今回は、静岡県掛川市にある『森の都 ならここの湯』です。交通の便ですが、国道一号線からではなく、第二東名沿いの一般道から向かいました。ホームページにも書いてありますが、東名、第二東名、国土一号線バイパスから30分前後ですので良い方でしょう。若干道が狭い個所がありますが、クネクネ山道を走り続けるような悪路ではありません。

 この温泉は、内湯と露天風呂があり、比較的きれいな施設になります。備え付けの設備ですが、シャンプーと珍しく固形石鹸になります。『環境に配慮のため固形石鹸を使ってます』的なことが書いてありました。個人的にはボディーソープ派ではなく固形石鹸派ですのでまったく問題ありません。ちなみにホームページからの引用になりますが、露天風呂はこんな感じになります。

※再訪問時は固形石鹸は撤去されていて、液体のボディーソープに変わっていました。
o_manroten
 森に囲まれたいい場所にあり、温泉を取り囲む山々を眺めることができます。しかし目隠しの塀が邪魔で、山の中腹から山頂までしか見えません。泉質ですが、ナトリウム-塩化物温泉であり、若干緑がかった透明な温泉です。内湯は分かりませんが、露天風呂は熱めでしたので、温泉に入ったり椅子で休んだりの繰り返しでした。椅子で休んでいる時、風に吹かれての心地よさがたまりません。

 混雑状況ですが、何度か土曜日夕方に行きましたがまあまあ混んでいました。しかし我慢できないほどの混雑状況ではありませんので良かったです。他の方のブログを拝見しますと、かなり混んでいるとの情報ですので、当方の運がいいだけかもしれません。

 自然に囲まれた良い温泉ですので皆さんも行ってみてください。

※再訪問時は夜に訪れました。月明りと、ほんわかした灯でいい雰囲気でした。夜間というだけあって、利用客はあまりおらず、地元の年配客が数人いるだけでした。