国民的人気アニメ「ドラえもん」を知らない人はいないだろう。
doraemon
未来の子孫から派遣されたロボットで、ひみつ道具を使いダメダメのび太君の将来を変えていきます。
どうしてのび太君の所にはドラえもんが来て、自分の所に来ないのかを考えてみました。


まずは自分自身のスペックから見ていきます。

学問・・・・△(学校では下から数えた方が早かったが最下位ではない)

芸術性・・・✖(美術・音楽・工作どれを取っても幼稚園レベル)

運動・・・・✖(何もできない)

恋愛・・・・✖(婚活歴8年でも結果が出ない。継続中)

金儲け・・・✖(株トレードで大損。広告収入は月に数円~十数円)

仕事・・・・△(安月給の単純労働者だが定職はある)

人間性・・・✖(他人の幸せを妬み不幸を喜ぶ最低な奴)

社交性・・・✖(孤独を愛し、人付き合いを避ける)


自己分析をすると〇が1つもなく✖が多いことが分かります。このような状況なのにどうしてドラえもんは来ないのでしょうか?

①ドラえもんが派遣されてくるほど低スペックな人間ではない・・・✖
(上記の通り低スペックな人間です)

②未来という概念がない・・・△
(今この瞬間の積み重ねが未来を造るため、未来は存在していないという考え。量子力レベルでは未来が過去を変える可能性があるので△にしました。)

③未来から過去に行くことができない・・・△
(未来は存在するが、物理法則によって過去に行くことができない。時間は常に一方通行で、過去に行って過去を変えるとパラドックスが生まれる考え。量子力レベルでは未来が過去を変える可能性があるので△にしました。)

④ドラえもんは存在しない・・・〇
(夢を壊す話で心苦しいのですが、このような都合のいいロボットは人類には作れない可能性があります。どんなに未来の進んだ技術を駆使しても物理法則をねじ曲げた物は作れない可能性があります。)

⑤子孫はドラえもんを買えるだけ裕福ではない・・・△
(どうやら本体価格が20万円とのこと。20万円で先祖を優秀にして自分が幸せになるなら安いもんでしょう。政府の補助金使ってでも買えや)

⑥子孫がいない・・・◎
(子孫がいなければドラえもんを送ってくれる人がいません。婚活で空振りばかりしているので生涯独身の可能性が高い)

よって我が家にドラえもんが来ない理由として一番可能性が高いのは「子孫がいない」ということになりました。


余談
のび太君は勉強・運動と何をやってもダメダメの低スペックという設定ですが、実はかなりのハイスペックと言えます。

doraemon

①射撃・あやとりは誰にも負けない
②大卒である
③起業し社長に就任する(ドラえもんが来ない場合)
④ジャイ子と結婚できる(ドラえもんが来ない場合)
⑤発想力が高い(ひみつ道具の悪用に長けている)
⑥コミュニケーション能力が高い(初対面でもすぐに打ち解けあう)
⑦しずかちゃんと結婚できる(ドラえもんが来た場合)
⑧のび太君から数えて6代目のセワシ君までは子孫がいる
⑨国家公務員(ドラえもんが来た場合、環境保護局の自然調査員)
⑩人を思いやる心を持っている(しずかちゃんの父親は見抜いています)

ドラえもんが来なくても、起業し社長になります。自社ビルを建てるほどの腕前です。会社が火事にあっても数年は生き残ります(結局倒産しますが)。現実でも起業して1年後の生存率は70%、3年後は50%、5年後は40%と廃業率は意外と高いです。