今回は、長野県大鹿村にある『小渋温泉 赤石荘』です。私は国道152号線を永遠と走って行きました。国道152号線は、二ヵ所で寸断されており(林道で迂回は可能)、1.5車線の山道を走ります。山道好きの私は喜んで、酷道こと国道152号線で行きましたが、みなさんは運転に注意してください。

 『小渋温泉 赤石荘』は旅館ですので宿泊も可能な日帰り温泉です。私が行くといつもフロントの人がいませんので、大声でフロントの人を呼んで入湯料を支払います。村の人はおおらかなんでしょうね。悪意があればタダで温泉に入れますよ!!(決してやらないように・・・・・)温泉の設備ですが、露天風呂が一つあるだけのこじんまりとした感じになっており。旅館自体もレトロな感じです。しかし、山の上に作られており、目隠しの壁はないに等しいので、露天風呂に浸かりながらの眺めはアルプス山脈が一望でき絶景です。
 泉質も、ちょっと熱めでヌルヌル感があり、『温泉だなーー』という気がします。露天風呂は、体は温まり頭は冷やせるにで、内風呂よりいいですね。何度か行きましたが、貸し切り状態のことが多いです。ひとりでのんびりしたいときにはいいですよね?

 注意事項ですが、ロッカーが壊れているので、貴重品はフロントに預けた方がいいですよ。あと、露天風呂しかなく、体を洗うのも外になります。寒い時期には・・・・・温泉に行って風邪ひかないでください。

 また、赤石荘の近くにパワースポットとして有名な分杭峠(国道152号線)もありますので、パワーを求めている方は、温泉のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?確か分杭峠は冬季通行止めであり、通行止め以外でも、季節によっては雪が残っています。道も酷道ですのでスリップしないように運転してください。


2017年8月追加

 つい先日小渋ダムにも行ってきました。このアーチ形のダムがいいですね。ダムから下を見ると足がすくみますよ!!
2015080215390000