ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

科学

犬と猫、人間に一番身近な動物ですよね?どちらかを飼っている人は多いんではないでしょうか?または両方勝っているという方もいるでしょう。両方飼っている方は分かると思いますが、犬と猫、仲が悪いことはあまり聞かないと思います。

それは面白いことに、はるか昔の先祖は、犬と猫は同じ先祖だったからなのです。

https://static.pepy.jp/wp-content/uploads/2015/03/06105233/shutterstock_205941694-e1484025646982.jpg

下の絵は、犬と猫の先祖の「ミアキス」という動物です。約6500年前~4000万年前にいました。体長は20~30センチメートル、肉食で北米からヨーロッパにかけて生息していたそうです。
Miacis

この頃は森林が豊かでしたので問題ありませんでしたが、3000万年ぐらい前になると、地球規模の寒冷化で森林が減少し、草原に変わってきました。そこでミアキスでも、森に残るグループと、草原に進出するグループに分かれます。
森林が減ったためミアキス同士でも生存競争が行われ、元々森に棲んでいたので強い者が森に残り、森林から追い出された者が草原に進出しました。

森に残るグループ・・・・・・猫の祖先
草原に進出するグループ・・・犬の祖先

そこで草原に進出したミアキスは狩りがしやすいように筋肉がついたり、持久力がついたりして集団で狩りをするようになります。狩りをするには指揮するリーダーが必要ですので、主従関係が生まれました。

それで草原に適応したのが犬の祖先になります。しかし落ちこぼれもいて、草原に適応できなかった者は再び森に戻り、クマやイタチに進化したそうです。
進化とは面白いことに、草原に適応できなくて、森林に戻ったのに猫にはなれなかったのですね!!

そこで月日が経ち、犬と人間が初めてであったのが、約3万年前のアラビアで、外敵からの防衛と狩りの仲間のためにオオカミを飼い始めました。
ここでは色んな説があり、ある少女がオオカミの赤ちゃんを拾ってきたのが始まりとの説もあります。

オオカミと人間は利害が一致したため、人間もオオカミも共存の道を選びました。まず人間から見ると、当時は人間を襲う外敵がたくさんいたため、オオカミの鼻(臭い)がレーダーとなり、外敵が近くにいるとオオカミが吠えるのですぐに分かります。あとは共同で狩りをすることです。
オオカミから見ると、人間と一緒にいれば、食べ残しがもらえるので、食いっパグれがないです。
その点で、オオカミと人間との利害が一致しました。


一方猫を飼い始めたのは4000年前~8000年前のエジプトで、リビアヤマネコが全ての始まりだと言われています。
この頃、人間は麦を栽培して倉庫に蓄えていたのですが、ネズミが倉庫の麦を食い荒らすので、対ネズミ用としてリビアヤマネコが買われたそうです。

この関係、ここかで見たことありませんか?そう「トムとジェリー」と同じですよね?

金縛りになったことがある方は多いのではないでしょうか?日本人では半数ぐらいの人が金縛りになったことがあるそうです。

そもそも金縛りとは、字のごとく夜寝ているときに金属で縛られている様に体を全く動かせなくなる状況に陥ることです(目は動くことが多いです)。

どうして金縛りにあうのかですが、結論から申しますと、ほとんどは霊的な現象ではありません。でも毎晩金縛りが続くようでしたら、もしかしたら地縛霊などの仕業かもしれません。もしあなたが霊感が強い体質だったり、いわく付きの物件に住んでいたり、霊道の通り道が寝室だったりすると否定できませんし、否定するつもりもありません。

https://i.ytimg.com/vi/HPSFyjG1JR4/hqdefault.jpg

では、一般的な金縛りの原因ですが、簡単に言えば睡眠障害です。

簡単に言えば、脳(頭)は起きていて体が寝ている状態、その状態になると金縛りになります。というのも、脳が起きているので様々な指令を出します。例えば手を動かせとか、足を動かせとか脳が一生懸命指令を出すのですが、体が寝ているので一向に動きませんよね?なので体が縛られているように感じるのです。


ではなぜそのようなことが起きるのか、レム睡眠・ノンレム睡眠という言葉を聞いたことないでしょうか?


・レム睡眠・・・・・
レム睡眠(Rapid Eye Movement Sleep)は急速眼球運動(Rapid Eye 
          Movement
)を伴う睡眠のことです。その頭文字REMを取ったのがレム睡眠。

・ノンレム睡眠・・・・・ノンレム睡眠(Non Rapid Eye Movement
Sleep)はレム睡眠ではない状態。
             眠りの状態は4段階に分けられています。

レム睡眠時・・・・・眠りが浅いので、脳は起きている状態で体が眠っている状態。夢を見ている時が
          レム睡眠


ノンレム睡眠時・・・・・眠りが深く、脳も体も眠っている状態。
この状態でたたき起こされると寝ぼけ
            
を起こす


睡眠時はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。生活が不規則な場合や、疲れているときはこの繰り返しが乱れやすく、レム睡眠中に脳が起きてしまうことがあります。

レム睡眠中に脳が起きてしまうと、体が眠っている状態ですので金縛りになります。これが金縛りが起こる科学的な原因になります。

金縛り中に幽霊を見たとかありますが、自律神経が乱れた状態ですので、夢と現実と恐怖が入り乱れた幻想になります。

http://livedoor.4.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/a/7/a7d59ffd.png
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

これは個人的な体験ですが、私自身金縛りは頻繁にあります。不思議なことに金縛り中目を開けるといつも自分の部屋になります(若干レイアウトが違うかもしれませんが)。何回か引っ越しもしましたが、引っ越し先でも必ず目を開けると自分の部屋になります。

そして、金縛りのなる直前ですが、「キーーーン」という耳鳴りがするので「あーーー、金縛りになるな!!」とすぐに分かります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

金縛りの直前になると耳鳴りがする人はかなり多いですが、原因は解明されていません。

金縛りを解く方法ですが、個人的には諦めて寝ることです。どうせジタバタしても体は動かないし、目を開けると幻想の幽霊がいるかもしれません。さすがに幽霊が居ては怖いので、諦めて目を閉じて寝るようにしています。しかし寝返りができないのはつらいですよね。私個人は仰向けより横向きで寝ていますので、仰向けのまま金縛りになるとツライです。

金縛りの原因理解していただけましたでしょうか?

2017年には、世界の人口が70億人を突破しましたが、わずか7万年前には、人類滅亡の危機にあったことご存知でしょうか?
http://livedoor.4.blogimg.jp/jin115/imgs/a/f/af150a79.jpg

その人類滅亡の危機の時の世界人口はたった2000人程だったとの調査結果が出ています。

人類は一時は100万人ぐらいまで増えましたが、13万5000年前と9万年前に東アフリカでひどい干ばつが発生したため、少人数で世界進出を余儀なくされました。さらに7万年前にはインドネシアのスマトラ島にあるドバ火山が超巨大噴火を起こして、地球規模の気候の大異変がありました。この超巨大f噴火は最大級の噴火で、その後に地球規模の寒冷化が約6000年間続きました。

その地球規模の寒冷化の影響で、人類が一時2000人ぐらいまで減ってしまったそうです。それまで、何種類かの人類がいましたが、地球規模の寒冷化を乗り越えられず、他の人類は滅亡してしましました。

今までの地球の歴史では、頂点になった者は必ず絶滅しています。頂点に立つと進化を忘れてしまい、地球規模の大異変に対応しきれないのです。それが今では70億人を突破した人類ですが、今後の人類絶滅の危機は乗り越えられるでしょうか?

人類はやがて滅亡する運命にあるのか?もちろんオカルトや予言みたいな話ではありません。人類というよりは、哺乳類全体の滅亡と言っていいでしょう。

人類の滅亡について科学的にどうなっているか紹介します。

http://www.hatchobori.jp/asset/mf31.jpg
これは人の染色体です。X染色体とY染色体です。オスはXY染色体、メスはXX染色体というのはご存知の方も多いでしょう。染色体と人類滅亡の関係ですが、簡単に言えば、オスのY染色体が劣化していき、やがて消滅してしまう可能性があるので、子供を産めず人類滅亡とのシナリオになります。

上記の写真を見ていただければ分かると思いますが、Y染色体ってやけに小さいと思いませんか?X染色体の1/3の大きさですよね?染色体の数ですが、X染色体が1098に対して、Y染色体はたった78しかありません。

どうしてこうなったかといいますと、ペアのオスXY染色体とメスの染色体XXから生まれる子供の染色体の組み合わせは、XX・XYになります。ここで仮にX染色体が傷ついて欠落しても、はオス・メス両方のXから欠落した染色体を補うことができます。簡単に言えばコピーすることができます。なのでX染色体はなかなか劣化しません。

Y染色体ですが、仮に傷ついたらもう修復できません。そのまま劣化コピーされてしまうのです。昔のビデオテープのダビングと同じですね。代を重ねるに連れてY染色体はどんどん劣化コピーされてしまい、今ではたった78の染色体しか残りませんでした。
Y染色体には大事な情報があり、胎児と母親との胎盤を作る情報とかが入っています。なのでY染色体がないと子供が産めません。

およそ3億年前にはそれぞれ1400もの染色体があったと考えられていますが、Y染色体の劣化が、X染色体の劣化より早く進んでいます。そして早ければ500~600万年後にはY染色体がすべて消滅してしまう可能性があります。そなれば突然変異でも起こすか、人工的にY染色体を復活させない限りこの世はメスだけになってしまいます。

しかし哺乳類でトゲネズミの仲間では、メスだけで子供を産んでいる種類が3種類ほど日本で確認されています。
オスもメスもX染色体1本しか持たないXO型のトゲネズミがいます。いずれも離島に生息している天然記念物だそうです。

このトゲネズミの性決定メカニズムを知ることで、人類滅亡を防げるのかもしれません。

2017年の米の収穫量が不作になりそうです。今年は東京でも8月は雨続きですし、東北地方も例年の4割ほどしか太陽が出ていないそうです。それに、一部地域では「いもち病」と呼ばれる稲の病気も発生しているそうです。いもち病は太陽の光が当たらないと発生しやすくなります。

ここで記憶している人も多いと思いますが、1993年(平成5年)に米騒動が起こりましたよね。戦後の日本に記録的な冷夏が起こり、米の作況指数は「著しい不良」の水準となる90を大きく下回る74となりました。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/54/e0/ca500f3a02c46a2a1effe8ffb63d9443.jpg
そこでみなさんがお米を買い占め、お店の店頭からお米が消えましたよね。一応海外から緊急輸入によって何とかしのげましたが、タイ米が捨てられるとか、養豚場の餌になるとか不遇の扱いも受けました。

この年はフィリピンのピナツボ火山が大噴火を起こして、世界の気象に大きな影響を与えました。これが直接的原因として日本に冷夏をもたらしました。

今年は、1993年の気象条件と似ているとのことです。なので今年は記録的な米の不作が起こる可能性があります。

しかし1993年の米不足から学びましたので、今は備蓄米があります。政府と民間合わせて200万トン以上ありますので、不作だからと言っていきなり店頭からお米が消えることにはならないと思います。

歴史から見ると日本はいくつもの大飢饉を乗り越えてきました。

近世での飢饉

・1993年の米騒動
・昭和東北大飢饉(1930年~1934年)
・天保の大飢饉(1833年~1937年)
・天明の大飢饉(1782年~1788年)近世の日本では最大の飢饉
・享保の大飢饉(1732年)
・寛永の大飢饉(1640年~1643年)

今の日本は世界的には裕福ですので、多くの食べ物を捨てています。1年間に1800万トンもの食べ物を捨てています。ここで食べ物を粗末にして歴史を繰り返すのか、食べ物を大事にして歴史を繰り返さないようにするのか、今年の2017年を見守りましょう。

↑このページのトップヘ