今回は、群馬県の『万座温泉 豊国館』です。万座温泉は、群馬県北部にある温泉で関東一標高が高い温泉として有名です。ここへ向かう途中に、有名な草津温泉がありますね。今回は草津温泉はスルーして、万座温泉に向かいました。万座温泉に向かう途中で、大絶景な山道を通ります。

大絶景の道路は万座道路(上信スカイライン)と言われており、初夏でも残雪が残っており、所々で蒸気が沸いていて硫黄の香りがします。標高が高くなると土壌の影響か木はなくなり、地肌がむき出しになっています。
もう一つは有料道路の万座ハイウェーがありますが、有料道路のため利用しませんでした。

※再訪問時には噴火の影響(火山ガス)か、頂上の駐車場は全て閉鎖されており、登山はできなくなっていました。

いやっ、大大大絶景と言っても言い過ぎではありません。山から眺めおろす景色は最高ですよ!!それに、窓を開けて運転すればわかりますが、温泉に近づいてくると、温泉特有の硫黄臭を感じられます。特に硫黄温泉好きにはたまらない臭いですよね?
 万座温泉は、硫化水素型の『含硫黄-ナトリウム-硫酸塩泉』ですので、温泉に入った感がハンパないです。それに、成分の含有量が非常に濃いことでも有名です。個人的には、泉質ナンバーワンと言っても過言ではありません(実際は甲乙つけ難いのですが・・・・・)。

 『万座温泉 豊国館』は旅館ですので宿泊もできる温泉です。内風呂と露天風呂がありましたが、内風呂は熱くて熱くてとても入れませんでした(湧き水で湯温を調整しているはずがうまくいっていなかったのかな?)。露天風呂も熱めの設定で、利用者が自由に湧き水を入れて湯温を調節しています。この露天風呂はかなり深いため、段差以外では座ることができません。中腰での利用になります。しかし、お湯の中ですので浮力があり中腰でも全然楽ですよ。

 万座温泉には、多くの温泉施設がありますので、みなさんもぜひ行ってみてください。ここはおすすめ中のおすすめです。
温泉に行くまでの景色です。

DSCF0528
万座温泉に何度か行きましたので、参考です。

万座温泉 万座プリンスホテル
http://ponsuke.site/archives/13411024.html

万座温泉 湯の花旅館
http://ponsuke.site/archives/17125219.html