みなさんこんにちは。みなさんは2000円札は知っていますか?もちろん知っている人も知らない人もいるかと思います。中には何年も見ていないという方もいると思いますし、お年玉シーズンしか見ないという人もいると思います。お年玉には2000円札は便利ですよね。1000円では少ないですし、5000円では多いですし、2000円がちょうどいいですね。


  さて、2000円札の流通枚数は、今は発行していない500円札よりも少ないといわれています。お釣りでもらうことはまずありませんし、2000円札の両替方法をご紹介したいと思います。
image-36db5

①銀行(信金)で両替する
これは一般的です。しかし両替機では取り扱っておらず、窓口での両替となることが多いです。また、平日の15時までに両替しないといけない制約があります。しかし新札が手に入る可能性が高いです。

※先日メガバンクに行ったところ、新札への両替を拒否されてしまいました。理由として、現在2000円札はほとんど流通しておらず、新券の発行がないため取り寄せることができないとのこと
でも私は知っています。確かに新券の製造はしていませんが、日本銀行の金庫の中には大量の新券が眠っていることを。
そこで日本銀行に真意を確かめるために恐る恐るメールで問い合わせをしました。その結果、やはり思った通り、製造はしていませんが、金融機関から依頼があればいつでも新券を用意できるとのこと。私が行ったメガバンクでは、経費削減のためなのか流通しない2000円札を意図的に用意していなかったことが分かりました。(2018年3月追加)

②郵便局で両替する
郵便局では両替業務は行っておらず、サービスで両替してくれることが多いです。特に都市部の銀行ですと、2000円札の在庫があることが多く、両替してくれる場合が多いです。その反面、地方の郵便局では在庫がなく、断られることがあります。

③お釣りでもらう
10000円札、5000円札で買い物してお釣りをもらう。これはまず不可能です。お店によって2000円札はお釣りに出さないと決めているところもあり、そもそも2000円札を使う人がいません。
※鉄道系の券売機では2000円札を排出する機能を持ったものがあり、一部の2000円札マニアが2000円札チャージや定期券購入等で使用されたものがお釣りとして出てくる場合があります。

④沖縄に行く
沖縄の銀行では、2000円札を指定して出勤するATMもあります。お釣りでも2000円札が混じってくることもあります。しかし費用対効果が・・・お任せします。


  以上のような方法がありますが、やはり時間が許せば①が正当な方法だと思います。私は、会社を有給で休む時に、ついでに2000円札をまとめて何十枚と両替します。みなさんもぜひ2000円札を両替して、世の中に流通させましょう!!!