みなさん、スーパーやコンビニで買い物しますよね?

その時に陳列棚の奥から商品を選んでいませんか?

http://www.sunatomohisa.com/archives/img/SBSH0189.JPG

基本的に陳列棚の手前が賞味期限が古いもので、奥側が新しいものと知っているからでしょう。

でもちょっと待ってください!ここは思い切って古いものから買いませんか?何でかって?それは食品廃棄物を減らすためです。

日本では1年間に1800万トンもの食料品を捨てています。もったいないと思いませんか?少しでも食品廃棄物を減らすために、みんなが陳列棚の手前から商品を選べば、必然的に古いものから消費され、新しいものは陳列棚に残ります。そうすれば古くなって廃棄される食料品が減ることになります。

特に買ってすぐ食べるようなものですと、賞味期限が1日・2日短かろうと味に変化はありませんよね?味も変わらずすぐに食べるものであれば多少古くても問題ありません。みなさんが古いものから買っていくと、食品廃棄物を減らすだけではなく、お店側のコスト削減にも繋がり日本経済も良くなります。一石二鳥なんですよね?

地球の人類を養える数には限りがります。人口増加が続いており、異常気象による農作物の減少、乱獲による魚介類の減少、このように食料品を無駄にするといずれ我が身に降りかかってきます。因果応報ってことです。

あと、新興国の豊かさによって、日本が世界から食料品を買うのに買い負けることも現実にあります。例えばマグロですね。今までは当たり前のように食べていたのに、中国に裕福層に買い負けているというニュースを聞いたことありませんか?それと、いくらお金を積んでも買えないこともありますよね?お金はただの紙切れにすぎません。お金を食べるわけにもいきません。イザとなったらお金より一粒のお米の方が役に立つのです。

常に新しいものを食べたいという気持ちは分かりますが、どうせ味が変わらないなら古いものから選んで買う、みなさんがそうすれば食品廃棄物は減らせるのではないでしょうか?これを機にみなさんも意識して陳列棚の手前から購入してくださいね。