2018年10月20日に、京都府伏見区にある伏見稲荷大社にを訪問しました。伏見稲荷大社といえば千本鳥居で有名です。
DSCF1427
この伏見稲荷大社は24時間参拝可能な神社ですので、真夜中の深夜22時ぐらいに訪問しました。深夜ということもあって、無料の伏見稲荷大社専用駐車場にも余裕があり、無事に車を停めることができました。休日の昼間は大混雑になりますが、深夜に訪問すると混雑を避けることができるメリットがあります。

DSCF1425
しかし京都の有名な神社ですので、深夜にもかかわらずある程度の観光客はいます。言語から推測すると、多くは中国・韓国からの観光客と思われます。

DSCF1450
手水舎にも人がいます。カップルやグループでの訪問客が多いですが、中にはスーツを着たサラリーマンもいました。一体何をお願いしたのでしょうか?
DSCF1427
楼門になります。

DSCF1480
手水舎で身を清めてから楼門をくぐります。夜の神社でライトアップされているには幻想的です。

DSCF1449
外拝殿と本殿になります。ライトアップされています。本殿のほうが明るくなっています。

DSCF1428
本殿でお参りしている人がいます。ちょうど若い男のグループがお参りしていましたが、1人が、ふざけながら鈴を鳴らしていて罰当たりだなと思いながら人間観察しました。

DSCF1430
本殿で参拝を済ませましたので、ここから千本鳥居に向かいます。千本鳥居に向かう時にはカップルが目立ちました。神秘的で幻想的な夜の千本鳥居はデートスポットにもなっているようです。お一人様の私は、カップルのイチャイチャを横目に千本鳥居に向かうことになりました。
DSCF1432
千本鳥居の一番最初の鳥居になります。
DSCF1433
これはフラッシュをたいてしまいましたが、フラッシュをたかない方が神秘的に撮れることが分かりました。

DSCF1475
鳥居には等間隔に灯りがあり、神秘的な世界になります。昼間の風景とは全く別次元になり美しいです。企業名や個人名の書かれた鳥居が奉納されています。

DSCF1437
狐がいます。この先から鳥居が2手に分かれており、行き帰りで通るルートが違います。
DSCF1438
これはフラッシュをたかないモードで撮影

DSCF1473
これは赤外線?モードとかいうのを使ってみました。

DSCF1435
これはフラッシュをたいてみました。

同じところを撮っているのに、撮影モードを変えると印象が違います。実際の目には、2枚目と同じ感じに見えます。

DSCF1468
等間隔にある灯りが幻想的です。男女の仲を引き付ける力がありそうですが、お一人様の私には関係ない話になります。この灯りのおかげで、夜の神社も思ったほど怖くありませんでした。
DSCF1467
フラッシュをたいしまうと幻想感が半減してしまいます。素人の写真ですのでしょうがないですね。

DSCF1456
千本鳥居をくぐると「おもかる石」なる怪しげな石があります。どうやら自分が想像した重さよりも重ければ願いが叶わず、軽ければ願いが叶うというものになります。
DSCF1455
試しに生涯のパートナーが見つかるようにお願いしたら、重からず軽からずといった中途半端な重さに感じました。これは願いが叶うのか叶わないのか本人の努力次第といった結果なのでしょうか?

DSCF1454
おもかる石の横に、謎のミニ鳥居が奉納されています。

DSCF1444
フラッシュで写真を確認したら、大きな鳥居に「稲荷大神」と書かれていました。
この稲荷大神の鳥居の奥は木々が生い茂っており、カサカサっと謎の音が響き渡って不気味でしたが、心の中で猿か鳥が動く時の木の枝の音なのだろうと解釈しました。

DSCF1446
謎の拝殿もありました。とりあえず今回はスルーしました。

ここより先にも稲荷山まで千本鳥居が続いておりますが、工事の影響で通行止めになっていました。

DSCF1461
これより先はバリケードで封鎖されています。人も少ないので強行突破しようと思えばできますが、さすがに1人では怖いので引き返すことにしました。個人的には稲荷山まで登ろうかと思って懐中電灯まで持参しましたが、使う機会はありませんでした。

IMG_20181020_220609
作業中のため通行止めとなっています。この先は異世界に繋がっている気がします。

IMG_20181020_220936
ここにも狐さんがいますが、見るアングルによって睨まれているように見え、少々不気味な気がします。

DSCF1464
おもかる石のところに猫がいました。化け猫ではなさそうです。

DSCF1460
この鳥居は右側通行になっており、帰りは別の鳥居に向かって車に戻ることになりました。

この伏見稲荷大社を訪問した翌日に、伊勢神宮・月読宮に向かうことになります。