ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

温泉

今回は、山梨県山梨市にある「ほったらかし温泉 あっちの湯」になります。行き方ですが、とりあえずは国道140号線から笛吹川フルーツ公園を目指します。そこからちょっと上に行けば到着します。(ネットの情報ですと、カーナビでセットすると違う場所に案内されるとかありますので注意してください。)駐車場はだだっ広いですが、利用客多過ぎだろ!!ってくらい混んでいます。なのでイモ洗い状態を覚悟しました。

そこから歩いて温泉に向かうのですが、ここで「あっちの湯」「こっちの湯」の二つの温泉がありますので、どちらに入ろうか迷います。(入湯料は別々になりますので注意してください)。で、今回は
「あっちの湯」に入ることにしました。

券売機で入場券(800円)を買って入ります。貴重品ロッカーについて、無料(100円のリターン式)のところが多いですが、ここでは有料となっています。ということで、100円がもったいないので、そのまま脱衣所にある籠に中にほったらかしにしてきました。

泉質はアルカリ性単純温泉で、pHは10.1になっています。営業時間ですが、日の出の1時間前からですので、日の出を見ながら温泉に入ることもできます。また22時まで営業していますので、甲府盆地の夜景を見ることもできます。

「あっちの湯」は甲府盆地と右側に富士山を眺めることができます。山梨市には中央本線も通っていますので、温泉に入りながら列車が走っているのも見ることができます。

001l

夜は入っていませんが、ネットで見ると甲府盆地の夜景を見ながらの露天風呂もいいですね。富士山は見えませんが街明かりを見ながらの露天風呂を楽しむことができます。



※画像は公式ホームページよりお借りしました 。

内風呂にはそんなに入りませんので置いておき、メインの露天風呂ですが、木製の大きなものが1つと、岩風呂が大小何個かあります。


IMG_20171126_071115


広い露天風呂ですので、大勢いても大丈夫です。この日も休日ということもあって、多くの人が訪れていましたので、若干場所の取り合いって感じにもなりました。誰かがどこかに行ったら、誰かがその場所に入るって感じです。個人的には山奥にある秘湯みたいに、人が少ない温泉が好きです。(なので街中の温泉には行きません。)

無色透明・無臭の泉質ですが、アルカリ性ですのでしっとりスベスベ感がある温泉になります。


「こっちの湯」には今回入っていませんが、「あっちの湯」の半分程度の大きさの露天風呂になっているそうです。泉質は同じアルカリ性単純温泉ですが、pHは9.68と若干違います。「こっちの湯」が手狭になったため、「あっちの湯」をオープンさせたのだとか・・・なので歴史的には「こっちの湯」の方が古くなります。


「こっちの湯」は正面に富士山と甲府盆地を眺めることができるそうです。次回は「こっちの湯」の夜に入ってみたいと思います。というのも、いろんな所で夜の温泉に何度か入りましたが、夜空を見ながらの露天風呂って雰囲気があっていいと思いませんか?


皆さんは「あっちの湯」「こっちの湯」、「どっちの湯」に入りたいですか???



追記 2017年11月26日再訪


日の出を見たかったので、6時前に到着、しかし壮絶なイモ洗い状態で、立ち見になる方が多数いました。


IMG_20171126_060434
これはまだ日の出前になります。


IMG_20171126_071125
これは日の出から少し経った後。日の出が終わるとみなさん帰ってしまい、壮絶なイモ洗い状態がスッカスカになってしまいました。なので写真を撮ることができました。


日の出は一瞬で、ずっと太陽を見ていると、「地球は動いているんだな!!」って分かるぐらい、目視で太陽が昇っていくのがわかります。


逆に、福井県の「越前温泉  漁火」では夕日が沈むのをイモ洗い状態で見ましたが、やはり夕日が刻々と沈んでいくのが分かります。


参考 越前温泉  漁火



越前温泉 漁火

今回は、静岡県西伊豆町の「沢田公園露天風呂」になります。場所は西伊豆の堂ヶ島になります。行き方ですが、国道136号線をひたすら南下するのですが、国道から脇道に入るときに、「沢田公園 露天風呂はこちら」という看板がありませんので非常に分かり難いです。

目安として、「加山雄三ミュージアム」の建物が見えてきたらそろそろだなと思ってください。そしたら漁港らしきものが見えてきますので、脇道に入って一番奥になります。

肝心の温泉はこんな感じ(拾い物)

1
階段を上った駿河湾の断崖絶壁の上にあります。この温泉は露天風呂だけになります。

これは自分で撮った写真

IMG_20171015_144303
見ての通り断崖絶壁の上が露天風呂になります。今回はあいにくの大雨の日に訪問しました。時間的には午後2時ぐらいに訪問しました。大雨の日ってこともあり、管理人曰く、本日のお客さんは私だけだそうです。なので1時間半ゆっくりと雨の露天風呂を独り占めできました。ホントラッキーです。ことわざ通り「災い転じて福となす」ですね。

ちなみに入湯料は西伊豆町在住の方は大人400円、子供200円で、それ以外の方は大人600円、子供は同じく200円になります。
泉質ですが「カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉」になり、無色透明・無臭になり、泉質は一般的になります。

IMG_20171015_144126

3,4人入ればいっぱいになる程の小さな露天風呂になります。

シャワーが1つあり、シャンプー・石鹸類の使用は禁止と張り紙がありました。恐らく排水はそのまま駿河湾へ流れているような感じがしますので、環境対策なのでしょう。(個人的には固形石鹸ならすぐに分解されるのでOKのような気がしますが・・・・・)

この日は誰もお客さんがいなかったためか、給湯器からシャワーまでの配管が長いのか知りませんが、5分ぐらい冷たい水しか出てきませんでした。それからは適温のお湯が出てきました。
IMG_20171015_144051
大雨で、誰もお客さんがいないので傘でスマホが濡れないようにして温泉に入りました。温泉に入れば雨が降ろうが関係ないですからねwww。
写真の通り、目の前は駿河湾が一望できます。今回は夕日は関係ありませんでしたが、前回訪問した時は、晴れでしたので、夕日の時間帯の露天風呂は満員御礼で、露天風呂の外の崖もカップルや家族連れが夕日が沈むのを見ていました。


IMG_20171015_144235
どんよりとしていますが、露天風呂の柵から仁王立ちで駿河湾を一望。そうすると・・・・・

IMG_20171015_145534
観光船(遊覧船)が通りかかりました。かなり露天風呂の近くを通るので、タオルで大事な部分は隠さないと丸見えになります!!
時計で時間を見ると、観光船(遊覧船)は15分間隔で出港している模様でした。

一応動画にもしましたので参考にどうぞ!!


雨にもかかわらず、釣りをしている方が2名いました。いったい何が釣れるんでしょうか?気になるところですね。

IMG_20171015_160142
以前から気になっていたのですが、このしま模様の岩場は何でしま模様になったのでしょう?それに爪で簡単にポロポロ削れてしまいます。こんな簡単に削れるようでは、すぐに風化して崩れてしまう気がするのですが大丈夫なのでしょうか?

この温泉は夕日の時間帯は非常に混み合うことが予想されます。なので、のんびりしたい方は、優にの時間帯を避け、かつ天気の悪い日に行くと駿河湾を一人占めできますよ!!皆さんもぜひ行ってみてください。

最後に、今回は1時間半ゆっくり温泉に入っていたため、帰りに管理人さんにすれ違ったら、「やけに長かったので心配して見に行くところだった」と心配されてしまいました。ちなみに訪れたのが10月でしたので、営業時間が9時~18時でしたが、管理人さん曰く「今日はもう誰も来ないから早めに閉める」と言っていました。

今回は、長野県飯田市の水晶山にある「水晶山温泉 満願成就の湯」になります。
ここへのアクセスは比較的よく、国道151号線・153号線のどちらでも行くことができます。ちょうど中間にある感じですね。高速道路になりますと、中央自動車道の飯田山本インターチェンジで降りて国道153号線と合流してからになります。
途中で県道に入りますが、それほど道は悪くありませんので、運転が苦手な方でも苦労することはないと思われます。

この温泉の泉質は「アルカリ性単純泉」になります。泉質としては特に目立った特徴はありません。入湯料は大人は800円、子供は500円になります。ここには洞窟風呂とサウナ風呂があり、奇数・偶数日で男女入れ替えになります。個人的に洞窟風呂に入りたかったので、日程を調整して行きました。
洞窟風呂
これは洞窟温泉になります。人工的に作った洞窟ですが、薄暗くて雰囲気はとても良いです。ところどころに水晶が埋め込まれておりとても幻想的です。洞窟ってことで音もよく反響します。洞窟の温泉はちょっとヌルメの温度でしたのでちょうど良かったです。

ちょうどこの日はお客さんが少なくてのびのびと利用することができました。

水晶山温泉内風呂
これは内風呂になります。水晶山温泉らしく、でっかい岩に水晶が並んでいました。(盗難されないのでしょうか??個人的に心配になります。)

内湯に大きな水晶キラリ
これが水晶です。時価いくらぐらいでしょうか?非常に気になるところですね。あとこの水晶は水晶山で取れたものなのでしょうか?紫色をしていてとてもきれいです。


露天風呂
こちらは露天風呂になります。露天風呂は他の温泉に比べてちょっと深さがあるような気がしました。外には池がありますが緑色に濁っています。うる覚えですが、魚が居たような気がしました。

この温泉ですが、間伐材を使った加熱装置(ボイラーor発電)を使用していると書いてありました。この地域で発生した間伐材等を使用している模様です。長野県は海がなく周りは山ばかりですので、森林整備と国産材の利用を促進するために、間伐材を使った加熱装置を使うところは評価できます。

このような間伐材を使った加熱装置(ボイラーor発電)を使用しているところは、「水晶山温泉 満願成就の湯」「遠山郷温泉  かぐらの湯」「赤石温泉 白樺荘」になります。このような加熱装置がもっと普及するといいですよね!!

下記のサイトは参考サイトになります。

間伐材について
http://ponsuke.site/archives/4334319.html

バイオマス発電について
http://ponsuke.site/archives/17035477.html
 

今回は、岩手県八幡平市にある「藤七温泉 彩雲荘」になります。この温泉は十和田八幡平国立公園の中にあって、環境庁が指定する国民保養温泉地になっています。

今回ここを訪れたのは、岩手県岩泉市にある「龍泉洞」に行ったついでに、一度は行ってみたい大絶景温泉に立ち寄りました。何年も前から行きたいと思っていましたが、なかなか時間が取れず、遠方ということもあって何度も延期になりました。しかし今回はゴールデンウィークを長めに取りましたので、遠くまで足を運ぶことができました。

この「藤七温泉 彩雲荘」は海抜1400mにあり、東北一の高い所にある秘湯になります。ここに行くには「アスピーテライン」「樹海ライン」を通りますが、これもまた絶景になります。温泉に行く前に高い山から辺りを一望できるなんて素晴らしいです。東北一の高い所にある温泉に行くんだなぁ~~って実感することができるでしょう。この時はまだ5月、雪が残っていました。

DSCF0857
車の高さから、雪の高さが分かるでしょう。(5月のゴールデンウィークに撮影)
黒部の雪の大谷を思い出させられますね。
DSCF0861
5月にも関わらず残雪が残っていますね。でも道路は全区間除雪されており、普段雪道を通らないドライバーも安心して通れます。
DSCF0859

辺り一面雪景色ですね。さすが標高1400mもある豪雪地帯です。

肝心の温泉ですが、入浴料は600円と大絶景の割にはお手軽になっており、親切さが現れます。泉質ですが単純硫黄泉となり、緑がかった白色をしています。

http://yutty.jp/wp-content/uploads/2015/11/huzinanaonsen-blg.jpg
内風呂と外には混浴露天風呂が5つもあります。内風呂にはシャンプーと石鹸類がありますが、露天風呂から見ると排水は垂れ流しになっていました。恐らく排水をまとめて浄化処理はしていないと思われます。多少なら自然の力で浄化されますが、これだけの人がシャンプーと石鹸類を使うと大丈夫かなとも思います。環境面から見れば少々残念になりますね。

えーーと、人気の温泉だけあって、浴槽の箇所によっては混雑しています。

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像
混浴の露天風呂の底には泥が溜まっていて、泥パックもでき女性は皆さん泥パックをしていました。露天風呂の中には、下から源泉らしきものが湧き出ており、非常に熱い箇所があり注意が必要です。一応板が張ってありますがかなり古くはっきり言って熱いです。

老中化が進んでいるのか、通路は所どころ傷んでおり、釘で素足を傷めないか不安な部分もありました。早急に通路の板の張替えをお願いしたいところですね。

あと、恐らく露天風呂は道路から丸見えになります。しかし皆さんあまり気にしていませんでした。女性はタオル巻きOKですので、比較的難易度は低いと思われます。なので家族連れやカップルと思われる方が多数いました。中には隠さずに堂々としている女性の方もいましたねwww

個人的な意見ですが、ここは万座温泉と並んでお気に入りの温泉の一つになりました。泉質と絶景と混浴がポイントになります。


参考サイト

万座温泉 万座プリンスホテル

岩泉駅について

今回は、奈良県十津川村にある『湯泉地温泉 滝の湯』です。十津川村は、奈良県でも和歌山よりに位置しており、交通の便はあまりよろしくない場所です。車で永遠と山道を走った覚えがあります。しかし個人的には、交通の便が悪い方が人もいないので好きですが・・・・・・。
 この温泉は、中部地方には珍しく、若干ですが硫黄の臭いがします。個人的には硫黄の臭いがする温泉が一番好きなのでありがたいですね。

 また、ここの温泉は交通の便が悪いのか、私が行ったときにはあまりお客さんがいませんでした。子供連れの家族と、学生っぽいグループがいただけでした。最後は露天風呂貸し切り状態になりましたよ。こじんまりとした温泉でひとりのんびり過ごすというのも、なかなか良いものですよ。まあ、この温泉の露天風呂はあまり大きくないため、人が少ない方が好都合です。
http://travel.biglobe.ne.jp/onsen/photos/29010049_1046_1.jpg
 私は主に露天風呂に入りますが、ここの露天風呂は景色がいいです。目の前に滝があり、滝の音を聞きながら温泉につかることができます。湯温もちょうどよく、いつまででも入っていられる感じでした。露天風呂に行くまで、外の長い階段を下りないといけませんので、冬場や雨の日にはつらいかもしれませんね。だが私はそれでも露天風呂に入ります。

十津川村には湯泉地温泉だけではなく、十津川温泉や上湯温泉もありますので、温泉帰りに温泉にでも行ってみてはどうでしょうか?

↑このページのトップヘ