2018年11月10日に長野県木曽郡王滝村にある「おんたけ高原温泉 こもれびの湯」に行ってきました。11月の営業時間は13時~18時まで(受付17時まで)と営業時間が短くなっています。この温泉は「おんたけ休暇村」の中にあり、公益財団法人名古屋市民休暇村管理公社が運営しています。さすがお役所仕事ともあって、営業時間が短いのですね。

IMG_20181110_165743
今回は受付終了5分前に駐車場に着きましたので、ダッシュで受付に向かいました。受付を済ませてから記念写真を撮りました。受付には若いお兄さんが作業服で愛想良く対応してくれました。

IMG_20181110_170156
脱衣所はこんな感じです。籠にタオルが入っていたので、先客がいるかと思いきや、忘れ物らしく誰もいませんでした。今回は1時間貸し切り状態での入浴になります。

IMG_20181110_170207
ここでは蛇口から冷鉱泉(飲泉)が出ますので、温泉を味わうこともできます。

IMG_20181110_170338
洗面台が茶色くなっていたので、茶色い源泉かと思いきや、出てくるのは透明で冷たい鉱泉になります。試しに飲んでみましたら、炭酸水に鉄を溶かしたような味です。これと言って美味しくはありませんが、健康増進のためにも、がぶ飲みしました。飲泉すると分かりますが、鉄の味がガツンと効いています。

IMG_20181110_175111
温泉表示にもしっかりと「含鉄泉」と書いてあります。正確には「単純二酸化炭素・鉄(Ⅱ)冷鉱泉」ですので、しっかりと炭酸も効いているのですね。

IMG_20181110_170024
内風呂と露天風呂がありますが、露天風呂は休止中でした。備え付けにはシャンプー・リンス・ボディソープがあります。どれも馬油を配合してりますので、しっとりとした洗い上げになります。特にシャンプーですと、カサカサ感がなく、しっとり感があり分かりやすいです。

IMG_20181110_170009
曇ってて見にくいですが、内風呂になります。浴槽はそれほど広くなく、5人入ればちょうど定員といった感じになります。

IMG_20181110_170414
脱衣所で飲泉した時は透明でしたが、浴槽では茶色になっています。鉄が酸化したのでしょうか?それとも飲泉用だけ鉄分をろ過しているのでしょうか?

IMG_20181110_172122
右上から源泉がチョロチョロ投入されています。源泉掛け流しの温泉ですので、源泉投入された分が溢れて捨てられています。
入った感想ですが、温泉らしい「しっとり・ツルツル」といった感じはなく、ザラザラとした肌ざわりになります。これぞ鉄系の温泉といった感じですね。このような温泉にはあまり入ったことがありませんので、新鮮な気持ちになりました。良質の良い温泉です。

IMG_20181110_170102
外にも桶の露天風呂が備え付けられていますが、今回はブルーシートが掛かっており利用できませんでした。

基本情報

【9月~6月】13時から18時まで(受付は17時)
【7月~8月】13時から19時まで(受付は18時)

大人(中学生以上)500円
小人(4歳~小学生)300円