ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

温泉(奈良県)

今回は、奈良県十津川村にある『湯泉地温泉 滝の湯』です。十津川村は、奈良県でも和歌山よりに位置しており、交通の便はあまりよろしくない場所です。車で永遠と山道を走った覚えがあります。しかし個人的には、交通の便が悪い方が人もいないので好きですが・・・・・・。
 この温泉は、中部地方には珍しく、若干ですが硫黄の臭いがします。個人的には硫黄の臭いがする温泉が一番好きなのでありがたいですね。

 また、ここの温泉は交通の便が悪いのか、私が行ったときにはあまりお客さんがいませんでした。子供連れの家族と、学生っぽいグループがいただけでした。最後は露天風呂貸し切り状態になりましたよ。こじんまりとした温泉でひとりのんびり過ごすというのも、なかなか良いものですよ。まあ、この温泉の露天風呂はあまり大きくないため、人が少ない方が好都合です。
http://travel.biglobe.ne.jp/onsen/photos/29010049_1046_1.jpg
 私は主に露天風呂に入りますが、ここの露天風呂は景色がいいです。目の前に滝があり、滝の音を聞きながら温泉につかることができます。湯温もちょうどよく、いつまででも入っていられる感じでした。露天風呂に行くまで、外の長い階段を下りないといけませんので、冬場や雨の日にはつらいかもしれませんね。だが私はそれでも露天風呂に入ります。

十津川村には湯泉地温泉だけではなく、十津川温泉や上湯温泉もありますので、温泉帰りに温泉にでも行ってみてはどうでしょうか?

今回は奈良県宇陀郡曽爾村にある『曽爾高原源泉 お亀の湯』です。この温泉へのアクセスは比較的良好です。国道369号線から少し外れたところにあります。しかし表示もあり、カーナビが付いていれば迷うことはありません。道も国道だけあって整備されていますので、特に危険と言ったことはありません。

 前に一度行きましたが、ちょうど耐震工事で休館中でしたので、リベンジでの参戦になりました。休館中の時に、駐車場の案内のおじさんが、わざわざ遠くから来たのに申し訳なさそうに100円の割引券を渡してくれました。

 泉質は、ナトリウム―炭酸水素塩温泉だけあって、かなりヌルヌルしています。入った瞬間に温泉だなと言うぐらいはっきり分かるヌルヌル感です。石鹸水浴びてるぐらいヌルヌルと言ってもいいぐらいです。このヌルヌル感がたまらないんですよね!!

 露天風呂に長くいましたが、露天風呂はかなり大きかったです。景色ですが、ちょうど日が暮れた時間でしたので、あまり見えませんでしたが、他のサイトを見ますと、周りの山々が見えるそうですね。ちなみに夜の露天風呂というのもなかなかのもので、星空とホワンと光る光の下で入るのもいいものですよ?

 やはり人気があるのか、日が暮れてもそこそこお客さんはいました。この温泉の泉質は間違いなく良質でおススメの温泉です。皆さんもぜひ行ってみてください。

写真は引用ですがこんな感じです。
okame-ohuro

↑このページのトップヘ