ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

その他

フォークリフトは皆さんご存知だろう。その技能講習について説明したいと思います。
フォークリフトは荷物をトラックなどに積み込むときに使うアレです。JISでは「動力を用いてフォークなどを昇降させるマストを備えた荷役運搬機械の呼称」と規定されているそうです。



議場講習をする場所ですが、技能講習は都道府県労働局長登録教習機関において行われます。時間ですが、学科と実技で原則35時間の講習を受けなければなりません。
  • 学科
    1. 走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間)
    2. 荷役に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間)
    3. 運転に必要な力学に関する知識(2時間)
    4. 関係法令(1時間)
  • 実技
    1. 走行の操作(20時間)
    2. 荷役の操作(4時間)

講習内容は上記になります。しかし大型特殊自動車免許を持ってる人は、学科1と実技1が免除になり、学科7時間、実技4時間の計11時間。車の運転免許を持っていれば、学科1が免除で学科7時間、実技24時間の計31時間など、条件によって違いが生じます。


私は車の免許だけですので31時間の講習を受けました。


学科ですが、講義をまともに聞いていれば、どこが学科試験に出るのか教えてくれますので落ちることはないと思います。(しかし居眠りしていると落ちます)


また法律で講習時間が決まっていますので、遅刻をすると問答無用で門前払いを受けますので注意してください。


学科の1、2、4は暗記になります。3は中学レベルの数学になりますので、そんなに難しくはないです。ベクトルや力の計算ができれば何も問題ないです。


学科の検定試験ですが、マークシート方式で、60%以上の点数で合格(ただし学科1~4の各項目で最低40%以上取らないと不合格になります。)


私のところですが、学科は1日でしたので、入校当日の講義が終わったらすぐに学科の検定試験でした。なので家に帰ってから覚えてこようなどできませんでした。

でも15、6人ぐらいいましたが全員合格。落ちる人はいませんでした。講師が言っていましたが、不合格になる人は3,4か月に1人居るか居ないかレベルだとのことです。それも点数は60%以上取っているのに、最低点に引っかかって落ちる場合がほとんどらしいです。

そして次は実技になります。

01541582289

練習はこんな感じで、カウンター式のリフトで練習します。(ちょっとだけリーチリフトを使います。)あと、最後の検定試験はカウンター式のリフトになります。

今回は、大型特殊を持っている人が数名いて、31時間コースのメンバーは10人でした。リフト2台を使い5人の2グループに分かれました。

学校によって若干違うとは思いますが、私の学校では、自動車の教習所みたいなコースがあり、外周とS字やクランクのコースがありました。

みなさん初めてリフトに乗るので、エンスト、ポールやタイヤに接触は当たり前ですので気にしません。(中には修了証がなく乗っていて、ベテランの方がいます。修了証が欲しいだけだそうです。)

2~3日まずは外周をひたすら走ってリフトの走行に慣れます。荷物を運ぶことはしないでひたすら走ります。リフトはケツが振れるので、自動車の感覚とはだいぶ違います。これは慣れるしかないです。


外周が終わったら、タイヤを並べて、タイヤを縫うように8の字に走ります。ハンドルを切るタイミングが全く掴めず、最初は苦労すると思います。この8の字を前進と後進を行います。たまたま私の時は人数が少なく、1グループ5人という少人数でしたので、かなり順番が回ってきて練習できました。


01541582114

その後は、自動車のコースみたいに、外周とS字、クランクを混ぜたコースを走ります。2グループでしたので、内回りと外回りでした。ここら辺から、器用な人と不器用な人の差が出てきます。器用な人は難なく走りますが、不器用な人はポールやコーンを倒したりしますが、練習ですので気にしません。それを内回り外回りを何回か走ります。そのあと、後進で同じコースを走ります。

特にクランクはリフトを寄せる方向を間違えると曲がり切れなくなって接触してしまいます。前進と後進でどっちに寄せるかと、曲がるタイミングが違うので分からなくなってしまいます。とりあえず曲がる方向にリフトを寄せます。(リフトはケツが振れるので)

その後、ちょっとイジワルされて、S字とクランクの所のコーンの間隔を狭くされてしまい、そこをまた走ります。(今度は前進だけでした。)

それが終わったら、実技試験と同じようなコースを走ります。まだ荷物は運びませんので、ただ走るだけです。

http://www.sumitomonacco.co.jp/blog/wp-content/uploads/DSC03510.jpg

(実技試験コースはこのような感じ。台に乗っている荷物を制限時間内に移動するだけです。)

一通り走行の練習をしたら、いよいよ最終日は荷役の運搬になります。

01541583645

このようにパレットに乗っているコンクリートを運搬します。

今まで前進行進のレバー操作だけでしたのが、荷役を運ぶとなるとレバー操作が一気に増えますので、難易度が上がります。

練習ではカウンター式のリフトですので、レバーは、ツメの上下、チルトの上下のレバー操作が増えます。

荷のど真ん中にリフトを持ってきて、チルトを下げてツメを上げ、パレットにツメの高さを合わせます。ツメを奥まで突っ込んだらチルトを上げて、さらにツメを上げ地切りします。

そのままバックして、荷を走行状態の高さに持っていきクランクを移動して台に置きます。特に荷を積んだ状態で一気にツメを下すとリフトがガクンとしますのビビります。ゆっくり下ろしましょう。

ここでテンパるとどのレバーを操作しているかわからなくなり、前進のレバーのつもりが、爪を下げるレバーを操作してしまったりとしますので、慌てないようにレバーに書いてあるイラストを見ながらゆっくり操作しましょう。

一通り荷の運搬に慣れると、二段取りの練習をします。基本、パレットはツメの奥まで差し込むのですが、パレットが台の奥にあって奥まで差し込めないときは、一度パレットを手前に引き寄せた状態に持っていき、そこから改めてツメを置くまで差し込み運搬する方法です。実技試験ではこれを使います。

練習の時ですが、余計な操作が増えますので、2段取りを忘れて1回で取ってしまいました。あと、操作を間違わないように、声に出しながら操作している人もいました。(上げる、下げる、前進などぶつぶつ言いながら)

この練習を半日行い、あとは実技試験です。

自分のところは、制限時間内に、荷を台の赤枠の上に乗せることです。時間は忘れましたが、6分以内だったと思います。

実技試験は減点方式で、70点以上で合格だったと思います。時間オーバーしても大した減点にはならないので、時間は気にしないほうがいいです。

荷を台の赤枠に置きますが、こちらも多少ずれてても減点は小さいので気にしないほうがいいです。減点で一番大きいのは安全確認になります。スタート時の安全確認や、後進時の左右後方確認忘れの減点は大きいです。

あと、レバーの操作ミスや、ポールの接触の減点も大きいですので、慎重に操作してください。

私は大きな減点はありませんでしたので、無事合格することができました。しかし本番に弱い人は必ずいるもので、2名ほどテンパってしまい、接触や操作ミス、台への突っ込み等で不合格になり、追加試験を行っていました。

よくフォークリフトは誰でも取れて簡単だとのことですが、舐めて掛かると落ちますので気を抜かないようにしてください。やはり何回かに一回は落ちる人はいるそうです。

特に大型特殊免許を持っている人は実技の講習時間が短いので、落ちる人が多いそうです。

輪廻転生の仏教の世界で、人間に生まれてしまったのは天の定めなので致し方ありません。

人間道では四苦八苦の世界で、苦しい中にも楽しみがある世界です(私には楽しみなどないですが)。

※余談

四苦とは生・老・病・死が思いのようにならないこと。
・生・・・・・生きていること自身にの肉体的・精神的な苦痛を伴う
・老・・・・・老いていくことに伴い、体力・気力などが衰退していき自由が利かなくなる
・病・・・・・病気になることによって、痛みや苦しみを味わう
・死・・・・・死ぬことへの恐怖や、死んだ後にどのようになるかの不安

上記のことに

・愛別離苦(あいべつりく) ー愛する者と別離すること
・怨憎会苦(おんぞうえく) ー 怨み憎んでいる者に会うこと
・求不得苦(ぐふとくく) ー 求める物が得られないこと
・五蘊盛苦(ごうんじょうく) ー五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと

の四苦を加え四苦八苦になります。

それに引き換え天道では、天人の住む世界で、寿命は非常に長く、苦しみも人間道に比べてほとんどない世界だと言われています。しかし天人も悟りを開いていないため、輪廻転生の世界では寿命があり、生前の行いによって六道のうちどれかに生まれ変わります。

※余談

六道とは

・天道-天人の住む世界
・人間道-人間の住む世界
・修羅道-争いの多い世界、終始争っていて苦しみが大きい
・畜生道-動物の世界
・餓鬼道-餓鬼の住む世界。食べ物を口に入れようとすると火となってしまい餓えと渇きに悩まされる
・地獄道-地獄ですね

天人の寿命が尽きるときには以下の前兆があります。

・衣裳垢膩(えしょうこうじ)-衣服が垢で油染みる
・頭上華萎(ずじょうかい)-頭上の華鬘(けまん)が萎える
・身体臭穢(しんたいしゅうわい)-身体が汚れて臭い出す
・腋下汗出(えきげかんしゅつ)-腋の下から汗が流れ出る
・不楽本座(ふらくほんざ)-自分の席に戻るのを嫌がる

このように寿命が尽きるころになると、いくら天人であっても苦悩を味わいます。天人の五衰の時の苦悩に比べると、地獄で受ける苦悩もその16分の1に満たないといった説もあります。

なので輪廻転生はせず、早く悟りを開いて涅槃に行きたいものですね。

離党を表明した豊田真由子議員の元秘書への暴言、録音されていましたがひどい内容ですね?

全文

豊田議員「このハゲーーー!」

秘書「いやすいません、ちょっと。〇〇へ行っていただく連絡ということで」

豊田議員「ちーがーうーだろー!」(違うだろう)

『打撲音のボコッ』

 秘書「すいません、運転中でもあるので」

 豊田議員「違うだろー!」

『打撲音のボコッ』

秘書「いや、たたくのはすいません」

豊田議員「お前はどれだけ私の心を叩いてる!これ以上私の評判を下げるな!」

秘書「はい」

豊田議員「私の心を傷つけるな!」

秘書「はい」

豊田議員「これ以上私の支持者を怒らせるな!」

You Tubeに動画を作りました



ミュージカルバージョン


そんなつもりじゃなくても〜〜
 
お前の〜〜
 
娘を轢き殺してそんなつもりはなかった
 
って言われてるのと同じ〜〜
 
あーそれじゃしょうがありませんね
 
そんなつもりなかったんじゃしょうがありませんね〜?
 
(元政策秘書)の娘が顔がグシャグシャになって
 
頭がグシャグシャ 脳みそ飛び出て車に轢き殺されても
 
そんなつもりはなかったんです〜〜
 
で済むとおもっているなら同じことを言い続けろ〜〜

夏休みや冬休み、春休みになると青春18きっぷで鉄道の旅をする人は多いでしょう。今はJRが第三セクターになったりして、昔よりも青春18きっぷの使い勝手が悪くなったと思うのは気のせいでしょうか?
青春18きっぷと言えば、ムーンライト〇〇〇などの夜行列車でしたが、今では夜行列車は絶滅危惧種ですね。
img264
さて、東海道線で静岡県を通った方なら分かると思いますが、静岡県はやけに東西が長いです。それに快速列車等の優等列車がありません。熱海から東京方面でしたら、快速アクティーがありますし、豊橋より名古屋方面は快速列車が豊富に走っています。

列車の本数も、熱海より東京方面、豊橋より名古屋方面は多いですが、豊橋-熱海間は1時間3~4本と静岡県内だけが少ないと思いませんか?そればかりか、連結数も3両編成が主流で、ほかの区間と比べても冷遇さが際立っています。

JR東海の言い分としては、利用者数がどうのこうのとか、どの駅も利用者数が平均なので優等列車を走らせられないとか、優等列車を走らせるためには駅を改造しなければいけないとかで全くやる気がありません。

それもそのはず、なぜかといえば、静岡県内だけ「ライバルがいない」からです。東京方面は小田急が小田原―新宿間を走っていますし、名古屋方面は名鉄が走っていますよね?だから客を奪われないように待遇を良くするんですよ。

だから静岡県内は何もしなくても客が乗るから放置プレーなんですよね。「嫌なら新幹線でも乗ってな!」って感じの高飛車な感じなのです。

そのくせ静岡県に止まる新幹線の本数は1時間当たり3本、そのうちひかりは1本しか止まらないんですよ。のぞみは全て素通りなんです。

もし静岡県内に、東海道線と並行に走る路線があれば、待遇が良かったのかもしれませんね。

※久しぶりに静岡県内の東海道線を利用しましたが、ちょうど運悪くなのか、豊橋、浜松、掛川、沼津、熱海と乗り換えばかりになってしまいました。掛川ー島田間が一番本数が少ないです。昔は豊橋ー浜松ー熱海の列車がもっとあったような気がしましたが、今は減ってしまったような気がします。

車を運転する方はオービスを知っていますよね?速度オーバーすると赤く光る厄介者です。今回はそのオービスについて簡単に紹介します。


オービスの種類
①レーダー式オービス
 道路上のアーチに レーダー波を照射するアンテナ部分があり、路肩にカメラ装置が設置されているタイプ

ループコイル式オービス
  道路舗装の下にループコイルを埋設して、その上を通過する車輌の速度を計測するタイプ。路肩にカメラ装置が 設置されているタイプ。道路上のアーチがなく、レーダー式のオービス探知機では探知できない。GPS探知機では探知できる

Hシステム
  道路上のアーチにハンペン形のレーダーがあり、カメラもその横にある。最もよく見かけるタイプで、フィルム切れの心配がないので、光ったらすぐに通知が来ます。

LHシステム
  道路舗装の下に埋設されたループコイルで速度を測定し、道路上のカメラ装置で撮影する。レーダー式のオービス探知機では探知できない。GPS探知機では探知できる

⑤移動式オービス 

  警察のワゴン車から測定と撮影を行なう。だいたい決まった場所で行っています。種類によってはレーダー式のオービス探知機は探知できない場合もある
追加※最近、住宅街にも設置できるような小型の移動式オービスが運用されているそうです。

光る違反スピード
一般道では30kmオーバー、高速道路では40kmオーバーで光る可能性あり。基本的に一発免停の点数で光る可能性があります。場所によっては設定が緩く、上記の速度でも光らない場合もあります。でもどのオービスが設定が緩く、どのオービスが設定が厳しいのか公表していないので分かりません。

光らせないために
オービスの前には必ず最低2か所に「自動車速度取締器設置路線」と書かれた看板があります。その看板を見たら速度を落としてください。その先にはオービスがある可能性が高いです。

古いタイプのオービスでは、フィルム切れ(現在フィルムは製造されていない模様)のため光っても写真が送られてこない場合があります。この場合はラッキーですね。あと、ちょうど並行する2台が写ってる場合も、どちらが違反車両か分からないため送られてきません。

あとはメンテナンスに多額の費用が掛かるため、壊れたまま放置したものや、警告の看板だけあり、オービスを撤去場所もあります。いずれにしても制限速度を守ることが皆さんの身を守るんですよ。

都市伝説では、女性を助手席に乗せていれば、例えオービスに写真撮られても証拠写真が送られてこないという話がありますが、バンバン送られてくるそうです。

↑このページのトップヘ