前回、株のトレードで200万円失った話 その1でどのような取引で損を出したか紹介したが、過去の取引をもう一度振り返ってみたら、まだ大きな損を出した取引があったので紹介する。

無題10
これはとある銘柄のチャートである。少し前から下落傾向にあった。800円割れまではいかないであろうと思っていたら、800円割れをしたので500株買い注文を出した。いわいる逆張りという手法である。

※順張りと逆張りがあって、順張りはチャートが右肩上がりの時に買い注文を出し、値上がりしたら売る。逆張りは、値下がりしているときに買い注文を出し、値上がりしたら売る。

どちらも値上がりしたら売るのは変わりないが、順張りだと、底値より高い価格で買うので利益は少なくなり、逆張りだと最大限の利益が出る。しかし逆張りだと、買うタイミングを間違えるとズルズル値下がりして損する。

今回は800円割れが底値だと思い逆張りを仕掛けたが、700円割れまで下落して失敗。700円台を回復して売却。5万ほどの損害を出した。

無題20
これもある銘柄のチャートである。この銘柄はかなりの高配当で人気の銘柄。権利付き最終日は値上がりすることが多いため、少し前に2800円割れした時に500株買い注文を出した。しかし権利付き最終日も値下がりし、権利落ち日は暴落した。権利落ち日の値下がりはある程度覚悟はしていたが、株投資を初めてすぐだったので、ここまで暴落するとは思ってもいなかった。これも若干戻してところで売り払い、13万ほどの損害を出した。ただし、高配当分もあり、約3万円ほどは配当で回収したので10万弱の損害が確定した。

無題40
これもある銘柄のチャートである。今回は値下がりした底値で100株買い、その後数日は値上がりしていた。1株6000円まで値上がりしたので、この段階では2万円ほど含み益が出ていた。しかしまだ値上がりすると踏んで売却しなかったら、ジェットコースター並みに値下がりし、結局4800円で売り払い10万円の損害が出た。これは欲をかいたため売るタイミングを誤り、値下がりしてしまったパターンである。

無題30
これもある銘柄のチャートである。先ほどは欲をかいで失敗したため、今回は損失を免れたパターンである。これも値下がりした底で500株買い注文を出し、順調に値上がりしたため、天井付近で売却した。この取引では5万ほどの利益が確定した。

売却した直後から値下がりし始め、1株2600円~2800円まで落ちた。もしそのまま売却していなかったら、最大で25万ほど損害が確定していたことになる。まさに紙一重で損害を免れた。

株投資はネット上での心理戦だということがよくわかると思う。株式市場では、新人もベテランも個人投資家も機関投資家も関係ない。みな同じ土俵で戦わなくてはならない。新人はベテランにきつい洗礼を受けることになる。弱肉強食の厳しい世界なのだ。

私も最初は大きな損害を出し続けたが、後半は少しはマシになったと思う。損害を出したことに変わりはないが、明らかに損害の額は減ってきていた。前回、来年には株式市場に再参入するつもりと書いたが、投資資金を減らし、再参入の時期を早めたいと思う。