c9f71a9af0481
ジェットコースターが上から下に落ちるように、エネルギーも高い状態から低い状態になろうとする性質があります。また不安定から安定になろうとします。

41ba4998
宇宙も誕生から現在まで、エネルギー状態を徐々に落としてきたと考えられている学説があります。なので現在の宇宙の状態が一番エネルギーが低い状態すなわち「真の真空(しんのしんくう)」状態であるとは言い切れません。今の宇宙が偽の真空なのか真の真空なのか観測するすべがないので、現在はどの状態なのか分かりません。

DVTzoSiVQAA5HO4
現在の宇宙は加速膨張していることが観測から分かっています、もし宇宙が真の真空状態であれば、宇宙は加速膨張していき、空間がバラバラに裂けてしまいビッグリップを引き起こす。あるいは宇宙空間だけが膨張し、星間ガスなどの物質が徐々に薄まり、わずかな素粒子だけが残る暗くて冷たい宇宙が永遠と膨張していくだけの宇宙になります。

もし宇宙が偽の真空だった場合、何か物理学的なきっかけがあれば、エネルギー状態がより低くより安定になろうとします。物理学的なきっかけとは、分かりやすく言うと坂道の途中で止まったボールをちょっと突っついて転がすようなものです。

cd7107e0
このエネルギー状態を低くなることを「真空崩壊」といい、もし宇宙で真空崩壊が起きれば今の宇宙は存在できず崩壊してしまいます。具体的には、現在の宇宙での基本的な物理定数(光速・万有引力・電気素量などなど)の値が変わってくる可能性があります。あるいは現在存在している様々な素粒子も存在できない可能性があります。素粒子が存在できないということは、素粒子でできている惑星や地球、人類も存在できません。

ひとたび真空崩壊が宇宙のどこかで始まれば、光速(秒速30万キロメートル)の速さで伝わるとされています。もし地球から1光年先で真空崩壊が始まれば、1年後には地球も飲み込まれ崩壊してしまい、100億光年先であれば100億年後に地球は崩壊してしまいます。真空崩壊が起こる場所は確率ですので、地球からはるか遠くの場所で起こる可能性の方が高いです。

Observable_universe_logarithmic_illustration

観測可能な宇宙はあらゆる方向に465億光年(直径930億光年)で、宇宙の大きさはそれよりもずっと広く続いているとされています(空間は質量を持たず光速以上の速さで広がることができるため)。なので、地球から465億光年より先の宇宙で真空崩壊が起きても、光速以上で空間が広がっているので地球に真空崩壊の波は永遠にたどり着かないでしょう。

2019年1月26日に、奈良県の若草山で山焼きのイベントがありましたので訪問しました。当日のJR奈良駅と近鉄奈良駅周辺の駐車場は大変混雑しており、最悪駐車できない可能性が高いと判断し、天理駅に車を置いてJR桜井線(万葉まほろば線)で奈良駅まで向かいました。天理駅から奈良駅まで近鉄とJRがありますが、運賃が半額以下でしたのでJRで向かいました。

0c6915915d355558096150e60c56408616204ed3.83.2.9.2
桜井線の本数ですが、1時間に2本の運行となっており、2両編成になります。山焼きのイベントともあって、車内は混雑していました。

JR奈良駅から奈良公園を通って、若草山山麓へ向かいます。イベントでしたので、屋台などの出店が多数出店していて、大変混雑していました。

DSCF1719
奈良公園にはシカがいました。挨拶しましたが、シカだけにシカトされました。

時間ぎりぎりに到着したため、先客が多く、奈良公園内で見物する人も多数いました。しかし僅かに時間があったため、若草山山麓に向かいました。
DSCF1722
若草山山麓にも多くの人がいました。みなさん最前列を目指しています。

PANO_20190126_180917
若草山山麓からの夜景は絶景です。カメラの感度の関係で写真写りはよくありませんが、実際の目で見ると素晴らしい夜景になります。

IMG_20190126_182035
18時15分から18時30分まで奈良礼賛大花火が行われます。

IMG_20190126_182637
600発の花火と効果音がマッチングしており、近くから見られたこともあって、これだけでも感動しました。


動画も撮りました。やはり動画ですと伝わらないこともあります。その場に行くことが最大限に臨場感を体感することができます。

18時30分から山焼きスタートになります。
DSCF1724
立ち入り規制線の前方の数か所から着火します

IMG_20190126_183619
天気も良く乾燥していたため、みるみる火が広がり迫力があります。最前列を確保できましたので熱気も伝わってきました。

DSCF1727
徐々に山肌が燃えていきましたので、帰りがけの奈良公園内でも見学しました。火が山肌をゆっくり駆け上っています。

DSCF1728
別アングル、特に奈良公園から見ると少し離れていますので、山全体を見ることができます。若草山山麓とはまた違った見え方になります。


こちらも動画で撮影しました。

山焼きの見学を終え、桜井線で天理駅に向かいますが、ちょうど1時間に1本しかない時間帯でしたので、長時間駅の待合室で待つことになりました。

帰りに京都経由で帰宅しましたが、ちょうど京都周辺が大雪でしたので、天下の国道1号線も積雪がひどく、路肩の縁石ぐらいまで雪が積もっていました。車のタイヤがほぼ坊主の溝がすり減ったノーマルタイヤでしたので、スリップ事故と立ち往生が心配されましたが、慎重かつゆっくり運転しましたので、無事通過することができました。天下の国道1号線ともあって、深夜に除雪作業している作業員もいて大変ありがたいと思いました。

やはり峠で立ち往生している車や単独スリップ事故を起こしている車が多数ありました。しかし日本の道路網が整備されていることへの感謝も生まれました。

↑このページのトップヘ