2018年4月22日に山梨県南都留郡忍野村にある、陸上自衛隊駐屯地の「北富士駐屯地創立58周年記念行事」に行ってきました。少し前に別の駐屯地で「滝ヶ原駐屯地 創立44周年記念行事」があり、訓練展示が良かったのでまた見たいと思い足を運びました。

今回は、観閲式、観閲行進、訓練展示、大砲とコラボする野外演奏、野外展示を見に行きました。仕事の関係で、昼ぐらいには北富士駐屯地を出発しなければならず、あまり長いはできませんでした。

DSCF0941
これは観閲式です。自衛隊のあらゆる車両が勢ぞろいしています。

DSCF0942
155mm榴弾砲がけん引されています。

DSCF0946
レーダー搭載車でしょうか?詳しくないので、詳細は不明です。


観閲式、観閲行進の後は、メインイベントである大砲(105mm榴弾砲)とコラボする野外演奏・訓練展示になります。大砲(105mm榴弾砲)とコラボする野外演奏・訓練展示の動画は後日編集しますので、そちらをご覧ください。

105ミリ榴弾砲は3門配備され、演奏に合わせて空砲が轟きました。訓練展示では155mm榴弾砲が4門配備され、実戦を想定して空砲を発射していました。
o0300040012458115887
155mm榴弾砲になります。空砲の発射の瞬間ですが、炸裂音と衝撃波を感じ、非常に興奮しました。

DSCF0949
DSCF0950
こちらが105mm榴弾砲になります。国賓の来日の際などに礼砲として使用されています。

DSCF0951
DSCF0952
155mm榴弾砲になります。砲身が長いですね。

DSCF0961
DSCF0962
155mm榴弾砲の後ろの部分になります。メカニックなところは詳しくないので分かりませんが、現役の火砲の詳細まで分かってしまいます。ここまで一般公開して、軍事機密は大丈夫なのでしょうか?スパイ天国と言われる日本、気になるところです。

DSCF0955
120mm迫撃砲です。作りは簡単そうです。
DSCF0954
今回は砲弾まで展示してありました。持ってみると10㎏ぐらいはありそうでした。実戦ではこれをどんどん装填しないといけませんから体力使います。

DSCF0956DSCF0966
DSCF0957
81mm迫撃砲になります。とってもシンプルそうな作りになっています。砲弾も展示してありましたが120mm砲に比べてだいぶ軽くなっています。
DSCF0958
毎度おなじみの10式戦車になります。これからどんどん10式に更新されていきます。74式戦車が退役していくのが寂しいです。

DSCF0959
87式偵察警戒車になります。履帯ではなくタイヤ装備ですね。それでも武装しています。

DSCF0960
謎のロケット弾か誘導弾。

DSCF0963
75式自走155mm榴弾砲。ワールドオブタンクスでは自走砲扱いでしょうか?お空から榴弾降ってくると怖いですね。

DSCF0964
戦後の国産戦車の61式戦車になります。戦車はカッコいい!

DSCF0970
一番好きな74式戦車。陸上自衛隊では10式戦車に順次更新され、徐々に退役しています。戦車の配備数も減少しており、動いている姿を見られるのは貴重です。

DSCF0968
DSCF0969
203mm自走榴弾砲。ぶっとい主砲と長い砲身がカッコいいです。ワールドオブタンクスで言えば間違いなくティアー10自走砲になりますね。


こちらは大砲(105mm榴弾砲)とコラボする野外演奏になります。


 155mm榴弾砲を4門使用した訓練展示

関連記事
陸上自衛隊 土浦駐屯地 土浦武器学校
朝霞駐屯地 りっくんランド
滝ヶ原駐屯地 創立44周年記念行事