床上操作式クレーンはご存知だろうか?
工場内で使われているペンダントスイッチで操作するクレーンです。

https://www.komatsu-kyoshujo.co.jp/KkjReservation/Images/Subjects/course_yuklaue_crane_main_image.jpg
前にこの技能講習を受けましたので、簡単にまとめます。

その前に、床上操作式クレーンと玉掛けは別の技能講習になりますので、またの機会に投稿します。
床上操作式クレーンの資格はあっても玉掛けの資格がなければクレーンに荷をセットすることができません。

講習をする場所ですが、技能講習は都道府県労働局長登録教習機関において行われます。床上操作式クレーンの技能講習の時間は学科と実技で基本は20時間です。ただし、クレーン関係の免許や玉掛けの講習を修了している場合は16時間に短縮されます。


学科

1.床上操作式クレーンに関する知識(6時間)
2.関係法令(1時間)
3.力学に関する知識(3時間)
4.原動機及び電気に関する知識(3時間)
・修了試験(マーク式)



実技

1.床上操作式クレーンのための合図(1時間)
2.床上操作式クレーンの運転(6時間)
・修了試験


学校によって若干違うと思いますが、私のところは、学科と
床上操作式クレーンのための合図を2日で行い、修了試験に合格すれば実技の運転に入ります。



学科ですが、講義をまともに聞いていれば、どこが学科試験に出るのか教えてくれますので落ちることはないと思います。(しかし居眠りしていると落ちます)


また法律で講習時間が決まっていますので、遅刻をすると問答無用で門前払いを受けますので注意してください。



学科の1、2、4の一部は暗記になります。3は中学レベルの数学になり、4の電気に関することは、中学レベルの理科なので、そんなに難しくはないです。ベクトルや力の計算と、電気の直列・並列の計算ができれば何も問題ないです。



学科の検定試験ですが、マークシート方式で、60%以上の点数で合格(ただし学科1~4の各項目で最低40%以上取らないと不合格になります。)


今回は、学科が2日間の日程でしたので、家に帰って復習することが聞きましたので、それ程難しくはありませんでした。


全員で20名前後いましたが、全員合格でした。



次に実技になります。実技は1日半?ですので、2日目?に修了試験になります。当日は不安でいっぱいでした。

メイン写真

ドラム缶にコンクリートを詰めたものが荷になります。今回は床上操作式クレーンの技能講習になりますので、荷をクレーンに吊るす作業がしません。って出来ません!!してはいけません!!


基本的に東西南北と上下のスイッチのみを使います。ブザーとかは使いませんでした。


荷を上げるときに一気に上げると怒られますので、手順通り、ワイヤーの弛みを取ってから、地切りします。(地切りヨシッ!って声と指差呼称しないと怒られます。)

そして単に上下させるだけ。

まずはこれだけです。


荷を移動するとき、止めるときは、慣性の法則で荷が必ず振れます。当然ですよね?荷は止まっているのに、クレーンが移動するわけですから、荷がワンテンポ遅く動きますので進行方向とは逆に振れます。


逆に止まるときは、クレーンが止まっても荷は動き続けようとするわけですので、クレーンが止まっても荷は進行方向に振れます。


この荷が振れた時に、振れを取る方法教えてもらい、何度も振れを取る練習をします。これは何回か練習しないと上手く振れを取ることができません。(下手すると余計に振れが大きくなってしまいます!!)


この振れを取る練習を東西方向、南北方向と練習します。(東西方向と南北方向では若干感覚が違います。やっていることは同じですが・・・)


練習が終わったら、一通りコースを回ります。コースといっても、コーンとポールと金網?で作られた道を荷が接触しないようにペンダントスイッチで操作しながら回ります。


メイン写真

ゴールとスタートは黄色い丸の中に荷を置けばOKです。


コースですが、バーを乗り越えるとか、東西南北と上下のペンダントスイッチを操作しながら回ります。


何回かコースを回ったら、いよいよ終了試験になります。試験も練習と同じコースを回ります。注意するのは、地切りを忘れるとか、ポールや金網に接触してしまい倒してしまうと減点が大きいです。特に接触して倒してしまうと即終了になってしまう可能性が高いです。あと、時間制限になります。フォークリフトの場合は、制限時間はあまり気にしなくても大丈夫ですが、床上操作式クレーンは、規定時間の倍を超えるとそこで終了になってしまいます。(規定時間の倍まではOK)。確か合格点は70点以上だったと思います。


今回、修了試験で落ちた人はいませんが、会社の同僚で金網に接触してしまい、落ちてしまった人がいます(追試で合格になりましたが・・・)。


操作ミスや振れが止まらないと焦ってしまいますが、一つ一つの動作を落ち着いて操作すれば難しい試験ではありませんので、落ち着いてください。


よく床上操作式クレーンは誰でも取れる技能講習と言われていますが、舐めてかかるとテンパってしまいますので真剣に取り組みましょう。