ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

温泉(長野県)

今回は、長野県木曽郡木曽町にある「御嶽明神温泉 ゆやまゆり荘」になります。行き方ですが、行きは国道153号線から伊那市で国道361号線に入り、ひたすら進んで、長野県道20号線に入ります。それから山道をクネクネ登っていきます。カーナビがあれば迷うことはありません。帰りは別ルートをとり、長野県道20号線から国道19号線に合流して帰宅しました。

訪問したのが11月中旬で、ちょうど山道(町道?)が工事中で迂回させられましたが、大きな問題にはなりませんでした。

今回は、突然のお思い付きで急きょ訪れたため、現地に着くのが日が落ちてからになってしまったため、夜の露天風呂になりました。アクセスと時間帯から、貸し切り状態かなと期待しましたが、期待は裏切られ、多数のグループ客が利用していました。

券売機で入場券を買うのですが、大人450円、子供200円と大変良心的な温泉になります。脱衣所に100円硬貨のリターン式ロッカーがあるのですが、ちょうど100円硬貨がなかったため、100円硬貨が落ちていないかアサっていたら、誰かの取り忘れていた100円硬貨を発見したため、上手に利用させていただきました。(まあ両替すればいいんですけどね)

泉質は
ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉で茶褐色、金属臭がするかなり良質な温泉です。この温泉は飲泉ができるらしいですが、飲むのを忘れてしまいました。

IMG_20171111_173906
(夜でしたので写真写りが悪いです)

さっさと体と頭を洗って、突然初雪がパラパラ舞ってくるほどの寒さに震えて
露天風呂に行きましたが露天風呂はちょっとヌルメでした。露天風呂は岩風呂といったところでしょう。10人弱ぐらいが入れるほどで、あまり大きくありません。

IMG_20171111_173752

他の方も言っていましたが、一度入ったらなかなか出られないほどヌルメでした。出ようと思って立ち上がったら、雪の舞う寒さに震えてもう一度湯につかるの繰り返しです。なので露天風呂ではかなり長風呂ができますし、のぼせることがありません。

上の写真の右上、その場所はちょうどお湯が出ている場所で、他よりも温かい当たりの場所をGETしました。他にもお湯が出ている場所がありますが、右上の場所でひたすら陣取って温泉につかってました。

IMG_20171111_173817
この手すりの場所もお湯が出ていて温かいらしく、他の方もずっと陣取ってました。

この日は風も強かったため、気温以上に体感温度が低かったです。恐らく0度前後。今回は、露天風呂がヌルメということもあり、いつもより長く1時間半ぐらい露天風呂に入って、さすがに出たら寒かったため、内風呂でもう一度体を温め直しました。内風呂はタイルになっており露天風呂よりは温度が高く、ちょうどいい温度になっています。

今回は湯温の関係で、露天風呂より内風呂の方が混雑していました。

情報によりますと、12月から4月まで、湯温低下のため露天風呂は利用できないとのことです。

茶褐色の濁りと金属臭など、「これぞ温泉!」という感じの良質な泉質ですので、みなさんもいかがでしょうか?

今回は、長野県飯田市の水晶山にある「水晶山温泉 満願成就の湯」になります。
ここへのアクセスは比較的よく、国道151号線・153号線のどちらでも行くことができます。ちょうど中間にある感じですね。高速道路になりますと、中央自動車道の飯田山本インターチェンジで降りて国道153号線と合流してからになります。
途中で県道に入りますが、それほど道は悪くありませんので、運転が苦手な方でも苦労することはないと思われます。

この温泉の泉質は「アルカリ性単純泉」になります。泉質としては特に目立った特徴はありません。入湯料は大人は800円、子供は500円になります。ここには洞窟風呂とサウナ風呂があり、奇数・偶数日で男女入れ替えになります。個人的に洞窟風呂に入りたかったので、日程を調整して行きました。
洞窟風呂
これは洞窟温泉になります。人工的に作った洞窟ですが、薄暗くて雰囲気はとても良いです。ところどころに水晶が埋め込まれておりとても幻想的です。洞窟ってことで音もよく反響します。洞窟の温泉はちょっとヌルメの温度でしたのでちょうど良かったです。

ちょうどこの日はお客さんが少なくてのびのびと利用することができました。

水晶山温泉内風呂
これは内風呂になります。水晶山温泉らしく、でっかい岩に水晶が並んでいました。(盗難されないのでしょうか??個人的に心配になります。)

内湯に大きな水晶キラリ
これが水晶です。時価いくらぐらいでしょうか?非常に気になるところですね。あとこの水晶は水晶山で取れたものなのでしょうか?紫色をしていてとてもきれいです。


露天風呂
こちらは露天風呂になります。露天風呂は他の温泉に比べてちょっと深さがあるような気がしました。外には池がありますが緑色に濁っています。うる覚えですが、魚が居たような気がしました。

この温泉ですが、間伐材を使った加熱装置(ボイラーor発電)を使用していると書いてありました。この地域で発生した間伐材等を使用している模様です。長野県は海がなく周りは山ばかりですので、森林整備と国産材の利用を促進するために、間伐材を使った加熱装置を使うところは評価できます。

このような間伐材を使った加熱装置(ボイラーor発電)を使用しているところは、「水晶山温泉 満願成就の湯」「遠山郷温泉  かぐらの湯」「赤石温泉 白樺荘」になります。このような加熱装置がもっと普及するといいですよね!!

下記のサイトは参考サイトになります。

間伐材について
http://ponsuke.site/archives/4334319.html

バイオマス発電について
http://ponsuke.site/archives/17035477.html
 

今回は、長野県下條村にある『下条温泉 秋桜の湯』です。下條村といえば、テレビで活躍中の峰竜太さんの出身地としても有名ですね。『下条温泉 秋桜の湯』は、国道153号線沿いにありますので、比較的車でも行きやすい温泉です。国道153号線は整備されており、『酷道』などと言われている山道ではありませんので安心してくださいね。あと、入湯料も大人一人400円と良心的な値段なのも魅力です。
http://shimojo-kanko.jp/wp-content/uploads/2012/10/56023cb29fdb17bac86187693156ac4d-1.jpg

 この温泉は、内湯と露天風呂がありますが、今回は露天風呂にしか入りませんでした。泉質は単純硫黄泉ですが、硫化水素型ではないため、硫黄臭は感じられませんでした。硫黄臭を期待して行くと期待外れになるかもしれません。質感ですが、若干ヌルヌル感があるような気はしましたが、無色透明であり、これと言って特徴はありませんでした。しかし湯上りも、いつまでも暖かくて湯ざめはしませんでした。

 露天風呂ですが、山の上に作られているため、景色はよく開放感があります。柵も低いので、ちょっと岩場に腰かければ座りながら景色を堪能できます。循環されている温泉が、放流されている付近は温かいので、冬季はいいかもしれません。
   あと、私は昼間に行きましたが、夜景も素晴らしいと聞きました。夜9時まで営業していますので、露天風呂から夜景を眺めるのもロマンチックでいいかもしれませんね。今度は夜に行ってみたいと思います。
 余談ですが、この温泉お近くに『道の駅 信濃路下條 そばの城』があります。長野は信州そばで有名ですので私も食べてきました。閉店間際だったのか、道の駅に人はマバラでした。長野の特産品も数多く売ってますのでぜひ立ち寄ってください。

今回は、長野県松本市にある『白骨温泉 公共野天風呂』です。長野県には数多くの温泉があり、私もよく長野の温泉に行ってます。
 公共野天風呂に行くためには、長い長い階段を下らないとたどり着けません。下りはいいのですが、帰りは上りなのできついです。高齢者には厳しかもしれませんね。

 白骨温泉、名前の通り白色をしています。私が思っていたほど白くはなかったのですが、硫黄の臭いは十分しており、良質な温泉だなと思いました。設備は十人ぐらい入れる露天風呂だけで、シンプルな作りになっています。。私が行ったのは公共野天風呂であり、目の前に川が流れており景色はいいです。かけ流しの源泉がそのまま川に流れるため、石鹸・シャンプーの備付はありませんので、かけ湯をしてそのまま温泉に入りました。環境を守ることも大事ですので致し方ないですね。営業時間終了間際の駆け込みで入りましたので、利用客はほとんどいませんでした。最後は露天風呂一人じめしました。誰もいない温泉でのんびりするのはいいものです。
http://1onsen.com/sirahone7.jpg
 あと、長野の山奥ということもあって、冬季は休業です。春から秋にかけての営業になります。それと、近くに橋があり、もしかしたら橋の上から露天風呂が丸見えになっているのかもしれませんね。

 白骨温泉には旅館が営業する日帰り入浴もできますが、日帰り入浴は時間が限られていますので、ホームページで入浴時間を確認してから行った方がベストです。宿泊すればいつでも入れるのかな?みなさんもぜひ行ってみてください。

今回は、長野県大鹿村にある『小渋温泉 赤石荘』です。私は国道152号線を永遠と走って行きました。国道152号線は、二ヵ所で寸断されており(林道で迂回は可能)、1.5車線の山道を走ります。山道好きの私は喜んで、酷道こと国道152号線で行きましたが、みなさんは運転に注意してください。

 『小渋温泉 赤石荘』は旅館ですので宿泊も可能な日帰り温泉です。私が行くといつもフロントの人がいませんので、大声でフロントの人を呼んで入湯料を支払います。村の人はおおらかなんでしょうね。悪意があればタダで温泉に入れますよ!!(決してやらないように・・・・・)温泉の設備ですが、露天風呂が一つあるだけのこじんまりとした感じになっており。旅館自体もレトロな感じです。しかし、山の上に作られており、目隠しの壁はないに等しいので、露天風呂に浸かりながらの眺めはアルプス山脈が一望でき絶景です。
 泉質も、ちょっと熱めでヌルヌル感があり、『温泉だなーー』という気がします。露天風呂は、体は温まり頭は冷やせるにで、内風呂よりいいですね。何度か行きましたが、貸し切り状態のことが多いです。ひとりでのんびりしたいときにはいいですよね?

 注意事項ですが、ロッカーが壊れているので、貴重品はフロントに預けた方がいいですよ。あと、露天風呂しかなく、体を洗うのも外になります。寒い時期には・・・・・温泉に行って風邪ひかないでください。

 また、赤石荘の近くにパワースポットとして有名な分杭峠(国道152号線)もありますので、パワーを求めている方は、温泉のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?確か分杭峠は冬季通行止めであり、通行止め以外でも、季節によっては雪が残っています。道も酷道ですのでスリップしないように運転してください。


2017年8月追加

 つい先日小渋ダムにも行ってきました。このアーチ形のダムがいいですね。ダムから下を見ると足がすくみますよ!!
2015080215390000

↑このページのトップヘ