夢のやせ薬があるのをご存じだろうか?実体験で10キロ痩せました。その薬は「SGLT2阻害薬」といい、糖尿病の薬になります。糖尿病の薬には、インスリンを出しやすくする薬や、インスリンを効きやすくする薬などいろいろありますが、「SGLT2阻害薬」は糖の尿への排出を促す薬になります。
oNuqBkRE
一般的に糖はエネルギーの元ですが、使われなかった糖は脂肪として蓄えられます。血液中の糖は必須品ですので、腎臓の糸球体で血液が濾過され、尿の元が作られた後に再び吸収されます。(糖尿病患者は糖が多すぎて尿に漏れ出てしまう。)

しかし「SGLT2阻害薬」を服用すれば、糖の吸収を抑えることができ、尿として排出されます。わかりやすく言えば、意図的に糖を尿の中に出して排出するということになります。
図3
よって余分な糖が尿に排出されるので、血液中の糖が減り糖尿病が改善される効果があります。
余分な糖が排出しなければいけないので強い利尿作用があり、水分による体重減少と、糖を排出するので結果的にカロリー喪失になりダイエット効果が期待できます。

ただし副作用もあり、尿が多くなる分、のどの渇きが強くなりますので水分を多くとる必要があります。尿糖による尿路感染症や筋肉が落ちるといったことも言われています。

この「SGLT2阻害薬」はあくまでも糖尿病の薬です。ダイエット効果はあくまでも副作用的な効果になります。それと医師の処方箋が必要になりますので、糖尿病患者以外は手に入れることが難しいかもしれません。もしやせ薬として使用するならば、目的外の使用になりますので自己責任になります。