ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

観光地

だいぶ前ですが、扇沢ルートで黒部ダムに行ってきました。扇沢は立山黒部アルペンルートの玄関口(長野県側の)となる場所です。
ちょうど観光シーズンでしたので、扇沢駅の駐車場が混んでいたため、少し下にある臨時の無料駐車場に車を止めてから関電トンネルトロリーバスの駅に向かいました。(扇沢駅前に有料・無料の駐車場があります。)

関電トンネルトロリーバス鉄道扱いとなっていて、は2018年(平成30年)11月末で廃止になります。2019年(平成31年)の営業から電気バスに移行します。
DSCF0668
ちょっと前ですが、トロリーバスになります。見た目はバスですが、架線から電気を取って動力源としています。なお、扇沢駅から黒部ダム駅まで、往復で2570円になります。これを高いか安いかは人それぞれだと思います。

時刻表では、30分に1本の間隔で運転しており、16分間で黒部ダム駅に到着します。トンネルは車両1両が通れるスペースしかありませんので、中間で上りと下りですれ違いができるようになっています。

そしてあの有名な破砕帯を突破します。
1あ
破砕帯部分は青いライトと表示されており、工事の大変さが分かります。そしていよいよ黒部ダム駅に到着です。夏でもトンネルの中は涼しいです。

DSCF0672
DSCF0669

よーく見る黒部ダムですね。つい先日、NHKの「ブラタモリ」でタモリさんと近江友里恵アナウンサーが訪れていましたね。(じっ実は近江友里恵アナウンサーの大ファンなんです!)
4545

DSCF0686
黒部ダムの上です。カップルや家族連ればかりで、私みたいにソロ活動している人はいませんでした。
DSCF0685
ダム湖になります。ほぼ満水状態ですね。冬の豪雪が雪解け水となり、黒部ダムを支えています。
DSCF0682
険しい山々が連なっていますね。夏ですので残雪はありませんが、冬は人を寄せ付けない豪雪地帯になります。この険しい山々で難関工事じなったのですね。


DSCF0675

観光放水をしています。ブラタモリでやっていましたが、わざと霧状に放水しているそうです。というのも、そのまま放水してしまうと、ダムの下が水の落下エネルギーで削れてしまうため、環境保護のために霧状にしていると解説していました。
DSCF0683
ダムの上から見ると虹が見えますね。

DSCF0676
またちょっと違うアングルからです。ダムの横からも放水を拝むことができます。

77
一部ですが、黒部ダム建設の歴史などを展示した資料館もあります。こちらは無料で入ることができます。

黒部ダムを渡ると、黒部湖駅から黒部平まで黒部ケーブルカーが通っており、立山ロープウェイ・立山トンネルトロリーバス・立山高原バス・立山ケーブルカー・富山地方鉄道を使って富山側に抜けることができます。しかしこの時は日帰りの長野県ルートでしたので、黒部ケーブルカー以降は利用しませんでした。

222

先日のブラタモリではそのまま富山に抜けていましたね。(それにしても
近江友里恵アナウンサーはカワ(・∀・)イイ!!

もし次に行く機会があれば、富山側から行ってみたいと思います。

つい先日、山梨県甲府市にある武田神社に行ってきました。JR甲府駅からすぐの所にあります。割かし都市部にある神社になります。パワースポットとしても有名ですよね?

IMG_20171126_100702

この神社は、あの武田信玄公を祭ってある神社になります。武田信玄の本拠地「躑躅ヶ崎館」の跡地に建っています。躑躅ヶ崎館は1600年ごろに破壊されたそうです。

IMG_20171126_094627
余談ですが、躑躅ヶ崎館には川の水を利用した水洗トイレが当時からあったそうです。

武田信玄は、「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」との言葉通り、家臣たちを信頼していたため、生涯お城を作らなかったとか聞いたことがあります。

武田神社は、戦いに長けていた武田信玄にあやかり、「勝負運」にご利益があるそうです。「人生に勝つ・恋愛に勝つ・投資に勝つ・仕事に勝つ」など勝負運なら何でもOKです。
IMG_20171126_094834
上の写真は「手水舎」水で手とか口を清めるところです。

IMG_20171126_094848
よーーく見ると、武田家の家紋「武田菱」になっています。水盤が4つありましたので、並べてみました。

IMG_20171126_095013
ここは本殿でしょうか。この日にほったらかし温泉に行ったときに1円玉を拾ったので、その1円玉をお賽銭としました。二礼二拍手一礼をして、私目は「恋愛に勝つ」ように彼女ゲットできるようなお願い事をしました。(今まで連戦連敗ですので・・・・・)

それから恋愛のお守りを買い、「男みくじ」なるおみくじをしてみました。

IMG_20171203_155953

1回200円なので、ちょっと豪華なおみくじです。そして肝心の結果ですが・・・・・

IMG_20171203_155449

なんと小吉・・・・・なんとも微妙な感じです。
と神頼みで女の子ゲットしようとする気持ちがダメなんでしょうか???
あと、お守りを売っているところの巫女さんで1人可愛い子がいました♡巫女さんは独身女性しかなれないと聞いたことがあり、さっそくお守りの効果か?とも期待しましたが、目の保養として楽しみました。
IMG_20171126_095929
さて、あとは
水琴窟というものもありました。地中に埋められている瓶に水がしたたり落ちると、反響音が金属音みたいに聞こえる昔のお遊びです。前に常滑に行ったときに、水琴窟があって、お遊びで水をダバダバ流し込んだら聞こえなくなってしまいました・・・

IMG_20171126_100102
これは「姫の井戸」というもので、
武田信玄のご息女が生まれた時の産湯として使われたことから名付けられたそうです。無料でお持ち帰りできます。ご利益として「延命長寿・万病退散」の効果があるそうです。
IMG_20171126_100352
これは能の舞台です。伝統芸や祭典で使われるのでしょうか?

IMG_20171126_100717
これは神社周りの堀になります。写真ではよく見えませんが、鯉や鳥が羽を休めていました。個人的には鯉より恋が欲しいですが・・・・・
あとは宝物殿もあるそうですが、有料ですので、今回は立ち寄りませんでした。甲州金などが展示してあるそうです。


だいぶ前ですが、1週間の弾丸で車で北海道一周をしました。青森港から函館港までフェリーで行き、時計回りに一周になります。
https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/0f/53/3f/6c/caption.jpg
関東から青森まで一般道で行きました。そして青森港に深夜に到着。フェリーの予約をしていなかったためすぐには乗船はできませんでした。しかし運よく午前2時台のフェリーのチケットは買えたため車とともに乗船。しかしトラックがメインの安いほうのフェリーにしたため、トラックの間に申し訳なさそうに停車しました。

津軽海峡フェリーではなく、青函フェリーのほうが価格的には安いです。

http://www7.plala.or.jp/kimionet/images/img3896.jpg
フェリー内です。前の車ギリギリまで詰めます。もちろん誘導してくれます。

無事函館についたら時計回りに稚内に向かいました。

http://www.geocities.jp/matsutake_spartathlon/bicycle/2005summer/jpg/05_6_05.jpg
国道232号線の海岸沿いをひたすら北上です。海岸沿いをドライブできるのは気持ちいいですね。

DSCF0547
一度行ってみたかった稚内駅です。日本最北端の駅になります。車止めが記念として残っていますね。

DSCF0548
ちゃんと記念碑もあります。昔はもっと先まで続いていたそうですが、道の駅の誕生とともに整備され、留置線などが撤去されたそうです。今はこの記念碑だけになります。

DSCF0555

で、日本最北端の宗谷岬、日本の一番北になります。ここに道の駅がありますので、車中泊しました。平日の夜ってことで、あまり車中泊をしている人はいませんでしたが何人かはいました。(お仕事は大丈夫なのだろうか・・・自分のことを棚に上げ心配です)
DSCF0567
丘の上には灯台っぽいのがりますね。それとお店があり、ラーメンをいただきました。

DSCF0565

観光地ですので観光客がいます。しかし観光シーズンではありませんのでそこまで混んではいませんでした。
DSCF0552
よーーく見ると樺太が見えますね。戦前までは日本の統治下でしたね。しかし今はロシアが実効支配しています。日本からロシアが肉眼で見えるのですね。

知床半島の羅臼にある温泉「羅臼温泉 熊の湯」に入り、

羅臼温泉 熊の湯
そこから車でひたすら走り、納沙布岬に行きました。ここは日本最東端(一般人が行ける範囲で)になります。
DSCF0578
一応灯台らしきものがありますが、平日ですので観光客は誰もいませんでした。この場所はオホーツク海の断崖絶壁の上にあります。
DSCF0579
DSCF0581
よーく見ると、歯舞諸島の一部?らしきものが見えますね。ここは日本領ですが、ロシアに不法占拠されています。

DSCF0592

ちなみに、知床半島と納沙布岬の間にある野付半島からは国後島が見えます。ここも日本領ですが、ロシアに不法占拠されています。それにしても大きな島ですね。

十勝岳温泉 湯元 凌雲閣に入って汗を流して、摩周湖に行きました。

DSCF0569
こちらも平日の朝だけあって、観光客は誰もいません。

DSCF0577
DSCF0568
霧ではなく雨雲が立ち込めていますね。これもまた風情があっていいです。環境保全のため、カルデラ内は一般人は立ち入り禁止です。河川もないのにこのような湖ができるとは不思議です。

このまま函館港に戻り、青函フェリーで青森に到着し、一般道で関東に戻りました。

陸上自衛隊、土浦駐屯地の一般開放の日に行ってきました。土浦駐屯地には、数々の戦車が展示しています。日本だけではなく、アメリカのジャクソン、M4シャーマン・チャーフィーなどが展示してあります。

オンラインゲーム「ワールドオブタンクス(WOT)」をやっている人にはお馴染みの名戦車が勢ぞろいしています。なので一度は行ってみたかったのですが、ようやく願いが叶いました。

DSCF0729
これは八九式中戦車(八九式中戦車 イ号/チロ)

アニメ「ガールズ&パンツァー」のバレー部、アヒルさんチームが乗っている車両ですね。WOTでも日本の中戦車「八九式中戦車 イ号/チロ」として登場します。ゲーム内では副砲は使えませんが・・・

DSCF0796
このケツがかわいいですね!!


DSCF0751
これは61式戦車

日本の陸上自衛隊が運用していた戦後初の国産戦車。戦後の戦車です。これもWOTの日本の中戦車として登場します。ゲーム上では「Type 61」となっています。

DSCF0755
これはアメリカの駆逐戦車M36ジャクソン

WOTでもアメリカの駆逐戦車として登場します。駆逐戦車なのに砲塔がある珍しい戦車になります。

DSCF0769
これはM4A3E8、M4シャーマンの後期型で「イージーエイト」の愛称があります。

これもWOTのアメリカ中戦車として登場します。

DSCF0773
これはM24チャーフィー。軽戦車です。戦後に警察予備隊に供与されました。WOTでもアメリカの軽戦車として登場します。軽戦車乗りの人は強戦車として知っている人も多いでしょう。

次は三式中戦車(チヌ)です。
DSCF0758
戦後にほとんどが連合軍に処分され、今では2両しか残されていません。その貴重な1台が土浦駐屯地に保存されています。

DSCF0766
太平洋戦争中の日本の戦車はちょっとショボいですが、いい形しています。この戦車もWOTの日本戦車として登場します。これもスーパーファミコンの「提督の決断2」の日本の戦車の最終戦車として登場します。
 
これはユーチューブに投稿した動画です。



埼玉県朝霞駐屯地にある陸上自衛隊の博物館「りっくんランド」をご存じだろうか?
ざっくり言えば戦車好きにはたまらない場所です。戦車のオンラインゲーム「WOT」が好きな人なら、おなじみの戦車が展示してあります。
2016081411040000
写真は野外展示場になります。左が74式戦車、右が10式戦車になります。10式戦車は現在配備が進んでいます。こちらは試作車になるのかな?

2016081410120000
こちらは90式戦車になります。主力戦車ですね。

2016081410550001
左が75式自走155mm榴弾砲、右側が74式自走105mm榴弾砲になります。WOTで言えば自走砲になりますね。

2016081410510001
89式装甲戦闘車になります。WOTで言えば軽戦車の部類ですか??

2016081410480002
個人的に好きなのが74式戦車。ソ連のIS戦車みたいなお椀型の砲塔がたまりません!!

他にもフライトシミュレーターや射撃シミュレーターなど、家族連れでも十分楽しめる施設ですので、ぜひ行ってみてください。

動画にもしましたので、こちらも見てください。


展示品のまとめ
  • 90式戦車
  • 偵察用オートバイ
  • AH-1S
  • 89式5.56mm小銃
  • 5.56mm機関銃MINIMI
  • 74式車載7.62mm機関銃
  • 91式携帯地対空誘導弾
  • 米軍1トン爆弾(不発弾処理済み)
  • フライトシミュレータ(AH-1Sの飛行疑似体験)
  • 3Dシアター
  • 服装体験コーナー(迷彩服が試着可)
  • 装備体験コーナー(防弾チョッキ2型や背嚢、空挺傘を装着体験可)
  • 射撃シミュレータ(90式戦車とAH-1Sを選択)
  • オープンシアター
  • イベントホール

屋外展示

  • 10式戦車(試作1号車)
  • 74式戦車
  • 89式装甲戦闘車(試作車)
  • 96式装輪装甲車(試作車)
  • 軽装甲機動車(試作車)
  • 74式自走105mmりゅう弾砲
  • 75式自走155mmりゅう弾砲
  • 87式自走高射機関砲(試作車)
  • 94式水際地雷敷設装置
  • 中距離多目的誘導弾(試作品)
  • UH-1H(多用途ヘリコプター)
  • 遠隔操縦観測システム(無人ヘリコプターのみ)
  • 地下指揮所

 

↑このページのトップヘ