ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

青森県

恐山から安家洞に向かう途中に東通原子力発電所PR施設がありましたので立ち寄りました。科学館とか科学技術関係の施設が好きですので、原子力発電の施設を訪問しました。
DSCF2137
2019年5月1日ですので、令和初日に訪れることができました。野良で来ている人は誰もおらず、家族連れやカップルばかりでした。しかしあまり人は多くなく、ゆっくり見学することができました。受付けでは若いおねーちゃんがおり、どこから来たなど軽いアンケートを書いてから入場します。入場料は無料ですのでお財布には優しいです。

DSCF2138
中央モニターでは一般的な原子力の説明や東日本大震災による福島原発の事故の説明が動画で流れます。

DSCF2139
ボードでも説明があります。このボードは原子力発電の仕組みについてです。簡単に言えば、ウランやプルトニウムの核分裂のエネルギーで水を沸かし蒸気でタービンを回します。

DSCF2140
こちらのボードは原子力発電の安全対策と燃料についてです。ボードの裏には動画もあります。福島原発の事故もありましたので安全対策は必要です。

DSCF2141
原子力発電の必要性も訴えています。風力や太陽光発電だけでは安定せず、火力だけでは温暖化につながります。なのでベース電力として原子力が必要とのこと。

DSCF2142
エネルギーの多様化についてです。昼間と夜間では使用する電力量が違いますので、原子力・石油火力発電・自然流入の水力発電がベース電力となり、ピーク時には揚水発電・石炭波力発電・太陽光や風力発電で補います。ベース電力で余ったものは、ダム下流の水をダム上流に汲み上げて、ピーク時に使います(揚水発電)。

DSCF2143
子供向けに原子力発電の簡単な仕組みを表したものです。

DSCF2144
放射線コーナーなる危険なコーナーがありました。ここには放射線測定器が置いてあります。放射線は自然界にも存在し、普通に体を通り抜けています。あとは健康診断で使うレントゲン写真にも利用されています。ラジウム・ラドン温泉など、温泉にも含まれている場合もあり、少量なら健康被害はありません。それどころか細胞を活性化させるとも言われています。

DSCF2145
中央に見えるのが放射線測定器です。放射線は宇宙から来るものもありますので、0にはなりません。地殻の成分などにもよりますので、標高や場所によって放射線量が違います。

DSCF2146
パネル展示にもそのような説明があります。食べ物にも含まれているとか。あとは放射能の単位であるシーベルトとベクレルの違いなども解説してありました。

DSCF2148
3階には展望台もあります。見晴らしがいいです。

DSCF2147
原子力発電所建屋でしょうか?敷地はフェンスと有刺鉄線で厳重に警備されています。

DSCF2150
電線にも種類があって、細いのから太いのまで揃っています。それぞれ説明と見本が展示してありました。原子力発電について詳しく書かれたパンフレットなども多数置いてありましたので、持ち帰り目を通すことにしました。
ここでは30分ぐらい滞在し、安家洞に向かうことになります。


施設情報
休館日・・・・・毎週月曜日(祝日の場合は火曜日)
入館料・・・・・無料
開館時間・・・・9:30~16:30(入館は16:00まで)

2019年のゴールデンウィークに、青森県にある恐山に行ってきました。恐山は、高野山・比叡山と並ぶ日本三大霊場の一つになります。死者の魂は恐山に向かうとも言われ、厚い信仰があります。字のごとく恐ろしい場所かと思いきや、神聖で独特の雰囲気を味わえる場所になります。生きたまま死後の世界へ旅立つような感じがしました。
DSCF2098
2019年は5月1日(令和元年初日)が開山日になります。ちょうど新時代の幕開け初日に恐山を訪問できて特別な思いがありました。

恐山に入る前に、三途の川と恐山冷水(不老不死・長寿の水)を訪れました。
DSCF2136
恐山に向かう途中で「恐山冷水」なる縁起のいい冷水があります。この水は1杯飲めば10年、2杯飲めば20年、3杯飲めば死ぬまで若返ると言われています。3つの竹筒から冷水が流れ出ています。今回はペットボトル目いっぱい詰めて持ち帰りました。ここは駐車スペースがあり、みなさん水を飲んでいました。

DSCF2094
恐山駐車場の手前に三途の川があります。架かっている橋は太鼓橋と言われています。太鼓橋は老朽化により通行止めになっています。とはいえ、三途の川を渡るには3つの方法があり、善人は橋を渡り、普通の人は浅瀬を渡り、悪人は深くて急流の場所を渡らなければなりません。私は善人ではないので元々橋を渡る資格は無いのかもしれません。

DSCF2090
懸衣翁(けんえおう)と奪衣婆(だつえば)でしょうか?三途の川を渡ろうとしている人の衣服を奪うのが奪衣婆、その衣服を衣領樹(えりょうじゅ)という木の枝にかけて、枝のしなり具合で罪をはかるのが懸衣翁になります。とりあえずゴマスリをしておきました。

DSCF2092
懸衣翁(けんえおう)と奪衣婆(だつえば)についての説明もありますね。六道と地獄についての余談になりますがこちらこちらこちらを参考にしてください。

DSCF2133
六道を示しているのでしょうか?6体のお地蔵さんがあります。

DSCF2100
立派な山門になります。

DSCF2102
イタコの口寄せなるものもありました。興味本位なのか、入っていく人がかなりいました。

DSCF2104
DSCF2103
手水舎になります。長寿で縁起のいいカメもいました。

DSCF2130
立派な卒塔婆が並んでいます。やはり黄泉の国への入り口という気がします。

DSCF2131
境内に温泉もありました。内湯だけでですが硫黄の温泉で、湯温はかなりの熱めでした。混んでいましたので長居はできず、10分ぐらい浸かっていました。

DSCF2105
一番奥の建物が本堂になります。

DSCF2106
本堂でお参りをしたら、いよいよ神秘の世界に足を踏み入れます。まずは奥の院から参拝しました。

DSCF2107
細い階段ですで、上りと下りが一緒ですので大渋滞です。みなさん譲り合って参拝していました。

PANO_20190501_120746
途中で後ろを振り返れば、恐山菩提寺を一望できます。八百万の魂が集まっているのでしょうか?
IMG_20190501_120730
一部を拡大しました。恐山の荒々しさと神聖な雰囲気が分かります。

DSCF2109
奥の院にある不動明王になります。

DSCF2111
奥の院についての説明もありました。

DSCF2112
所々から温泉と火山ガス?が噴出しています。たくさんの小銭が置いてありますが、火山性ガスの影響ですぐに変色して真っ黒になっています。賽銭箱もありますが、賽銭箱以外の小銭はお寺ではちゃんと回収しているのだろうか?気になるところです。

DSCF2113
散策していると、あちらこちらに地獄があります。ここは無間地獄です。一番行く確率が高そうです。

DSCF2114
大師堂もあります。あちらこちらに石が積んであります。

DSCF2115
戦争で亡くなった方の供養でしょうか?

DSCF2116
塩屋地獄があります。どんな地獄なのでしょうか?

DSCF2117
塩屋地獄にも熱水と火山性ガスが噴出しています。地獄ですね。

DSCF2118
血の池地獄もあります。しかし真っ赤ではなく透明で透き通っています。池にはお賽銭が多数投げ込まれていました。

DSCF2122
これは東日本大震災で犠牲になた方を供養するために建てられたものだそうです。

DSCF2123
極楽浜なる砂浜もあります。まさに天国と地獄が両隣になっています。

PANO_20190501_123705
極楽浜をパノラマで撮影しました。あちこちで石が積み上げられており、賽の河原を連想させます。

IMG_20190501_123351
後ろに見えるのは宇曽利湖になります。pH3.5の酸性のためウグイの1種類のみ生息しています。あの世を連想させる死の湖ですね。

DSCF2125
途中には重罪地獄もあります。無間地獄よりは軽そうな感じがしますね。

DSCF2128
どうや地獄もあります。どうや!って得意げに言われても困りますが・・・。

DSCF2129
修羅王地獄たる地獄もあります。危険・立入禁止となっていますのでよっぽど危険な地獄なんでしょうか?

DSCF2127
すこし山を登れば五智如来が見守っています。ここは展望台になっています。

PANO_20190501_124519
展望台から撮ってみました。

IMG_20190501_125832
見通しがいい場所がありました。恐山はかなり広い境内です。

恐山は霊が集まる場所ですので、積んである石を崩したり、石ころ1つでも持ち帰ると不吉なことが起こると言われていますので、石を持ち帰ったりイタズラして賽の河原の石を崩したりしないでください。ここで恐山の散策を終え、以前、岩手県の神秘的な鍾乳洞「龍泉洞」を訪れた際に知った安家洞を訪問することになります。
安家洞は確認されているだけでも日本一長い鍾乳洞になり、龍泉洞を訪問した際には調査不足で訪問していませんでしたので今回訪問しました。

施設情報
拝観時間・・・・・6:00~18:00(5月1日~10月31日)
拝観料・・・・・・500円
温泉施設・・・・・無料(境内のため拝観料500円)

↑このページのトップヘ