ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

鉄道

2018年9月22日に、愛知県西尾市の三ヶ根山のある「殉国七士廊」を訪れようとしましたが、時間が迫っており、三ヶ根山スカイラインたる有料道路を通らないと車では行けませんので、諦めて豊橋オフレールステーションを訪問しました。

有料道路を使わないことをポリシーとしているので、有料道路を使うことは屈辱になります。無料の道はないかと迷いながら三ヶ根山の麓を車でウロウロしていたら時間が経ちすぎ、登山道しかありませんでしたので諦めました。

ちなみに殉国七士廊とは、太平洋戦争後に開かれた極東国際軍事裁判(東京裁判)で言われなき言いがかりをつけられ散っていったA級戦犯の方々になります。
・東條英機(首相・陸軍大将)
・土肥原賢二(陸軍大将)
・板垣征四郎(陸軍大将)
・木村兵太郎(陸軍大将)
・松井石根(陸軍大将)
・武藤章(陸軍中将)
・広田弘毅(首相)

特に東條英機首相は、天皇陛下のご意向に沿って戦争回避に努めたり、自己弁護を捨て、国家弁護に努め、昭和天皇を戦犯リストから外させるため身代わりになりました。戦中も配給が行われているかゴミ箱を見て回ったりと、世間が思っているほど悪い人ではありません。
ご自身でも、敗戦の責任はあると認めています。

ということで、豊橋オフレールステーションを訪れました。オフレールステーションとは、鉄道を使わないで、トラックを使う貨物駅になります。

豊橋駅から飯田線が延びており、飯田線上の船町駅のすぐ隣になります。
DSCF1378
夕刻になり写りは悪いですが、貨物駅入り口に線路が見えます。

DSCF1376
船町駅になります。無人駅の模様。名鉄名古屋本線も通っていますが、名鉄の電車はすべて通過になります。

DSCF1377
高架下は1.6メートルの高さ制限があります。踏切があるのは豊橋オフレールステーションに延びる線路になります。しかしオフレールステーションだけあって貨物列車の侵入はないため線路は錆びており、使われていません。この踏切も警報が鳴ることはないでしょう。

DSCF1374
一応遮断機もありますね。線路もポイントで分かれています。

DSCF1375
踏切の反対方面。雑草が生い茂っています。

DSCF1379
雑草の下に線路がありますが、撤去はされていません。

DSCF1382
JR貨物駅である西浜松駅が管理しているのでしょうか?

DSCF1380
コンテナが置いてあります。トラックも2台ほど置いてありました。

DSCF1381
敷地内も線路は撤去されていません。しっかり整備すれば現役復帰できそうです。

DSCF1383
転轍機があります。

DSCF1384
一番奥は堤防になっており行き止まりです。

DSCF1385
こちらにも転轍機があります。奥にもトラックが停まっています。

DSCF1386
堤防で線路が途切れています。

DSCF1387
敷地内か分かりませんが、製材所がありました。木材が山積みです。

DSCF1388
堤防側から撮影。線路の全長はそんなに長くはないです。徒歩で1,2分といったところでしょう。

DSCF1389
側線は何本あるのか分かりませんが、貨物置場から道側まで3本確認できました。

DSCF1390
あれは名古屋鉄道です。船町駅を通過しました。

船町駅から線路に沿って豊橋方面に歩くと幹線道路に着きます。DSCF1391
この踏切は名鉄やJRがひっきりなしに通っており、頻繁に遮断機が下ります。

DSCF1392
ちょうど遮断機が下りるところです。一番手前に見える線路が豊橋オフレールステーションに続く線路になります。策で分断され、遮断機の外側に線路があります。しかし線路自体は現役路線と繋がってます。

DSCF1393
写真真ん中の線路が豊橋オフレールステーションに続いており、現役路線とポイントで繋がっているのが確認できます。整備すれば使えそうですね。

DSCF1394
これは反対側になります。豊橋方面にも線路は繋がっています。ちょうど名古屋方面の列車が通過するところです。

DSCF1395
線路は錆びており、進むにつれて雑草に覆われています。

個人的にはトラックより貨物輸送を復活させてほしいものです。


2018年3月に大井川鉄道(井川線)の終着駅井川駅から、旧貨物線の堂平駅(廃駅)までを散策しました。この区間の一部は遊歩道となっており、線路の上を歩くことができます。
DSCF0899
この分岐器より先が旧堂平駅になります。当時は側線とホームがありましたが、現在は残土に覆われており、かろうじて分岐器が見えました。


DSCF0900
分岐器の先端の細い部分と手動転轍機(てんてつき)は撤去されていました。
※転轍機・・・・・分岐器を切り替える装置

DSCF0898
逆から撮った写真です。遊歩道と廃線が一体になっています。遊歩道ですので、どこかの撮り鉄みたいな不法侵入ではありません。

DSCF0901
脱線防止装置でしょうか?レールの内側にもレールが見えます。そして大きく右側にカーブしています。

DSCF0902
写りは悪いですが、井川湖(ダム湖)になります。

DSCF0903
しばらく進むとは左カーブになります。またまた脱線防止装置でしょうか?レールの内側にレールが見えます。遊歩道ですので、木の柵が整備されています。そしてレールと枕木は犬釘で留められています。

DSCF0904
途中でベンチも設置されていました。カップルや家族連れで一息できそうです。遊歩道として整備されている証拠ですね。

DSCF0905
これも井川湖になります。遠くに浚渫船らしきものと、流木が入り込まないようにフェンスがありますね。日曜日に散策していましたので、浚渫船は動いていないように見えました。
※浚渫船・・・・・ダム湖などの底に溜まった土砂を取り除く船

DSCF0906
レールに倒木です。緊急停車しました。松の枝か何かがレールに倒れていました。

DSCF0907
トンネルになります。特に心霊系のトンネルではなさそうです。でも今回散策した際は、他に散策している人はおらず、一人でのトンネル通過は不気味です。

DSCF0908
65と書かれていますね。恐らく65番目のトンネルなのでしょう。トンネル内部も撮影しようと思いましたが、心霊系は苦手ですので、もしかしたら写ってしまうかも・・・・・と思ってやめました。

トンネル自体は崩落しそうだとか、ひび割れ・水漏れ等はありませんでした。まだまだ現役で使えそうな感じになります。

DSCF0909
トンネルを抜けるとなだらかな右カーブになります。ここも脱線防止装置が取り付けられています。

DSCF0910
途中で桜が植樹されていました。何年か経てば満開の桜が見られることでしょう。将来は桜並木になりそうです。

DSCF0911
こちらにはテーブルと椅子がありました。ここは遮るものがありませんので井川湖を眺めることができます。ここでカップルや家族連れでお弁当食べたら美味しいでしょうね?

DSCF0912
井川湖が見れます。満水ではなく、少し余裕がありますね。3月に訪問しましたが、積雪は一切ありませんでした。井川は静岡県でも雪が積もる地域であり、今年は日本全国で大雪でしたので、残雪があるかなとも思いましたがありませんでした。

DSCF0913
そしてトンネル手前で線路が切断されています。トンネルより先は、大井川鉄道井川線の車庫で現役だそうです。そして左カーブしている部分にも昔はレールが延びていたそうですが、現在は撤去され遊歩道として整備されています。

左を進むと、井川ダムに通じており、井川ダムから少し行くと井川駅に向かうことができます。しかし今回は車で堂平駅まで向かいましたので、ここから引き返すことになります。時間的には、片道15~20分ぐらい(往復30~40分ぐらい)になりますので、体力のない方でも問題なく散策することができます。

DSCF0916
切断されたレールの先はトンネルの中に繋がっています。奥には現役のトロッコ列車が眠っているかもしれません。

DSCF0914
ちょっとレールを繋がれば現役復帰できそうな感じです。でも、現役復帰となると、免許の関係があると思いますので現実味はないですが、手作りトロッコ列車を走らせれば井川地区の観光にもなるのかなと個人的に思いました。

caption
参考ですが、天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅にあった手作りトロッコ列車(上記)のようなものを作れば、恐らく堂平駅先の残土を取り除けばレールが出てきそうな感じですので、分岐器や側線をちょっと整備すれば手作りトロッコ列車を走らせることができるのではないかと個人的に思いました。

※手作りトロッコ列車の写真は借りものです
※2018年1月に、イベントで天竜浜名湖鉄道を利用し、天竜二俣駅で下車しましたが、手作りトロッコ列車は見当たりませんでした。手作りトロッコ列車のレール部分は本線から切り離されていますが、レールのみ現存していたような記憶がします。間違っていたらごめんなさい。

今回は、静岡県島田市にある大井川鉄道の新金谷駅にある引き込み線まで行ってきました。
大井川鉄道とは、JR東海道線の金谷駅から千頭駅まで大井川の沿線を沿うように走っています。そして千頭駅からトロッコ列車が井川駅まで走っています。

1

大井川鉄道はいろんな鉄道会社からレトロな中古車をかき集めており、昔の古き良き時代の車両を見ることができます。そして蒸気機関車(SL)が走っていることと、テレビドラマの撮影でも有名です。近年では、上記のような「機関車トーマス号」なるものを走らせており、観光に力を入れている鉄道会社になります。

で、今回のお目当ては、蒸気機関車でもなく、レトロな客車でもなく、新金谷駅から延びている引き込み線に廃車っぽい車両が放置されているとのことと、引き込み線がどこまで続いているのか気になりましたので行ってきました。

場所は下記になります。

新金谷駅 周辺地図

新金谷駅はJR東海道線の金谷駅から1駅先にある駅になります。蒸気機関車の反転(転車台)など、主要設備は新金谷駅にあります。

DSCF0885
新金谷駅裏側にある公園から撮影しました。奥側は新金谷駅方面になります。レトロな車両があります。

DSCF088600
本線と引き込み線とポイント(分岐器)になります。引き込み線へは、千頭方面からしか侵入できない構造になっています。

DSCF089400
金谷駅から侵入しようとすると、新金谷駅でバックする形になります。しかし普段は使わないと思われますので関係ないと思います。

DSCF0895
大きく左にカーブするように線路が続いています。真ん中には車が通れる踏切がありますが、遮断機も警報機もありません。しかし架線は続いています。

DSCF0896
線路を見ると、全く使われていない訳ではなさそうです。たまに使われているような感じがしました。枕木は木製で、犬釘?で止めてあります。

DSCF0881
先ほどの左カーブをしばらく進むと廃車置き場?になります。写真奥側が新金谷駅方面になり、手前側が行き止まり方面になります。
奥側には台車が放置?されていました。

DSCF0882

DSCF0876
DSCF0872
古びてガラスが割れた2両編成の車両が放置されていました。塗装も剥げており部品取り用でしょうか?この場所まで架線が伸びていて、とりあえず電化されていますね。

DSCF0875
テレビカーと薄っすら字が見えます。

DSCF0873
放置されている車両の横に蒸気機関車も放置されていました。こちらはもっと錆が進行しており、完全に部品取り用?な気がします。

DSCF0878
蒸気機関車と客車のツーショット。何を思っているのでしょうか?

DSCF0879
放置されている車両からほんの数歩歩いたら終点です。これ以上線路が続いている様子はありません。

他のサイトでは、バラスト(石)を運ぶ車両とかも放置されている写真がありましたが、今回はありませんでした。解体されたのか、他の車両基地に移動したのか分かりません。現役で活躍していれば嬉しいのですが・・・。

DSCF0883
DSCF0874
引き込み線のすぐ脇にレールや台車、車輪等の部品が放置されていました。貴重な車両達の部品用でしょうか?

DSCF0888
これは、新金谷駅の車両基地になります。蒸気機関車を補助する電気機関車になります。どうやら最後尾に連結されているそうです。何気に1両蒸気機関車が混じっています。

DSCF0892
これは現役の蒸気機関車です。C11型ですね。

DSCF0890
逆光でよく見えませんが、蒸気機関車が転車台に乗っています。この転車台は2011年に設置されたのもで、比較的最近のものになります。それ以前は、千頭駅にしか転車台がなく、蒸気機関車が逆向きで走っていた時期があるそうです。

この転車台が出来てからは、蒸気機関車(SL急行)の発着が金谷駅から新金谷駅に変更になりました。

岩泉線とは、JR東日本の鉄道で、山田線の茂市駅と岩泉駅を結んでいる盲腸線。2010年7月31日に発生した土砂崩れによる脱線事故のため全線で運休となり、そのまま復旧することなく、2014年4月1日に廃止されました。

2017年のゴールデンウィークに、岩泉にある龍泉洞に行ったついでに寄りました。その時の写真です。
DSCF0812
旧駅舎は立派ですね。旧駅舎の一部は、コインランドリーや催しの展示場として利用されていました。駅前には無料の駐車場があり、龍泉洞が開く時間まで車の中で仮眠をとっていました。

DSCF0799
奥側は茂市駅方面。ホームより先は線路が撤去されています。もう二度と列車が来ることはありません。

DSCF0804
奥側は岩泉方面、終点なので車止めが見えます。車止めってなんだか寂しい気持ちになります。ここで1つの不思議を発見

DSCF0807
見て分かりますか?ナットが2つほど新品なんですよ!!

DSCF0808
明らかに後から付けられた錆びていないナット、誰が何のために付けたのでしょう?
もしかしたら廃線前の保全なのでしょうか?それとも、廃線時のレールを部分的に撤去するときの作業でしょうか?それにしても、廃線なんだからナットをつける必要はないですよね?

動画にもしました。

謎が深まるばかりです。以上、旧岩泉線岩泉駅の不思議でした。

※参考 廃線として大井川鉄道(井川線)にも行ってきました。
大井川鉄道(井川線) 井川駅ー堂平駅(廃駅)の探索

↑このページのトップヘ