ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

温泉

今回は、愛知県新城市にある『名号温泉 うめの湯』です。この温泉は酷道151号線上にあり、比較的整備された道ですので、交通の便はさほど悪くありません。休日にもなると家族連れなど大勢の人が訪れる温泉です。
 泉質ですが『アルカリ性単純温泉』ということなので、臭いやヌメリ感は感じられませんでした。アルカリ性単純温泉なので、肌の弱い人には優しい温泉と言っていいでしょう。
 設備ですが、内湯と露天風呂があります。あまり大きくないので人ごみだとキツいかもしれませんね。休日ということもあって、かなり混んでいましたので譲り合って入りました。やはり内湯より露天風呂が人気ですね。まあ、もう少し大きくてもいいかなと思います。
 露天風呂からの景色は、目の前に山がそびえ立ち川も流れていますので、大自然を満喫できます。みなさんもぜひ行ってみてください。
https://onsen.nifty.com/kk_image/view/onsen/onsen-detail/onsen002921/0000139736.gif
この温泉ですが、三遠南信自動車道の一部分が開通し、長野方面に行く際、第二東名の引佐JCTから鳳来峡ICまで三遠南信自動車道でショートカットできるので、ここの温泉は素通りしてしまう人が増えているかもしれません。

今回は、秋田県雄勝郡東成瀬村にある『須川温泉 栗駒山荘』です。この温泉は山の頂上にあり、山道を延々と運転しなければいけません。しかし、道はさほど悪くなく、途中に湧き水もありますので、水分補給しながら行ってきました(去年ですが・・・・・)。『須川温泉 栗駒山荘』は宿泊施設も備えていますので、遠方の方は一泊してもいいかもしれません。もちろん日帰り温泉もやってますので、日帰り入浴でもOKです。

 温泉の成分は『硫黄 - ナトリウム - 硫酸塩・塩化物泉』で、色は白濁、硫化水素型ですので、硫黄の臭いがプンプンする良質の温泉です。ここの温泉は、露天風呂からの景色が最高の場所です。山の温泉では、一、二を争うほどの大絶景です。私が行ったときには、晴天の時と、曇り気味の時に行きました。晴天の場合は山の頂上からの景色が大絶景というのはもちろんですけど、曇りの日も、雲が目の前で刻々と動いて形が変わっていきますので全く飽きません。

こんな感じです。
102-0268_IMG


 平日と休日に行きましたが、平日は全く混んではいなく、休日はそこそこ人がいました。写真から分かるように、目隠しの塀がありませんので大絶景なのです。とにかく飽きない温泉ですよ。

 この温泉から数百メートル先に『須川高原温泉』という温泉があります。この温泉は岩手県一関市にあり、県境をまたぎます。こちらの温泉には行ったことありませんが、大露天風呂なるものがあり、色々なサイトを見ますと、こちらも大絶景なようです。どちらも源泉は同じみたいです。

ここはイチオシの温泉ですので、皆さんも行ってみてください。

今回は、長野県松本市にある『白骨温泉 公共野天風呂』です。長野県には数多くの温泉があり、私もよく長野の温泉に行ってます。
 公共野天風呂に行くためには、長い長い階段を下らないとたどり着けません。下りはいいのですが、帰りは上りなのできついです。高齢者には厳しかもしれませんね。

 白骨温泉、名前の通り白色をしています。私が思っていたほど白くはなかったのですが、硫黄の臭いは十分しており、良質な温泉だなと思いました。設備は十人ぐらい入れる露天風呂だけで、シンプルな作りになっています。。私が行ったのは公共野天風呂であり、目の前に川が流れており景色はいいです。かけ流しの源泉がそのまま川に流れるため、石鹸・シャンプーの備付はありませんので、かけ湯をしてそのまま温泉に入りました。環境を守ることも大事ですので致し方ないですね。営業時間終了間際の駆け込みで入りましたので、利用客はほとんどいませんでした。最後は露天風呂一人じめしました。誰もいない温泉でのんびりするのはいいものです。
http://1onsen.com/sirahone7.jpg
 あと、長野の山奥ということもあって、冬季は休業です。春から秋にかけての営業になります。それと、近くに橋があり、もしかしたら橋の上から露天風呂が丸見えになっているのかもしれませんね。

 白骨温泉には旅館が営業する日帰り入浴もできますが、日帰り入浴は時間が限られていますので、ホームページで入浴時間を確認してから行った方がベストです。宿泊すればいつでも入れるのかな?みなさんもぜひ行ってみてください。

今回は、長野県大鹿村にある『小渋温泉 赤石荘』です。私は国道152号線を永遠と走って行きました。国道152号線は、二ヵ所で寸断されており(林道で迂回は可能)、1.5車線の山道を走ります。山道好きの私は喜んで、酷道こと国道152号線で行きましたが、みなさんは運転に注意してください。

 『小渋温泉 赤石荘』は旅館ですので宿泊も可能な日帰り温泉です。私が行くといつもフロントの人がいませんので、大声でフロントの人を呼んで入湯料を支払います。村の人はおおらかなんでしょうね。悪意があればタダで温泉に入れますよ!!(決してやらないように・・・・・)温泉の設備ですが、露天風呂が一つあるだけのこじんまりとした感じになっており。旅館自体もレトロな感じです。しかし、山の上に作られており、目隠しの壁はないに等しいので、露天風呂に浸かりながらの眺めはアルプス山脈が一望でき絶景です。
 泉質も、ちょっと熱めでヌルヌル感があり、『温泉だなーー』という気がします。露天風呂は、体は温まり頭は冷やせるにで、内風呂よりいいですね。何度か行きましたが、貸し切り状態のことが多いです。ひとりでのんびりしたいときにはいいですよね?

 注意事項ですが、ロッカーが壊れているので、貴重品はフロントに預けた方がいいですよ。あと、露天風呂しかなく、体を洗うのも外になります。寒い時期には・・・・・温泉に行って風邪ひかないでください。

 また、赤石荘の近くにパワースポットとして有名な分杭峠(国道152号線)もありますので、パワーを求めている方は、温泉のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?確か分杭峠は冬季通行止めであり、通行止め以外でも、季節によっては雪が残っています。道も酷道ですのでスリップしないように運転してください。


2017年8月追加

 つい先日小渋ダムにも行ってきました。このアーチ形のダムがいいですね。ダムから下を見ると足がすくみますよ!!
2015080215390000

今回は、長野県飯田市にある『遠山郷温泉 かぐらの湯』です。ここの温泉は長野でも南の方になりまして、静岡県との県境付近にあります。この温泉は国道152号線上の『道の駅 遠山郷』の中にあります。私は静岡県側から酷道こと国道152号線を北上するルートで行きました。とにかく細くてクネクネ道が続き、道が悪いので運転には注意が必要です。国道151号線からですと、途中で国道418号線に進めば一本道ですが、こちらも非常に道が悪いです。

 泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉ですので、温泉独特のヌルヌル感は感じられませんでしたが、無色透明な温泉です。ここでは温泉が飲めまして、道の駅駐車場に、無料の温泉飲み場があります。塩辛さと硫黄のような味がして正直マズイです・・・・・。たくさんは飲めない味ですが何度か飲んでいます。

 温泉の設備ですが、露天風呂と内風呂はもちろん、ジェットバスやサウナまである近代的な温泉です。私が行ったのは少々前ですが、比較的きれいな感じがしました。休日ともなれば、かなりの人が訪れ人気の温泉です。露天風呂に長く浸かってましたが、四方が山に囲まれていますでの塀の上から山々を見ることができます(塀が邪魔をしていますが・・・・・)。

この温泉ですが、間伐材を使った加熱装置(ボイラー)を使用していると書いてありました。この地域で発生した間伐材等を使用している模様です。この地域は長野県の南部(静岡県との境)にあり、周りは山ばかりですので、森林整備と国産材の利用を促進するために、間伐材を使った加熱装置を使うところは評価できます。

このような間伐材を使った加熱装置(ボイラーor発電)を使用しているところは、「水晶山温泉 満願成就の湯」「遠山郷温泉  かぐらの湯」「赤石温泉 白樺荘」になります。このような加熱装置がもっと普及するといいですよね!!
 この温泉から国道152号線を北上したら、『しらびそ高原』という南アルプスを一望できる大絶景ポイントがあります。写真は引用ですが、こんな感じの場所です。

800px-Shirabiso_Pass_and_Akaishi_Mountain_2002-05-22



私は夜に訪れたことありませんが、夜空は満点の星空だそうです。一度は夜に訪れたいものです。

 長野県と静岡県の境は国道152号線は分断しており、兵越林道で迂回するのですが、兵越峠は、静岡県と長野県が綱引きをする大会があり、勝った方に1メートル県境が移動するといった面白いお祭りがあります(行政上の県境は変わらないのですが、大会として県境が移動します)。

↑このページのトップヘ