ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

経済

ドイツ銀行って知っているだろうか。名前からしてドイツの中央銀行と思われがちだがそれは違う。ドイツ最大の民間銀行だ。

総資産は日本円で言うと大体200兆円ほどの巨大銀行。その巨大銀行が少し前から揺らいでいることをご存じだろうか?それはドイツ銀行が発行するココ債(CoCo債)という銀行債が不安視されているからです。「偶発転換社債」ともいわれて、社債を現金で返す代わりに株式で返しても良いというものです。

このCoCo債は、なんと債券を買った人には選択権がないんですよ。貸し手の都合で現金で返したり株式で返したりできるんです。
で、ドイツ銀行の株式がほぼ紙くず化して株式で返されたらどうなりますか?一瞬で大金を失いますよね?

そもそもなぜドイツ銀行の破綻説が出てきたかというと、
モーゲージ証券という怪しげな住宅ローンを担保にした証券をばら撒いたり、ギリシャのデフォルト問題で不良債権を大量に抱えており、フォルクスワーゲンへの1兆円以上の乱脈融資によって出てきました。

ドイツ銀行はドイツ政府の言いなりで、政府の言う通りに融資した挙句、ドイツ政府から経営危機が起こっても支援しないと死刑宣告されました。

リーマンショック時のリーマンブラザーズの負債額は70兆円程でしたが、ドイツ銀行が破綻すると280~300兆円の負債額になると言われています。

大きすぎて潰せないどころか、大きすぎて助けられないといったことろでしょう。もし仮にドイツ銀行が破たんしたら、リーマンショック以上の恐慌が世界を駆け巡ります。

よく日本の財務省は、「日本の借金が1000兆円突破」とか、「国民一人当たりの借金が800万円突破」だとか言ってますよね?それに引き換え、ドイツは無借金経営で、新規国債発行をしないとか優等生ぶりをアピールしてます。しかしどちらも大嘘、騙されてはいけません。日本の財政については、以前書きました「日本の財政はまだまだ大丈夫」を見てください。財務省の大嘘が分かりますよ。

さて、ドイツについてですが、ドイツはドイツ銀行をはじめ、ドイツ国内の銀行に乱脈融資をさせて、借金を銀行に押し付けているのです。簡単に言えば、帳簿上に載らない簿外債務と言ったところでしょう。その証拠に、ドイツ国内の銀行は、どこも不良債権を抱えており、いつ爆弾が爆発するか分からない非常に危険な状況に陥っています。その筆頭に「ドイツ銀行」があげられます。一時はドイツ銀行破綻説まで浮上しました。

日本は赤字国債・建設国債・政府短期証券・借入金・年金の前受け金・特殊法人や独立行政法人の借金・地方の借金まで国の借金としてカウントして、借金が大変だ大変だと騒いでいますが、ドイツでは中央政府の借金のみをカウントして、その他は知りませんよととぼけているだけです。

国の富としてみると、ドイツは見かけ以上に悪く、日本は見かけ以上にお金持ちなのです。皆さんも騙されてはいけません。

↑このページのトップヘ