ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

新型コロナウイルス

2020年4月20日に、ニューヨーク・マーカンタイル取引所で、WTI原油先物価格が1バレル=マイナス37.63ドルで取引を終えた。最安値は1バレル=40.32ドルまで値を下げた。
原油価格マイナスのグラフ
といっても、これはアメリカでの話になります。原油先物市場で、受け渡し期間が最も短い期近物である5月限の価格がマイナスになりました。
img_82c8fbbd20581066ef9d8694fb992f5e1367997
とはいえ原油価格がマイナス、これはいったいどういうことでしょう?簡単に言えば、売り手側がお金を払って原油を買ってもらうわけです。(ごみの処理と同じような感じですね)
お金を払って原油を買ってもらうので、1バレルの値段がマイナスになってしまいました。これは原油先物市場の歴史で初めてのことになります。

ではいったいなぜ原油価格がマイナスになったのでしょうか?

今、世界中で新型コロナウイルスが蔓延しているのはご存知でしょう。都市封鎖によって、経済活動は止まり、飛行機も車も動かない日々が続いています。飛行機も車も原油から精製される燃料を使いますが、動かないので燃料が消費されません。この輸送用エネルギーが消費されずに、在庫として蓄えられているため需要と供給のバランスが崩れてしまいました。

原油の現物受け渡しが行われるオクラホマ州クッシング地区は貯蔵能力は限界に近付いており、原油を買っても貯蔵するスペースが少なくなってきています。売り手側は原油価格が安くても在庫を捌きたいが、買い手側は原油を貯蔵するスペースがない。
だったらシェールオイルなど生産停止すればいいのではないかと思いますが、一度生産停止にすると、再稼働した時の効率を考えると生産停止もできない。なのでどんなに貯蔵スペースがなくても、原油価格が安くても生産し続けなければなりません。

原油を生産し続けなければいけない理由として、新型コロナウイルスの終息がいつになるのか見通せないため、急速に終息した場合、今度は需要に対して供給が追い付かないことになります。

この原油価格のマイナスはかなりのインパクトになっており、北海ブレント原油、中東産ドバイ原油の期近物などはまだマイナスにはなってないが、下落が続いています。

6月限の価格は20ドル台、12月限の価格は30ドル台となっており、産油国の減産もあって年の後半には原油需要が回復する見方があります。

いづれにしろ、株式市場の記録的な下落、原油価格のマイナスなど、新型コロナウイルスの影響は世界経済に大きな影響を与え続けています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新型コロナウイルスが流行してそろそろ5ヶ月になります。前回、新型コロナウイルスの恐ろしさを伝えましたが、今回は新型コロナウイルスの影響が世界的な食糧不足を引き起こす可能性を見ていきます。
ER1niMuVUAcGRGL
スーパーには皆さんも行くと思いますが、マスクやアルコール消毒が不足しているのは当たり前になっています。これは生産より需要の方が多いので全国的に不足しています。ちなみにトイレットペーパーやティシュペーパーの品薄は解消されたような感じがします。

1489151-1
食料品では、バター・納豆・カップ麺・袋麺・缶詰・米・一部の飲料が棚から無くなっていました。食料品が無くなると皆さん慌てて買いだめてしまいますので余計に品薄になってしまいます。

現在の品薄の原因は、パニック買いの影響ということが一番大きいと思います。というのも、異常気象による収穫の減少が原因で世界中の食料貯蔵庫・穀物貯蔵庫が空になっている訳ではありません。
img_e595ded6f44413151f478724f558371e359104
確かにアフリカなどではバッタの大量発生して穀物が全滅ということもありますが、アメリカやロシアなどにはそのようなこともなく世界的に見て不足しているということはありません。

なのですぐに世界中で食料が無くなり大変だと騒ぐ必要はないと思います。ただし、収穫・加工・物流には人が要りますので、都市封鎖や外出禁止・コロナ感染者の増加によっての人手不足による物流の寸断には今後とも注意しなければいけないと思います。
maersk-ship-shanghai-china-restricted-super-169
また、世界中で感染者が増加しており、歯止めが効いていないので、航空機・船舶による輸入が途絶えることが恐ろしいです。また、自国民を優先するため、ロシア・インド・ベトナムといった国が(不安から来る)輸出制限もしていますので、パニックがパニックを呼ぶことも食糧不足に繋がります。

日本は食料の輸入大国で、食料自給率が30%台と言われていますが、これはカロリーベースでの話であって、世界で一般的ではありません。世界では生産額ベースの食料自給率で計算するのが一般的であり、日本は生産額ベースになると食料自給率は66%(2018年)になり、そこまで低い訳ではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年11月に中国の武漢で突如現れた新型コロナウイルス。2020年になって世界的大流行になり、WHOもパンデミックを宣言しました。
1200px-Novel_Coronavirus_SARS-CoV-2
当初はこれほど世界的大流行になるとは誰もが思っていませんでした。武漢を都市ごと封鎖してしまうなどそもそも行き過ぎだとも思っていました。しかしそれでも感染の拡大は防げず、日本に寄港したクルーズ客船「ダイヤモンドプリンセス号」の集団感染は世界中に報道され、(当初は)日本の対応のまずさを世界中にさらしました。

それでもまだ世界各国は我が国には関係ないと言わんばかりの高見の見物でした。しかし2月中旬に日本・台湾など、中国以外でも感染者が確認され、2月下旬にはヨーロッパ各国・アメリカなどでも感染者が確認されます。3月になると、全世界に感染者が蔓延し、外出禁止令や都市封鎖を行う国まで現れました。

ここでやっと世界は新型コロナウイルスの恐ろしさを実感し始めたころになります。新型コロナウイルスは、接触感染・飛沫感染・エアロゾル感染を引き起こし、強力な感染力を持ちます。致死率は感染者数と死亡者数から約5%程なり、そこまで毒性が強いわけではありません。
しかし強力な感染力から次々と感染者が増え、手の施しようもないほど爆発的感染が現在も進んでいます。

なぜ新型コロナウイルスが恐ろしいかというと、まだ謎が多くて治療法も確立しておらず自然治癒を待つしかないということです。(臨床試験は進んでいますが・・・)
しかも高齢者や持病を抱えた人が感染すると急激に症状が悪化することも怖さの一つです。

ヨーロッパやアメリカでは、感染に伴う死者が日に日に倍増していましたが、これでもまだ日本は海外ほど爆発的感染が進んでいるわけでもなく、死者もそれほど多いわけでもない。非常事態宣言が出されたわけでもないので気を緩めている人が多かったと思います。

2020年3月29日に、コメディアンの志村けんさんが新型コロナウイルスに感染し、急死したというニュースが飛び込んできて驚いた人も多いでしょう。
20200330-00036935-bunshun-000-2-view
志村けんさんは世代を超えて人気がある日本を代表するコメディアン。その志村さんが新型コロナウイルスで急死したことで、このウイルスの怖さを実感した人も多いです。
志村さんはたばこは吸っていましたが、特に大きな持病もないにも関わらず、急激に肺炎の症状が悪化し亡くなりました。

この急激に症状が悪化することが新型コロナウイルスの特徴の1つですので、治療法もないことも考えると、やはり新型コロナウイルスは恐ろしい伝染病だということを実感するべきです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

冬になれば恒例行事としてマスクをする人が多いと思いますが、本当に意味があると思いますか?
mask-e1437673650803
よくニュースで街中の映像を見ると、誰もがみなマスクを着用していることに気付くと思います。しかし普通の人がつけているマスクはごくごく普通のマスクであり、特別なマスクではありません。

4028055100
小学生の給食の時には、給食係が上記のようなガーゼマスクをしていたのを思い出す人も多いと思います。

p1_mask0403
最近では花粉症対策や風邪対策として、多層構造の立体マスクなど高機能のマスクも登場しています。しかし一般的なマスクの網目の大きさは5~10μmで、インフルエンザウイルスの大きさは0.1μmと圧倒的に小さいのです。なのでマスクをしていてもウイルスはいとも簡単にマスクをすり抜け体内に入り込むことができるのです。
今世界的に流行している新型コロナウイルスも0.1μmほどの大きさですので、マスクをしようがしまいが簡単に感染してしまう可能性があります。

hoken14
しかしまったく意味がないとも言えません。例えばインフルエンザに感染した人が1回咳をすれば10万個のウイルスがまき散らされます。さらにくしゃみをすれば200万個のウイルスがまき散らされます。まき散らされる距離は約2メートルにも及びます。しかしマスクをしていればウイルスが空気中にまき散らされる量は格段に少なくなります。

なので風邪をひいた人がマスクをすることには意味があります。しかし健康な人がマスクをしてもウイルスは簡単にマスクの網目をすり抜けますのであまり意味がありません。

20160212040743
なので本気で身を守りたいのなら、ガスマスクを着用することをお勧めします。とは言ったものの、街中で上記のようなガスマスクを装着したら、戦争でも始めるのか?みたいな感じになり実用的ではありません。

mono10935373-090422-02
そこで、アメリカの規格であるN95規格のマスクが威力を発揮するとの情報があります。どうやらアメリカのNIOSH(米国労働安全衛生研究所)の定めた規格になり、CDC(米国疾病予防管理センター)のガイドラインでも感染性結核の患者がいる病室に入る際にN95のマスクを着用することを推奨しています。

N95規格のマスクは、最も捕集し難いといわれる0.3μmの微粒子を95%以上捕集できることを確認されたマスクになります。

N95規格のマスクの値段は一般的なマスクよりも高めですが、本気でインフルエンザや新型コロナウイルスから身を守りたい方は使ってみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ