今回は、山梨県北都留郡丹波山村にある『丹波山温泉 のめこい湯』です。以前関東に住んでいた時に行きました。国道411号線を奥多摩方面から向かいました。交通の便ですが、道はセンターラインのある片道1車線の道路でしたがクネクネしていた記憶があります。運転が不慣れな方は注意した方がいいでしょう。この温泉は国道411号線上にあるので、カーナビがあればまず迷うことはありません。それに奥多摩湖を通りますので、桜の季節には、桜を楽しめます。

 この温泉は、道の駅『たばやま』に併設されている温泉です。道の駅に車を止めて、つり橋を渡って温泉に向かいます。設備ですが、熱めと温めの内湯が二つと露天風呂、サウナがあります。写真は引用ですがこんな感じでした。

5058_01

5058_03

 泉質は単純硫黄温泉で、硫黄の臭いがし泉質はいいですよ。やはり硫黄の臭いは最高ですね。景色ですが、せっかく目の前に川がありますが、目隠しの塀が邪魔で見れなかった覚えがあります。景色の面は若干マイナスです。

 混雑状況ですが、道の駅の温泉なので、人はそれなりにおり、絶え間なく出入りがあります。しかしイモ洗い状態ほど混んではいません。なんとかのんびりできる程度の混みようです。

 道の駅になりますので、物産展もあります。私は山梨特産のワインを2本買いました。もちろん飲酒運転はしていません(汗!!)とにかく泉質はいい温泉ですので皆さんも行ってみてください。