ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

節約

携帯電話が普及する前は必ず財布に入っていたもの、皆さんもテレホンカードの1枚や2枚財布に入っていませんでしたか?

今はスマホやガラケーに押され、年配の人しか財布にテレホンカードが入っていないと思います。あと、アイドルテレカやアニメテレカなどコレクションしていて、もういらないなぁーと思って金券ショップに行っても安く買い叩かれ結局諦めて売らずに帰った人もいるでしょう。

そのテレカを有効利用する方法があるんですよ。それは固定電話の通話料に使ってしまえばいいのです。NTT西日本・NTT東日本で固定電話を設置していれば、固定電話の通話料としての支払いに使用できます。例えば、10万円分のテレホンカードをNTTに送れば、毎月10万円から使った分を勝手に引いてくれるんです。

動画に詳しくあります。



やり方

NTT西日本の場合

①NTT西日本のホームページで「 テレホンカードによる電話料金のお支払いについて」のページを開く

0120-747488(無料)に電話し、申込用紙と郵送の封筒を送ってもらう

③申込用紙に記入し、特定記録郵便でテレホンカードと申込用紙を郵送する(郵送費用はNTT西日本負担)

④後日、送ったテレホンカードの金額と充当する電話番号があってるか確認書類が来るので確認する


NTT東日本の場合

①NTT東日本のホームページで「 テレホンカードによる電話料金のお支払いについて」のページを開く

116に電話し申し込みを行う旨を伝える(申込用紙と郵送の封筒を送ってもらうことも可能?)

③申込用紙と郵送の封筒を同ページからダウンロードする

④申込用紙に記入し、特定記録郵便でテレホンカードと申込用紙を郵送する(郵送費用はNTT西日本負担)

⑤後日、送ったテレホンカードの金額と充当する電話番号があってるか確認書類が来るので確認する


以上になります。

簡単ですよね?この方法を使えば、金券ショップで安くテレホンカードを買い占め、NTTに送り付ければかなりの節約になります。

でも注意点があります。それは使いかけのテレホンカードは使えないことと、105度のテレホンカードは100度扱いになる。手数料がテレホンカード1枚につき50円(税別)が掛かります。

それらに気を付ければいい節約になりますよ。

  みなさんこんにちは。今回は、金券ショップを有効利用してもらいたいと思い投稿しました。最近のマイナス金利による預金金利の低下や、なかなか賃金が上がらない現在、1円でも節約したいですね?
  かといって、投資信託や外貨預金みたいなリスクは背負いたくないしと思っているみなさん、そのような方には金ショップがおススメなんです。今に預金金利、0.001%とかふざけた金利ですよね?ただで預けているようなもんですからね。でも、金券ショップを使えば、1~2%ぐらいの金利と同じぐらいの効果があるんですよ。

  私はいらない金券を売ったことないので、売る方の説明は省きます。

  えーと、信販系のギフト券って知ってますか?JCBとかVISAとかUCとかです。これが一番使い勝手のいい金券になりまして、大手スーパーやデパート等、全国で60万店以上のお店で使うことができます。このギフト券は1000円券で98~99%で売っています。つまり、1000円の券が980円~990円で売っていることになります。もちろんたった10~20円と小さな額ですが、毎日使うことを考えてください。

  例えば1か月5万円スーパーで使うと思ってください。それをギフト券で支払えば、1カ月当たり500~1000円の節約になります。これを銀行の預金金利で考えると、5000万円~1億円を1年間預けた金利。これをたった1か月で回収できるのです。これって大きいと思いませんか?

  金券ショップで売ってるのは信販系のギフト券だけではありません。ジェフグルメカード・クオカード・交通機関の回数券等々何でも売っています。ここで十万円単位で仕入れれば、1回あたりの資金は大きいのですが、それだけ回収もできます。どうせ使いなら、金券ショップで賢く仕入れ、賢く節約しましょう。

↑このページのトップヘ