ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

温泉

今回は大分県別府市にある別府温泉保養ランドになります。2018年のゴールデンウィークに九州1周旅行した際に立ち寄りました。私は鹿児島・宮崎方面から一般道で北上しましたが、大分自動車道もすぐ隣を走っており、別府の中心街から近いので交通の便は良好といえます。

0000157199
(この温泉は利用客が多かったので、カメラの持ち込みは遠慮したため、すべて借り物の写真になります。)
上の写真は別府温泉保養ランドの一番の名物である巨大な露天風呂、もちろん混浴になります。
木でできた小屋が女風呂から露天風呂に出てくる所になります。中央に竹で仕切りがしてあり男女で分かれていますが混浴と言っていいでしょう。

露天風呂には源泉と一緒に細かな泥も湧いており、みなさん泥パックをして楽しんでいました。みなさんの話を聞いていると、男側の露天風呂にはほとんど泥はなく、砂状になっており、逆に女側の露天風呂には豊富に泥が堆積しているとのことです。(以前は中央の仕切りがなくて、自由に行き来できていたそうです。)

あと、源泉が湧いている所は熱いので、竹で仕切りがしてありますが、そこにも泥が豊富にに堆積しています。しかし(手を伸ばして泥を掴むことができますがものすごく熱いです)

泥は粒子が非常に細かく、フワフワとした感触でした。しかし臭いはかなりきつく、猫のフンみたいな臭いが強烈です。

夫婦やカップルで露天風呂を利用している人が多く、中央で会話を楽しみながら利用していました。野良の私には関係ない話ですけどね・・・。

h0444002-002
こちらはもう一つの露天風呂になります。こちらも中央で竹で仕切りがされていますが、男女が丸見えの状態になります。感触としては巨大露天風呂と同じ感触で、泥が堆積しています。こちらは男側にも泥が堆積しています。

今回若い女性の方が先ほどの巨大露天風呂からこちらの露天風呂に移動するときに、前だけを隠して後ろ隠さず移動したためお尻が丸見えとなるいい体験もしました。そしてちょっと時間をずらしてこちらの露天風呂に行ったら、その若い女性が顔と胸に泥を塗っており、斜め後ろから胸のふくらみが分かるというお得な体験もしました。

dsc01232
こちらはコロイド湯なるものです。脱衣場から一番近くにあり、まずコロラド湯で体をきれいにしてから他の場所に移動してくれみたいなこと書いてありました。あと、露天風呂とか泥湯は成分が強すぎるため、小学生までの子供はコロラド湯だけ利用してくださいみたいなことも書いてありました。こちらは泥はなく、上澄みの温泉を利用した浴槽だなと感じました。

DSCN6059
こちらが泥湯になります。底には泥が堆積していて、成分がものすごく濃いとか・・・。そのため小学生以下は利用できません。時間も10~15分ぐらいが最適とのこと。ここに浸かって出ると、体に泥が付いてしまうので、シャワーで洗い流してから移動することになります。

今回はゴールデンウィーク真っ只中に訪れましたが、思ったほど混んでなく、のびのびと利用することができました。別府温泉は九州を訪れた際は外せないポイントですので、ぜひ訪れてみてください。

営業時間:午前9時~午後8時迄
利用料金:大人1100円
     子供600円
泉質:酸性明緑礬泉、硫黄泉

今回は、熊本県阿蘇郡小国町にある温泉「はげの湯温泉 豊礼(ほうれい)の湯」になります。九州1周した時に訪れました。
DSCF0987
九州に入り、2、3日ほどお風呂に入っていませんでしたので、スマホで検索して見つけました。営業時間は8時から20時まで、入浴料は500円とお手軽な料金になっています。泉質は「ナトリウム-塩化物温泉」となっており、青みを帯びた乳白色になっています。

前日に熊本県の道の駅「小国」に車中泊をした翌朝この温泉を訪れました。ゴールデンウィークということもあり、あさイチを逃すと阿蘇山の駐車場が満車の可能性が高いと判断し、最初は先に阿蘇山の噴火口を先に訪れ、その後に温泉に立ち寄ろうかと思いました。しかし、朝起きてみると小雨が降っており、阿蘇山には観光客は意外と少ないだろうとの判断で最初に温泉を訪ずれました。

訪れた時間帯が8時半ぐらいと早かったため、先客は1人しかおらず、先に帰ってしまったため、しばらく露店風呂を独占できました。
DSCF0982
浴槽は露天風呂しかなく、体を洗う場所は3ヶ所シャワーがある簡単なものです。シャンプーとボディーソープ、固形石鹸が備え付けてありました。排水設備は無いような感じで、そのまま山に垂れ流しな感じに見受けられました。なので環境への影響を最小限にしようとの判断で今回は固形石鹸を利用しました。

DSCF0986
竹筒と写真左上より温泉が投入されていますが、メインは竹筒ではなく左上から投入されています。熱いので「きけん」みたいな表示がありました。露天風呂はそこそこの大きさがあり、後から来た家族連れ(おじいさんと男の子と女の子)で子供たちが泳いで、おじいさんに注意されていました。

DSCF0981
見ての通り青みを帯びた乳白色です。どうやら源泉かけ流しらしく、源泉が投入された分だけ露天風呂からお湯が捨てられていました。

DSCF0985
最初は硫黄系の温泉かなとも思いましたが、後でネットで調べたところ「ナトリウム-塩化物温泉」ということが分かりました。

DSCF0980
露天風呂に目隠しの塀はなく阿蘇の山々を一望できます。塀がないと窮屈感がなく解放感を味わえます。それと山の温泉には動きがないため長時間居ると飽きてしまいがちですが、雲が多い日ですと雲の形や位置が変化するので飽きることがありません。私は1時間ぐらい露天風呂に入っていました。

DSCF0983
阿蘇だけに噴煙か?ではなく、あちこちから湯けむりが上がっています。源泉をくみ上げているのでしょうか?さすが温泉地ですね。早朝は小雨でしたが、この時間は晴れています。

ここの温泉に到着したとき、駐車場にはかなりの車がありましたが、露天風呂はあまり人がおらず、ほとんどの人は家族風呂を利用していたと考えられます。私には家族がいない野良生活ですので、家族風呂を利用する機会は一生ないと思います。

観光シーズンですと定番の温泉ではイモ洗い状態ですので、人混みが苦手という方はぜひ訪れてきてください。

今回は和歌山県西牟婁郡白浜町にある「白浜温泉 崎の湯露天風呂」になります。国道42号線からちょっと入ったところにあります。

データは下記になります。

営業時間:8:00~18:00(4月1日~6月30日 、9月1日~9月30日)
      :7:00~19:00(7月1日~8月31日)
      :8:00~17:00(10月1日~3月31日)
      
定休日…毎週水曜日
料  金…500円
源泉名…行幸温泉
泉  質…
ナトリウム塩化物泉
泉  温…78.0度

この温泉は源泉かけ流しになり、そのまま排水が海に流れ出るため、石鹸・シャンプー類の使用は一切禁止になっていますので注意してください。

この温泉は露天風呂だけですが湯船が2か所あります。ちょうど先客がいたため1つは借り物の写真になります。
VFSH1838

まずは海岸から奥側ですがこんな感じ。(借りものですが・・・)この日は朝一番に行ったのですが、海側の露天風呂が波が入って湯温が上がらないということで、しばらく使用禁止になっていました。なのでみなさんこちらの方に入っていました。定員は5~6人でちょうどいいぐらいになります。

部分的に熱く、一番奥が一番熱くて、左側も熱い源泉が出ています。私は右側に陣取っていましたが、かき混ぜないと熱い源泉が流れてきます。こちらの湯船の床がデコボコしており知らずに歩くと転んでしまいます。実際何人かが転びそうになっていました。

この温泉は無色ですが硫黄臭があり、あっさりですが良質な温泉になります。

IMG_20180102_080903

こちらは海岸に近いほうの湯船になります。1時間ぐらい先ほどの湯船に入っていましたが、管理人さんから「こちらの湯温がやっと34度まで上がったから、入りたければ入っていい」とのことでしたので、勇気を出して入りに行きました。

湯船の下半分の湯温はほぼ水状態、上半分はちょっと温かいかな???って感じまで上がっていました。しかし、木の塀から熱湯の源泉が出ており、そこに陣取り、よくかき混ぜれば入れなくはない程の湯温になりました。

こちらの湯舟の方は塩味を感じました。これは温泉の成分なのか、海水なのかは分かりません。それと、源泉が入る量だけ、湯船から海にお湯が流れ出ていましたので、源泉かけ流しだということが分かります。

写真はちょうど利用禁止の時に撮ったものですので誰もいませんが、何人か入りに来ては寒いと言って出ていきました。

IMG_20180102_080919


写真の通り湯船のすぐ外まで波が来ています。波が高いと波が入ってしまって湯温が上がらないとのこと。それと、波は1つ1つ形と大きさが違うので見てて飽きません。こちらも30分以上入っていましたが、入っているうちにちょうどいい温度まで湯温が上がりましたので、のぼせることなく長湯することができました。

IMG_20180102_080912
あと、男湯から何か展望台らしきものが丸見えですが、逆を言えば、展望台から男湯が丸見えと言うことでしょう。女性のお客さんも展望台にいましたので、こちらが丸見えになります。

IMG_20180102_101540
これは温泉から出てきた時に駐車場で撮った写真になります。この日は波が若干高いですね。それと、あの展望台からは女風呂は見えるのでしょうか?ちょっと気になりますね。

この温泉は、青森県の不老不死温泉と同じぐらい波に近い温泉になります。それと夕日の時は一番いい時間帯かもしれませんね。この温泉は何回でも訪れたい温泉になります。

参考

不老不死温泉

今回は、三重県熊野市のある「湯元山荘 湯ノ口温泉」になります。紀伊半島を1周した時に立ち寄りました。国道311号線の北山川に架かっている「瀞大橋」から脇道に入ります。湯ノ口温泉の手前に「入鹿温泉 ホテル瀞流荘」がありますが、「湯元山荘 湯ノ口温泉」はもう少し奥に行ったところです。(この2つの温泉施設は経営者が一緒らしいです。)

ちなみに、「入鹿温泉 ホテル瀞流荘」から「湯元山荘 湯ノ口温泉」まではトロッコ列車が1日6本運転されています。(今回は利用しませんでした。)
借りものですが、このようなトロッコ列車になります。
10
約1kmを10分掛けて運転しています。

で、今回訪れた「湯元山荘 湯ノ口温泉」は、2014年に建替えられたという情報があり、温泉施設は新しいものでした。
詳細は下記になります。

営業時間:9:00~21:00
泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物泉
湧出量:1200リットル/分
泉温:45.7℃
入浴料:大人540円 子供270円
加水・加温:なし

湧出量が1分当たり1200リットルもありますので、源泉かけ流しになります。利用した感じですが、源泉がこれでもかというぐらい投入されていますので、あふれた温泉がどんどん川に捨てられていました。源泉は若干黄土色がついているような感じと、硫黄の香りがして心地がいい温泉になります。

露天風呂は3種類あります。
IMG_20171231_190102
IMG_20171231_190130
訪れたのが夜だったので写真写りが悪いですが、写真奥側で源泉が投入されており温度が高めになっています。手前の方が若干温度が下がっているのでちょうどいい温度になっていました。源泉の投入量が多いので、2か所から温泉が外に流れ出していました。

IMG_20171231_190116
画面奥側は立ち湯になります。立ち湯でも腰かける場所があるため、座りながら入ることもできますし、中腰のまま肩まで入ることもできます。定員は3~4名ぐらいで満員な広さになっています。

画面手前が寝湯になります。こちらも定員が3名となっていますが、無理すれば一番手前に4人目が入ることもできます。今回夜訪れたため、たまたま露天風呂に人がいない時間帯がありましたので撮影することができました。

露天風呂に使用されている木材ですが、地元熊野で取れた杉やヒノキを使っています。かなり太い柱もあり、立派な木材が使われていました。やはり日本の気候風土に合った木材は、日本で伐採した木材が一番合っている気がします。

ロビーではお土産も売っており、会社の怖いおばちゃん連中にゴマ擦るためお菓子を購入しました。

この温泉の気に入った部分は、まず硫黄の香りがすること・源泉かけ流し・豊富な源泉投入量・国産材の使用と、いいことばかりでした。

この温泉は何回でも訪れたいお気に入りの温泉になります。

今回は、静岡県浜松市にある舘山寺温泉「華咲の湯」になります。行き方ですが、車になりますと浜松西インターから15分ほどの場所にあります。浜名湖パルパル・舘山寺ロープウェイに隣接しています。公共交通機関になりますと、JR浜松駅北口バスターミナル1番乗場から「舘山寺温泉」行に乗車して終点になります。
華咲の湯・公共交通機関(バス)・浜名湖パルパル・舘山寺ロープウェイなどは、遠州鉄道グループが経営しており、遠州鉄道グループ内でお金を落とさせる仕組みになっていますねwww

で、利用料金はですが、月曜日~金曜日(大人1,360円、子供800円)、土曜・日曜・祝日やゴールデンウィーク・年末年始などの長期休暇期間中(大人1,620円、子供920円)になり、今までまわった温泉の中では高い方の部類になります。
しかし今回は、事前に金券ショップでチケットを買っていったため、若干安く抑えることができました。

フロントでチケットを渡して入館すると、ハンドタオル・バスタオル・館内着を渡されます。
step-02

ここでは、着替え室で館内着に着替えてから温泉に向かうことになります。なので、旅館みたいに非日常的なことを体感することができます。

温泉ですが、桧香の湯(ひのかのゆ)と、石景の湯(しゃっけいのゆ)と、ダイダラボッチの湯の3種類があります。ここで
桧香の湯と石景の湯は偶数月・奇数月で男女が入れ替わります。訪れた時は、桧香の湯が男湯でしたのでそちらを利用しました。なお、この日は夜勤勤務があったため、ダイダラボッチの湯は利用しませんでした。

泉質ですが、
ナトリウム・カルシウム塩化物温泉になり、内湯は源泉をろ過した無色透明で、露天風呂は、同じく源泉をろ過した無色透明と、源泉をそのまま利用した茶褐色の2種類があります。無色透明の方は「白金の湯」、茶褐色の方は「黄金の湯」という名前になっています。
02

こちらは桧香の湯の内湯になります。多少ヌルメですが、温度管理を徹底しており、現在の湯温の管理状況をデジタル表示しています。写真では浴槽が分かれているように見えますが、全て繋がっています。こちらは無色透明になります。

03
こちらは露天風呂の白金の湯になります。源泉なのか循環なのかは分かりませんが、定期的に温泉が追加されていました。こちらは黄金の湯よりはあっさりしている気がします。

01
こちらは黄金の湯になり、源泉をろ過しないでそのまま利用しています。個人的には黄金お湯の方が見た目と入浴感から温泉らしくてこちらの方が合ってました。利用者も、白金の湯より黄金の湯の方が多かったです。

01

あと、露天風呂にはサウナ施設があり、今回は珍しく利用しました。このサウナはそれほど暑くなく、サウナの中にはテレビまでセットしてありました。しかしチャンネルは選ぶことができず、この時はNHKニュースが流れていました。

今回は利用しませんでしたが、ダイダラボッチの湯は
桧香の湯、石景の湯より離れていますので、館内着に着替えて向かう必要があります。


この施設は、温泉だけではなく、食事処や休憩施設が充実しているので、1日中楽しむことができます。

↑このページのトップヘ