ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

観光地

2018年9月9日に富山県黒部にある「黒部峡谷トロッコ列車」に乗り、沿線にある黒薙温泉祖母谷温泉を訪れました。黒部峡谷トロッコ列車は宇奈月駅から欅平駅まで観光列車やダム関係の資材・人員輸送のために利用されています。観光列車として一般客は「宇奈月駅⇔欅平駅」までですが、関西電力黒部専用鉄道としては欅平駅から黒部川第四発電所前駅まで続いています。欅平駅から先は関係者だけが行くことができますが、一般営業へ向けての動きもあります。

宇奈月駅には富山地方鉄道の宇奈月温泉駅と黒部峡谷鉄道の宇奈月駅があり、徒歩5分ぐらいの距離にあります。
DSCF1373
こちらは富山地方鉄道の宇奈月温泉駅になります。宇奈月温泉駅には足湯も併設されており、気軽に宇奈月温泉を楽しむことができます。

DSCF1250
こちらは黒部峡谷鉄道の宇奈月駅になります。トロッコ鉄道ですので線路の幅が狭くなっています。(線路の幅は762ミリになっています。)

DSCF1371
DSCF1372
写真から分かるように、富山地方鉄道と黒部峡谷鉄道は線路の幅が違うので繋がっていません。しかし貨物のやり取りのために、レールがすぐ近くまで延びています。

DSCF1248
この日は天候が悪く、1日中雨が降ったり止んだりしていましたが、そこそこの観光客がいました。

DSCF1249
9時21分発の欅平駅行きのトロッコ列車に乗り、黒薙駅で途中下車しました。特別車両やリラックス車両は料金がかかりますので、窓のないオープン車両にしました。

DSCF1251
宇奈月駅には保守車両も並んでいます。

DSCF1252
ということで早速トロッコ列車が入線してきました。この大雨の日にオープン車両を利用しました。他の人も合羽を着てオープン車両に乗っている人もいました。

DSCF1254
駅を出ると早速黒部川を渡ります。乗車中は女優の室井滋さんが名所案内をしてくれます。

DSCF1255
宇奈月駅の次は柳橋駅になります。その横に宇奈月ダムのダム湖が見えます。

DSCF1257
柳橋駅には新柳河原発電所があり、外観はヨーロッパのお城の様な感じで、引き込み線が延びています。

DSCF1258
発電所目の前が駅ですが、一般客は乗り降りできませんが、上下のすれ違いができるようになっています。

DSCF1261
列車はどんどん山を登っていきます。渓谷という名にふさわしい大自然です。

DSCF1262
所々に吊り橋が見えますが、これは猿橋といって、サル専用の橋だそうです。なので手すりがありませんダム湖の関係でサルが行き来できなくなってはいけないので作ったそうです。

DSCF1263
森石駅になります。こちらも一般客は乗り降りできません。

DSCF1264
上下のすれ違い設備があります。

DSCF1365
黒薙駅手前で線路は黒部川沿線から少しだけ黒薙川沿線に進みます。ここは黒部川と黒薙川の合流地点になります。

DSCF1266
次の駅は黒薙駅になります。この駅は一般客の乗り降りは可能になります。すれ違いの交換設備は無いようです。大雨の中、この駅で降りるのは私一人で、駅員のおじいちゃんが、本当にここでいいのかと心配そうに声をかけてくれました。

DSCF1267
黒薙駅から謎のトンネルに線路が続いていますが、関西電力黒部専用鉄道の黒薙支線になります。どうやらく黒薙第二発電所に繋がっていて、資材運搬に使われているそうです。今でも頻度は少ないが、現役の路線になります。

DSCF1268
昔は黒薙温泉に行く最短ルートとしてトンネル内を利用することができましたが、法律の関係で現在は通行禁止になっています。

DSCF1269
ということで、早速正規ルートである階段から黒薙温泉に向かいます。ホームから線路を渡って階段に向かいますが、踏切がありませんので左右を確認しながら渡ります。

DSCF1271
階段を上ってしばらく進むと線路が見えます。たまたま宇奈月方面に向かうトロッコ列車が通りました。

DSCF1273
人が一人やっと通れるほどの道を進みます。普通に歩けば約20分ほどで黒薙温泉に着きます。

DSCF1274
滝の下を通ります。濡れないように屋根があります。

DSCF1275
下は渓谷になっています。激流になっており落ちたらまず助かりません。

DSCF1276
雨が続いた日でしたので余計に水が多いのでしょうか?

DSCF1278
松が生えており非常に狭くなっています。ここで黒薙温泉への宿泊客らしき中年夫婦とすれ違いました。

DSCF1279
黒薙温泉手前に謎のトンネルがありますが、ここは黒薙支線のトンネルに繋がっており、かつてはショートカットできる最短ルートになっていました。現在は南京錠で固く閉ざされており、法律上通行できない旨が書かれています。

DSCF1280
黒薙温泉になります。内湯はこの建物内にあるそうですが、混浴露天風呂をお目当てに来ましたので、フロントで入浴料を支払い露天風呂に向かいます。ちょうど内湯は清掃中なので露天風呂しか利用できないと告げられましたが、問題なく了解しました。

DSCF1281
建物真向かいに謎の神社があります。特にお参りはしないで通り過ぎました。

DSCF1282
黒薙川すぐ横が混浴露天風呂になります。露天風呂の隣に源泉のくみ上げ施設らしき建物があり、宇奈月温泉の源泉はここから送られています。

DSCF1283
写真左上にいかにも落ちそうな大きな岩が見えます。大雨になればいつ落石してもおかしくありません。上で土木工事をしている模様。

DSCF1285
ビニールでできた簡単なお着換えスペース。左が男性用・右が女性用になります。混浴お目当てで来たのにこの日は誰もおらず、貸し切り状態でした。
DSCF1284
黒薙川すぐ横が露天風呂で、岩作りになっています。石鹸やシャンプー類はなく、溢れた温泉は直接川に流れていました。源泉かけ流しと思われます。
DSCF1286
屋根もなく露天風呂を独り占めです。広さもありのんびりすることができました。

DSCF1287
塩ビパイプから源泉が投入されています。

DSCF1288
こちらは川に流れ出る廃水になります。源泉投入分だけ捨てられていると思います。かなりの量が捨てられていますので、ぜいたくな温泉になります。この温泉は弱アルカリ性の単純温泉になり無色透明です。どうやら温度調節のため加水されているそうです。

DSCF1290
大雨の影響なのか、露天風呂のすぐ横で水が滝のように流れています。

ここで40分ぐらい露天風呂に入り、欅平駅に向かうことになります。時刻表から次の列車がちょうど20分ほどで到着し、次の列車との間隔が少し空きますので、山道を小走りに黒薙駅に向かうことになります。通常は20分ほどかかりますが、息を切らしながら階段を上り、12~13分ほどで黒薙駅に着くことができました。駅員さんから乗車証書をもらい、欅平駅で清算することになります。

DSCF1293
何とか定刻の5分前に駅に着き、無事列車に乗ることができました。ここからもオープン車両にに乗ることになりますが、特に指定車両はありませんので、空いたスペースに乗ることになります。この日は天候も悪く、特に連休でもありませんので座席に余裕があり無事乗ることができました。運がいいのか悪いのか、乗った席の後ろに女子大生?っぽい2人組が乗っており一人はかなりの可愛子ちゃんでしたので目の保養にもなりました。しかしナンパする勇気はなく、頻繁にチラ見するだけで終わりました。

ここから欅平駅・祖母谷温泉に向かいます。

2018年8月に山形県山形市にある立石寺に行ってきました。その日はまだ時間があったので、他の観光地はないかとスマホで検索していたら胴腹滝(どうはらたき)がありましたので行ってきました。
そして帰路は日本海ルートを取り、新潟県を通りましたので、一度訪れてみたかった春日山城を訪れました。というのも、子供の時にハマっていたSFC(スーパーファミコン)のゲーム「信長の野望シリーズ」に登場する上杉謙信の居城である春日山城が難攻不落とのことでしたので実際に見てみたいという思いがありました。

午前中に春日山城がある新潟県上越市に到着し、最初にふもとにある「春日山城跡ものがたり館」を訪問し、予備知識を得ることにしました。
DSCF1211
駐車場は6台ぐらい停められるスペースがあり、2組の先客がいました。この日の早朝は大雨でしたので人は少ない感じがしました。

DSCF1213
入り口を入るとすぐにスクリーンに上杉謙信の物語を上映していました。

DSCF1212
その他には春日山上の歴史や発掘作業について・出土品の展示がしてあります。

DSCF1214
春日山城跡ものがたり館の目の前は広場になっています。
「春日山城跡ものがたり館」2階から眺めることができます。

春日山城跡ものがたり館から数分車で移動したら、春日山城の入り口になる春日山神社の駐車場に車を停めて徒歩で訪問することになります。春日山神社は明治20年に創祀された神社で、上杉謙信公を祀ってあります。

DSCF1215
早速ですが駐車場の目の前に難所が立ちふさがります。急な階段を上らないといけません。まさに難攻不落です。特に朝方の大雨で滑りやすくなっているので注意が必要です。

DSCF1216
階段を上りきると鳥居が見えます。一礼して参拝をしました。

DSCF1217
本殿になります。本殿横から春日山城に向かうルートがありますが、1周したかったのでこちらは下山時に通りました。

DSCF1219
こちらは本丸に向かう一般的なルートになります。往復この道を通る人が多いです。今回行きはこのルートで通りました。途中までアスファルト舗装になっています。当時も舗装されていたらどんなに楽だっただろうかと思いながら向かいました。

DSCF1220
しばらく進むと本丸への入り口が見えます。

DSCF1221
少し進むと三の丸址になります。奥には上杉謙信の養子である上杉景虎の住んでいた址があります。

DSCF1222
上杉三郎が上杉景虎になります。上杉景虎は上杉謙信亡き後の跡目争いである御舘の乱で上杉景勝に敗れ非業の死を迎えました。

DSCF1223
さらに進むと、重要拠点である米蔵址があります。

DSCF1224
さらに進むと二の丸址があります。

DSCF1225
どんどん階段を上るといよいよ天守閣址になります。

DSCF1226
天守閣址からは上越市が一望できます。夜景はさぞかし綺麗だとは思いますが、お城と言ったら心霊、お化けが苦手なので夜に訪れる勇気はありません。

DSCF1227
眺めは抜群です。かつて上杉謙信も同じ景色を見ていたのでしょうか?

DSCF1228
反対側は山々が連なっています。

DSCF1229
天守閣跡から少し下ると井戸が見えます。

DSCF1230
かなり大きな井戸で、今でも水が確認できます。こんな山の頂上で水が湧くなんて不思議ですよね?この先にも上杉景勝の居住址があるそうですが、道が少々荒れていて、入り口に一番の天敵であるクモが巣を作っていましたので諦めました。

DSCF1231
DSCF1232
天守閣址のすぐ隣には本丸址があります。

DSCF1233
こちらからも上越市が一望できます。
写真中央から、上りとは別ルートで下山できますので、こちらから下山しました。

DSCF1234
DSCF1235
下山の途中に諏訪堂址と毘沙門堂址が並んでいます。上杉謙信も戦の前にお堂にこもって戦勝祈願をしたとか言われています。

DSCF1238
さらに進むと護摩堂址があります。クモが巣を作って待ち構えていましたのでさっさと退散しました。

DSCF1240
謎のお堂がありました。

DSCF1241
有名な直江兼続の住居址があります。本丸にかなり近い場所にありますので、よほど信頼されていたのでしょう。

DSCF1242
まあまあの広さです。

DSCF1243
さらに下山すると空堀があります。

DSCF1244
人工的に掘られた感があります。

DSCF1245
空堀の入り口。クモが巣を作っていそうなので無用の詮索はしないことにしました。

DSCF1246
空堀の手前に千貫門址があります。空堀で囲って門を通らないと本丸にたどり着けないようになっているのでしょう。

DSCF1247
こちらは春日山神社本殿すぐ横の入り口になります。途中で若者グループと中年夫婦にすれ違いましたが、こちらを通る人はあまり多くないです。

2018年8月に山形県山形市にある立石寺に行ってきました。その日はまだ時間があったので、他の観光地はないかとスマホで検索していたら胴腹滝(どうはらたき)がありましたので行ってきました。
DSCF1202

場所はここになります。羽越本線の遊佐駅から少し行ったところになります。

DSCF1187
駐車場とトイレは完備されています。8台ぐらいは停められるほどスペースがあります。到着したのが夕方でしたが、3組ほど人が来ていました。

DSCF1188
入り口には胴腹滝と書かれています。

DSCF1189
砂利で歩道が整備されているので足元は大丈夫です。

DSCF1190
このように木々の間を歩いていきます。森林浴にもなりますね。

DSCF1191
途中で木の板を架けただけの簡単な歩道があります。下は川になっていて、湧き出た水が流れています。

DSCF1192
水は湧き出たばかりですので冷たくて透き通っています。

DSCF1194
少し進むと鳥居が2つ見えてきます。どうして2つあるのかは分かりませんが、一礼して鳥居をくぐりました。

DSCF1195
説明がウンヌンカンヌン書いてありますね。説明によりますと鳥海山の伏流水が湧き出ているとのことです。カルシウムやマグネシウムなどの硬度が、11mg/リットルで軟水になります。日本ではほとんどが軟水ですね。

DSCF1196
水を汲むところが何か所かあり、イスラム圏っぽい人が4人でポリタンクに水を汲んでいました。お店で使うのでしょうか?各位私も2リットルのペットボトルに水を汲んでお持ち帰りしました。

DSCF1200
水を汲む場所から、数メートルだけ先に進むことができ、神社の祠が見えます。

DSCF1197
祠の左側の滝
DSCF1198
祠の右側の滝

と言ったように、祠の左右の中腹から水が湧き出ています。

DSCF1206
これが胴腹滝の全体になります。いい位置に祠がありますね!

DSCF1201
河原の石もちょうどいい具合に苔が生えており、お地蔵さま?もありました。

DSCF1205
拡大したものです。仏教っぽい気がします。

DSCF1202
DSCF1203
この苔が風情を出していますね。水辺に苔はいい組み合わせです。苔が美しいのは日本ならではの美ですね。

DSCF1209
滝と川の流れと苔が重なって美しくて神秘的です。

DSCF1210
どうやらクマが出没するようです。クマも湧水が飲みたいのでしょうか?

今回ここを訪れたのが夕方でしたので、この日最後の訪問客になりました。駐車場に戻ると私の車以外ありませんでした。
普通の水道水ですと、温かくなると不味くなるのですが、この水は車中で温まっても美味しいままでした。

駐車場から滝までは5~10分足らずで、足元も整備されていますので、難易度はかなり優しい場所になります。



2018年8月に山形県山形市にある立石寺に行ってきました。DSCF1177
立石寺周辺には無料の駐車場はなく、民間の有料駐車場を利用することになります。1回300円と500円のところがあり、お土産屋さんのところだと、1080円以上買い物or食事をすると無料になるところもあります。
今回停めたところは、たまたま300円のところがありましたのでそちらに停めました。やはり田舎なので大らかなのか、駐車場の管理人はおらず、無人箱にお金を入れる仕組みとなっており、悪意があればタダで停めることができます。
試しに無人箱を覗いてみたら車の台数のわりにお金が少ないような気もしました。しかし仏様の御前でそのような悪いことはできませんので、しっかり300円払いました。

場所にもよりますが、駐車場から立石寺入り口まで商店街を歩くことになります。
DSCF1161
ここが立石寺の入り口です。

DSCF1162
長い階段を上りますが、これはまだまだ序の口といったところ。これからが本番となります。

DSCF1164
立石寺の本堂になります。こちらでお参りしてから奥の院に向かいました。

DSCF1165
ここが奥の院に行く階段になります。ここで拝観料大人300円を納めます。

DSCF1166
案内図がありますが、一般客立ち入り禁止の場所もあります。天狗岩などにも行ってみたかったのですが、修行の場であるため一般客は入れないそうです。

DSCF1167
奥の院に行く第一歩です。写真ではあまり人は写っていませんが大混雑しています。(拝観料がっぽり坊主丸儲け?)といっても維持管理が大変なので出費も多そうです。

DSCF1168
しばらく階段を上ると婆堂(うばどう)に着きます。ここには奪衣婆という三途の川で川を渡る人の衣服を剥ぎ取る鬼です。一応死んだ後のことを考えて、胡麻を摺ってお参りしました。

DSCF1169
途中で切り立った岩場があります。

DSCF1170
しばらく上ると、せみ塚なるものがあります。松尾芭蕉の奥の細道の句「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」で読まれました。

DSCF1173
また上ると弥陀洞(みだほら)なる大きな岩につきます。長い年月をかけて風雨が岩を風化させて阿弥陀如来のように見える岩になります。阿弥陀如来に見える人であれば幸せが訪れるとか・・・・・。

DSCF1171
丸く見えるのはすべてお金が埋め込まれています。参拝客が岩にお金をはめ込んでいます。かなりの額になるのですが、定期的に回収しているのでしょうか?

DSCF1174
さらに階段を上ると仁王門になります。

DSCF1175
仁王門の日陰で一休みしている参拝客が大勢いました。この日は炎天下でしたので、汗が噴き出して止まりません。

DSCF1176
ここからは修行の岩場なるものが見えます。切り立った崖に修行場があり、修行者以外立ち入り禁止になっています。理由として、切り立った崖のため大変危険ということになります。その昔は転落死した人もいたとか言われています。

PANO_20180812_134116
一応パノラマ撮影もしてみました。

DSCF1178
途中に色々な○○院というのがあります。ここ金乗院には「ぴんころ車」なる特大の数珠みたいのがあります。どうやら、元気にピンピンして、死ぬときはコロッと死ぬことをお祈りするみたいです。

途中で売店もありましたが、ポカリが1本200円と少々お高い金額でしたので、修行の意味も込めて我慢して通り過ぎました。

DSCF1179
もう少し頑張ると、いよいよ奥の院になります。

DSCF1180
こちらが奥の院。婚活の成功のみ祈願しました。

DSCF1181
こちらは大仏殿になります。お守りや箸などが売ってました。

DSCF1182
途中で三重塔なるものに寄り道しました。岩の中にプラモデルみたいな三重塔が入っていますが本物です。

DSCF1185
こちらは開山堂と納経堂になります。こちらは帰りのルートになっていますので立ち寄りました。ここで休憩している参拝客がたくさんいました。

DSCF1186
自分ではよく撮れませんが、この開山堂と納経堂は立石寺の写真として有名です。自分もこの写真に釣られて行きました。
DSCF1184
開山堂と納経堂の脇からひっそりと道が分かれており、五大堂に向かいました。ここは立石寺の展望台といったところでしょう。いたるところにお札らしきものが貼り付けられています。

PANO_20180812_134735
五大堂からの眺めになります。駅周辺から遠くの山々まで見渡すことができる絶景ポイントになります。

これで立石寺を下山して、山形県遊佐町のある胴腹滝を訪れました。ここは鳥海山の伏流水が湧き出る場所で、スマホで検索したところ良さそうな場所でしたので訪問しました。

今回は、愛知県新城市にある「百間滝」になります。隠れたパワースポットとして有名で、長野県の国道152号線にある分杭峠のパワースポットにも勝るとも劣らない程の場所になります。なお国道152号線には、地蔵峠青崩峠といった不通区間もあります。
IMG_20180728_160927
この百間滝は、全長120m、落差43mあり、愛知県で最大の滝と言われています。アクセスはこちらをご覧ください。
三遠南信自動車道の鳳来峡インターチェンジを降りて、朝霧湖方面に向かいます。朝霧湖方面の道に進んだら、看板が出ていますので、その通りに行けばたどり着きます。しかし目的地周辺は道が狭いですので、車の運転には注意が必要です。あと、帰りに三遠南信自動車道と反対方向の道に進んでいくと、静岡県内の山奥の県道(剣道)に迷い込んでしまいますので遭難しないでください。

なお、滝の入り口付近、近くにある湧水の水汲み場周辺に駐車場がありませんので、ちょっよしたスペースに路上駐車することになります。
IMG_20180728_163116
入口は2か所あり、1つは湧水の水汲み場付近、もう一つはもう少し先に行った場所にあります。今回は、水汲み場付近に停めることができませんでしたので、もう少し先に行った場所から向かいました。
上の写真は滝への入り口になります。
IMG_20180728_155752
最初はここでいいのかな?とも思いましたが、ひっそりと看板が出ていました。

IMG_20180728_155824
入口の階段を数段上ると長い階段を永遠と下ることになります。そこそこ遊歩道は整備されていますが、狭くて階段も急ですので、特に帰りの上りの際は心臓バクバク状態になります。

IMG_20180728_160007
階段を下ると、川沿いの平坦な遊歩道を歩くことになります。

IMG_20180728_160100
この川が滝へ繋がっています。真夏にも関わらず水はとても冷たいです。遊歩道頭上に所々世界一苦手の蜘蛛が巣を作っていましたので、足の疲れより蜘蛛の方に神経が行ってしまいました。

IMG_20180728_160124
途中で賽の河原のように小石で塔が作ってありました。でもここはそのような霊的な場所ではないと思われるので、子供のイタズラかと思われます。

IMG_20180728_160300
もう少し進むとすぐに滝の上に到着します。滝の上から滝は見られませんが、水がどんどん落ちていくのがわかります。

IMG_20180728_160331
IMG_20180728_162524
滝の上から上流を撮ったものです。どうやら滝の下より、滝の上の岩場が一番強力なパワースポットらしいです。

IMG_20180728_162015
この岩場が最強のパワースポットです。なぜか安全柵のポールが倒れてしまっているので、岩から落ちて川に流されないでください。流された瞬間滝に落ちます。

IMG_20180728_162041
滝の上にいくつか水だまりがあります。水は透き通っていました。

IMG_20180728_162022
こんな感じの場所になります。滝の入り口で川幅が一気に狭くなります。

IMG_20180728_161836
ここからさらに進むと、滝の下に着きます。ここも階段が急になっており、水場に近いこともあって滑りやすいので注意してください。濡れた落ち葉が滑りやすくなっています。

IMG_20180728_160752
階段を下りる途中で滝を拝むことができます。ちょうど中間地点になります。

IMG_20180728_160927
ここが滝の一番下になります。滝つぼまで頑張れば行けなくもいないが、整備された道ではなく、獣道でしたので、整備された状態ではここが終点になります。

IMG_20180728_160802
一応、苔の生えたベンチやテーブル
が備え付けてあります。

IMG_20180728_160919
百閒滝の説明が書いてありますね。

IMG_20180728_163311
帰りに湧水を頂いて帰りました。今回はペットボトルを持参していませんでしたので、その場で水をがぶ飲みして帰ることになりました。やはり湧いたばかりの水はとても冷たく美味しいです。




↑このページのトップヘ