ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

温泉(岐阜県)

今回は岐阜県高山市高根町にある『塩沢温泉』です。ここの露天風呂は、元々宿泊施設の露天風呂でしたが、宿泊施設が廃業したので、地元の有志の方が管理されている無料の露天風呂です。寸志を入れる箱がありませんでしたので、完全に無料の温泉です。他の方のブログでは、宿泊施設の建物が健在でしたが、私が行ったときには取り壊されて露天風呂だけになっていました。

 この露天風呂は、着替えスペースもなく露天風呂の片隅で素っ裸になるだけ、何の設備もなく、ただただ大自然の中にポツンと露天風呂が一つのシンプルな温泉です。秘湯と言ってもいいでしょう。訪れる人も何人かおり、ツーリングのおじさんグループや年配の夫婦がいました。年配の夫婦はかなりのお気に入りで、何度か足を運んでると言ってました。ちなみにここは混浴です。水着もOKですが、着替える場所がありません。着替えを見られたくない人はちょっと工夫してください。年配の夫婦は車の中で着替えたそうです。

 この温泉は非常にぬるいので、何時間入っていてものぼせません。なので晩秋から冬は寒くてとても入れないでしょう。色は黄土色で、鉄の味がモロにします。すぐ横が川になっており、山と川に囲まれた絶景の秘湯です。大自然を満喫したい方、秘湯大好きな方はおススメの温泉です。
DSCF0654

DSCF0649

この温泉にシャンプー類はもちろんありません。排水設備もなく、すぐ横の川に垂れ流しになっていますので、シャンプーの利用はやめたほうがいいと思います。ちなみにポン助は石鹸を持参していきましたので、頭と体を石鹸で洗いました。石鹸ですので生分解されますので問題ありません。

というのも、何名かいましたので体を洗おうか迷いましたが、ちょうど皆さんお帰りになりましたのでラストは貸し切り状態となりました。貸し切り状態ですので、誰にも迷惑をかけないと判断しましたので体を洗うことにしました。シャワーはありませんが、ちょうど桶も持参していましたので、浴槽内のお湯を使いました。

 この場所は分かりずらく、カーナビの電話番号検索はできませんので、近くにある宿泊施設『塩沢温泉 七峰館』の電話番号を入力すれば国道361号線で近くまで行けます。そうしましたら、高根第1ダムと高根第2ダムの間にある塩蔵川という川があります。その川で国道から川沿いに向かう道がありますのでそのまま向かってください。そうしたら看板がありますので分かりますよ。

今回は、岐阜県高山市にある『新穂高温泉 水明館佳留萱山荘』です。新穂高温泉は、露天風呂『新穂高の湯』に一度行きましたので、二度目になります。アクセスですが、国道158号線で、平湯温泉近くで国道471号線に曲がり、橋を渡ったら右折すればたどり着きますが、こんないい道では面白くないので、岐阜県道89号線の廃道寸前の道を選びました。写真は引用ですがこんな感じです。
IMG_2817-00795

ね、廃道寸前でしょ?これでも立派な現役の県道ですよ!それと、この道には『荒城温泉 恵比寿之湯』がありますが、まだ訪れたことはありません。以前にも通りましたが、マイナーな道ですので対向車はありませんでした。というか、すれ違いに下手すれば谷底に転落します・・・・・。

 さて温泉ですが、夕日の落ちた黄昏時に付いたため、よく確認できませんでしたがほとんど無色透明でした。私には無臭でしたが、人によっては若干硫黄臭を感じるそうです。泉質はアルカリ単純温泉です。

 露天風呂の脇にシャンプー類がありますが、排水設備がないように感じられました。分かりませんが、恐らく排水は垂れ流し?のような気がします。石鹸類でしたら生分解で分解されるので問題ないと思いますが、シャンプー類が垂れ流しされていたら環境面から見て大丈夫なのかと気になりました。

 さてこの温泉は混浴ですので熟年の夫婦や友人同士と思われるお客さんが数組いました。若い女性は・・・・・1人しかいませんでした。ちょっと残念。それと、珍しく欧米から来たと思われる外国のグループもいました。1人は金髪美女でした。ここで日本の良さを分かってもらいたいですね!

 この温泉は無駄に広い露天風呂が有名で、東海一とかいう話もあります。引用ですがこんな感じです。
img_1

 露天風呂は3つありまして、どれも無駄に広いですよ!着替えスペースの前が一番熱く、この時期にはちょうどいい温度でした。川に近い方と一番奥は若干ぬるめです。一番奥には洞窟温泉があり、温度にムラがありますがかき混ぜればちょうどいい温度になり長湯できました。一番気に入ったのは洞窟温泉でした。日本秘湯を守る会の提燈がぶら下がっていて、何とも風情のある洞窟温泉でした。カップルで入ったら即プロポーズ、即OKとなりそうな雰囲気です。
http://on-photo.com/wp-content/uploads/2015/04/karukaya022.jpg
 洞窟といっても、石を組み合わせたような感じです(お借りしました)が、洞窟の中は響きます。しゃべると声が反響していい雰囲気になります。

 日が落ちて辺りが真っ暗になり、ホワーンとした灯りの下で入る温泉も格別ですね。ここで思ったのが夜空の暗さより山の暗さの方がより真っ暗ということに気づきました。夜空と山の境がなんとなく分かります。

 この温泉はおススメですので皆さんもぜひ行ってみてください。

↑このページのトップヘ