ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

観光地

日本銀行本店に貨幣博物館がありますので行ってきました。
DSCF2350
開館時間が9:30~16:30(最終入場16:00)となっており、滑り込みでの入場になりました。

場所ですが、東京メトロの半蔵門線・銀座線の三越前駅(徒歩1,2分)か東西線の日本橋駅(徒歩6分)もしくはJRですと東京駅(徒歩8分)になります。地図はこちら

入り口では空港ゲートと同じような金属探知ゲートと手荷物検査機がありました。そこをパスすると2階に上がり天井エリアに入ります。

DSCF2347
展示室は撮影禁止でしたが、撮影可能エリアには1億円の展示がありました。(本物ではなありません。模擬紙幣です。)重さは10キロあります。
DSCF2348
1億円だとガチガチに帯封をしてあります。

小さな売店もあり、お金をもじった商品が売っています。
gallery_003
記念撮影可能なエリアになります。

展示室内は撮影できませんので、公式サイトやその他から画像は引用しました。
image
展示室内はこのような感じです。古代のお金の始まりから現在のお金までの歴史を解説しています。

gallery_0010
古代のお金の始まりから展示してあります。我々のころは和同開珎が一番最初のお金と習ったのですが、富本銭が発見され、今は富本銭が一番最初となっています。それ以前は物々交換をしていました。

gallery_0011
中世に入り、中国大陸からお金が持ち込まれました。宋銭や永楽通宝が展示してあります。日本では平安時代から戦国時代にかけて流通しました。

gallery_0012
戦国時代後期から江戸時代にかけて、小判や銀貨、銅貨を国内で作るようになりました。慶長小判・銀貨・寛永通宝などの展示のほか、大判や甲州金や藩札の展示もありました。江戸時代、徳川家康は武田信玄の甲州金の貨幣制度を導入したとの解説もありました。
江戸は金、上方は銀を利用しており、流通するお金が違ったので両替商が発達したとのこと。

1024px-Bakumatsu_local_coins
各地方で流通した地方貨幣。


鐚銭(ビタセン)の展示もあり、字が読めないような銭の展示もあります。

鐚銭・・・私鋳銭とも呼ばれ、本物の銭から型を取ったりして、勝手に作った銭。今でいうと通貨偽造。
gallery_0013
江戸時代は、幕府以外にも各藩が藩札を発行していたこともありましたが、明治時代に入り円が誕生しました。20円金貨や銭(せん)などの展示があります。
貴重なのは、昭和金融恐慌時代に発行された200円紙幣などもありました。裏面が真っ白なので、よほど急いでいたのでしょう。

gallery_0018
明治時代に発行された1円札(現在も有効)から今の紙幣も展示してあります。今の紙幣はA000001Aの紙幣番号のお札が展示してあります。A000001Aの紙幣番号ということは、一番最初に刷られたお札になり、日本銀行が保管しています。

gallery_0015
個人的に興味があるのは、江戸時代の大判小判と明治以降のお金になります。大判の展示もありましたが、小判と比べて思ったより大きさが大きくて驚きました。大判は一般流通用の小判と違い、恩賞や贈呈用に作られました。

外国の紙幣としては、ハイパーインフレで有名なジンバブエドル(100億ジンバブエドル)やハンガリーの1垓ペンゲー紙幣がありました。

ms3165_180708shihei03
ハンガリーの1垓ペンゲー紙幣。ゼロで書くと100000000000000000000となり、ゼロが20個並びます。

今回は時間の関係でゆっくり見学できませんでしたが、興味深いものがありました。

DSCF2352
外に出ると真っ暗です。

基本情報

開館時間:9:30~16:30(最終入場16:00)
入場料 :無料
休館日 :月曜日(祝休日は開館)
     年末年始(12月29日~1月4日)
     展示物の入替え等の臨時休館

2019年の夏休みに、新潟県佐渡島にある佐渡金山を訪問しました。佐渡島へは新潟港からフェリーで両津港まで向かいます。今回は車は新潟港に置いて身一つで佐渡島へ向かいました。というのも、車を乗せると料金が跳ね上がりますので、格安で済ませるため車は置いていきました。
DSCF2303
これは両津港からの写真です。このフェリーに乗船しました。やはり長期連休ですので、大勢の家族連れやカップルでにぎわっていました。

DSCF2286
フェリーに乗船することはあまりありませんが、以前北海道を1周した時に青森港から乗船した以来です。カモメがフェリー横をグルグル旋回しています。というのも、みなさんカモメに「かっぱえびせん」を餌として与えていたのでカモメが餌欲しさにフェリーの周りを旋回しています。

DSCF2289
カモメも器用に餌だけを掴み飛び去って行きます。自然界にかっぱえびせんはなく、あんなにカロリーの多い餌を食べて体に悪いんじゃないかと疑問にも思いました。強欲なカモメは新潟港⇔両津港までついて回る者もいました。


DSCF2302
新潟港⇔両津港と小木港⇔直江津港は国道350号線に指定されているのですね。距離的には直江津港から行った方が近いのですが、フェリーの便が格段に少ないので新潟港を選びました。

DSCF2299
新潟港から2時間半で佐渡島に着きます。個人的には1時間掛からないんじゃないかな?ぐらいの距離だと思っていましたが、2時間半も掛かるとは思いもよりませんでした。意外と距離があるのですね。

両津港からはバスでの移動になります。佐渡島は思ったより広く、バスで1時間ほどかけて佐渡金山に向かいます。

DSCF2305
長期連休ですので佐渡金山には観光客が大勢いました。観光できるのは宗太夫坑道遊坑になります。料金は各900円ですが、セットになると1400円とお得になります。今回は両方見学しましたので1400円の入場料でした。

DSCF2306
宗太夫坑と道遊坑は入り口が分かれています。右側が宗太夫坑、左側が道遊坑になります。まずは宗太夫坑から見学しました。

宗太夫坑は江戸時代からの手掘りの坑道跡になります。道遊坑は明治時代から平成元年の閉山まで近代化された採掘跡になります。

DSCF2310
坑道内は真冬並みに寒く、8月の一番暑い時期でも半袖だと寒いぐらいです。採掘から小判ができるまでの説明が至る所にありました。

DSCF2311
動く人形による展示もあります。これは坑道内に湧き出た水を手作業で上に運び上げる作業です。

DSCF2312
筒の中はらせん状になっていて、筒を回すと水が上に上がる仕組みになっています。

DSCF2313
落盤防止の作業です。佐渡金山の岩盤は固いですが、断層などもろい部分を補強しました。

DSCF2315
当時の様子が至る所で人形として展示しています。

DSCF2318
休憩の様子もあります。休憩といっても坑道内で休憩していたのですね。

DSCF2319
DSCF2322
DSCF2326
これは実際の作業の様子でしょうか?当時は削岩機などありませんから、ツルハシ1つで採掘したのでしょう。

DSCF2328
出口になります。外は真夏の太陽が照り付けますので暑いです。


DSCF2338
こちらは道遊坑になります。明治時代以降近代化されていますので、坑道内にレールがあります。

DSCF2339
坑道内もコンクリで固められているところもあります。

DSCF2340
DSCF2341
坑道内で使われたトロッコ列車です。鉱石を積んでますね。

DSCF2342
見学できる最深部です。分岐器でレールが分かれており、トロッコ列車が展示してありました。

IMG_20190811_120406
坑道出口です。レールが外まで続いています。坑道内から冷たい空気が外に噴き出していますので、しばらく出口で待機し涼を得ていました。

IMG_20190811_120442
作業員を運ぶトロッコでしょうか?多数のトロッコが展示してあります。

IMG_20190811_120516
建物の中も見学でき、当時の設備が残っています。

IMG_20190811_120541
かなりの設備が展示してあります。

IMG_20190811_120829
これはトロッコ列車です。

IMG_20190811_120940
トロッコ列車が十字に移動できるようになっています。このレールは回転します。

IMG_20190811_124403
車両基地みたいのもありました。

IMG_20190811_124503
鉱石を乗せたまま展示してある車両もあります。

IMG_20190811_122037
道遊の割戸です。金山を掘っているときに山が崩れたようになったものです。落盤で山体崩壊でもしたのでしょうか?

IMG_20190811_122053
説明文もありました。

DSCF2329
DSCF2332
資料館もありました。佐渡金山の坑道を輪切りにした感じです。アリの巣みたいですね。金鉱脈に沿って掘り進んだ結果アリの巣みたいになったのでしょう。

DSCF2333
街の様子も模型で再現されていました。

DSCF2330
金鉱石の展示もあります。

DSCF2331
ルーペでみると金が見えます。世界平均だと、1トン当たり3グラムの金が含まれています。

DSCF2336
本物の金塊です。かなり重くて子供や女性では持ち上げることができない人もいました。

IMG_20190811_131946
佐渡金山へのバスの本数はあまり多くないため、帰りはバスの本数が多い場所まで徒歩で向かいました。そうしたら江戸時代の牢屋・拷問場・処刑場跡がありました。
IMG_20190811_131958
やはり金山ともあって、金鉱石をちょっと失敬して盗む人がいたのでしょうか?

IMG_20190811_161533
フェリーの時間の関係で、佐渡金山以外は見学しないで、両津港に戻り佐渡島を後にしました。佐渡金山を見学するだけで半日以上かかりました。佐渡島の観光名所をゆっくり見学したいのであれば宿泊をしなければ回り切れないほどの広さがあることを実感しました。

群馬県高崎市にある榛名神社と箕輪城(みのわじょう)に行ってきました。

1.榛名神社
前にテレビでサンドウィッチマンのバスサンドでやっていたので、一度訪問してみたくなり、3連休の際に行ってきました。


国道406号線、県道33号線を進めば到着します。もう少し山頂に進めば、榛名湖、榛名富士に行くこともできます。
駐車場も、無料の駐車場が点在していますので近くから遠くまで好きなところに停められます。

DSCF2253
榛名神社は関東屈指のパワースポットで、開運、五穀豊穣、商売繁盛などにご利益があります。一番肝心な恋愛成就はありませんでしたが、無理難題をお願いしました。

DSCF2254
鳥居と山門をくぐりいよいよ参拝開始です。緑に囲まれていますが、真夏の暑い季節ですので、少し動くだけでも汗が止まらない暑さです。

DSCF2256
序盤ですので急こう配はなく、整備されたなだらかな石畳を進みます。横には榛名川が流れています。

DSCF2258
階段を上ると三重塔が見えます。緑に囲まれて非日常的な空間を楽しむことができます。

DSCF2259
落石防止なのか、鉄骨で補強された参道を歩きます。左側には大きな岩がそそり立っています。

DSCF2260
右側の手水舎で身を清めてから階段を上ることになります。左手には矢立杉があります。

DSCF2271
矢立杉になります。どうやら武田信玄が箕輪城攻略の際に参拝矢を立てて祈願したと言われています。

DSCF2270
手水舎の横には滝を見ることもできます。水量は少ないですが涼を感じることができます。

DSCF2268
さらに進むと、おみくじ・お守り・御朱印などをやっている場所があります。ベンチもあり小休止できます。巫女さんも可愛い子が多かったです。縁結びのお守りも売っていましたが今回は見送りました。

ここから階段を一気に上り、双龍門をくぐって本堂を参拝します。

DSCF2263
朝の早い時間帯でしたが、参拝客は大勢いました。ここで恋愛成就と株の損を取り戻すことをお願いしました。まあ無理難題だとは思いますが・・・・・

DSCF2265
本堂裏にあるこの岩(御姿岩)が本当のパワースポットになります。この岩の洞窟にご神体が祭られています。見てのとおり、本殿と岩が一体となっています。

DSCF2266
岩のくびれた部分に大麻(おおぬさ)がありました。あんな高いところにどうやってセットしたのでしょうか?気になるところです。

これで参拝を終え、戻る途中(縁結びの水琴窟の目の前)で茶屋がありましたのでこんにゃくをいただきました。
みそおでん・力こんにゃくがありどっちにしようか迷いましたが、みそおでんにしました。
5FC0DC865BE042E9B3E426C0D6E03253_L
自家製のみそがとてもおいしいです。こんにゃくは群馬の名産ですので、帰りに買って帰ることにしました。


2.箕輪城
榛名神社を後にしたら、箕輪城を訪問しました。というのも、昔やったゲーム「信長の野望」に出てきた城ですので、一度訪問してみたくなり、急きょ訪問しました。というのも、スマホで調べていたらあまり遠くない場所にありましたので、帰りに立ち寄ることができると判断したため訪問しました。
箕輪城は長野業正の城で、北条氏康・上杉謙信・武田信玄・織田信長と言った有名な戦国大名の侵攻を受けた城になります。それだけ重要な拠点だったということですね。


無料の駐車場もあり、駐車場から徒歩数分で着くことができます。

DSCF2281
門が復元されていました。今回は訪問者が2組ぐらいしかおらず、1組は山城が好きなグループでした。

DSCF2282
門の横には大堀切があります。

DSCF2283
この堀切を上って敵城へ攻め込むのは大変です。上から矢で撃たれて討ち死にします。

DSCF2284
大堀切の説明があります。

DSCF2279
箕輪城全体の見取り図がありました。平城みたいに天守閣などはありません。館跡があるだけです。

DSCF2274
館跡になります。復元とかはありませんが、平らな広場になっていました。

DSCF2275
箕輪城の歴史について説明がありました。

DSCF2276
井戸もあります。見た感じ現在は枯れているっぽいですが、籠城戦になると水は貴重な戦略物質になります。水を絶たれたら城を枕に討ち死にするか降伏するしかありません。

DSCF2277
戦いで戦死した武士の慰霊碑です。数々の戦いがありましたので、戦死した武士も多いです。

これで榛名神社と箕輪城を訪問しましたので帰宅することになります。

2016年に公開された新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」が2019年6月にテレビで2回目の放送が行われたので、舞台(糸守湖)のモデルとなったと言われる諏訪湖・立石公園を訪れました。
20171008184657
その次の日に宮水神社のモデルとなったと言われる気多若宮神社・飛騨山王宮日枝神社を訪問しました。宮水神社で宮水三葉ちゃんが巫女を務めています。


IMG_20190714_102647
最初は気多若宮神社に向かいました。場所はこちら
JR高山本線の飛騨古川駅からすぐのところにあります。駐車場も完備されており、手軽に参拝できます。

IMG_20190714_104018
これがモデルとなった場所です。

bcabe24412fce58078c38515553fb6a0-700x394
こんな感じ。やはりみなさん同じアングルで記念写真を撮っていました。

IMG_20190714_121029
本殿にも参拝し、今後の人生で芽が出るようにお祈りしました。公開から3年余り経っているので、混雑もなく落ち着いた雰囲気の神社になります。

次に飛騨山王宮日枝神社を訪問しました。場所はこちらになります。こちらも宮水神社のモデルとなった神社とも言われています。
IMG_20190714_120938
この鳥居をくぐって本殿に向かいます。
IMG_20190714_123909
モデルのアングルはこんな感じですね。

20160903110135
アニメではこちら。似ていますね。

IMG_20190714_122228
階段の上からも撮りました。ここで三葉ちゃんみたいに、「来世は東京の美少女女子にしてくださーーい」と心の中で叫びました。

DsdBW-pWwAABZ2D
三葉ちゃんは「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!」と叫んでいましたね。

IMG_20190714_121453
本殿近くに御神木でしょうか、大きな木がありました。

IMG_20190714_122317
三葉ちゃんが巫女をして、踊っているのはこのような場所でした。

IMG_20190714_123626
参道になります。

rapture_20160828121711
下校中の場所と同じです。

あとは、飛騨古川駅周辺に舞台となった場所がいくつかありましたので訪問しました。


IMG_20190714_092458
JR高山本線の飛騨古川駅

34053409_870222186518365_503294781825220608_n
寸分違わす全く同じです。

IMG_20190714_102024
飛騨古川駅のタクシー乗り場

9
ここも全く同じです。

IMG_20190714_101007
飛騨市図書館

39bfcfacdb1d0e670634bd9deded19f5-700x394
糸守町の隕石について調べていた図書館。柱の感じなど同じです。

ここで株のデイトレードについて1時間ぐらい勉強しました。

他にもバス停なども見たかったのですが、ここで時間の関係で帰宅することになりました。
滞在は短時間でしたが、好きなアニメの舞台と同じ場所に感動を覚えました。

2016年に公開された新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」が2019年6月にテレビで2回目の放送が行われたので、舞台(糸守湖)のモデルとなったと言われる諏訪湖・立石公園を訪れました。
20171008184657
感動の映画のワンシーンです。糸守湖の見える山中で瀧君と三葉ちゃんが時空を超えて再開するところです。奇跡的に三葉ちゃんや糸守町の住民を救うことになります。青春ですね。

PANO_20190713_175936
高台にある立石公園からは諏訪湖が一望できます。この日はあいにくの小雨でしたので、カタワレドキでしたが雲で覆われていました。

DSCF2252
ここからの夜景も絶景との情報もあり、「君の名は。」の影響もあって昼夜を問わず人気スポットとなっています。20台ほど停められる駐車場とトイレも完備しています。

この日も駐車場はほぼ満車で、家族ずれやカップルでにぎわっていました。テレビで放送された後ということもあって、聖地として訪れている人もいました。

大きな滑り台もありましたが、ロープでバリケードされており、使用禁止になっていました。


場所
徒歩:JR中央本線上諏訪駅から徒歩約30分。
車: 中央自動車道諏訪インターから国道20号を約15分。


あとはもう一つ諏訪湖を一望できる「高ボッチ高原」ではないかとの説もあります。
takabottiyakei
今回は時間の関係上訪れませんでしたが、こちらの方がイメージとぴったり重なる気がします。高ボッチ高原から見た方が、標高や諏訪湖(糸守湖)の見え方や大きさがより似ていますね。


場所


↑このページのトップヘ