ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

温泉

今回は、長野県松本市安曇にある『中の湯温泉 中の湯温泉旅館』です。先日行ってきました。本来は『平湯温泉 神の湯』に行くはずでしたが、法面が崩れて通行止め、営業停止でした。どうしようかと、国道158号線をブラブラ進んでいたら、たまたま見つけたので行ってきました。
 
 交通ですが、有料の安房峠道路から外れた旧道の158号線です。私は岐阜県側から行きましたので、クネクネ山道をひたすら運転しました。こういう道路は好きなのでなんてことないのですが、運転が苦手な方は、急カーブも多く道が狭いので運転には注意してください。さらに登山客の車が路駐してますのでちょっと通りにくいかもしれません。

 旅館はこんな感じです。
DSCF0665

 日本秘湯を守る会の提灯がありますね。温泉は内湯と露天風呂です。内風呂には入っていませんが、他のお客さんの話によると、内湯の方が熱いとのことです。露天風呂はちょうどよい温度でした。

 泉質は、若干茶色がかっており透き通ってました。ヌルツル感があって、若干硫黄の臭いがし良質の温泉です。舐めてみると硫黄の味がしますね。山を挟んだ平湯温泉は白濁していますが、ちょっと離れただけでこんなに泉質が違うんですね?不思議です。露天風呂はこんな感じです。写真を撮る間、人のいいおじさんが待っててくれました。
DSCF0663


 景色ですが、この温泉は山の中腹にありますので山の木々に囲まれた癒される空間です。露天から下界は眺められませんが満足できる景色ですよ?

 ちなみにちょうどこの日、御嶽山が噴火し、他のお客さんでもかなり話題になりました。他の方は登山客ばかりで、この旅館に泊まり早朝山登りすると言ってました。なので御嶽山の噴火の話題で持ち切りだったのでしょう。温泉もかなりにぎわっており、人が切れることはありませんでした。ほとんどのお客さんは宿泊客のようです。個人的にはいい温泉を見つけたなと思っています。皆さんもぜひ行ってみてください。
 

今回は、青森県西津軽郡深浦町にある『不老不死温泉』です。以前、北海道を一周する時、青森からフェリーで行きましたので、その時に立ち寄りました。交通のアクセスですが、国道101号線をひたすら運転すればたどり着きます。私は車でしたが、鉄道でも、五能線艫作駅より徒歩約15分らしいです。

 温泉の設備ですが、私は露天風呂しか行っていませんけれども、内湯と露天風呂があります。石鹸類は内湯だけの設置になっているそうです。露天風呂は、源泉がそのまま海に流れますので、石鹸類は設置していません。泉質ですが、ナトリウム―塩化物泉で、色は鉄分が豊富で茶色く濁っています。露天の底が全く見えないほど濁っていますよ!ヌルヌル感はないものの見た目に良質の温泉です。ここは宿泊施設も兼ね備えていますので、遠くなら訪れる人は宿泊もいいかもしれませんね。

 この温泉の売りは何と言ってもこの大絶景です。露天風呂から日本海が一望できます。海の温泉でここまで絶景なのはあまりないでしょう。写真は引用ですがこんな感じです。
c0077835_12351014

 本当に目の前が海なんですよ?海の温泉は波の動きがあり、波の音も聞こえますので、全く飽きないです。私は今まで山の温泉派でしたが、この温泉に入ってから海の温泉も好きになりました。この温泉は、泉質良し、景色良しで温泉好きにはたまらないですよ?

 注意事項ですが、露天風呂は営業時間が短く、朝8時~夕方4時までです。(内風呂は夜9時まで営業)。目の前が海のため、高波の際は閉鎖されるそうです。時間と天候を考えてから訪れた方がいいですよ?せっかく訪れたのに露天風呂に入れないなんて大損ですからね。

 露天風呂は一応混浴らしいのですが、すぐ隣に女風呂がありますので、女性客はそちらの方に行ってしまいます。

ここの温泉は、一度は訪れたいおススメの温泉です。みなさんもぜひ行ってみてください!

今回は、静岡県賀茂郡南伊豆町にある『下賀茂温泉』です。南伊豆町は、伊豆半島の最南端にある町です。今回の温泉は、日帰りではなく旅館への宿泊です。この温泉に行ったのは、何年も前に、学生時代の友人と旅行に行った時のことなのですが、旅館名は確か『伊古奈』だったと思います。情報によりますと、伊古奈は2013年に閉館したそうです。

 自動車で行ったのですが、ひたすら国道135号線を南下した記憶があります。といっても、私は全く運転せず、車の持ち主がひたすら運転し、私たちは後ろで騒いでました。やはり、旅館近くのコンビニで大量の酒を買い込んだことを覚えています。

 旅館も、この地域のでは高級旅館の部類になります。食事も海の幸の料理がおいしかったですね。やはり伊豆と言ったら海の幸になりますね。本題の温泉ですが、引用画像ですがこんな感じです。
120112_085350


 旅館の温泉だけあって、作りは良かったですね。夜でしたので外の景色は見れませんが、夜空がきれいだった覚えがあります。なんせ友達と騒ぎながら入っていたので・・・・・。泉質は塩化物泉ですので、ヌルヌル感はなく、無色透明の温泉だった気がします(うる覚えですが・・・・・)。露天風呂も他のお客さんは誰もおらず、私たちのグループで貸し切りでした。

 残念ながらこの旅館は閉館してしまいましたが、下賀茂には他にも旅館があります。下賀茂温泉に日帰り入浴施設があるかは分かりませんけれども、日帰り温泉もいいのですが、たまには旅館に泊まっての温泉もなかなかいいものですよ?伊豆には観光地もたくさんありますので、皆さんもぜひ足を運んでみてください。

今回は、埼玉県秩父市にある『三峰神社 興雲閣 三峰神の湯』です。以前関東在住の際に行ってきました。もともとは温泉に行くつもりではなく、関東屈指のパワースポットである『三峰神社』を訪れた際に偶然発見しましたので、ついでに入ってきました。この温泉は宿泊施設ですが、今回は日帰り入浴を利用しました。アクセスですが、国道140号線から、秩父湖周辺で埼玉県道278号線に向かえばたどり着きます。

 余談ですが、秩父湖には、稲川淳二さんの『恐怖の現場』で紹介された最強の心霊スポットである吊り橋があります。秩父湖には2本吊り橋がありまして、稲川淳二さんの『恐怖の現場』で紹介された場所は、三峰神社側の吊り橋です。ネットで見るとよくもう一本の吊り橋に行ってきたみたいなことが書かれていますが、本物の心霊スポットは三峰神社側ですので間違えないようにしてください。

 三峰神社ですが、さすがにパワースポットらしく、この神社を訪れてから全くいいことがありません。強運だけを全て吸い取られた気がしました。残ったのは悪運だけです(涙)

 ちなみに心霊スポットには行ってませんので悪霊に取りつかれたといったことはないでしょう。まあ、神社を訪れる途中で嫌でも問題の吊り橋が目に入ってしまいますがそれだけです。

 引用画像ですが三峰神社はこんな感じでした。
Mitsumine-jinja

 小雨の日に行きましたが、晴れていれば境内からの景色もいいそうです。

 さて、本題の温泉ですが、この温泉は内湯のみのシンプルな作りです。小さな窓が少しあるだけで外の景色が見えず少々残念でした。せっかくパワースポットにある温泉ですので、もう少し外を眺められたら良かったと思いました。
P1170376s

 泉質ですが、ナトリウム-塩化物温泉であり、ホームページによると色んな成分が万遍なく入っているそうです。色は透明で若干茶色がかっており、肌がツルツルする温泉です。湯加減もちょうどよく、1時間は入っていました。温泉としては平凡ですが、パワースポットの温泉に行けば何かいいことがあるかもしれません。三峰神社も併せて皆さんもぜひ行ってみてください。

今回は、静岡県静岡市にある『梅ヶ島温泉 湯元屋』です。静岡市と言っても山梨県との県境にある山深い奥地です。静岡県道29号線をひたすら北上し、終点まで行けばゴールです。永遠と山道を運転すればたどり着きます。県道29号線はところどころ狭かった記憶がります。なんせ行ったのが小学生のころに何回かと、何年か前に1回行っただけなので記憶があいまいです。

 ここの温泉、小学生のころは共同浴場があり利用しましたが、現在は取り壊され、何件かの民宿の温泉だけになってしまいました。それで今回は『梅ヶ島温泉 湯元屋』を利用しました。泉質は、単純硫黄泉であり、かすかに硫黄の臭いがしました。あとは無色透明でサラサラした温泉でした。施設は内湯と露天まがいの外湯っぽいのがありました。残念ながら景色は全く見えず、浴槽も小さなものでした。写真は引用ですがこんな感じです。
p5

 他のお客さんは誰もおらず、家族のみの貸切状態でした。梅ヶ島温泉自体そんなににぎわいがあるとは感じられませんでした。個人的には昔の方が良かった気がします。

 私は行ったことありませんが、旅館が並んでいる終点の梅ヶ島温泉よりちょっと下ったところに、『梅ヶ島新田温泉 黄金の湯』なる日帰り温泉施設ができたそうで、皆さんはそちらに行っているものだと思います。写真は引用ですがこんな感じです。
spa30019


 以前の大衆浴場よりだいぶ立派になったなと感じました。あと行ったことありませんが、もう少し下った所に『コンヤ温泉』という温泉もあるそうですね?
 
 梅ヶ島温泉より先は、県道は終わりですが、豊岡梅ヶ島林道が通っており、山梨県側に抜けることができます。しかし、少し前の台風による路肩の崩壊等によって、長期間の通行止めになっており、再開の見込みもないそうです。
 
なお『梅ヶ島新田温泉 黄金の湯』に行ったことのある方はぜひレポートください。

↑このページのトップヘ