ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

温泉(静岡県)

今回は、静岡県静岡市にある『梅ヶ島温泉 湯元屋』です。静岡市と言っても山梨県との県境にある山深い奥地です。静岡県道29号線をひたすら北上し、終点まで行けばゴールです。永遠と山道を運転すればたどり着きます。県道29号線はところどころ狭かった記憶がります。なんせ行ったのが小学生のころに何回かと、何年か前に1回行っただけなので記憶があいまいです。

 ここの温泉、小学生のころは共同浴場があり利用しましたが、現在は取り壊され、何件かの民宿の温泉だけになってしまいました。それで今回は『梅ヶ島温泉 湯元屋』を利用しました。泉質は、単純硫黄泉であり、かすかに硫黄の臭いがしました。あとは無色透明でサラサラした温泉でした。施設は内湯と露天まがいの外湯っぽいのがありました。残念ながら景色は全く見えず、浴槽も小さなものでした。写真は引用ですがこんな感じです。
p5

 他のお客さんは誰もおらず、家族のみの貸切状態でした。梅ヶ島温泉自体そんなににぎわいがあるとは感じられませんでした。個人的には昔の方が良かった気がします。

 私は行ったことありませんが、旅館が並んでいる終点の梅ヶ島温泉よりちょっと下ったところに、『梅ヶ島新田温泉 黄金の湯』なる日帰り温泉施設ができたそうで、皆さんはそちらに行っているものだと思います。写真は引用ですがこんな感じです。
spa30019


 以前の大衆浴場よりだいぶ立派になったなと感じました。あと行ったことありませんが、もう少し下った所に『コンヤ温泉』という温泉もあるそうですね?
 
 梅ヶ島温泉より先は、県道は終わりですが、豊岡梅ヶ島林道が通っており、山梨県側に抜けることができます。しかし、少し前の台風による路肩の崩壊等によって、長期間の通行止めになっており、再開の見込みもないそうです。
 
なお『梅ヶ島新田温泉 黄金の湯』に行ったことのある方はぜひレポートください。

※行ってきましたので報告します。
梅ヶ島新田温泉 黄金の湯

今回は、静岡市にある口坂本温泉です。静岡市と言っても市街地ではなく、山に囲まれた田舎にあります。交通ですが、安倍川沿いにある県道27号線を進めばたどり着けます。途中まで道はいいのですが、温泉周辺はかなりのクネクネ道なので注意してください。

 ちなみに、県道27号線と29号線の分かれ道で、そのまままっすぐ29号線を行けば、以前紹介しました梅ヶ島温泉に行きます。また、遠いですが井川方面に抜ければ、これも以前紹介しました、赤石温泉・白樺荘に行くことができます。しかしこちらもクネクネ道です。

 温泉施設は、内湯と露天風呂がありました。露天風呂の写真は引用ですがこんな感じです。
kuchisakamoto03
 まあまあの広さの温泉で、周りは山々に囲まれています。露天風呂敷地内は雑草が生えており、あまり手入れされているような雰囲気はありませんでした。緑が多いですので、日常生活を忘れたい方にはいい温泉です。泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩温泉でツルツル感を感じました。内湯はちょうどいい温度でしたが、露天風呂はちょっとぬるめです。夏はちょうどいいですが、冬は少々冷たく感じることでしょう。

 お客さんは何人かいましたが、あまり混んでいなく、露天風呂は貸し切り状態になることもありました。露天風呂はぬるめですので、ちょうどいい内湯の方が人気でした。

 時間が許せば、ぜひ赤石温泉・白樺荘にも行ってみてください。

みなさんこんにちわ、さて、今回は静岡県の井川というところにある『赤石温泉 白樺荘』の紹介です。井川は静岡市に位置していますが、静岡市と言っても新幹線が通ってる街中ではなく、いくつもの山を越えた山深い山中にあります。静岡県のとんがった部分の一番先っちょだと思ってください。  みなさん大井川鉄道って知ってますか?SLが金谷から千頭まで走っていることで有名な大井川鉄道です。ローカルでロケ地としても使われています。そして、千頭から井川鉄道というものが通っていまして、千頭から井川までトロッコ列車を運転しています。その井川です。  ここの温泉は単純硫黄泉です。入った感じですと、ヌルヌル感が印象的でした。白樺荘は平成21年にリニューアルオープンした施設です。以前の施設は、無料で入浴できたそうですが、インターネットで見ると古めかしい施設です。(リニューアルオープン以前の施設には入ったことありません・・・・・)  泉質はお気に入りですが、ここまで行くのが大変です。延々と山道を何時間も運転しないとたどり着けません。交通の便が悪いためなのか、休日でもほとんど人がいなくて、貸し切り状態ということもありました。『人ごみの温泉はイヤだ!!』という人に、ぜひお勧めです。まあ、秘湯とは言わないまでも、長距離運転の覚悟がある方はぜひ行ってみてください。私は運転好きなので、全く苦痛ではありませんでしたけど・・・・・  


ついでに山道が好きな方は、井川雨畑林道を通ってみてはいかがでしょうか?この林道は静岡から山梨につながる全長が50キロ弱ある長い林道です。もちろん1.5車線のクネクネ道をひたすら運転します。静岡県側の道は非常に悪路でしたが、山梨県側は舗装もきれいで運転しやすかったです。途中の景色は絶景でしたね。標高が高いですから、遠くまで眺められますし最高でした。

 ちょっと小さいですがこんな感じです。この林道、だいぶ前からがけ崩れの恐れで長期通行止めになっています。早く再開してほしいものです。この林道を始めて通ってから何年か経ちますが、再開の見込みは立っていません。静岡と山梨の林道情報を見ると、ずっと通行止めになっています。
33677967_310381167
この温泉ですが、間伐材を使った加熱装置(ボイラー)を使用していると書いてありました。この地域(井川地区)で発生した間伐材等を使用している模様です。この地域は静岡県の最北部にあり、周りは山ばかりですので、森林整備と国産材の利用を促進するために、間伐材を使った加熱装置を使うところは評価できます。再訪問時には、燃料となる間伐材のチップが湿っていたのか、野外でブルーシートの上で乾燥させていました。原料をストックしてある貯蔵庫も全開となっていましたが、貯蔵庫の中はほぼ空の状態でした。

このような間伐材を使った加熱装置(ボイラーor発電)を使用しているところは、「水晶山温泉 満願成就の湯」「遠山郷温泉  かぐらの湯」「赤石温泉 白樺荘」になります。このような加熱装置がもっと普及するといいですよね!!

この温泉から上流に向かうと、畑薙第一ダムがあり、そこより先は特種東海製紙会社の社有林(井川社有林)ですので一般車では立ち入ることができません。登山客が利用する登山道は利用できます。また、この社有林は1団地では、民間企業が日本国内で所有する面積としては最大規模になります。

今回は、静岡県川根本町にある『寸又峡温泉 美人づくりの湯』です。川根と言ったらお茶が有名ですよね?この温泉は、静岡県の北部にあるため、ここに行くまでが大変です。ひたすら山道を運転しなければいけません。山道と言っても、比較的整備されているためさほど悪くない道です。でも、温泉近くになると道も細くなるので運転には注意してください。
 この温泉は硫黄泉ですが、硫黄臭は若干するかしないかといった感じです。色は若干白く濁ってました。しかしヌルヌル感はあり、良質な温泉だと思いました。温泉設備ですが、柵で囲まれた露天風呂が一つあるだけのシンプルな作りです。柵があるので景色はあまり見えませんでした。あと、石鹸とシャンプーの設備がありませんでした。使用禁止なのか、持ち込めば使っていいのかは分かりません。
 
P5020027

 この写真は引用ですが、こんな感じです。私が行ったときには2人いましたが、途中から貸し切りになりました。休日にもかかわらず、意外と人が少なかったと思います。人ごみの温泉は苦手ですので良かったと思いました。

 あと、温泉からちょっと歩けば、ダム湖に掛かる『夢のつり橋』なるつり橋が掛かっています。観光名所らしく、親子連れやカップルなど、人が大勢いました。やはり下のダム湖が丸見えになりますので、足がすくみ、ちょっと怖いですね。携帯電話や車の鍵や財布など、ダム湖に落とさないようにしましょう。(携帯で写真撮ろうとしたら落としそうになりました。)ちなみに、つり橋には定員が決まっていますので、順番を守って譲り合って渡ってくださいね。

33677967_1056977656_225large
こんな感じです。大自然に囲まれたよい場所ですので、温泉のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
※再度秋の紅葉シーズンに夢のつり橋を訪れました。この時期だけは駐車場が有料になっています。また、夢のつり橋には人数制限があるため係員が誘導します。なので橋の前からかなり長い行列ができており、橋を渡り始めるまで1時間近く待ちました。

今回は、静岡県掛川市にある『森の都 ならここの湯』です。交通の便ですが、国道一号線からではなく、第二東名沿いの一般道から向かいました。ホームページにも書いてありますが、東名、第二東名、国土一号線バイパスから30分前後ですので良い方でしょう。若干道が狭い個所がありますが、クネクネ山道を走り続けるような悪路ではありません。

 この温泉は、内湯と露天風呂があり、比較的きれいな施設になります。備え付けの設備ですが、シャンプーと珍しく固形石鹸になります。『環境に配慮のため固形石鹸を使ってます』的なことが書いてありました。個人的にはボディーソープ派ではなく固形石鹸派ですのでまったく問題ありません。ちなみにホームページからの引用になりますが、露天風呂はこんな感じになります。

※再訪問時は固形石鹸は撤去されていて、液体のボディーソープに変わっていました。
o_manroten

 森に囲まれたいい場所にあり、温泉を取り囲む山々を眺めることができます。しかし目隠しの塀が邪魔で、山の中腹から山頂までしか見えません。泉質ですが、ナトリウム-塩化物温泉であり、若干緑がかった透明な温泉です。内湯は分かりませんが、露天風呂は熱めでしたので、温泉に入ったり椅子で休んだりの繰り返しでした。椅子で休んでいる時、風に吹かれての心地よさがたまりません。

 混雑状況ですが、何度か土曜日夕方に行きましたがまあまあ混んでいました。しかし我慢できないほどの混雑状況ではありませんので良かったです。他の方のブログを拝見しますと、かなり混んでいるとの情報ですので、当方の運がいいだけかもしれません。

 自然に囲まれた良い温泉ですので皆さんも行ってみてください。

※再訪問時は夜に訪れました。月明りと、ほんわかした灯でいい雰囲気でした。夜間というだけあって、利用客はあまりおらず、地元の年配客が数人いるだけでした。

↑このページのトップヘ