ポン助の雑談ブログ

興味を持ったことをまとめました。

よく犬に鳥の骨を与えてはいけないとネットでも言われていますけど、それは本当だろうか?

3_56166284ce044a575cf55b59aa95ce83_500

特に加熱した鳥の骨を与えると、骨をかみ砕いたときに骨がナイフの刃先みたいに鋭くなり、胃や腸を傷つけると言われてきました。まだ生の鳥の骨であれば骨が鋭くならないので、与えるのであれば生の鳥の骨と言われていました。

生の鳥の骨の成分は、カルシウムなどの無機質が70%、コラーゲンが20%、水分が10%で構成されています。ただし加熱するとコラーゲンが減少します。

加熱した鳥の骨はコラーゲンが減少したため、かみ砕いた時に細かくなります。

tainotorinohone4
小型犬・中型犬・大型犬によって違いはありますが、手羽先やフライドチキン程度の骨であれば与えても問題ありません。というのも、
犬の胃酸は強力であるため、手羽先やフライドチキン程度の骨程度であれば、30分~2時間ほどで溶けてなくなってしまいます。

中型犬や大型犬は噛む力が強いので、そのまま与えてもバリバリかみ砕いて食べてしまいますが、小型犬であれば念のため細かく砕いたものを与えれば問題ないでしょう。

ただし、子犬や老犬になると噛む力とか胃酸の量とか色々と問題がありますので、様子を見ながら少量与えればいいと思います。

それでも100%大丈夫かといえば大丈夫だとも言えないところもあります。実際に運悪く胃や腸に鳥の骨が刺さってしまった事例もあります。

人間でも子供や高齢者で、こんにゃくゼリーやお餅が喉に詰まる事故があるように、必ず大丈夫だとは言えませんのでその辺は自己責任になります。

ではなぜ鳥の骨を与えてはいけないという話が広がったのでしょうか?

これは勝手な推測でしかありませんが、ペットフード業界が儲からないからだと考えられませんか?
dogfood
昔は、人間が食べ残した鳥や魚の骨、みそ汁などを犬に与えていました。しかしそれではペットフード業界が儲かりません。そのため、消費者にあれが危険これが危険と不安を煽ってペットフードを消費者に購入させているように感じられます。

確かにペットフードは栄養を付け加えているのでいいとは思いますが、原材料はとても人間が食べられるものを使ってはいません。人間が食べないような屑肉や内臓、栄養も何もない大豆のカスをミックスしてペットフードを作っています。

ネット上に情報が氾濫している今日では、飼い主が色々と情報を精査して賢い飼い主にならなければなりません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

犬と猫、人間に一番身近な動物ですよね?どちらかを飼っている人は多いんではないでしょうか?または両方飼っているという方もいるでしょう。両方飼っている方は分かると思いますが、犬と猫、仲が悪いことはあまり聞かないと思います。

それは面白いことに、はるか昔の先祖は、犬と猫は同じ先祖だったからなのです。


下の絵は、犬と猫の先祖の「ミアキス」という動物です。約6500年前~4000万年前にいました。体長は20~30センチメートル、肉食で北米からヨーロッパにかけて生息していたそうです。
Miacis
この頃は森林が豊かでしたので問題ありませんでしたが、3000万年ぐらい前になると、地球規模の寒冷化で森林が減少し、草原に変わってきました。そこでミアキスでも、森に残るグループと、草原に進出するグループに分かれます。
森林が減ったためミアキス同士でも生存競争が行われ、元々森に棲んでいたので強い者が森に残り、森林から追い出された者が草原に進出しました。

森に残るグループ・・・・・・猫の祖先
草原に進出するグループ・・・犬の祖先

そこで草原に進出したミアキスは狩りがしやすいように筋肉がついたり、持久力がついたりして集団で狩りをするようになります。狩りをするには指揮するリーダーが必要ですので、主従関係が生まれました。
それで草原に適応したのが犬の祖先になります。しかし落ちこぼれもいて、草原に適応できなかった者は再び森に戻り、クマやイタチに進化したそうです。
進化とは面白いことに、草原に適応できなくて、森林に戻ったのに猫にはなれなかったのですね!!

そこで月日が経ち、犬と人間が初めてであったのが、約3万年前のアラビアで、外敵からの防衛と狩りの仲間のためにオオカミを飼い始めました。
ここでは色んな説があり、ある少女がオオカミの赤ちゃんを拾ってきたのが始まりとの説もあります。

オオカミと人間は利害が一致したため、人間もオオカミも共存の道を選びました。まず人間から見ると、当時は人間を襲う外敵がたくさんいたため、オオカミの鼻(臭い)がレーダーとなり、外敵が近くにいるとオオカミが吠えるのですぐに分かります。あとは共同で狩りをすることです。
オオカミから見ると、人間と一緒にいれば、食べ残しがもらえるので、食いっパグれがないです。
その点で、オオカミと人間との利害が一致しました。
一方猫を飼い始めたのは4000年前~8000年前のエジプトで、リビアヤマネコが全ての始まりだと言われています。
この頃、人間は麦を栽培して倉庫に蓄えていたのですが、ネズミが倉庫の麦を食い荒らすので、対ネズミ用としてリビアヤマネコが買われたそうです。

この関係、ここかで見たことありませんか?そう「トムとジェリー」と同じですよね?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ