みなさんこんにちは。みなさんは日本の財政についてどう思いますか?

①これはマズイ、早く財政再建しないと
②まだまだ大丈夫、何とかなるさ

さてとっちだと思いますか?マスコミの影響で、①が大半な意見だと思います。実は私もそうでした。でも実は②なんですよ。日本はどんなに借金してもまだまだ大丈夫なんです。何言ってんだ?日本の借金1000兆円超えたぞ!一人当たりの借金800万?そんなの返せんだろ?って思うのも当然ですが、それは洗脳されているだけす。ではその理由を説明しましょう。

①自国通貨建ての借金である

  日本は自国通貨建ての借金ですので、イザとなればお札を刷って返せばいいのです。もちろんインフレになり、事実上のデフォルトですが・・・でも破たんはしません。もちろん政府には徴税権があります。

②日本は世界一のお金持ち

  日本は対外純資産が20年以上世界一なんです。逆を言えば、外国にお金を貸している立場なんです。そんなお金持ちが破たんするぐらいなら、他国は破たんしています。

③財務省の宣伝

  みなさんはこれに騙されています。財務省役人はすぐに破たんすると大騒ぎしています。日本政府の借金は世界一ですが、逆に試算も世界一なのです。資産から借金を引いた純粋な借金は、500~600兆円程です。まだまだ売れる資産はありますが、天下り先がなくなるので売らないのです。外貨準備高も世界二位ですし。

④マイナス金利

  今の国債の金利は実質的にマイナスです。潰れそうな国の国債がマイナス金利にはなりません。実は今は国債の奪い合いをしている時期なのです。日銀が大量に国債を買い入れているため、市中に出回る国債がほとんど無いのです。バランスシートを見ても、日銀の保有割合が多くなり、それ以外が減っています。日銀と政府は一体なので、事実上日本の借金はどんどん減っているのです。というのも、自分が自分に100万円貸しても借金とならないのと同じで、日銀と政府とのお金の貸し借りはカウントしないのです。


  以上のような理由で、日本の財政はまだまだ何の問題もありません。先のEU離脱問題で大幅に円高に振れまし、日本円は世界一の安全資産なのです。しかし垂れ流しする財政赤字をそのままにしていいはずはなく、財政再建も考えなくてはいけません。