今回は、長野県木曽郡木曽町にある「御嶽明神温泉 ゆやまゆり荘」になります。行き方ですが、行きは国道153号線から伊那市で国道361号線に入り、ひたすら進んで、長野県道20号線に入ります。それから山道をクネクネ登っていきます。カーナビがあれば迷うことはありません。帰りは別ルートをとり、長野県道20号線から国道19号線に合流して帰宅しました。

訪問したのが11月中旬で、ちょうど山道(町道?)が工事中で迂回させられましたが、大きな問題にはなりませんでした。

今回は、突然のお思い付きで急きょ訪れたため、現地に着くのが日が落ちてからになってしまったため、夜の露天風呂になりました。アクセスと時間帯から、貸し切り状態かなと期待しましたが、期待は裏切られ、多数のグループ客が利用していました。

券売機で入場券を買うのですが、大人450円、子供200円と大変良心的な温泉になります。脱衣所に100円硬貨のリターン式ロッカーがあるのですが、ちょうど100円硬貨がなかったため、100円硬貨が落ちていないかアサっていたら、誰かの取り忘れていた100円硬貨を発見したため、上手に利用させていただきました。(まあ両替すればいいんですけどね)

泉質は
ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉で茶褐色、金属臭がするかなり良質な温泉です。この温泉は飲泉ができるらしいですが、飲むのを忘れてしまいました。

IMG_20171111_173906
(夜でしたので写真写りが悪いです)

さっさと体と頭を洗って、突然初雪がパラパラ舞ってくるほどの寒さに震えて
露天風呂に行きましたが露天風呂はちょっとヌルメでした。露天風呂は岩風呂といったところでしょう。10人弱ぐらいが入れるほどで、あまり大きくありません。

IMG_20171111_173752

他の方も言っていましたが、一度入ったらなかなか出られないほどヌルメでした。出ようと思って立ち上がったら、雪の舞う寒さに震えてもう一度湯につかるの繰り返しです。なので露天風呂ではかなり長風呂ができますし、のぼせることがありません。

上の写真の右上、その場所はちょうどお湯が出ている場所で、他よりも温かい当たりの場所をGETしました。他にもお湯が出ている場所がありますが、右上の場所でひたすら陣取って温泉につかってました。

IMG_20171111_173817
この手すりの場所もお湯が出ていて温かいらしく、他の方もずっと陣取ってました。

この日は風も強かったため、気温以上に体感温度が低かったです。恐らく0度前後。今回は、露天風呂がヌルメということもあり、いつもより長く1時間半ぐらい露天風呂に入って、さすがに出たら寒かったため、内風呂でもう一度体を温め直しました。内風呂はタイルになっており露天風呂よりは温度が高く、ちょうどいい温度になっています。

今回は湯温の関係で、露天風呂より内風呂の方が混雑していました。

情報によりますと、12月から4月まで、湯温低下のため露天風呂は利用できないとのことです。

茶褐色の濁りと金属臭など、「これぞ温泉!」という感じの良質な泉質ですので、みなさんもいかがでしょうか?