今回は北海道羅臼町にある『羅臼温泉 熊の湯』です。以前北海道を車で一周した時にたまたま見つけて入りました。この温泉は白濁しており、硫化水素系の温泉ですので、硫黄の臭いがプンプンとたまらないです。硫黄系の温泉好きにはたまらないですよ。この温泉は寸志で入れる温泉です。地元の方も利用しており、管理もしています。私が行ったときにも、地元の方も何人か入ってました。通りがかりの観光客も立ち寄りますので、にぎわいのある温泉です。

http://lip-hokkaido.com/spa_img/higashi/rausu_kumanoyu01.jpg

 この温泉非常に熱いです。長く入っているとのぼせます(その前に長く入れません)。湧き水が出ており、湧き水で湯温を調節しています。地元の方は熱めのお湯が好きなのか、なかなか湧き水入れてくれませんでした。
地元以外の人も何人かいましたが、「熱いっ!!」って言っており、すぐに露天風呂から出て座っていました。各位私も熱すぎてずっと入れませんでしたので、出たり入ったりを繰り返しながら露天風呂を楽しみました。

 地元の方が管理で寸志ってこともありますが、着替えをする小屋が一つと露天風呂が一つというシンプルな作りをしています。また、シャンプーと石鹸の設備はありません。地元の方は石鹸持参しています。この温泉はかけ流しで、排水はそのまま目の前の川に流れており、環境を守るためシャンプーより石鹸を持参した方がいいと思います。

 今回北海道を1周したときは石鹸を持参していなかったため、かけ湯をしただけで露天風呂に入り、体と頭は洗えませんでいた。

 あとこの温泉には目隠しの柵がないため(男湯)、湯に浸かりながら景色を堪能することができます。緑に囲まれながら温泉に入るのは最高ですね。

 ここで情報ですが、朝早くこの温泉に行きますと、地元の方と一緒に温泉の清掃をするそうです。私は体験していませんが、地元の方と一緒に清掃して、その後一風呂浴びるっていうのも悪くはないでしょう。
 
 この温泉は道の駅『知床 らうす』から近いので、観光案内の人に聞けば丁寧に教えてくれます。みなさんもぜひ行ってみてください。

参考に以前北海道を1周したときのブログになります。
http://ponsuke.site/archives/19309700.html