今回は、岐阜県高山市奥飛騨にある『平湯温泉 ひらゆの森』です。都市圏からここまで行くのはかなり時間がかかります(一般道で)が行って損はありません。道も整備されており、カーナビをセットすれば迷うことなくたどり着くことができます。春から秋は道も危ないところはありませんが、冬は注意が必要ですね。雪道に慣れているドライバーはいいのですが、慣れていないドライバーはスリップに注意してください。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
 この辺りにはスキー場があり、冬場でも訪れる人が多いと聞きました。私はノーマルタイヤなので冬には行きませんが・・・・・標高が高く、初春は残雪が多いので注意が必要です。特に夜は、解けた水が再び氷りますので危ないです。

 さて、この温泉は硫黄を含んでいますので、硫黄の臭いがプンプンします。色も白濁しており、温泉らしい温泉です。露天風呂もたくさんあり、私は一番奥の岩風呂と手前にある木の露天風呂がお気に入りです。個人的には、奥にある2つの露天風呂が白濁しており、硫黄の臭いも強いように感じました。また、この温泉は人気ですので、休日は人でごった返します。しかし源泉かけ流しですので、お湯が汚れているといったことはありませんでした。この温泉は大自然に囲まれ、景色もいいので何度か訪れています。
 
 この『平湯温泉 ひらゆの森』から少し行ったところに、以前紹介しました無料の露天風呂『新穂高温泉』があります。個人的には、先に『新穂高温泉』に入って、その後に『平湯温泉 ひらゆの森』に入れば、硫黄の臭いが体から取れずにいつまでも残っておりいい感じがします。

 皆さんもぜひ行ってみてください。